成田アキラのオンナは女神さま

オトナ専用のブログです。 刺激的な表現もありますが、制限を加えておりません。 ★18才未満立入禁止(笑)

2014年07月

tai mannyuuki bikyaku bizinn MSsann


kyou ha asakara kosi ga itakute dousyomo nakute tikakuno yakkyoku he iki yakkyoku no oyazi ni soudann suruto [pu-in yo-yo- geppu geppu] kono taigo wo yakusuto [onnna ga ippai ippai de itai itai]
yousuru ni onnna to asonnda otoko ga kosi wo itamete kono yakkyoku nimo kanari no kazu yattekuru soude , wasi no koto ha hazime kara wakatte itayou de ,tede daki kaki no zhesutua- wo suru.

kosi ni yoku kiku to iu kusuri wo 80ba-tu de syohou sitemorau.

hoteru ni kaette nonnde mita tokoro kore ga monosugoku kiite 1zikanngo ni ha mattaku itami ga torete simatta yare uresiya aista kara mo tuuzyou doori onnna wo dakeru.
sikasi, mata itaku naruto mazui node kanari seigyo site yatte ikou to omotte iru(warai)

6zini MSsann ittann ie ni kaeri 8zini mata aukotoni natteiru.
sitano robi- de kanozyo no musume sann 14sai to au.
musume sann bikkuri . nakanaka kawaii ko datta.
wasi to atte iru koto wo musume sann ni ha itte aru to no koto.

kyou au yotei datta SDsann ha 8gatu 1niti ni au koto ni hennkou sita.

hennzi ga kitu ok dato.

MSsann no syousai ha kaette kara kaki masuga saikou desita kosi wo itameru mae made ha ne(warai)   

tonikaku wasi no itibann taiseu na kosi ga naotta no de uresikute tamarimasenn.
itizi ha dounaru kotoka to zetubou site imasita kara ne(warai)

 hoteru no maeno doitu resutorann yasukute umai.yoku riyou siteiru.MSann to hairu.



resutorann resutorann no  naka



shokuzi mokouni mieru no ga MSsann   



 tirari to MAsann no bikyaku ga (warai) sukuinbitto no matinami 



 kotira wa wasi ga tomatte iru hoteru no resutorann.  
kyonenn ha amari umaku nakatta ga konnkaiha kanari kaizenn sare te ite umaku nate ita.

PAsan(35),kao ha knarino bizinn nanodaga .......

PAsan(35),kao ha knarino bizinn nanodaga .......


7gatu 28 niti yuugata 6zini hotel robi- de au.

aunari onakahette nai kara yuusyokuha iranaito . nanode sugu ni  heya ni mukau.

hyani  haitte ikinari sex ha doukato omotte iruto
[ massa-zi site agemasyouka ?] tokita.
korewo kikkakede hutari ha syawa- wo abi, medetaku beddoinn.

massa-gi site morai nagara iroiro hahasu.10nenkann kekkonn seikatu wo site rikonnsite ima ha dokusinn ni natte 2nenn ninaruto iu.

sigoto ha opere-ta- wo siteiru.
wasi ni atta riyuu ha nanika kiite mita tokoro,[anata ha profi-ru no syoukai messa-zi de shouziki ni kaite atta karadesu]

tumari wasi ha kekkonn siteiru. sinotame honntouno LOVE ha dekinai.
dkara otonano ONE NIGHT LOVE wo sitai to wasi no profi-ru niha kaitearu.

sikasi kanozyo mo kou itte kita.
[watasi ha konnnakoto wo iunoha kiga susumanai kedo ikuraka TAKE CARE wo site hosii]

[ikura?]
[3000ba-tu, stay until morning]

[ok]

toiuwakede shoudann seiritu.
kono houga anngai assari site ite iikamo sirenai.

atta tokino harano saguri ai ga nai kara kakuucya kaku kamo(warai).

sex no syousai ha kaette kara kakimasu.

hitokotode iuto kanozo tono sex ha kanari noumitudatta.
simariga batugunn ni ii.

anaru nane made sitekureta.

wasi Vkinnzeme wo hodokosuto  

[o-, mai goddo !!!!!! o-mai goddo !!!!!!!!!!] no rennpatu.

sirome wo muite itte simatta.
soku wasi sounyuu tatetuzukete rennzuki akume.

sono yoru ha kanozu 4kai iku.
wasi mo amarinimo kimotno ii simari guai dattanode BOUHATU!!

kanozyo asa 4zuni okite wasi ga nemutte iru aidani 5zi goro kaette itta.

suguni dennwasuruto anataga kimoti yosasouni neteitanode okosunoha kawaisouda to omotte naisho de kaerimasita tono koto.

gennzai gennti zikann 7zi 45hunn

douyara wasi kosi wo hidoku itameta youde kosi kara sita hutomomo madega hidoku itai.

kyouha asino kireina BIKYAKU no MSsann ga yuugata 6zini kuru.

soremadeno aida nanntoka youtuu wo yawaragete okaneba naranai.

nanode karekara yuugata made beddo de neteiru tumori.
mosikasitara sex funo ni naru kamo sirenai...........komatteiru.

7gatu 27niti TYsan(31)chennrai kara hiko-ki de

TYsann chennrai kara hiko-ki de kita.
imama deno onnna no naka de kono onnna ga itibann sekusi-  de omosiroi kamo.

hitobann de kanozyo 2kai iki, asamo 1kai itta.
wasi no Vkinnzeme de meromero ni natte ita. odoroita rasii.
kuwasiku ha kaette kara kakimasu node kou gokitai.

yuushoku ha terminal 21 no nihonn resutoran [huji] de taberu.
kanari umakatta.

tterminarl 21 no toire no tearai ba ga zannsinn na dezainn datta node syasinn wo appu.

konnya ha PAsann(35) to hotel robi- de pm 6zini au kotoni natte iru.


fuzi1


 usironi sukosi miete iru no ga TYsann 

fuzi3

fuzi2

toire1
 taira de keisya ga tukete ar

TYsann (31) chennrai kara hikoukide yattekuru


ima asa 9zi 30 hunn 

TE-MEI pabu de getto sita AMsann(24) kaeru.
asamann wo ippatu sita(warai)

kyou ha chennmai tikaku no chennrai kara TYsann (31) ga hikouki de koko bannkokku no wasi no hoteru ni yuugata 5 zini tuku.

hikouki dai ha wasi ga haraukotoni 7000ba-tu da,
soreni 2000ba-tu okozukai wo agerukoto ni natte iru.

tatta hito bann no ouse nanoda.
sukedu-ru ga ippai nande sikataga nai.

