2016年11月27日

パンドラの箱:アジア選手権


アジア選手権

滅多に観ることのできない

国際大会ということで

全国各地から観戦しに

いらしていたようです

それが証拠に

駐車場の車のナンバーは

ご覧の通り


BlogPaint


これは大阪からですね

「いずみ」と読みます


BlogPaint


BlogPaint


BlogPaint


BlogPaint


山形県です



BlogPaint


本州最南端からも



BlogPaint

こちらは本州最北端からも!


はるばる遠方からのナンバーを

見るだけで

この大会への期待度がわかりますね



会場で

「ナロさーーん!」と

声をかけてくださった方も

北海道から沖縄まで

まさに全国から・・・


では記念に・・・


「肖像権は私にくださ~い ブログに載せても訴えないで

くださいね!」と言ってから

パチリ!
  
161121_ajia40


私がお世話になっている

岐阜の國枝さんと岩手の浪岡さん

友達の友達は皆友達だ!


161121_ajia208



國枝さんのお隣は青森の豊巻さん

船水兄弟を小学生のころから

育て上げた方





161121_ajia225


シノコバ応援団のみなさん

一番奥の

篠原選手のお父様は

国際大会では応援団長になってくださいます

今回も

シノコバの試合以外でも

日本選手の試合の時

ニッポン! コールを先導されていました

選手は「あのコールが心強い」と感謝しています


161121_ajia248


岩手県から


161121_ajia257

千葉県在住のご夫婦

息子さんが

アンダー選手で

ご本人は千葉県のジュニアを指導されています

お父様とは30年来のお付き合い



今回はジュニアのご家族が多く

観戦にいらしていました


161121_ajia256





161121_ajia267


161121_ajia259


あの篠原選手は小学生のころ

岐阜の世界大会を観て

「僕もこの舞台に立つんだ!」

と宣言したそうです


船水兄弟も

青森から東京まで出かけ

硬式テニスの楽天オープンを観戦

世界のトップ選手のプレーを

食い入るように見て

目標が

 世界一!になったそうです


そのわずか数年後の今回

その船水選手のスーパープレーが

子供たちの脳裏に刻まれました


そしてこの子たちが

数年後にこの舞台に立つ・・・


素晴らしいスパイラルができました


「一流に触れる」

そんな環境を大人が作ってあげることが大切ですね



161121_ajia261


ん?

だれ?



161121_ajia266


ナロのお客さま

今回は協力して

ビデオ撮影しました




161121_ajia268




161121_ajia269



161121_ajia88


福本さん

今年の7月 カンボジアに行って

カンボジアチームに用具などを提供されました


161121_ajia96

私の地元


東京都中体連ソフトテニス部の

先生がた




161121_ajia97


青森から

青森県理事長の新保さんを囲んで


161121_ajia101


昨年の世界選手権で活躍した

山下ひかるさん 

ヨネックス元監督 星さん


161121_ajia103


元 日本代表3人娘

左から  

山下ひかるさん

大庭彩加さん

阿部悠梨 ナガセケンコー監督

皆さんオーラがあります

161121_ajia108



161121_ajia113



161121_ajia114



161121_ajia115



161121_ajia116



161121_ajia117





161121_ajia245



161121_ajia246





161121_ajia83


今回の大会は

開催地 千葉県連盟はじめ近隣の東京都・埼玉県の

各都道府県のベテランの役員さんが

運営にあたりました


161121_ajia92



161121_ajia91





161121_ajia93




161121_ajia94



161121_ajia95


ほとんど経験のない国際大会運営で

当初は混乱していましたが

そこは各連盟精鋭のベテランばかり

経験と知恵と機転を利かした対応で

乗り切っていらっしゃいました



当初、この大会の開催予定地だった

インドネシアが

2年後のアジア競技会での施設準備のため

今回の大会の開催地返上をしたため

アジア連盟では

日本以外で開催地を模索していました。

しかし、会場や開催にかかる予算が

大きな壁になりなかなか手を挙げる国が

なかったようです

そこで、やむなく

会場が日本に変更になったのが

今年の3月下旬でした

ですから

短い準備期間と少ない予算での

開催が余儀なくされました


しかし

「日本連盟にメールで観戦環境の改善をお願いしてください

大勢の声で連盟も検討してくれるかもしれません」

という呼びかけに

多くの方がメールをおくってくださいました

その結果


161115_ajia3


なんと!

