成田アキラのオンナは女神さま

オトナ専用のブログです。 刺激的な表現もありますが、制限を加えておりません。 ★18才未満立入禁止(笑)

なぜワシがこの歳でこんなに元気なのか。

AV界のエロ巨匠、村西監督と、テレクラ漫画、スケベ実体験漫画の成田アキラのエロスケベ対談

平成最後の春―――「ナイスですよ~」AV界のエロ巨匠、村西監督と「奥が深いで~」テレクラ漫画、スケベ実体験漫画の成田アキラ。

言いたい放題、チンマン、エロスケベ対談。
70代は第二次青春の始まりじゃわな!

 

ワシと村西監督とのエロ対談が週刊大衆にて、3月18日(月曜日)より、3週に渡って連載されるぞ。


監督とは
30年前、巨乳松坂季実子のAV撮影現場にワシと女房(ミッチャン)とふたりでダイヤモンド映像スタジオに訪問して以来の対面である。


監督が
71歳、ワシが73歳。二人とも元気!元気! 尋常じゃなく元気である。


ワシが日頃言っているとおり、スケベ、エロに邁進すればトシなど関係ない。

ワシも監督もモノはビンビンの現役。女をいくらでも悦ばせることができる。


監督と話してみてよくわかったことは、彼はモノスゴイ博学だ。

政治経済、歴史、健康、科学、何でもよくご存じでワシおったまげた。

しかも、頭の回転が速く、思わず引き込まれていく絶妙な話術。

村西監督の時代が再到来したと言ってもいいだろう。

ワシもスケベを発散しつつ監督についていかねば!

この対談が好評であれば、永遠に村西監督&成田アキラ対談が続く可能性アリと編集部から。

皆さんのご声援にかかっとります!よろしくです!!

1村西監督
《オメコこぶしをつくり、永遠のスケベを宣言する》


2村西監督

《今年は、この漫画ヒフーとヨーヨで飛躍するゾ》


日刊ゲンダイにて「成田アキラのタイ素人女マン遊記」


毎週月曜日連載です。よろしくです(^^)v

258c57cb


【最新刊】新・艶メル楽園が出ましたよ
 
全7巻です

K8100053233761


チボー星人、ヒフ―とヨーヨの動画ができました。

ユーチューブにて、ヒフ―とヨーヨで検索すると出てきます。
ツイッターでもアップされてます。拡散お願いいたします。


ツイッター
ダウンロード成田アキラ



★成田アキラのオフィシャルサイト
PC版 スマホ版



これ、ペタペタと貼ってお友達を驚かせてくださいな、拡散希望です。よろしくデス。マウス、左クリックして保存できます。スマホではクリックしてダウンロードできますよ。


チボー星のやつらヒフーとヨーヨオリジナル1 - コピー (2)



電子書籍「非風揺葉理論」です。新解釈・般若心経(色即是空)とも言えます。

この理論が成田アキラの存在基盤と言えるものです。

人生のまったく新しい未知の世界が開けてきます。
新しいステージに跳躍したい方はお勧めいたします。

アマゾンでオンデマンド出版(紙の本です)いたしました。
オンデマンド(ペーパーバック)の「非風揺葉理論」は、こちらをクリックしてくださいね。

中くらい

 
 


  「ラビア・ソーイング」

成田アキラが初の本格小説に挑戦!! 

しかもテーマはリアルとバーチャルの色空融合

成田アキラの新世界の紹介はこちらへ
新機軸小説 第一弾

ラビア・ソーイング


新機軸小説・第二弾

宇宙ユーカク



新機軸小説 第三弾

不死鳥・アバ美希







f3c54842

成田アキラの電子書籍(実体験漫画だから実践に使えるよ)  

成田アキラへの、漫画、執筆(エッセイ・小説)、本出版、講演等の仕事のご依頼はこちらからどうぞ。
女性の方、性の相談事を受け付けております。詳しくは留守録対応にて。TELL03-3814-6649 またはメールにてどうぞ。


