その1、仮の宿に住む女・澄子さん(32歳)



十人十色、女性も様々な人がいて、現世に住んでいて、あの世に住んでいるような、

旦那さんが言うには「うちの女房は、幽霊のような女」が今回のお相手の女性だ。


彼女は、この世を仮の宿と思い、すべては来世に希望を持っているという。


こんな、まるで悟り切った僧侶のような人妻を、彼女の旦那さん(39歳)から、

「普通の、性にも関心がある、潤いのある女にしてくれ」と、ワシは頼まれたのだ。


今回のテーマはかなり重い内容だが、

ワシの次回の小説「
実写に限りなく近づくリアルバーチャルゲームの行先はどうなるか?」の第3部に大いに関係がある話なので、

この際、ここにアップしておこうと思います。

img215



img216




img217



この、鬱蒼としたススキのトンネル、この通りだったのだが、最近行ったら、かなり、刈り取られていた。

img218
 
次回に続きます。