TYsann gakuru made zikannga arunode massa-zi 2 zikann ko-su ni iku tumori.
2zikann de 500 ba-tu nihonnenn nisite 1500enn ni naru metya yasui.

zyosei no hadaka no syasinn wo tottano daga kokoni tatoe kao ga ututte inakuto mo monndai okosu to mazui no de zyosi no shasinn uppu ha sinai koto ni simasu . 

tai mannyuuki raibu ASsan(28) to AMsan(24)

ASsan(28) to 26niti yuugata 6zini hotel robi- de au.     

sinncyou  154 no kogarana onnna . sikasi ,taihennna torannzisuta gurama-bizinn.
sikamo kao ga tiisai kogao no onnna , amarinimo tiisakute odoroku.
 kitano houno ISA-N no syussinn.
syougakkouno eigo no sennsei wo siteiru.

hotel tikaku no itariann resutorann he iku.
kanozyo ni turete itte morau.
tikakude konnnani syareta resutorann ga arutoha omowanakatta.

heya ni haitte omiyage no kesyouhinn SK2 wo watsuto tobiagarnnbakarini yorokobu.
mennzei hinn de 7000enn no yatuda.
8zihann beddo inn. 
hadaga sirukii de subesube.
kuwsikuha kaette kara kakimasu.

ASsann ha kono yoru 10zi ni kaetteitta.

sono ato sukebe nakama no Ysi to Soika-boi no go-go-bar ni asobu.
sonoato annbassada-hotel ni aru disuko Kuraimakkusu de onnna wo bussyoku suru mo nakanaka umakuikazu sonoato Deai kafe ba- no TE-MEI niiku.

kokode 24sai no AMsan wo getto.
sinncyou 158 kurai no nihonnzinn teki na kao.
kanari kawaii.
tomari nanode asa made issyo .
ima wasi ha heya wo nukedasite kno burogu wo robi- yoko no pasokonn ru-mu de kaiteiru.
zikann ha tai zikann de 5zi dearu.
ima kanozyo ha memute iru.warai.                                                        

kanozo no kotomo kaettekara kuwasiku kakimasu.

soi kaubo-isoi cauboi no o-go-ba-


te-mei
te-mei cafe bar iruguti

te-mei iriguti

te-mei
tika he

tai manyuuki raibu

jitu ha ima tai bannkokku ni kite imasu,
nihonngo hyouki ga dekinai node toriaezu ro-mazi hyoukide kakimasu.nanntoka nihonngo de kakeru youni sitaito omotte imasu ga kyou ha korede yarasete itadaki masu.

7gatu 25niti kara koko bannkokku no guranndo purezidennto hotel ni 12nitikann taizaisimasu.

taizai tyuu ha kuwasiku kakenaito omoimasu.
bunnsyouno houha kaettekara kakaseteiadakimasu.

mannyuuki ha memoteid ni todomete kakimasunide yorosiku inegaisimasi. 

syasinn wo nannmaika appu site ikimasu.

sakuya ha MAsann(31)to yuugata 7zini hotel lobby de ai ta-minaru21 no kare-syoppu [kokoitibann] de yuusyoku .kanari ri-zunaburu na zyoseida.

kno zyosei ha  syasinn ni arutoori no nihonn no omiyage wo tyuumonn site itanode purezennto suru.   

etti no yousuha kaette kara kakimasu.

totyuude kanozo seiri ni natte simatte onakagaitai itaito iidasi sikataganai node yonaka no  1zi ni takusi-de kaesimasita. uresisouna kao.MAsann niha okai wo purezennto.  kesyousetto ha hokano zyosei ni ageru mono desu.

kyouha yuugata 6zini ASsann(28)to aimasu.
kanozu ha nihonn no omiyage SK2 wo tyuumonn site ita node kore wo purezennto simasu. korekara 12nitikann ha appu no zikann ga barabara ni narimasu node yorosiku onegai simasu.

.
hotelhotel heyaomiyagetatakainiatotatakaino ato kanozho seirini

ミニスカートがあの高度経済成長を促したのだ。性エネルギーは隠れた成長エンジンだった。

ミニスカートがあの高度経済成長を促したのだ。性エネルギーは隠れた成長エンジンだった。

 

高度経済成長期とは1955年から1973年までの経済をいう。
GNPの成長率が10%だったのだ。

1964年が東京オリンピック、1970年が大阪万博。


ワシが19歳の時が東京オリンピック。25歳の時が大阪万博だ。


第一次ミニスカートブームは1965年から1974年までだ。


ちなみにウィキによると


1965昭和40年)811帝人が日本で初めてのミニスカート「テイジンエル」を発売。美空ひばりがミニスカート姿で『真赤な太陽』を歌謡番組で歌い、脚光を浴びた。それ以来大流行となったが、都市部の若い女性だけにとどまらず、世代を超えて全国津々浦々に広がり、この第一次ミニスカートブームは交通機関・女性警官・大阪万博での多くのパビリオンのコンパニオンなど女性の制服にも影響したが、1973(昭和48年)〜1974(昭和49年)頃には終息した。」


となっている。

 

高度経済成長期の後半1965年から1974年まで、この期間は、ワシは日本において特別の期間だったと思っている。

この成長期とミニスカートの大流行とが見事に一致しているのだ。

ワシが19歳から29歳のころだ。

どれほどのミニスカートブームだったのか、ここに記しておこう。

驚くなかれ、この時期の若い女はすべて!!!すべて!ミニスカートだったのだ。
膝上10センチから超ミニまで。

40代以上では膝下10センチくらいの女性はいたが、20代30代はすべてミニスカートだったと記憶している。

ワシが学生時代だったころ、ワシの女房も当然ミニスカートを履いていた。

ある時、女房がどこで買って来たのか、くるぶしまであるロングワンピースをワシに見せた。

これで街に出たいという。
「ええーっ!!これ着て街を歩くのぉー、おれ、やだよ。みんながジロジロ見るよ。」


「見られたっていいじゃないのよ。どんな服着ようが個人の勝手でしょう」

というわけで渋谷にワシらは行ったのだが、恥ずかしくて恥ずかしくて、道行く人は、ほとんどの人がこちらを見ていたのだ。

こんな話をしても、今の人は信じてもらえないかもしれないが、ほんとに、そうだったのだ。

ミニを履いていないと、可笑しかった時代があったのである。


駅の階段では、パンツ丸見えの女がいっぱいいたのだ。
パンツを見るのは日常茶飯事だった。

会社に向かう男達は、駅の階段で、女に,パンツから、元気のエネルギーをもらい、会社でバリバリ働き、終わると、飲み屋は、若い男女から中年までミニスカートの女達とワイワイやりながら酒を飲み、談笑していた。

