アート驚く。ネイルアート笑顔は三文の得

2012年05月01日

恫喝して実現?


放送局や各国の大使館、青山、麻布などおしゃれな街がある

「東京都港区」 その港区春の個人戦が、快晴の日曜日に開催されました!

120501 港区


港区は、かつて、都会のため、参加選手が少ない悩みを抱えていました。

そこで、いろんな工夫をして、

今では、おしゃれで素敵な若い男女たちで大盛況!

その工夫と秘訣

①参加資格は、選手登録をすれば、在住、在勤にこだわらず

  誰でも参加できる

②フレキシブルな対応(形式にこだわらず、参加者の立場で運営)

③毎回豪華な賞品(一人500円の参加費で、ラケットバッグや
 ウエアなどの賞品がもらえる。参加費ほとんど賞品代にしている)

 ナロでは、賞品数と総予算をご提示いただいてお任せいただければ
 25%~30%OFFでご提供します。だから港区は賞品がいいのです!]


④番外

役員さんが親切、特にトップの会長さん以下大先輩方は

決して先輩面しないで、運営は、若い人に任せ、裏方に徹している。

おそらく、全国各地で、高齢化、参加者の減少でお悩みの方はご参考まで。


この大会

私も、シニアの部で参加させてもらいました。

で、いざ試合に入ったら、

「なに?なに? レシーブが入らない?」

「ボレーが飛びすぎる??」

練習不足? ガット張り疲れ???

なんだか、ラケットがおかしい?それともガット?

で、ラケットのテンションシールをみると

     120501 マイラケット2

ナッ!ナッ! ナンダ!!!

1月から、ガットを張りかえていない!!

この日は、気温24度、半袖でも汗をかく、今年一番の暑さ

そう! 寒い時張ったままのガットが、この暑さで伸びてしまっていたのです。

まさに 「紺屋の白袴」 「医者の不養生」

はてなキーワードでは

紺屋の白袴」とは - 紺屋が、自分は染めていない白袴をはいていることから、
他人の ことで忙しく、自分のことには手が回らないこと。
 また、いつでもできると思い、何もしない で終わることのたとえにも使われる。 ...


ここのところ連日、ガットを張りまくっているのに

自分のガット張りができてなかったんです。。

みなさんも、ここ数日の練習、試合に出て、なんだか、調子がでないと

思われる人は、ぜひ、ガットを疑ってください。。。。。


で、ガットといえば、

GOSEN

GOSEN といえば


梅雨のない、さわやかな初夏の北海道、札幌で開催される
ハイジャパ!
(ハイスクールジャパンカップの略称)


各都道府県の1位だけしか出場の権利がない「ハイジャパ」は

高校生が、インターハイよりあこがれる大会かもしれません。


このGW中、全国各地で、予選が開催されています。。
         
そのハイジャパには、何度かストリンガーで参加させていただいています。

今年も、オファーがあったのですが、他県での講習会の予定があり

私は行けないのでとても残念!


この「ハイジャパ」が人気があるのは、ほかにも理由があります

①参加者、関係者が札幌のビール園に一同に集まり

 ジンギスカンを食べながらのおいしく、楽しい「組み合わせ大抽選会」

②参加者全員には、高校生3大大会(ハイジャパ・インハイ・国体)
 
 GOSENのガットブースで、ガット張りサービスが受けられる

そして、もっともうれしいのがきっと

ハイジャパロゴの入ったキャリーバッグがもらえること!
 

だと思います。


120430 ハイジャパ4

この大会ロゴマークが、高校生憧れで、ステータスなのです。

「あのバッグは販売しないんですか?」

毎年のように、問い合わせがきます。。。。


そこで、私は、ずーーーーーーと以前から

「ハイジャパバッグをぜひ販売してください!!」

と言っていました!

でも、ゴーセンさんの重い腰は上がらなかったのですがーーーーーー!

今年3月末に、ゴーセンさんから依頼され

全日本合宿のストリンガーをさせていただいた際

    120222 全日本合宿13

あと数日後に ゴーセンさんの社長になられる方と夕食を

ご一緒しました。

その時、社長さんが、私に

次期社長: 「ナロさん、この間、大阪の電車内で、ソフトテニス部らしき高校生が

     『ハイジャパのキャリー、メッチャほしいなあ(大阪弁です)」って

     言ってたんです」

私は、意外な話の展開に

私  :「そう!そうでしゃろ!社長!

     そやから私は、何年も前から、『ハイジャパキャリーを限定で販売しなはれ』って

     吠えてたんです!」(小3まで大阪で育ったので、大阪弁は得意です)

次期社長:「なんで、なかったの」

   と、社長は隣の、ゴーセン幹部に尋ねる

幹部:やや、しどろもどろに「いやー、希少価値がなくなるって意見があって」

私 :「同じものでなくていいんです、レプリカで。あのマークがあれば、高校生は

   喜ぶし、大会のステータスはもっとあがりますよ」(標準語の戻る)

次期社長:「ぜひ、前向きに考えましょう」

私 :「これで、また先送りになったら、私も考えがありますから。。。。」

と、気がついたら恫喝に近い言葉を投げかけていました。

その脅しが効いたのか

ついに!ついに! 待望の

「ハイスクールジャパン キャリーバッグ レプリカモデル」

限定販売します!

        120401 ハイジャパ ロゴ入りバッグ



       120401 ハイジャパキャリー 赤




ついでに

記念Tシャツも!!

     


120501 ハイジャパTシャツ
    (大会当日、会場ではほかのカラーも販売されます)


高校生だけでなく、中学生、ジュニアも

ゼッタイほしくなる

記念グッズの決定版です。

ご予約いただければ、かならず、入手できます。

お知り合いの、高校生にぜひ教えてあげてください!


詳しくはこちらで

http://sports-naro.com/Softtennis/Basquet/tshirts/j12s03.htm


http://sports-naro.com/Softtennis/Basquet/tshirts/ba11r6ph.htm








naro34 at 22:29│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アート驚く。ネイルアート笑顔は三文の得