その3、名器「無限アワビキュンキュン」音ちゃんとお床対戦編 


音ちゃんは、ワシとの夕食中もアワビキュンキュンだったのだ。

そのキュンキュンしている時に、指を挿入すると、指がキュンキュンと中に吸い込まれていく。

好奇心の旺盛なワシはそのメカニズムを知ろうと、挿入部を調べてみた。

小さなサメの口に似ている。

サメの歯に当たる部分が、数の子天井のブツブツなのだ。

見た目は痛そうだが、そのブツブツは歯ではないから、なんの支障もない。

そのブツブツが内側にペニスを誘っているのだ。

ワシと会ったあと、上司といたしたときも、

その上司
「アンタのここ、な、なんなんだ、吸い込まれる!!!!」

とわめいたんだそうだ。


感覚として、赤ちゃんが乳首をキュンキュン吸い込む感じに近い。


そして、一旦中に挿入したら、かなり強い括約筋の痙攣が待っているのだ。

男はまったく腰を振る必要がない。

鍛えられたワシのペニスだから、この至福のキュンキュン快感を味わえるのだが、普通の男だったら、即、轟チンだろう。

そのワシでさえ、途中から強力な締めつけがやってきて、この漫画のように、中だし発射してしまった。

そのあと、深夜まで、音ちゃんのキュンキュンをその後2回堪能したよ。

とにかく、セックスにおいて腰を振らなくていいということは、男にとって、かなり腰の負担が少なくて、楽だ。

ただし、その後の2回は、ほとんど精液は出なかった(笑)。


翌朝、新幹線那須塩原駅に送って行ったときも、駐車場で、車の中でもう一発キュンキュンを楽しんだ(笑)

ワシもどこまでスケベなんや。はははは・・・

 


彼女はワシと別れたあとも一日キュンキュンが続き、前の日と合わせて、丸2日キュンキュンが続いたことになる。

ワシがその後、電話をすると、決まってキュンキュンが起動するのだ。

 

最近では、また、例の上司とセックスしたそうだが、長い付き合いを求められているとか。

そりゃそうだよな、こんな超がつく名器に出会ったら、男は100パーセント、愛人にしたくなるだろう。

 

いま、名器鑑定書を制作中である。出来上がったらここにアップす
る予定だ。



DSC01134




DSC01136




1aaaP2140100

音ちゃんはモリマンでもある


1aaaP2150126

腰を振ってもいたしたよ(笑)


11aaP2150141
11aaP2150131
11aaP2140107
11aaP2150118



f3c54842