夜遅くまで飲む人が多く、終電あと、タクシーを拾えなかった。

その頃、流行ったのが、キャバレーだ。

ハリウッド、ロンドン、日の丸、その他・・・・もう忘れたが、かなり安かった。

その頃のサラリーマンは、会社が引けた後
「チャバレーにいこうぜぇ~」が挨拶みたいなもんだった。

抜きキャバなる溜まったモノを抜いてくれるキャバレーも大繁盛した。
ソープも一万円で遊べた。

日活ポルノの全盛期でもある。

ディスコではナンパやりまくりの男女。

歌舞伎町のコマ劇場の地下だったか1階だったか忘れたが、マンモス社交ダンス場「あすなろ」があった。

何人、入れたか。500人か1000人か。ここでは、真面目を装ったナンパ場だった。

ここで知り合い結婚していく男女はかなりの数になるだろう。
事実ワシの親友もここで知り合った女性と結婚した。

あの頃は、若者が知り合う場がかなりあったのだ。

少子化を食い止めたければ、マンモス社交ダンス場「あすなろ」を復活させることだ。

ダンスが踊れなくても、ただ手を繋いでいるだけで、抱き合っているだけでよかった。だれでも参加できる、下手くそ社交ダンス場を作ることだ。

ダンスはただのナンパの小道具であったのだ。国が助成金を与え、全国に200も作れば、その4~5年後から、どんどん赤ん坊が全国で生まれ、たちまち、少子化は止まるだろう。

経済的な事情で子供を作れないというのが少子化の理由になっているが、本来は、男と女がくっ付く人数が多くなれば、セックスをする男女が増え、人口は増すのだ。

「貧乏人の子だくさん」という言葉がある。

ワシは経済的なものではないと思っている。

少子化は「男女の勢いある性慾」で跳ね返してしまおう。

そのためには、健全なるナンパ社交ダンス場「あすなろ」復活である。

この役目を担ってきたのが、昔は「盆踊り」だったのだ。

こういう男女をくっつける環境をつくることは国策として、緊急の施行が必要だ。


ワシが言わんとしていることは、いろんな経済政策を立て、それによって、経済を上昇させるのはそのとおりだが、

そういう政策で

「何かをお忘れではないですか?」

ということだ。

その忘れものとは、

「人間が本来持っているエネルギーだ」

それは、やる気を本能的に起させてくれるエネルギーだ。

ズバリ言いましょう。

「性エネルギー」である。

高度経済成長期、なぜあれほどに経済が成長したのかというと、実は、性エネルギーが人々の心の底で燃え上がっていたからに他ならないのである。

こういうことを、ほとんどの人は気付いていない。

経済は人間が支えているのだ。人間は性エネルギーが支えているのだ。

この単純な構造に気づけば、性エネルギーを活発化させさえすれば、”消費は増え”、経済なんて、たちまち上向きになっていく。

 

高度成長期は町中にエロが氾濫していた。性エネルギーが充満していた。

高度成長は
性エネルギーが隠れた成長エンジンだったのだ。


そうとわかれば、性エネルギーを考え方として表に出し、成長エンジンとすればいいのだ。

 

実は、ワシはこの性エネルギーを最大限に人生エンジンとして使わせていただいている。

だからワシは、根本的なところで、この自然エネルギーを使っているから枯渇しないし、元気なのだ。

 

 

68歳ジジイ、タイ女12日間で11人斬り。2月23日に会った、NMさん(34)と2度目の再会 

68歳ジジイ、タイ女12日間で11人斬り。2月23日に会った、NMさん(34)と2度目の再会 

 

前回、23日に、彼女に会った時、
彼女の体の方は、かなり魅力的だったので、なんとかして抱きたいと思い、2000バーツのショッピング代を先にあげて、

金の力でセックスに持ち込もうという、姑息な手段を使ってみたら、彼女、もう1000バーツ、プラスしてくれときた。

ワシ、3000バーツをショッピング代としてあげた。
その金でワシとショッピングに行くのではなく、彼女が一人で時間をたっぷりかけて買い物するというわけだ。

そこまでして、彼女を抱いてはみたものの、ワシへの情が感じられず、全く燃えなかった。

彼女も醒めてしまったので、もうワシとは会わないと思っていたが、なんと、会いたいと言ってきたので今日26日に会うことになったのだ。

ワシはある予測のもとに会うことにしてのだ。セックスをする気は全くない。


夕方5時に、ホテルロビーで会うことになっている。

3時ごろ、彼女からメールがきた。

「会社から直接、あなたのホテルに行きます。今日、あなたのホテルに泊まり、そこから会社に出勤します。そういうわけですから、明日、今日と同じ服で会社に行くのはマズイので、シャツを買ってくれませんか」


「この前上げたお金があるでしょう。あれで買えばいいでしょう」

「あれは、全部使ってしまいました」


「わかった、買ってきたら、その分を会ったときに渡します」

 

そんなことがあって、夕方5時にNMさんと再会する。


ロビーで会い、部屋に行く。


「シャツ買ってきたの?いくらだった?」

「1000バーツ」


「ふーん、1000バーツねぇ、どれだい?」


見たら、どう見ても200バーツくらいのやつだった。

まあ、約束は約束なので1000バーツ払った。


気の合わない女だったが、セックスはしないとして、彼女の裸はかなりのナイスバデイなので、一晩、彼女を裸にしておけば、女体鑑賞にはなる(笑)。


「これから、街に出て、あなたとショッピングに行きたいわ」

「ショッピング?」


「ええ、ショッピングよ。あなたのプロフィールのメッセージに書いてあったでしょう。ショッピングに行って、カフェに入って、トークをして、暗くなったら、成熟した大人の夜にしましょうって」


