運は運ばれてくる?友達の輪!

2012年06月28日

軟式テニスの原風景

台湾滞在3日目

昨日、偶然の出会いがきっかけとなり

嘉義のテニスコートに訪れました。

とても、手入れの行き届いた、アンツーカーコート

120627 嘉義テニスコート1


朝、8時には、多くの地元の愛好者が、ソフトテニスと硬式テニスに分かれて

プレーをしていました。(硬式テニスの方のフォームを見ているとみなさん

軟式テニスがベースでした)

(1)(2)コートが硬式 (3)(4)コートが軟式のようです

120627 嘉義テニスコート4

コートに入った途端、まずは乱打に誘われ

日本から来たゲストの実力を見てみようと

あちらサイドは数人の方が交代していました。

ウォームアップなし、昨夜の深酒、気温30度

普段1時間の乱打は苦にはならないのですが

今日は緊張も加わって20分ほどでバテ始めました。

そして、汗を拭く間もなく

ゲーム。それも後衛で。。。(本職は前衛です)


120627 嘉義テニスコート2

チェンジサイズの時

120627 嘉義テニスコート3

あーーーきっつい!



120627 嘉義テニスコート5

この方と対戦。

2-4で敗退。。

おそらく、このクラブのエースなんでしょうね。

サーブのコースやフォアハンドのストロークはとても正確でした。

試合後は、

ジュースを飲みなさい!

バナナを食べなさい!

みなさんがとても親切にしてくださいました



120627 嘉義テニスコート8



120627 嘉義テニスコート9


テニスの合間に、このような光景。。


120627 嘉義テニスコート14

クラブライフを満喫されています。。


今日の練習のために

昨日、翁さんのショップで購入したラケットです

フタバヤラケットです。

若い愛好者はご存じないかもしれませんが

かつてはカワサキラケットとフタバヤラケットは

ラケットメーカーの両雄でした。

米山ラケット(ヨネックスの前身)は、まだまだ、新興メーカーで

ほとんど知られていませんでした。。



120627 嘉義テニスコート13



120627 嘉義テニスコート11


120627 嘉義テニスコート10

こんなモデルは記憶にありません。。。

形状は、ヨネックスのエアロンスーパーにそっくりでした

当時、カーボンラケットはヨネックス以外、ほとんどのメーカーは

台湾の工場に委託生産していたので

フタバヤラケットさんがなくなったあと、提携工場が

何らかの理由があってつくったものと推察されます。

イヤー重かった!!

普段、ダンロップのDC900を使っている私としては

ダンベルを振るような感覚でした。。


さて、今回のコート訪問では

みなさんのプレーぶりを拝見していて

古きよき日本軟式テニスの原風景を見るようでした


コートを後にするとき、何度も何度も強い握手をされ

11月の再会を約束しました。

藍 理事長 ありがとうございました。。。







naro34 at 00:59│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
運は運ばれてくる?友達の輪!