最近のワシは本当に画家の目になってしまった。

最近のワシは本当に画家の目になってしまった。



ワシはどうしてしまったんだろう。

周りがどこを見ても、どこを切り取ってもきれいに見える。

きれいに見えるというよりも、敏感に見えると言ったほうが適切かもしれない。


見えるものが絵を観ているように見えるのだ。

見ることが楽しくて仕方がない。

この前なんか、夕方、幅の広い道路を歩いていたら、ビル街のその様子が美しく見えた。

もうすぐ日が暮れる。

どうしてきれいに見えるのだろうと、いつものように、ワシ考察する。

気が付いた。

ビルも街路樹も車も行き交う人達も、すべてが透明のブルーがかぶさっているのだ。

すべてにブルーが重なっている。

緑の葉に透明な青い色が、人の肌にも青い色が。

そこまで観察して、では、看板などの赤いところはどうなんだろうと見てみると、赤いところにも、確かにブルーがかぶさっている。

思い起こせば子供の頃はこういう感覚によくなっていた。

ワシの目が、ワシの視神経がシャープになったのか?


普通、たとえば、夕焼けになった時、すべてが赤い色に染まる。
その時はいつでも、ああ、きれいな夕焼けだなと感じ入る。

最近は、ただの日暮れ?でも、感動するほどにきれいに見える。

これは一例を述べただけだが、深夜の照明の光景でも、早朝のあの早朝らしいあの景色、などにも楽しみを持って観るようになった。


どうして、このトシになって、再び子供の頃の繊細な感覚になったのか?


さらに考察する。

―――――考えられるのは、いま、ワシの健康状態が極めて良いことが在ると思う。

健康が最高位にあるため、頭の脳が活発なのだ。クリアなのだ。


もうひとつ、脳のことで言えば、このブログを始めてから、脳の回転が速くなった。

ブログを書くことも、小説を書くことも、とんでもなくスピーディになった。


一日二食。  適度に運動。  適度のセックス。  一カ月に2~3回の温泉。  

いつも好奇心でいっぱい。  いつも女に目が行くスケベ心。  
 
非風揺葉観という感覚基軸が新たに加わったので、そういう目で見ている(意識して対象を観ている・絵眼で見ている)―――――


これらのことが相まって、周りがきれいに見えて来たのだと思う。

やっぱ、健康が一番だね!
女も一番だけど(笑)。



 
成田アキラの電子書籍

ワシはなぜこのトシ69で元気でいられるのか。

ワシはなぜこのトシ69で元気でいられるのか。

 

ワシはこの歳になって、画家の目を持つようになった。

もっと若い時にこの目を獲得していたらと、後悔している。

実は、35歳の頃、目に見えるものは、絵のようだ。
ということには気がついていた。

たとえば、指で四角にフレームをつくり、額縁と見立てて、景色や人物などを見れば、そのまま,絵のように見ることできると。

しかし、ここ4~5年、この見るということを、特に意識して見るようになった。

ワシが気付いた「スリープ現象」に関心を持ち、特に視覚に興味を持ったことから、よりモノを見るようになった。

見えるものが、鮮明に、はっきりと、細部まで、色彩も、よりクリアに、見えるようになった。

こう文章で言っても、分かってもらえないかと思う。

見えるモノが存在感を持って見える。
見えるものが深い深い情景として見える。

いままで何でもなかったモノがたいへんな意味をもっていたのだと感じられる。

しまった!
何でワシはこんなふうに周りの光景を見てこなかったんだろうと後悔するほどだ。

こういう状況が分かってしまったワシは、ワシの若いころは、モノが見えていたのだが、それは、浅い見え方しかしていなかったのだと、いまになってわかったのだ。

なんでも極めればその先に、超越した領域が出現するというが、ワシの場合、事、視覚においてはその領域に確かに入ったと実感する。

ワシはいま、見ることが楽しくて仕方がない。

偉大な画家たちはその領域の人だから、素晴らしい絵を描けるのだ。

視覚深度がずば抜けているのだ。

画家たちの絵を鑑賞するのもワシは楽しいのだが、今のワシは、周りにある、何でもない光景がそのまま、

偉大なる画家(大自然)の作品なのだと分かっているので、美術館に脚を運ぶことが少なくなった。

美術館の絵を観るときは、その画家のモノの見方のほうにワシはどちらかというと注目する。

思えばワシは、こう言う真面目な物言いをするが、一方、タイくんだりまで行って、タイの女たちとセックスをするという、全く、逆方向の事をしている。

これは、ワシのことを俗っぽい底の浅い男に、思えるかもしれない。(俗っぽいことはそれはそれでワシ大好きだけどね。煩悩即菩提)