「そりゃ、確かにメッセージにはそう書いているが・・・」

「私ね、あなたに、ギフトを貰いたいの」


「ギフト?」

「私のスマートフォン、もうひと世代前のものだから、それをギフトしてもらいたいの」


「いくらなんだ?」

「9000バーツ」


「あのね、この前、3000バーツあげて、さっき1000バーツ、その上、9000バーツだと、合計13000バーツになる。

これ、たいへんな金額だということ、きみ、わかっているのかな?」


(ちなみに13000バーツは13000×3=39000円である、さらに39000×6=234000円。日本での金銭感覚に置き換えてみると23万4千円を日本で女に払うようなものなのだ。これはタイ女の感覚でもある。)


こういうことを平然と言ってのける女なのだ。


もう、完璧な、ワシに、メールの最初の段階から狙いを定めた、オネダリ女だったのだ。

田舎の純情そうな女に見せて、ワシのような鴨葱を狙ってアプローチしてきたのだ。


「NMさん、ワシはきみと4カ月もの長い間、メールしたり、写真交換をしたりして、お互い仲良くなって、今こうやって会ったんだよね。しかし、会ったらきみはこの前からお金のことばかり。ワシと楽しもうという気持ちが感じられない。」


「私はお金のことばかり言ってはいませんよ」

「スマートフォンを買ってくれと、今言ったばかりじゃないか!」


「買ってほしいと言っていませんよ!あなたと一緒にショッピングに行って、そのスマートフォンは私のキャッシュカードで払うと言ったんですよ!」


「きみはギフトをしてくれと言ったよね!?」

「いいえ!あなたの聞き違いでしょう!カードで買うと言ったんです」


ギフトなんて聞き違いなんてしませんよ。」

「失礼な人ね!」


「ワシのプロフィールのメッセージにはshopping for you と書いてあっただろ。for you
だ。これは、ショッピングに行ったら、ワシが払って買ってあげるという意味だ。

きみとショッピングに行って、きみがカードで払う?そんなこと、考えられないね!」


さすがのワシも頭に来て、

「NMさん、きみは一番会いたい女だった。日本語では本命、you are the first choice lady

だったんだ。

ワシは残念だよ。悪いが帰ってくれないかね。」


「わかりました。帰ります。あなたはメールで、最高の車に乗っていて、日本全国毎月何回も旅行に行くとか言っていたでしょう。

そんなあなたがスマホひとつにこんなに言うなんて、私こそがっかりしました。バイバイ!」


こんなことを言ってNMさんは、帰って行った。


まあ、確かに、日本の金持ちの何でも買ってくれそうなオッチャンに見えていたのなら、彼女の態度もわからぬこともないが。

しかし、その前に、男と女の情ってもんがあるだろう。情があれば、鼻の下を長くして、13000バーツは払っていたかもしれないのに。


部屋に入って、たった30分で彼女は出て行った。時刻は5時半。ぽっかりと時間が空いた。

下のパソコンルームに行くとY氏が盛んにメールのやり取りをしていた。


「あれ?成田さん、今夜の女はいないの?」

「さっき帰したよ」


「帰した?」


Y氏に事の顛末を話すと、開口一番

「そりゃ、成田さんの負けだね。なんだかんだと言われて4000バーツもヤラれちゃったわけだから。完全な大負け。」


「まあなぁ・・・、いろんな女がいて、勉強になりますよ。」


「しっかし、なに、4カ月もメール? 本命だった? だから言ったでしょう、どっちみち、女とのお遊び目的なんだから、そんな長メールは無駄だって!今回で、よくわかったでしょ」


「Y師匠、よくわかりましたよ。しかし、メールの楽しみは、それはそれで楽しいから、まあ、せいぜい1カ月以内のメールに留めることにしますよ。」


「まだ、そんなこと言っとるぅーー、ハハハ、成田さんらしいなぁー。」

 

時間が空いたので、今回の訪タイで、会う予定になっていた、タイ在住のライターのUさん夫妻に予定を前倒して、会うことにした。

奥さんとは7~8年も前、ワシが彼女に雑誌のインタビューを受けたことがあって、今回が2度目の出会いとなる。
かなりな美人だったから、ワシは覚えていたのだ。


そのご夫婦と食事に行き、そのあとソイカウボーイのゴーゴーバーへ行き、ここでかわいいニューハーフと仲良くなり、ワシ、ホテルに呼ぶことにした。


そのニューハーフはオペ済みの完女だった。


次回、不思議な世界を味わうことに・・・・

 

68歳ジジイ、タイ女12日間で11人斬り。20年間、男日照りのPWさん(43)バツイチ。その4

68歳ジジイ、タイ女12日間で11人斬り。20年間、男日照りのPWさん(43)バツイチ。その4

 

部屋に戻ると、同じ格好で大の字になって寝ていた。

ワシはシーツをかけてあげ、ワシも寝ることにした。

 

翌朝、彼女、ワシにしがみついて、文句を言ってきた。

その文句とは・・・・

「どうして昨夜、あのまま、私を寝かせたの!せっかく、あなたと会えたのに、もっと、セックスを楽しみたかったのに。」


「今、7時だ。これからセックスしょうか」

「私は、お店の準備をしなければならない。ここを8時に出ます。まだ、あなた、バンコックにいるんでしょう。もう一日会ってください。」


「会う日にちがない。それはムリだよ」

「うううううう・・・・・・」


彼女は泣きだした。


ずっと泣いている。


ほんとに寝た子を起こしてしまった。


20年間セックスレス。寝ていた快感を目覚めさせてしまった。

ずっと泣いている。


罪なことしちまったか・・・


あれほど、一回こっきりだよと言っていたにもかかわらず、こんなに泣かれては、こっちの方が泣きたいくらいだ。どうしょうもない。


急にワシの方に来て、ワシのペニスを握り、顔をワシの胸に擦りつけて泣く。


ペニスとお別れの涙か?
それとも、もっとしたたかな策略の涙か?


