東京インドア記念グッズ今日はナロカップ

2012年01月03日

まいりました。


みなさん、あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

前回からしばらくぶりのブログです。。

年末がイベントや年末セールの準備で超バタバタで、まったく時間が取れず

年明け3日もたってようやく落ち着きました。


まず ナロから お知らせ!

明日4日から クリアランスセール 開始!

店頭にある商品が、買い得価格になります。

たとえば、2万円以上のラケットをお買い上げの方、さらに千円引きとか

ウエア、シューズ、バッグなど 通常のNARO価格よりさらに10%以上 割引になります! 

また、2000円以上お買い上げの方にもれなく、粗品プレゼント!

ゴールド会員さんには、年賀状をお送りしていますので、さらに特典が。。。。

来店お待ちしております。




では。。話をもどします。





この人だかり


そうそう サイン会

サイン会の模様です。

なんのサイン会かというと

これ

そうそうかんばん


以前 このポスターでご案内した

111123 交流イベント_edited-1

ようやくこの日がやってきました。

初日(12月23日)は

午前中、地元 本宮の中学生と相双地区(原発被害で避難生活を余儀なくされている)の
ジュニアの子供たち240名に

元全日本チャンプ 浅川陽介 先生による、トレーニングなども取り入れた講習会

そうそう 浅川先生


午後は私が進行役を務めさせていただいた

翌日出場する選手たちとの交流会

そうそう 交流会1

選手、生徒たちを4つのグループに分けて

ストロークやサービス、スマッシュ、ボレーなどの的当て対抗戦などで

とても盛り上がりました。


そして翌日

2日目(12月24日)

そうそう 選手宣誓

そうそう招待インドア 開幕!

当初、観客が400名あつまればありがたいと思っていたのですが

予想を超える観客で、700名ほど入る会場がほぼ満員でした。

試合の模様は おまみちゃんのレポート 待つとして

私は、この大会で感動、感激したことを少し書かせていただきます。


そうそうは福島県の浜通りの相馬と双葉地区の総称です。

あの原発事故でそうそうのかなりの地区が避難指定されています。

今回は、そのそうそう地区の方々が、本宮の体育館をお借りして

行ったイベントです。

ですから、運営、進行はそうそうソフトテニス連盟さん。そこに

地元の連盟の方がお手伝いするという形になりました。

体育館につくと

そうそう スタッフ1


そうそう スタッフ2

昨年まで、そうそう地区の講習会で何度となくお世話に

なった、私にとって、おなじみの顔、顔。

みなさん、各地に散らばって、頑張って、こらえて今日まで過ごしていらした方々

このイベントのために駆けつけていらっしゃいました。

そんな大変な思いをされていることを微塵も感じさせないこの笑顔に

まいりました。


2日間を終えて



そうそう スタッフ5

イベント お手伝い スタッフ

そうそう仕掛け人

真ん中の方が今回の仕掛け人 あの吉田さん

いつも、

相双のこと
いや
福島県のこと
いや
東北のこと
いや
日本のソフトテニス普及と発展のことを考えられています。

その姿勢に私や浅川さんだけでなく多くの方が

賛同して、こんな素晴らしいイベントになったのだと思います。

そして、今回、企画当初は、会場の確保、予算不足やスタッフが集まらないなど

課題が山ほどありました。

でも、長野でなれない仕事をこなしつつ、ここまでこぎつけ、見事に成功させた

吉田氏に

あっぱれ!

まいりました。

最後に

今回、女子優勝の 中村・海江田 ペアの

海江田さん。



そうそう 海江田.JPG

この涙に

まいりました

じつは、ヨネックス所属としては、最後の大会になったのです。

海江田さんは、東京女子体育大学時代から

世界で通用するスケールが大きい選手だと思っていました。

今でも、十分通用すると断言できます。

数年前、国際大会予選で2位になりながらも、直後のナショナルチーム合宿に

海江田さんだけ、声がかからなかったあの出来事、あの選考はなんだったんだろうと

いまでも不思議でなりません。

彼女は、女子のソフトテニス選手にかけている

「アスリート」感を感じます。

海江田さん、これからも、モチベーションを落とさず

「野人 海江田」でいてください。  いつまでも応援しています。

長い間、ありがとうございました。

















naro34 at 15:31│Comments(2)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 岩手の臼井です   2012年01月03日 17:24
5 イベントご苦労さまでした。これからも今回のような企画を被災地に限らずやってほしいです 前向いて行かなきゃいけないから愚痴 ひがみ 妬み 少しでも言わないのが今年の目標です!被災者だって立ち上がりますよ 負けてなんていられません。
2. Posted by 東北人   2012年01月03日 21:53
5 いつも楽しく拝見しております。
お忙しい中での様々な活動に感謝申し上げます。また、福島県のみなさまの取り組みにも本当に頭が下がる思いです。子供たちにはこの上ない経験になったことと思います。

海江田さんが秋田にいらした頃に一度だけ同じコートでプレーをしたのですが、プレーはもちろん、コートでの振る舞いが素晴らしく、まさにアスリートだったなぁという印象があります。
まだまだ現役を続けられると思いますので、直接面識が無い人間ではありますが海江田さんを応援している一人としてコメントさせてください。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
東京インドア記念グッズ今日はナロカップ