ワシにはタイの風景も、空気も、女達との交流もセックスも、すべて、それらの存在を感じつつ、つまり画家の目を持って楽しんでいるのだ。


はっきりと言えるのは、女とのセックスのみで彼女らと会っているのではない。

セックスにおいても、このブログを読んでもらっている方はご存知だと思うが、ワシはおのれのペニスの快感を第一義とはしていない。

女が感じて、その快感の中にいる女の光景こそが,ワシにとっては

“女そのもの、女の存在が噴出してきたもの”

として感じるから、ワシは女と接触しているのだ。

もちろん、タイでのさまざまな目に入ってきたもの、これらすべてを画家の目で持って楽しんでいる。


では、一般的なひとが画家の目を持つようになるにはどうすればいいか。お教えしよう。

大抵の人の普段のモノの見方は、まず、見るということは、なんでもないこととして、当たり前のこととして、慣れた状態として、周りの光景を見ている。

まず、頭にこう思ったほうがいい。今見えている光景は、

“ただ事ではない光景”

なんだと。

貴重な、大切な、あなたが生きている間しか見られない、とんでもなく価値のある、金には変えられない(笑)光景なのだと。

そういう認識を持って見れば、自ずと見方が変わっていく。

では、具体的にはどういう見方をすればいのか。

見る時に“意識して”みるのだ。

モノに関心を持ってみる。

心を通わせて観る。

その見ているモノの存在感を感じながら観る。

そのモノを見た時、自分の心に感じたことを大切にする。

その感じたことと見ることを常にリンクさせながら観る。

見るという行為は意識、心が入っていないと見たことにはなっていない。

そうして、周りの光景が生き生きと見れるようになったら、つまり、周りが存在感を持って観れるようになったら、

“実はこのことが、「あなたの実在感も実感する」ということになる”

のだ。

面白いでしょう。
周りが実在するように見えると、見ている人、本人が実在することを実感する。


逆に、周りに実在感を感じない人は、その人自身の実在感が薄れる。

人間、生き生きと生きるには、周りを生き生きと見るということになるのだ。


ワシは視覚分野においてはかなり深度が深いのだが、

考えてみるに、ワシは聴覚においては残念ながら、浅いと思う。

聴覚においても音楽家の耳が究極にはあるはずだ。

同じように触覚、味覚、嗅覚にもそれらはあるだろう。

これからは、常に、その先があることを意識しながら、

五感を鍛えていこうと思っている。

 

健康が一番、オンナも一番。


アメ―バブログのランキング、健康つくりジャンルで、ワシが34位になっている。4038人中で34位だ。
嬉しいことだ。
健康が一番だからね。
すこしはお役に立っているのかな。

ワシの健康法は、ワシ自ら実践しているし、考え出したことをブログ上で書いています。

本当にこれを読んでいただけると、健康になりますよ。

ワシは現在
69歳ですが、ワシの実感年齢は40代だと思っています。

元気でいられるのは、ワシの健康法に書いてあることを忠実に実践しているからです。

健康は、何にも考えすに暮らしていては、手に入れることはできません。

ある意味、健康の世界は、もっともシビアなところだと思いますよ。

ちゃんとやらなかったら、確実にその結果が出る世界なんだから。

しかも、最悪の結果は死に直結しているわけですから、これほど厳しい世界は他にないでしょう。

この健康づくりは絶対に手を抜いてはならない世界なのです。

のほほんとしていたら、たちまちガタがきます。

それも長期戦です。

結果は長い長い年月を経た時に出ます。

たいてい、
50代あたりから、その人がいかに健康に気を使って来たかが出てきます。

もし、あなたがまだ若い方だったら、どうかワシの健康法を読んでください。

ワシは
69歳、その年月を経た分、健康に関して、その蓄積があるわけです。

50過ぎた方でも、遅くはありません。

どうか、ワシの健康法を実践してください。

その他の
脳感健康法も、
“うつ”からの脱出法も

ワシの実体験から紡ぎ出された切実な方法ですので、よろしかったら、こちらのほうも読んでいただけたらと思います。

健康が一番・・・・よく言われることですが、本当にこれが、一番でしょう。

ワシは女が一番という側面も持っていますがね(笑)