ワシは頭の中で、どこかに一日都合をつけられる日はないかと考えていた。


コンケーンのBBさん(20)に会うのが28日。
29日にバンコックに帰って来て、その日の夕方、中国系の色白肉感的美人TRさん(30)と会う約束になっているのだが、

セックスをする確約はもらっておらず、まずはディナーをとり、ベッドインはその時の気持ち次第だということになっている。

断られる可能性が多分にある。

そこで、PWさんに、29日、もしかしたら夜会えるかもしれないというと、抱きしめてきて、ペニスも強く握りしめて、


「サンキュー!私待っているから、電話してきてください!!」

now no surebut you wait ok

(確約はできないが、待っていてくれ)


彼女、さっきまで泣いていたのに、ニコニコして、ワシのほっぺにチュバチュバ,キスをする。


「アキラ、サンキュー!サンキュー!we meet ,we meet soon


握っていたペニスに顔を近づけ、ほんの3秒ほど凝視したあと、軽くキスをした。


そのあと、シャワールームへ。

どうも、あの涙は策略だったような気がする(笑)。


ロビーまで送る。IDカードを返してもらい、ハグをして、PWさんは帰って行った。



今日、26日の夕方pm5時に、2月23日に会った、NMさん(34)と2度目の再会をすることになっている。


本当は今回のタイ訪の本命女だったのだが・・・。

 

実は、今日26日の昼にかなり可愛いいPYさん(29)と会うことになっていた。

彼女とは1カ月間、メールのやり取り、写真交換をして、親しくなっていたのだが、昨日、メールがきて、会えないと言ってきた。

彼女とはただランチをしょうということだけだったのだが。

しかし、ドタキャンである。
その理由を聞いてみると、

「あなたのホテルのあるところ、スクインビットは環境が悪くて怖いところだから、私は行けません」


「それなら、スクインビットではない、他のレストランでランチを食べましょう」

「ごめんなさい。私、会えません」


まあ、要はワシはフラれたってことなのだが、なんとなく、確かにフーゾク店がたくさんあるところで環境はよくない。(彼女から見たらそうかもしれないが、ワシから見たら天国やあ~(笑))

そこのホテルに泊まっている男は、彼女から見たら胡散臭い男だと思ったのだろう。

かなり可愛かったので、ワシとしては、セックス抜きで会いたかったのだが。


その前の25日もSTさん(22)と会う予定だったのだがこれもフラれる。


こんな感じで、ここに書いてないことで、フラれたり、ドタキャンされた女もかなりいる事を言っておこうかね(笑)。

 

次回は、あまり気が進まないNMさん(34)との再会だ。


やっぱりというか・・・・やっぱりの女だったのだ(笑)。

68歳ジジイ、タイ女12日間で11人斬り。20年間、男日照りのPWさん(43)バツイチ。その3

68歳ジジイ、タイ女12日間で11人斬り。20年間、男日照りのPWさん(43)バツイチ。その3


バスルームから出て来たPWさん、バスタオルも巻かずに、スッポンポンできて、ベッドに入るや、ワシの首根っこに腕を回し、ビックリするくらい打ち解けた顔をして、抱きついてきた。


うわっ!!・・・・・・・・・・・・・・


寝た子を起こしてしまった・・・・・か?

 

時刻は8時過ぎ。


「PWさん、ワシ、お腹が減ったよ、下のレストランに夕食を食べに行かないか?」


「私の、体はフードを求めていない」


と言うや、ワシに抱きついてきて、ペニスを握る。


ワシの上に乗り、騎乗位でしようとする。


「わかった。ちょっと待ってくれ。コンドームを外したから、もう一度着ける。」

 

装着すると、すぐに乗っかって来た。
タイの女はなぜか知らないが、上に乗るのが好きだ。

騎乗位で男に楽をさせて、サービスするのが、国民的コンセンサス(笑)なのじゃないかとマジに思うようになった。

スケベ仲間のY氏もやたらに上に乗っかる女が多いと言っていた。

彼によると、タイの男が、楽をしてセックスをしょうと女に教え込んでいて、それが、いつの間にか男女の主たるセックスとして固定された。
というのが彼の見解である(笑)。


PWさん、ワシの上で、腰をピストンさせ、

「おおおお・・・・、ディー、ディ―、ディ―・・・・」

ワシは実は、この騎乗位セックスは嫌いなのだ。
男はやはり、攻撃する側にならないと、性感が出てこない。

ただ、仰向けに寝ていて、上でひたすら、女が腰を振るのはペニスが萎えてくる。
彼女のために、ワシは無理やり勃たせ続けなければならないのだ。

それとこれが嫌なのは、向う任せのため、ペニスの根元をあらぬ方向に、突然、動かされ、痛くなることがある。

最悪は、ペニスの中間をカンヌキが掛ったかのように締めつけ固定された状態で、ベニスをくの字に曲げて全体重を乗せてきたときだ。

本当にベニスが“パキッ”と折られそうになるのだ。

こちらも、その危険性を瞬間、察知して、腰を引いて、破壊回避をするから今まで無傷でこられたのだ(笑)。

騎乗位の時は油断も隙もない。


彼女、盛んに腰を左右前後上下回転させ、20年間のペニス日照りの年月を取り戻すかのように、ワシの人格を無視し、ひたすらペニスだけを味わっている。


「あああああ・・・・ディ―、ディ―、ディ―、ああああ・・・ディ――――ッ・・・」


イッた。


しかし、離れない。そのままで、このとき、恍惚の顔をして、ワシの顔を覗き込む。

「ユー、グッド?」

「イエス、グッド」


そういうしかねーだろ!(笑)。


そしたら、また、腰振りが始まる。

「ディ―、ディ―、あああ・・・・ディ―ィィィ・・・」


そうなると、ワシの人格は再び無視。


こんな感じで、30分ほど、彼女の騎乗位攻勢が続く。


「PWさん、ワシ、お腹が減ってペニスがもうダメ(ダウン)だ。下のレストランに食べに行こうよ」


down ? ok, eat we go food


腹が減ってペニスがダウンしてしまう。そう言ったからか、素直になった。

 


レストラン「モンスーン」


外のテラスに座る。
ワシはぺペロンチ―ノ。彼女はビーフストロガノフとシーフードサラダ。
ワシはビール。彼女はワイン。


ワシらの周りに客はいない。ワシは聞いてみた。


「20年間、セックスレス。欲求不満はどのように解消していたの?」

「セルフ」


「セルフ。ああ、自分でしていたんだね」

「そのう・・・聞いていいかな。なにを想像しながらしていたの?」


「ユー」

「ワシ???」


「あなたとメール始めてからは、あなたとセックスするシーンを想い浮かべてしてました」

「ええ―――っ、そうなの?!」


「だから、あなたと会った時は、私、体が熱くなって、どうにかなるかと・・・」

「それで、食事どころではなかったんだ。」


「あなたは、セックス、私のことをすごく考えていてくれて、いい人ね」

「考えていて、とは?」


「私、20年間してなかったでしょう。いきなり強く入れられるとアソコが壊れてしまうんじゃないかと心配していたのです」


彼女の英語はメチャクチャな英語で、片言なのだが、これでも通じるから面白い。


i 20year no sex. if strong(人差し指を自分のアソコに向けて、グイグイと入れるジェスチャー) i worry no use, blood here(下を指して)