アジア連盟・日本連盟 さんが

私たち声に応えてくださり

仮設スタンド2か所に設置されました


161122_ajia2

そのおかげで

混雑ながらも


混乱なく観戦できました


それにスタンドがあることで

大会の雰囲気が盛り上がりました



161121_ajia234


連盟さんは

スタンド設置だけではなく



161121_ajia250



161121_ajia232

決勝戦には

コートサイドにシートを敷き

161121_ajia233



161121_ajia236


1000脚以上の椅子を用意してくださいました

161121_ajia235


三日目は

小雨降る中

役員・補助員の方総出で

懸命の椅子の設置

ご苦労様でした

国際大会でこんな光景は観たことありません



161121_ajia106


161121_ajia111


大会後、日本連盟にメールをおくりました

+++++++++++++++++++++++

日本ソフトテニス連盟御中 ご担当者さま

平素より、大変お世話になっております。

先日、メールにてアジア選手権での

観戦環境を整えていただきたい旨の申し出を

させていただきました。

東京都連盟理事、㈱スポーツナロの皆呂です

この度は、予算、短い準備期間などの諸事情で

当初は対応が難しいとのことでしたが

短期間の間に、仮設スタンドの設置、折り畳みイスの手配などで

ご対応いただき本当にありがとうございました。

また、三日目は雨天での運営はとても大変だったと想像します。

しかし役員、補助員の皆さまの懸命のご努力によっ

て見事に予定通りに終えたことは驚嘆に値します。

おかげさまで、快適に観戦することができました。


周りの方々の反応も、日本選手の活躍もあって

国際大会のすごさやすばらしさを存分堪能したようです。

ひとえに、日本連盟さん、アジア連盟さんはじめ、

千葉県連盟ほか、各都道府県の方々、大学生、高校生の

補助員の皆さまのおかげだと感謝いたします。

今後とも、さらにソフトテニスの環境を整え


する人、見る人、支える人(指導者、役員)に優しい

大会運営を目指した活動をしてくださることを期待しております。


+++++++++++++++++++++++++

そして

私のところに届いた

知人の感動と感謝のコメントも添えておきました


〇本当に感動の連続で、言葉で言い表しようがありません!!
決勝のシングルスの韓国応援団の魂のこもった応援や、
インプレー中の掛け声も国際大会ならでは、と感じました。
国を背負った重圧の中、ナイスプレーを魅せてくれた
各国代表選手、観客が少しでも試合
を楽しめるように工夫してくれた連盟の皆様、
仮設スタンドや椅子を配置していただいた
ボランティアや委員の皆様、本当に感謝です!!

〇団体戦決勝のシングルス
ソフトのシングルスで、初めてシビレました。


〇見た人だけがわかる感動は皆に伝えたいです!
それほどシビれました!!

〇ダブルスの準々決勝私の横で見ていた夫妻は、
ソフトテニス未経験でローンテニス少々でした。
ボールのスピードと変化に驚き、
かつ4-4でのファイナルの早さに驚きかつ、
それからの内容の深さに、
純粋に驚きかつ喜んでいました。

〇中高生小学生を、観ながら嬉しくなりました。
また、近い時期に、国際大会
🎵と思いました。

〇今回、YouTubeLiveが実現し遠方の為に
会場に行けなかった人々が
試合を観戦できる環境がありました。
試聴数をみると
初日1800 平日
2日目12000 平日
3日目47000 土曜日 雨
4日目15000 日曜日

愛好家に対しての視聴者数とみると
少ないのかなぁとは感じますが、
一方からみるとマイナースポーツと言われている
ソフトテニスで
四日間75000の視聴者もいたと
感じる方もいるかと思います。
会場へ向かう足を止めると言う意味
では諸刃の剣ですが、
Liveの試みは遠方からすると
大変ありがたいものでした。
息子とペアの小学生2名を金曜日の夜
に秋田から
東京の知人の元へ送り出し、
幸い息子は団体戦を現地観戦できました。

小学三年と五年には相当刺激が強く、
目指すべきものを見れ送り出して
良かったと思っています。
私自身は、YouTubeLiveで観戦
画面の中だけでしたが
ファイナル12-10のシビれる一打一打、
声援の大きさに秋田で興奮しておりました。

〇私も昨日今日観てきましたhttps://www.facebook.com/images/emoji.php/v6/f50/1/16/2757.png
初めて国際大会を見られてよかったです(^^)
そして日本のメダル独占、素晴らしかったですねhttps://www.facebook.com/images/emoji.php/v6/ff4/1/16/2728.png