アメーバブログのほうに詳しく出ていますので、興味のある方はそちらのほうへ遠征してくださいな。

ワシの脳感健康法。「視姦ムズッ快感法」

ワシの脳感健康法。視姦ムズッ快感法」

 

みなさんは、世の女性たちが、男性達に素晴らしい健康を与えていることをご存じかな?


この健康法は、お金は一切かかりません。いつでも、この健康に浴することができます。


この健康法を行っていない人は、健康を損なう率が高いでしょう。


これだけのヒントを出しました。さて、なんでしょう?

 

では、ワシの実際のこの健康法をお披露目しよう。 


ワシは自宅から仕事場まで、昼間は30分ほどかけて車で通っている。
ワシの車ミニバンセレナは運転席の窓が大きく、まわりがパノラマ状によく見える。


ワシは運転しながら、道行く女を眺めている。
若くていい女をいつも、キョロキョロと目が追う。

女の体の中で一番目がいくところは、尻から太ももだ。

そのあと。胸や顔、体全体の体型に移っていく。
なにはともあれ、まず最初に見るところは顔より尻なのだ
()

ミニスカートで脚がきれいで太ももがしっかり見えていれば、いったん通り過ぎても車を止めて、その女が来るのを待って、再びその、エロチックな脚を眺める。そんなことはたびたびある。

次に、こんな女が狙い目。
それはパンツ
(スラックス)をはいた女だ。
できるだけ白か、白っぽいのがいい。体の線がしっかりと見えるスキニ―パンツだ。

実はスキニ―パンツはミニスカートよりイヤラシイ。
たった一枚の布の厚さで肉体は覆われているが、女の肉体の形は、そのまんまだからだ。

ちょっとイヤラシモードで見れば、それは下半身裸の女が歩いているようなものだ。
特に、Tバックを履いた女のパンツが尻に食い込んだものが最高だ。

その場合、尻の割れ目にバギナがあるのだと頭に想像しながら見る。

その尻の間に自分のペニスを挿入して、やっちゃっているところまでイメージできれば、いうことなし。

一言で言うと視姦するのだ。

そんなイヤラシイ頭になったら、その女にイメージの中で射精するのがいい。

そのとき、ペニスの根元の肛門近くのスポットがオナニーを軽くした時のように快感が生じる。

このムズッとした快感がすごく重要なのだ。

この視姦ムズッ快感を一日数回感じるようにしよう。


「脳感の奥義をご披露しょう。」

で述べたとおり、

男は女を、女は男を性的に意識することで、体のなかでホルモンが活発化する。

男の使命は女を妊娠させ自分の子孫を増やしていくこと、女の使命は、いい種を見つけて、自分の子孫を増やすこと。


男が若い女の姿を見て発情することは、その女を孕ませることに繋がっていく。

発情すると、妊娠させねばならない元気な体が必要になる。
つまり、体は妊娠させ得るくらいの体力を作ろうとする。

つまり、より健康になるように体が仕向けていくのだ。

女も同様に、赤ちゃんを産める健康な体になる準備をはじめるのだ。

男も女も健康になるのはなんのためかというと、自分の子孫を増やしていくためなのだ。

 

この視姦健康法は、股間がムズッとするものなら、どんなことでもいい。

女の裸の写真でも、エロビデオでも、ポルノ漫画でも小説でもいい。

つまり、常にスケベでいることが健康法なのだ。常に色気を持つことが健康法なのだ。


写真、ビデオ、漫画、小説から“スケベる
()”こともいいが、

ワシの直感では、自分の近く、そばにいる、生身の女が一番、ホルモン反応がありそうである。


通勤途中で、いいオンナがいたら、相手に迷惑をかけない範囲でスケベな目で視姦するのがいい。
そして股間をムズッとさせよう。

 