これで十分わかる。


「あなたはゆっくりとしてくれた。あなたの優しいこころよくわかりました」


5分かけて、挿入していったことを言っているのだ。


優しいというより、彼女の状態を知って、それに沿って処方しただけなのだが(笑)。


それにしても、まさか、ワシをオカズにしていたとは。ワシとのメール期間は2カ月。

たぶん、ワシが彼女と会うと確約してから、彼女のオナニーが始まったのだと思う。

女の性感は、想像上の男よりも、実際に会うというリアルな男に強く反応するようにできているのだ。

ワシにロビーで会った時には性感がピークに達していたのがこれでよくわかった。


彼女、ワインをグラスで3杯飲んだ。顔が真っ赤。


部屋に戻る。


ワシらはすぐに裸になる。途端にペニスを握られる。

また騎乗位か?

今度は口にそれを運んだ。ゴシゴシ、ピストンフェラ。

まったく上手くない。彼女の頭をつかんでもっとゆっくりとソフトにスローにしてくれと頼んだ。

フェラが改善された(笑)。

気持ちがいい。ワシはこれが大好き。

10分ほどして、彼女の頭の重さがワシの下腹部に感じた。

彼女は咥えたまま、寝てしまった。

ワシはそっとペニスを引き出し、そのまま寝かせた。


ワシはビールを冷蔵庫から取り出し、飲みながら、こういう時の恒例の(笑)正体不明女の裸体鑑賞をする。 


彼女を寝かせたまま、ワシはロビー横のパソコンルームへ。

メールチェック。


酔っ払い女のAIさんからは、相変わらず、しつっこいラブメールが。


本命女“だった”NMさん(34)と明日、2度目の再会をすることに。確認のメールが来ていた。


部屋に戻ると、同じ格好で大の字になって寝ていた。


ワシはシーツをかけてあげ、ワシも寝ることにした。

 

翌朝、彼女、ワシにしがみついてきて、文句を言ってきた。

その文句とは・・・・


次回に続きます。

 

68歳ジジイ、タイ女12日間で11人斬り。20年間、男日照りのPWさん(43)バツイチ。その2

68歳ジジイ、タイ女12日間で11人斬り。20年間、男日照りのPWさん(43)バツイチ。その2

 

ワシは、これからこの女を引っ剥がしスッポンポンにして抱けるんだな。と思うとワシの愚息はカチンカチンになった。

ワシは彼女の手をつかむとその硬くなったものに掌をグニュと押しつけた。

彼女のすべてがこの一瞬で変わった。

彼女の顔に笑いが出て来た。
ワシのを握って、その目でワシの目を追う。
笑っている。

ワシがエッチモードに一挙にしてくれてありがとうって顔だ。


ワシのをグイグイまさぐる。懐かしいのか。
20年ぶりのペニス接触なのだ。

ワシはさらに彼女の目の前に仁王立ちして、ズボンのチャックを開けて、ギンギンしたやつを顔に近づけた。・・・・・・・・


食いついてくるか・・・と期待したのだが、彼女、ワシのギンギンポコを両手で,もの珍しそうに、細い指先で、ポコチンに蜘蛛が這う如く、そこかしこと、触りまくる。

時々、上を向いて,恥ずかし嬉しの顔をしてワシを見、
なんだかわからんがワシに同意を求めるようなしぐさをして
「うん、うん、うん・・・」と声を出す。

ワシがわかっていることは、彼女、本当に幸せだという顔をしていることだ。ペニスがこんなに喜ばれるとは(笑)。


彼女の目線がクイクイとベッドの方を指している

。ハハ、ベッドの連れてってと・・・かわいい奴だ。

それでワシは彼女の体に手を回し、ワシらはリビングからベッドルームに移動した。

ワシはこういうとき、いつもやる、身体検査つまり、お湿り検査をすべく、素早く、彼女のパンティに指を滑らせてバギナにタッチしょうとしたら、

「ノオオオオ――――ツ」


ワシの手を思い切りぶったたいて、怖い形相をして、
本気でカンカンになって怒った。

(うわっ!!やっぱり外人女だっ!!!こええよぉぉぉぉ・・・)


ワシがあまりにも青くなっていたので、逆に彼女のほうが驚き、

「おううう・・、ノ―ウオ―リー、ドントマインド。ソリ―」

そう言うと、バスルームに入って行った。

 

バスタオルを巻いて出て来た。

ベッドに入ると、シーツでからだを包んで、向うむきになって脚を折って静かにしている。

ワシもシャワーを浴びに行き、
いよいよ、このインド系のタイ女の股ぐらを開き、その中心部にワシのモノをギシギシと挿入するんだ。

そう想うとワシのナニはグングンと膨張してくるのだった。
ワシはこんなふうにして、イメージ力でナニを立たせているのだ。

トシを取ってくれば、こんな現物的なイメージを使わないと立たなくなってくる。
ワシはベッドに上がり、シーツを剥がし、彼女の背後から固いペニスを彼女の尻の割れ目に押し付けた。

