成田アキラのオンナは女神さま

オトナ専用のブログです。 刺激的な表現もありますが、制限を加えておりません。 ★18才未満立入禁止(笑)

オンナが一番。

その6、仮の宿に住む女・澄子さん(32歳)

その6、仮の宿に住む女・澄子さん(32歳)



信頼とワシを好きになってくれれば、あとは、どんな女の中にも潜むマゾ快感を引き出して、

気持ちいいことを教え込んでいけば、澄子さんといえども、快感には勝てない。

人間と言うのは畢竟は性の快感で動いているのだ。

たとえば食べる快感も元をただせば性の快感からきているのである。

景色を見ていい気持ちになるのも官能なのだ。<――――これ、ワシのテーマ「脳感」のところを読んでもらえれば御理解いただけると思います。

 

 img235



img236




img237




img238




澄子さんを感じる女に、ワシがしてあげただけに、別れたあとは、寂しいものだ。


いい女だった。
すこし、旦那さんに嫉妬みたいなものが残ったよ。

 


仮の宿に住むオンナ・澄子さんの巻、終わり。




 

その5、仮の宿に住む女・澄子さん(32歳)

その5、仮の宿に住む女・澄子さん(32歳)

 

ワシが宗教観などひとくさりしなくても、男と女、一緒に温泉に浸かり、

実在と実在が面と向かい、話をし、共通の時間を過ごせば、

ワシがどんな男かは、自然に分かってくるというもの。

ワシが言ったどこに涙したのか、今も確実なところは分からないが、

ともかく、彼女とは仲良くなれたということは確信を持った。

 

img231



img232



img233



img234


すべて、ワシに身を任せてほしい。澄子さんは、小さな声で「ええ」と信頼してくれた。


ワシ、嬉しかったね。

こういうことが男って、一番感じるんだよね。

幸せを感じる瞬間だ。

 


このあとは、少々乱暴だが、ワシお手の物の俗世の性の快感を、彼女に教えていくことにする。



次回に続きます。


 

その4、仮の宿に住む女・澄子さん(32歳)

その4、仮の宿に住む女・澄子さん(32歳)



ワシの宗教観をひとくさり。

なにごとも真剣に語れば心は通じる。

その時、そんなことを学びましたね。

現在のワシの宗教観はワシの悟り「非風揺葉観」に到達したので、

この時から、さらに上昇したと思います。

 

img227



img228




img229




img230



澄子さんの涙のわけは? 分かってくれたのか?・・・・


次回に続きます。



その3、仮の宿に住む女・澄子さん(32歳)

その3、仮の宿に住む女・澄子さん(32歳)



神をあるいは来世を信じるか信じないか、これは天と地ほども幸福に差をもたらす。

それはワシも認めるのだが・・・・

澄子さんのように現世を捨てるのはどうかと思われる・・・・

 

img223



img224




img225




img226


 

 

この澄子さんを、現世の楽しみを教え、帰還させることができるのか?


難儀なオンナにぶつかったもんだよ・・・・

 

次回に続きます。


その2、仮の宿に住む女・澄子さん(32歳)

その2、仮の宿に住む女・澄子さん(32歳)

 


澄子さんは、自分の裸体を男が見たら、どうなるかも知らない。

自分の裸体の価値も知らない。

男が見たら興奮することも知らない。

本当に不思議な女だった。

天然記念物みたいな希小種と言ったら悪いかな?

しかし、こんな女がこの世にいるんだとは、ワシ、びっくり。

かえって、手つかずにしておいた方がよかったか?


img219



img220




img221




img222

 

この世は仮の宿オンナが現れたワイ(笑)

笑い事じゃないんだけどね。

次回に続きます。 



その1、仮の宿に住む女・澄子さん(32歳)


その1、仮の宿に住む女・澄子さん(32歳)