人間、色気がなくなったら要注意である。

スケベでなくなったら、生命エネルギーが枯渇して行き、ついには病気になる。
“うつ”を発症する。
ワシの「“うつ”からの脱出」を読んでください。

 

実は、若い年齢の時は、女の裸を見たら勃起し発情する。
これは、生命維持のため極めて自然なことで、この発情によってホルモンが活発化、健康を維持することになるのだ。


生命体はそんな仕組みがもともと組み込まれているのだ。


こういう性に対する反応を“スケベごころ”という。

よって、もしスケベごころがなくなったら、生命維持においてかなりアブナイ領域に入って行くと思う。

 

トシを取るほどに、女に関心がなくなり、股間のムズッもなくなっていく。
たいていの人はそんな感じで枯れていくのだ。 


ワシはトシを取っても、女に目がいく。

だから、ワシの肉体は、まだ、

“この主体主は自分を必要としている。お呼びがかかっている”

と思い、せっせと健康体にしようと頑張っているのだ。


“種族繁栄のため、女を孕ませる、そのお呼びがかかっている”とね。

 

情報は現実化する。情報は肉体に働きかけ、実際に肉体を元気にする。


具体的に言えば、女を見るということは、これは目から入る“ただの情報”である。

しかし、“ただの情報”が男の肉体を実際に元気にしているのだ。

 

 

トシを取れば取るほど、「視姦ムズッ快感」を得るように努力しょう。


道行くいいオンナのケツを見ていれば健康維持もしくは向上するぅーー??? 

漫画みたいに思えるかもしれない。冗談とも。

しかし、これ、本当にワシの実践に基づいた、真の健康法なのだ。


これは、お金はかからず、"生命の基本的"健康法なのだ。

 

プロフィール

  成田アキラのツイッター
スケベ漫画家成田アキラでございます。 もともと子供向けの科学漫画を描いていたワシが、テレクラ(テレフォンクラブ)にハマり込み、会った女性との艶事を漫画に描いたら、これが大ヒット。根がスケベだったせいもありエッチ体験漫画を以来延々と描き続けることになった。 女と車と温泉、この三点セットでのめり込んでいく。女との体験を重ねるにつれ、必然的に性のテクニックも上達し、ハウツーセックスものも手がけていくことになる。 ご存知「V筋攻め」なる必殺技も編み出した。 1945年生まれの現在74歳。まだナニも現役のバリバリ(笑) ワシのことは当ブログで、すべて出ています。末永いお付き合いのほどをよろしくお願いいたします。
メッセージボード

人はエッチ大好き、スケベである。これを共通認識・基盤として、ワシは様々な情報発信、活動をしていきたい。これをもって、世界平和を実現できればとの夢を描いています。
日本スケベ党総裁 成田アキラ





漫画・コミックランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 成田アキラの「グッド変態のススメ」118、④京都・五條楽園・茶屋遊び  その1、和服姿の芸子・ユミさん22歳
  • 成田アキラの「グッド変態のススメ」118、④京都・五條楽園・茶屋遊び  その1、和服姿の芸子・ユミさん22歳
  • 成田アキラの「グッド変態のススメ」118、④京都・五條楽園・茶屋遊び  その1、和服姿の芸子・ユミさん22歳
  • 成田アキラの「グッド変態のススメ」118、④京都・五條楽園・茶屋遊び  その1、和服姿の芸子・ユミさん22歳
  • 成田アキラの「グッド変態のススメ」118、④京都・五條楽園・茶屋遊び  その1、和服姿の芸子・ユミさん22歳
  • 成田アキラの「グッド変態のススメ」118、④京都・五條楽園・茶屋遊び  その1、和服姿の芸子・ユミさん22歳
  • 成田アキラの「グッド変態のススメ」118、④京都・五條楽園・茶屋遊び  その1、和服姿の芸子・ユミさん22歳
  • 成田アキラの「グッド変態のススメ」118、④京都・五條楽園・茶屋遊び  その1、和服姿の芸子・ユミさん22歳
  • 成田アキラの「グッド変態のススメ」118、④京都・五條楽園・茶屋遊び  その1、和服姿の芸子・ユミさん22歳
楽天市場
記事検索
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