2012年03月06日

全中経験者 ぞろぞろ

先週土曜日は

東京の郊外の昭島市 昭和中学校で

3校集めた、ややこじんまりした講習会でした。

この学校は公立校でありながら

7面のクレーコートがあります。

「こんなにコートがあっていいなあ」

なんて思うかもしれませんが

コートのコンディションを維持するのは

それは、それは大変なこと。。。

ソフトテニス部顧問のM先生は、常にコート整備に時間を費やし

女子中心の部員(それも、小柄な子ばかり)は、

重いローラーを毎日、1回100mを何往復も引続けるのです。

本当に頭が下がります。この日も、3日前に、大雪が降ったにも関わらず

完璧なコンデションに整えられていました。。

このコートには、東京はじめ、近県の学校がたびたび集まります。

他校のチームは感謝の心をもって使ってほしいですね。。


今回は、これから新入生を迎える

新2年、3年生対象の、ステップアップレッスンでした。
110304 昭和
今回の参加チームは、何度か私のレッスンを受けているので

とてもスムーズに練習が進みました




ショーワコーポレーションの田中さんがお手伝いしてくださいました。

110304 昭和2




翌朝

3月4日(日曜日)

夜明けともに代々木を出発

110304 県南1


数時間後

到着したのが
110304 県南3

福島県のここ。


ここ数年 3月の第一週の週末は

福島県白河ソフトテニス連盟さんからのご依頼で

県南指導者講習会をさせていただいています。


講習会会場は、白河市の隣の 西郷村にある110304 県南4

福島県、いや東北、いや全国でも屈指の強豪校

すぐ隣の西郷一中も全国レベルの学校です。

西郷地区は、ずっと以前から全国に名をとどろかせています。。

今回の講習会の参加者は、指導者、ジュニア、中学生合わせて約170名

そのうち、かつて全中優勝者ふくめ、出場経験のある人が15名ほどいました。

この地区では、ソフトテニスで全中に出ることは、特別なことではないのです。。。


西郷地区の強さの陰には

この方、岡部先生。
110304 県南8

西郷ジュニアの監督さんです。

毎日コートに出て、穏やかに子供たちに球出しをされています。

全国屈指のジュニアチームを作り上げた名将にもかかわらず

毎回私の講習会を受講してくださっています。

「毎回、ナロさんの講習会で、子供たちの指導のヒントをもらっています」と

お言葉をいただいて、恐縮至極です。


今回は、コーディネーショントレーニングから始めました。

当初、やや硬かったみなさんの表情が一気に和らぎました。

やっぱり、いいです。

コーディネーショントレーニング
110304 県南5


白河市は、東北唯一の実業団ダンロップチームの本拠地。

先日の入れ替え戦で創部3年目にして、見事日本リーグ入り。

そのメンバーのうち6名が、私のアシスタントとして手伝ってくださいました。

最後にパチリ!

110304 県南7


福島県は、指導者育成に10年以上前から取り組んでいます

福島県各地で、年に何度も指導者講習会が開催されています。

そのため、指導者の意識レベルがとても高い。勉強熱心です。

あの震災、津波、原発事故で、甚大な被害や避難を余儀なくされたにも

かかわらず、みなさん前向きにソフトテニス普及、強化に尽力されています。

頑張ってます。福島県。


今週は台湾・中国に飛びます。

ていうか、このブログ、台北のホテルで書いてます。

こちらは、日本より、ずっと暖かいです。。

さっき、半袖ポロシャツの学生さんもいました。

でも、その隣の彼女はダウンジャケット。。。????


面白そうです。チャイニーズ。




naro34 at 01:45│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字