さっきシャワーを浴びて、アソコをきちんと拭いてきただろうに、尻の割れ目がニュルッとした感触で、ぐっしょりと濡れている。

彼女、尻を突き出すようにして、もう挿入しようとする。

ワシはバッグから0.2ミリの極薄コンドームを取りだし、装着した。

彼女を、仰向けにし、開脚させ、ワシの愚息のヘッドを割れ目にあてがう。

PWさん、硬直して、目を閉じて、手はシーツをつかみ、黙ってその瞬間を待っている。

ワシには痛いほど彼女の状態がわかる。
この瞬間が、彼女のいままでの人生の中で、最高のハイライトになるのだ。

20年間、男なしの生活。20年間ペニスに触れていない女。

ワシはその20年間の空洞を埋めるセレモニーめいたことをしたくなって、ペニスの根元まで入れるのにゆっくりと5分ほどかけて挿入することにした。

頭をすこし入れた。びっくり、その入り口はしっかりと閉じられていて、括約筋が最大限に締めつけられていた。

幸いシルが豊富に出ていたので、強く押し込んでいけば、ゆっくりと、挿入していける。

グッ、ググッ、グググッ、

彼女は全く無音、無声。顔だけが無音の中で異様に歪んでいる。

シーツをつかんでいるこぶしが小刻みに震えている。

ゆっくりと入れて行く途中で、ヒクッ、ヒククッと痙攣する。これがタマラン。たぶん5分ほどで、根元まで埋め込んだだろう。

顔を歪めている。すこし、心配になって、

「PW,ユー、フィール、グッド、オア、フィール、バッド ?」

「イ――、イ―――、イ―――、オオオオ、イイイイイ・・・・」

「ノット、ハート?not hurt ?」(痛くないか?)

「イ――、イ――、イイイイイ・・・・・」


イイって?日本語のいいか?


痛いのイか?


「アウウウウウ・・・・イイイイイイイ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」


腰を猛烈に下から突き上げて来た。

ほんの数秒の突き上げのあと、そのまま、ブルブルと体じゅうを震わせ、

次の瞬間、クターッと弛緩した。


PWさん、イッたのだ。挿入して5分30秒でイってしまった(笑)


こういう昇天の仕方を、ワシは「一突きアクメ」と呼んでいる。

彼女の場合は、5分かかったので一突きとは言えないから「スロー一突きアクメ」と呼ぶことにするか(笑)。

 

挿入前に、脳感状態になっていて、女が完全に出来上がっている時は、
ただ、こうやって、男はゆっくりと挿入していくだけで、女は絶頂に達することも可能なのだ。


こういうイカし方もあるのだと頭に入れておくのもいい。


まったく、男は腰を振ることなく、女はイってしまうのだ。
超エネルギー節約セックス、省エネセックスだ(笑)。

 

なに?そんな省エネセックスなんてしたかねえ!


ハハハ、確かに。男の方は擦らないので、気持ちよさはほとんどない。
ワシみたいに、女の気持ち良さを感じ取りながらでないと、コーフンはしないだろう。

 

イッたあと、彼女、仰向けになって、脚を開脚したまま、目を半開きにして、ハァ、ハァ、ハアと息を荒げている。100メートルを全力疾走したかのように。


「あなたが、さっき、いい、いい、と言っていたのは、それ日本語なのかな?」

「いい?」


「いーーーー、いーーーー、といってきみはイってしまった」

「あ、それ、ディー ね」


「ディ―?」

「ディ―は良い、ナイス、グッドという意味です」


「あ、そうだったのか。ディ―か、ワシ、イ―と聞こえたよ。日本語のイイはディ―と意味が同じだよ」


「そうなんですか、面白いですね」

ムクリと起きるとシャワールームに行った。

 

たった6分弱の省エネ絶頂。

ワシはやれやれと冷蔵庫からビールを取りだし飲んだ。

やれやれと思ったのは、取りあえずイカすことができたからだ。

ワシには女をイカしてやらねばならないという責務(笑)を常に持っているからだ。

 

あとは、ワシの大好きなフェラチオを彼女にたっぷりしてもらおう。


なんて考えていたら、バスルームから出て来たPWさん、
バスタオルも巻かずに、スッポンポンできて、
ベッドに入るや、
ワシの首根っこに腕を回し、

ビックリするくらい打ち解けた顔をして、抱きついてきた。


うわっ!!・・・・・・・・・・・・・・


寝た子を起こしてしまった・・・・・


で、次回に続きます。

 

「官能深度」についてお話しょう。

「官能深度」についてお話しょう。

 

「官能深度」、この言葉は実はワシの造語(笑)。

同じエロチックなものを見ても、聞いても、想っても、浅い感じ方の人と深い感じ方の人と、個人によって差がある。

その深度のことを「官能深度」と呼ばせてもらう。極々簡単に言えば
()、スケベ深度ということになるが。


1600人以上の女性たちと接してきて、その官能深度がほとんどない女と超深い女とがいて、この差にはびっくりする。

深度0の女もいた。
その女は、処女で、ポルノの類も見ず、読まず、箱入り娘。彼女はワシに相談にきた。

26歳になっても性的なことに関心がなく、まわりの女性たちが男を血眼になって求めている姿を見て、自分にはその感情が希薄な事に気付き、自分のからだが変なんじゃないかと思いワシのところに会いに来たのだ。


ホテルで彼女の体を調べてみると、びっくり!クリトリスが凹んで、ないのだ。つまり、勃起したことがないのだ。

オナニーもしたことがないと。
彼女についてはワシの漫画に「無垢純粋処女」として、詳しく描いてあるが、

ここで、それを書くと、かなりページを取られるので割愛させていただくが、

その彼女、2時間後、ワシの処方で、見事に普通の女になって性感を獲得。

それでも深度20%くらいか。
その後、普通の女性として、男を求めるようになったと推測される。

女が男を求める最大の理由はズバリ、オマンコをして快感を得たいからなのだ。

女にその快感がなければ,女はあれほど、男を求めたりはしない。自然界はうまくできているのだ。


かたや、超スケベの女、つまり、官能深度100%、いや、こちらが驚くレベルのもいるから、250パーセントの女もいる
()

