今日の新聞に、「移人称小説」広がる―――1人称いつの間にか3人称に――、と出ていた。


移人称?

なんのことだろう?

そう思って読んでみると、小説というのは1人称なら最後まで1人称で話が進む。

3人称なら最後まで3人称で語られていくというのが常道だ。

ところが最初は1人称だった進め方が途中で突然3人称になる。

あるいは途中のエピソードだけ3人称になる。

こんな書き方を「移人称小説」と言うのだとか。

こんな「移人称小説家」が最近、増えているのだとか。

賞を取った小説家にもいると、名前をあげて実例をあげて記事に書いてあった。



こんな記事を読んで、さて、ワシの小説は何に当たるんだろうと考えた。


なんせ、ワシはいままで、ちゃんとした小説など書いたことがない。

「イキナリステーキならぬイキナリ小説」だ(笑)。


ワシの小説は、とにかく読者に解り易ければという視点で書いている。

まあ、ワシがわかりやすくと自己満足で書いているだけかもしれないが(笑)。

とにかく、いい加減なことは確かだろう。

まずもって、ワシの小説作法は、自分自身が緊張感を持って書いていない。

リラックスして書いている。

よって、何人称だなんて、ワシの頭にはまったくない。

めちゃくちゃかもしれない。

ワシの小説は「移人称小説」の範疇に入った小説であることは確かだ。

移人称どころか、現実世界とバーチャル世界とを股にかけて、飛び交う話なので、さらにややこしい人称構成になっている。

時々、作者のワシ自身も混乱する。いや、している(笑)。

まあ、ワシの小説は「異人称小説」と呼んでほしいかな。


それに、何人かの人物が次々と会話をしていくシーンは、仕方なく、

戯曲のように、人の名を頭に付け、

例えばリアルアキラ「○○○○・・・・」
アバアキラ「○○○・・・・」

リアル美希「○○○○・・・・」
アバ美希「○○○・・・・」

ソ―メイ所長「○○○・・・・」

カジュラ「○○○・・・・」

精鋭A「○○○・・・・」

と言った具合に、書いていくしかない。

ほんとうに、ワシは小説ビギナー。その場その場でいろんな変形式を使って書き進めてきた。


そして、ワシの小説はあちらの世界とこちらの世界との並列進行なので、一番ワシを悩ませるのが時系列の問題だ。

あちらの世界の中でも未来と過去があって、うまく噛み合せて行くのが、ものすごく厄介だ。

なんちゅう小説をワシは書き始めたんだろうと、頭が痛くなることがある。

さらにさらに、厄介なのが、あちらのバーチャル世界のほうが文化文明の進歩がこちらの現実世界より、早いのだ。

例えば、あちらでは5年後に大阪―東京間のリニア新幹線が完成、開通するのだ。


ワシの小説、第三部は心の奥深くを追求し、人間存在の問題まで書き記して行こうとしているのだから、さらに、厄介な小説になりそうだ。

もちろん、ワシの「非風揺葉観」を基底にして小説を構成して行くつもりだ。


どんな小説になるか、ワクワクしながら、今、頭の中で構想を練っている。


 
成田アキラの電子書籍