十人十色、女性も様々な人がいて、現世に住んでいて、あの世に住んでいるような、

旦那さんが言うには「うちの女房は、幽霊のような女」が今回のお相手の女性だ。


彼女は、この世を仮の宿と思い、すべては来世に希望を持っているという。


こんな、まるで悟り切った僧侶のような人妻を、彼女の旦那さん(39歳)から、

「普通の、性にも関心がある、潤いのある女にしてくれ」と、ワシは頼まれたのだ。


今回のテーマはかなり重い内容だが、

ワシの次回の小説「
実写に限りなく近づくリアルバーチャルゲームの行先はどうなるか?」の第3部に大いに関係がある話なので、

この際、ここにアップしておこうと思います。

img215



img216




img217



この、鬱蒼としたススキのトンネル、この通りだったのだが、最近行ったら、かなり、刈り取られていた。

img218
 
次回に続きます。



その4、熱い伊豆の踊子は匂いで男を選ぶ、浅美さん(19歳)

その4、熱い伊豆の踊子は匂いで男を選ぶ、浅美さん(19歳)

 

 

 

匂いで男を選ぶオンナもいる。

 

 

img210



img211


 img212



img213




自信家のハンサム男が、匂いの拒否で振られたとしたら、本人は自分にはまったく非がないと思っていただけに、まさか、匂いで振られたとはよもや思いつかないだろうね(笑)

浅美さんの巻、終わり。


 

その3、熱い伊豆の踊子は匂いで男を選ぶ、浅美さん(19歳)

その3、熱い伊豆の踊子は匂いで男を選ぶ、浅美さん(19歳)




床にはいると、突如、豹変。その謎は・・・・・・

 

 img206



img207

img208

img209

浅美さんの静と動の謎は、なんと、過去の男を忘れるためだったのだ。

さらに、女性ならではの微妙な感覚というか、感情が分かってきた。

次回に続きます。

その2、熱い伊豆の踊子は匂いで男を選ぶ、浅美さん(19歳)

その2、熱い伊豆の踊子は匂いで男を選ぶ、浅美さん(19歳)



川端康成「伊豆の踊子」執筆の宿「湯本館」は、こじんまりとした川沿いの温泉宿だ。


川に面した混浴露天風呂に浅美さんと入っていたら、すぐ近くに釣り人が糸を垂らしていた。(今現在は、混浴ではなく、貸し切りになっている)


のんびりしたところで、小説の主人公、踊り子が、ここの露天風呂に入ったのか、小説上の話なのか、ワシにはよくわからないが、(伊豆の踊子の舞台は福田屋旅館だともいうが)

どうであれ、川端康成はここで、伊豆の踊り子を執筆した。

あの小説の現場が生き生きと想像され、なんともいえない文学的情緒に浸れた。


浅美さんは相当シャイな女性で、物静か。

しかし、口数は少なくとも、ワシらは心地いい気分に浸ることができた。

 

 img201


img202




img203




img204




img205



ところが、床に入ると、別人のように浅美さんは豹変したのだ・・・・・・なぜだ?

 


次回に続きます。


 

その1、熱い伊豆の踊子は匂いで男を選ぶ、浅美さん(19歳)

その1、熱い伊豆の踊子は匂いで男を選ぶ、浅美さん(19歳)

 


実写に近いゲームを見ていると、そして、その実写化の進展のスピードを見ていると、

ワシはワクワクし、素晴らしいと称賛し、その行く末に思いを巡らす。


もし、あなたが、なぜこの世があるのかとか、すべて存在するものがなんであるのかとか、仏教の真理とか、

要するに、まだ解き明かされていないものに興味を持ち、これから新しい世界を切り開いていこうと思っている人であれば、

最新の実写に近いゲームをひとつでもいいから、見てもらえばいいと思います。(プレステ4を購入しなければなりませんが)。


初めて、それらに触れた方は、天と地がひっくりかえるほど、びっくりなさると思います。

かつてのワシがそうだったから、この言い方は決してオーバーではありません。


3Dゲームの中に、物理法則が取り入れられたときは、二度目のショックでした。

ニュートン力学のとおり、ゲームの中の人物、車、物、建物の崩壊に、その力学が組み込まれているのだ。

たとえば、崖から落ちた人間は、実物と同じように、転げ落ちて行く。

したがって、落ちた場所も、落ちて動かなくなった人間の体勢も、すべて違う。これは本当にスゴイ!