なんで、個人によって、こんな差があるのか。

イヤラシイ環境に育ったからか。
環境の影響は確かにあるが、それだけでは説明し切れない。

ワシは考えた末、「官能」にも「進化」があるのではないかと。

つまり、脳の中にも「進化」があるのだと。

官能深化、官能進化があるのではないかと思うようになった。

感じる女はますます感じる女として子孫にそのDNAを継承していく。
そのほうが、深度の浅い女より、いい男を獲得して、自分のDNAを残せるからだ。

官能深度の浅い女のDNAはいずれ消滅してくと思われるが、ワシはすぐに、その結論は出さない。

なぜならば、一見無駄なような生物でも、それがなにかに役に立ち、必要だと言うことを、他の分野で知っているからだ。


さて、話をもとに戻して、個人によって官能深度が違うということは、

たとえば、ここに女の裸があって、それを見ている男がいるとしょう。
同じ女の裸体を見て、少ししか感じない男と、メチャ感じる男がいる。

その差は、たぶんDNAの中の官能分野の発達度合いと、後天的な性の精進(笑)に関わって来ていると思われる。

メチャ感じる男は、本人が気づいていないと思うが、その横たわっている裸体の形に、反応し、その肌の皮膚感、繊細な部分部分にエロスを感じているのだ。

もっと言えば、その裸体からだけではなく、その女の存在そのものに反応しているのだ。

存在そのものに反応していると、そこまで認識できる男がいたとしたら、その男は性の達人と言ってもいい。

ワシの経験を述べると、63歳のおばあちゃんにも、性的に感じた。

シワくちゃのおデブバーサンにだ。

その時にワシ悟ったね。人間、姿態の美醜に関係なく、その女の存在を強く意識した時は、ペニスは立ち、感じると。

つまり、オバーチャンの「心」と「この世に唯一存在する女」に感じたんだ。


では、その彼女の肉体には全く感じないかと言うとそうではないのだ。
オバーチャンの三段腹にも感じたりするから、かなりワシはスケベなんだろう
()

 

こんな官能深度の事を考えてくると、同じ裸を見てもさほど感じない人と、感じる人がいるということは、

感じる男は、自分で感じるから感じるのだ。

ややこしい言い方だね。

つまり、感じるってことは、その人間の頭の中に、脳のなかに、感じるシステムが備わっているということだ。

もっとシビアーにいうと、例えば、裸の写真を見たとする。

写真の像はただの薄っぺらい色つきのドットで成り立っている。

ただの濃淡のあるカラ―のドットだ。

このドットを視覚から脳に伝えて、脳の中にある自分の中にある、官能と結びつけて、その時、初めてヤラシイ物体、ヤラシイ女のからだとして認識。

その男のからだの官能が起動し、性感が反応し、興奮し、ペニスが立つのだ。


つまり、感じるのは自己のせいなのだ。外部にある物体のせいではないのだ。

ワシがここのブログで執拗に言っている言葉で
「人間、すべて、想い込みで生きている」

官能についてもこの範疇に含まれるのだ。


昔、チャタレイ夫人の恋人事件というのがあって、その翻訳をした人と出版社がわいせつ物頒布
罪に問われた事があった。


その後も、映画や出版において、さまざまな物議があった。


ワシから言わせてもらえば、これは猥褻だと訴える人間こそ、その作品を猥褻だと認めていることになる。

笑っちゃうよね。


とはいうものの、猥褻物は人間に、相当影響するのはわかり切っている。

脳の中に、もともとあるものとしてもだ。

大人にはともかく、子供には悪影響を与えるのはまずいかもしれない。

かもしれないと自信無げにワシがいうのは、ほんとうに悪影響なのかわからないからだ。

ワシなんか子供の頃からそんなたぐいの事にはメチャ関心があって、機会があれば、友達から借りて、それでマス掻いていたからね。

それで悪影響だとは個人的にはちっとも思っていない。

あ、だから、ワシは、こんな、ドスケベのイヤラシイ男になったのか

悪影響かもな。ワハハハハ。


ま、適度に取り締まることは、否定はしないけどね。

けど、子供にはともかく、大人にはこれはなしにしてほしいかな。

というか、もうネット時代、とっくに解禁されているからねぇ。

しかし、ワシら漫画家、セックス描写はいまだに制限がかかっているのだ。

漫画を描く時、構図を無難なものにするために、かなり頭を使って描いている。

これが自由に描けたらなぁーと、毎回、溜息をつきながら描いているのだ。

これは、言わせてもらえれば、相当のストレスがかかっている。

自由な構図が取れないんだから、想像してもらえればわかりますよね。


一方でこんな考え方も出てくる、

人間のギャンブル依存症は、個人の問題だが、これでわかるように、人間の内にある弱点を煽ると、人を破壊していくのは明らかによくないからね。


しかし、人間の官能は弱点なのかどうか・・・・

これはギャンブル依存と違って、人間存在の根本的な部分だからねぇ。

プロフィール

  成田アキラのツイッター
スケベ漫画家成田アキラでございます。 もともと子供向けの科学漫画を描いていたワシが、テレクラ(テレフォンクラブ)にハマり込み、会った女性との艶事を漫画に描いたら、これが大ヒット。根がスケベだったせいもありエッチ体験漫画を以来延々と描き続けることになった。 女と車と温泉、この三点セットでのめり込んでいく。女との体験を重ねるにつれ、必然的に性のテクニックも上達し、ハウツーセックスものも手がけていくことになる。 ご存知「V筋攻め」なる必殺技も編み出した。 1945年生まれの現在74歳。まだナニも現役のバリバリ(笑) ワシのことは当ブログで、すべて出ています。末永いお付き合いのほどをよろしくお願いいたします。
メッセージボード

人はエッチ大好き、スケベである。これを共通認識・基盤として、ワシは様々な情報発信、活動をしていきたい。これをもって、世界平和を実現できればとの夢を描いています。
日本スケベ党総裁 成田アキラ





漫画・コミックランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 成田アキラの「グッド変態のススメ」117、③モバイルエロ調教 その8、レイカさん(40歳、人妻、パート主婦)
  • 成田アキラの「グッド変態のススメ」117、③モバイルエロ調教 その8、レイカさん(40歳、人妻、パート主婦)
  • 成田アキラの「グッド変態のススメ」117、③モバイルエロ調教 その8、レイカさん(40歳、人妻、パート主婦)
  • 成田アキラの「グッド変態のススメ」117、③モバイルエロ調教 その8、レイカさん(40歳、人妻、パート主婦)
  • 成田アキラの「グッド変態のススメ」117、③モバイルエロ調教 その8、レイカさん(40歳、人妻、パート主婦)
  • 成田アキラの「グッド変態のススメ」117、③モバイルエロ調教 その8、レイカさん(40歳、人妻、パート主婦)
  • 成田アキラの「グッド変態のススメ」117、③モバイルエロ調教 その8、レイカさん(40歳、人妻、パート主婦)
  • 成田アキラの「グッド変態のススメ」117、③モバイルエロ調教 その8、レイカさん(40歳、人妻、パート主婦)
  • 成田アキラの「グッド変態のススメ」117、③モバイルエロ調教 その8、レイカさん(40歳、人妻、パート主婦)
楽天市場
記事検索
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