しかし各国皆メンタル強かったですねー


〇ソフトテニスにシングルスが存在する事も知らなかったhttps://www.facebook.com/images/emoji.php/v6/f50/1/16/2757.png
あの頃が懐かしい…もう打てないでしょうがね…青春でしたhttps://www.facebook.com/images/emoji.php/v6/f53/1/16/1f605.png


〇行きたかったです。
こんな雰囲気の中にいたら最高ですよね〜。




皆さん感動されてい
ますね



毎年国際大会に出かけ

映像に収めて お店で放映しています

そのプレーを観ているお客様が

スーパープレーに

「すごい!」と驚嘆している人に

私はこのようにいいます

「現場で見るとこの何倍もすごいですよ」と


今回観戦されたお客様が

「ナロさんが言った通り、いやそれ以上すごかったです」


ここから

私のつぶやきです

アジア競技会
東アジア競技会
世界選手権
アジア選手権

いままでこの4つの国際大会を
4年に一度づつ開催されていました

ですから毎年
国際大会が開催されることになります

しかし
前回天津をもって東アジア競技会がなくなりました

となると
4年に一度
国際大会がなくなります


代替えとして
ジュニア大会やユニバーシアード競技の加盟という
話はありますが
それだとせいぜい22歳までの参加対象です
それはそれで開催していただいて


やはり
日本代表チームが出場する大会を
東アジア競技会の代わりに設置できないものか

それも、日本開催固定で
参加国は
国を絞って(アジア選手権4本以上とか)

「ジャパンカップ」的な・・

開催には

金・人・器(会場)

など大きな壁があるのは

容易に想像できます

来年とは言いません

5年後にまた

今回と同じ感動をソフトテニス発祥の地「日本」

で観たい

そう思いませんか?


2026年に名古屋でアジア競技会が開催されますが

10年も待てません・・・


「国際大会はすごい!面白い!」ということを

日本人は知ってしまいました

パンドラの箱を開けてしまったのです

関係各位の方々

可能性を少しでも模索してくれたら

ありがたいなあ


僕のつぶやきです


★ ★ ★ ★


161121_ajia3


アジア選手権 限定 マフラータオル


161121_ajia67


日本代表 小林選手にお願いをして

161121_ajia68


サインを書いていただきました!!


ミズノ NEW モデル

ラケットバッグ・ラケット ご予約の方


先着20名にサイン入
サインなし10名に
差し上げます

161121_ajia455

そしてご予約全員に

このクリアファイルを差し上げます



発売時期


63JD7001 ラケットバッグ(12本入れ)


ミズノ ラケットバッグ(12本入れ) 63JD7001




ミズノ WAVE EXCEED OC (61GB1713)



DI-T500 (63JTN745)
前衛向け



ミズノ DI-T500 (63JTN745)



ミズノ DI-T500 (63JTN745)






DI-Z500 (63JTN746)
後衛向け



ミズノ DI-Z500 (63JTN746)





ミズノ DI-Z500 (63JTN746)





ご予約いただいた方には

予約特典

ミズノガットを無料でお張りします!


















160807_innhaimizunogat4



160807_innhaimizunogat5



160807_innhaimizunogat6



160807_innhaimizunogat7



詳しくはこちら

↓ ↓ ↓ ↓

http://www.sports-naro.com/Softtennis/Basquet/Mizuno/Menu/mzn_menu_racket.htm#di500




ボールを寄贈してもらう

「ボールチャリティ」を企画したところ

大勢の方から賛同をいただきました



今回もスリクソンボールの

スリクソン

ダンロップスポーツさんのご協力の元

企画しました

一口1500円(ボール6個)です

ご協力いただける方は

下記のページ

↓ ↓ ↓

ordersf@sports-naro.com

ここに

お名前・ご住所・お電話番号・口数
(以上必須)

年齢・学年・チーム名・コメント・

お名前(または仮名)を

後日このブログで紹介させていいかの可否


をご記入ください

12月15日まで受け付けます

※予定数量を越えた場合(持ち込める重量に制限があるので)

インド以外の国に寄贈することがありますので

あらかじめご了承願います


今回は私は行けないのですが

超大物プレーヤーや学生さんが

行ってくれます。

ボールはその方々に持って行ってもらいます

皆さまのお力添え よろしくお願いします







naro34 at 15:52│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字