最近のでは、たとえば、人が沼や湖、海などに、歩いて入ると、その波紋が脚元から広がっていく。

両脚からのそれぞれの波がお互い干渉し合って、高い山になったり、打ち消し合ったり。――ゲーム、「ウィッチャ―・ワイルドハント」――

こういうことに、いちいち、ワシは感動しているのだ。


ちょい前は、例えば、砂地を歩いた時、あるいは、車で乗り入れたとき、足跡が歩いた通り残り、車のタイヤ跡が残る。

こんなことにも、痛く感動したのだ。


歩いた時の路面との音、これも砂地と石と沼地とでは異なった音になっている。いや、素晴らしい!


海の表現はもう、涙ものだ。

水の動き、写り込み、波の動き、海面から透けて見える岩や海藻や砂地。

潜ってみれば、海底が果てしなく続いている。

まるで、シュノーケルで海中散歩をしているかのよう。

魚もちゃんといる。

ゲームだから、現実にはありえない巨大なサメやモンスターが急に近づいてきて、あのギザギザの歯をむき出しにして、襲ってくる。

ゲームの中だとはいえ、油断も隙もないのだ。

食われれば、バーチャルでのワシは当然DEA
D、死ぬことになる。

周りはワシのはらわたの一部と血で赤く染まる(笑)。
いや、バーチャルとは言え、オソロシイ!!


陸上の空間表現も素晴らしい。

遠くの景色は、それなりに薄くしたり、ボカシたりと、定番の方法があるが、

その後、空間に漂うチリやゴミ、細かい葉っぱなどで空気の流れなどが知覚される方法が現れ、

光の反射や柔らかい光線などでも空間を表している。

霧、モヤ、煙、それらでも空間表現している。

それらに光が当たると、現実の光景さながらに美しく、あるいは、おどろおどろしいシーンが作り出されている。

湿り気でさえ感じられるのだ。


こうなると、欲張りなワシは、匂いがほしい。

そのシ―ンに合った匂いがあると、さらに臨場感が増すと思う。

これは、ゲーム制作会社は早くやった方がいい。必ずヒットするものと思う。

人間の匂いの影響は考えているより大きいのだ。


こうして、バーチャル空間が際限なくリアル空間(現実空間)と、同等になってくると、

いつの日か、バーチャル空間がリアル空間を追い越して行くことになるだろうと、ワシはマジに考えている。

ワシの小説「
実写に限りなく近づくリアルバーチャルゲームの行先はどうなるか?」の世界は実際に起こるだろう。

あちら側であなたそっくりの「アバあなた」が棲息する世界がやってくる。

これは、間違いなくそうなる。


ワシは漫画においても、作りモノは嫌いである。

だから、ワシの漫画はワシそのものが、実際に体験したことを描いている。

いわゆるフィクションは描きたくないのだ。

ワシの小説「実写に限りなく・・・」はフィクションのように見える。荒唐無稽のようにも見える。


ワシはこの小説をフィクションとして書いているわけではない。

ちゃんとした理論(非風揺葉空界理論)を基にして、近い将来、遠い将来、実際にそうなると思って書いている。

瞬間移動もSFの世界のものではなくて、かなり遠い未来において現実化されるテクノロジーだと考えている。

 


さて、ここまで書き進めてきて、

今回は、事のついでに(笑)、匂いがどれほど、人間生活に影響しているか。

ワシの体験から、一人の女性の話をここにアップしてみます。


img198



img199




img200


 次回に続きます。


その4、三保の松原の菜々子さん(24歳)

その4、三保の松原の菜々子さん(24歳)

 



菜々子さん、ワシを本気で噛み始めた。


ワシもマゾ体質なので、噛まれるままに、マゾ快感を楽しめばいいのだが、

この時は、その切り替えができなかった。

頭がマゾになっていなければ、噛まれても痛いだけだ。


彼女は、その時はサドになっていた。

よくよく聞いてみると、ワシを噛むと自分が噛まれているような感じがして快感が生じるのだという。

SとMは表裏一体なのだ。


それに、食欲と性欲は同根だということも分かってきた。

 
img193


img194



img195



img196



img197

 

 
菜々子さんの巻、終わり。


 

その3、三保の松原の菜々子さん(24歳)

その3、三保の松原の菜々子さん(24歳)

 


バギナにハチミツを塗る。さらに、指で届くあたりまで中にも塗っておく。

菜々子さんのハチミツバギナを食べるように舐める。

バギナを舐める。ペニスを舐める。これらは、男女のセックスにおいて、お互いの快感を高める行為としては、なくてはならないオコナイである。

これがないセックスは互いの性の楽しみを損なうことになる。


ワシらの「食人舐めプレイ」は、女体を食べるつもりのクンニであり、フェラチオなのだ。

 

だから、単なるクンニ、フェラチオよりも「食人バギナ舐め」「食人ペニス舐め」は快楽行為としては上位に位置する。


「食人舐めプレイ」をするには、男も女も、SM的素質がないとうまくいかないだろう。


幸いにして、菜々子さんはかなり強いマゾ体質で、かく言うワシも、マゾの感覚が分かるオッチャンである(笑)。

ワシは女に噛まれると、ゾクゾクとした快感がする。


読者の皆様も、そんな体質が男女双方ともあったら、この「
食人舐めプレイ」をお奨めする。

人間の体に味があるというだけでも、面白いですよ。


img189



img190


img191


img192


次回に続きます。


 





 

プロフィール

  成田アキラのツイッター
スケベ漫画家成田アキラでございます。 もともと子供向けの科学漫画を描いていたワシが、テレクラ(テレフォンクラブ)にハマり込み、会った女性との艶事を漫画に描いたら、これが大ヒット。根がスケベだったせいもありエッチ体験漫画を以来延々と描き続けることになった。 女と車と温泉、この三点セットでのめり込んでいく。女との体験を重ねるにつれ、必然的に性のテクニックも上達し、ハウツーセックスものも手がけていくことになる。 ご存知「V筋攻め」なる必殺技も編み出した。 1945年生まれの現在74歳。まだナニも現役のバリバリ(笑) ワシのことは当ブログで、すべて出ています。末永いお付き合いのほどをよろしくお願いいたします。
メッセージボード

人はエッチ大好き、スケベである。これを共通認識・基盤として、ワシは様々な情報発信、活動をしていきたい。これをもって、世界平和を実現できればとの夢を描いています。
日本スケベ党総裁 成田アキラ





漫画・コミックランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 成田アキラの「グッド変態のススメ」117、③モバイルエロ調教 その8、レイカさん(40歳、人妻、パート主婦)
  • 成田アキラの「グッド変態のススメ」117、③モバイルエロ調教 その8、レイカさん(40歳、人妻、パート主婦)
  • 成田アキラの「グッド変態のススメ」117、③モバイルエロ調教 その8、レイカさん(40歳、人妻、パート主婦)
  • 成田アキラの「グッド変態のススメ」117、③モバイルエロ調教 その8、レイカさん(40歳、人妻、パート主婦)
  • 成田アキラの「グッド変態のススメ」117、③モバイルエロ調教 その8、レイカさん(40歳、人妻、パート主婦)
  • 成田アキラの「グッド変態のススメ」117、③モバイルエロ調教 その8、レイカさん(40歳、人妻、パート主婦)
  • 成田アキラの「グッド変態のススメ」117、③モバイルエロ調教 その8、レイカさん(40歳、人妻、パート主婦)
  • 成田アキラの「グッド変態のススメ」117、③モバイルエロ調教 その8、レイカさん(40歳、人妻、パート主婦)
  • 成田アキラの「グッド変態のススメ」117、③モバイルエロ調教 その8、レイカさん(40歳、人妻、パート主婦)
楽天市場
記事検索
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