Mentor 島津成晃の独り言

感じたり思った事を書いて行きます。 空手や色々な趣味のお話も。

御盆の空気が漂い始めていますね

 本日はお釈迦様の御縁日でした。
御盆が近い中、既に御先祖様方が来られている様です。
お釈迦様の御縁日には、お預かりしている各家の永年供養のお位牌の御先祖様の御供養も兼ねて読経させて戴いています。
その方々の御先祖様方もお出でになられている様でした。
また、本日お出でになれなかった方の魂参加もあり、その方のお使いの柔軟剤の臭い、私はこの臭いが苦手ですが、しっかり香っていました。

 また、色々な報告のメールも戴いたり、御盆供養の御依頼についての御質問を戴いたり、あちこちから御連絡を戴いています。

 この時期は、急に暑くなった事もあり、また御盆の空気が漂い始めている事で、どうしても体調を崩し易いですね。
気力で負けない様に、しっかり水分補給したり温度調節しながら乗り切って行きたいと思います。

バナー

次のステップに歩み出した内弟子達

 昨日は昼間に御供養を行いました。
仕事の関係で来る事が出来なかった2名を除いて4名の内弟子が助法をしてくれました。
御依頼者は、独身時代に私の所に通っていた女性で、内弟子達も彼女の事は知っている仲で、久し振りの再会と云う感じでした。
読経する前は、特段のものを感じなかったので、通常通りに読経を始めました。
すると、予想外にエネルギーが吸い取られる様な感覚に襲われました。
それでも気を張って読経していると、現在まで何十年何百年と御供養を全く受けて来なかったであろう御先祖様達の姿が浮かんで来ました。
感覚的には、エネルギーを吸い取る土埃の真っ只中で読経している感じでした。
スーッと意識が遠のき、後で聞くと内弟子達も同じ感覚だった様です。
助法が複数いたので、誰かが読経が止まっても、読経自体が止まる事はなく、そのおかげで無事に読経を終える事が出来ました。
結果的には思いの他大変だった御供養と云う事になります。
毎回の事ですが、祈りは毎回異なります。
予想を裏切られる事も再三です。
先祖の御供養をしたからと云って、一挙に現在の苦しみが消える訳ではありません。
続ける事で徐々に薄紙を剥ぐ様に楽になって行きます。
しかし、問題を解決したい、楽になりたいと云うだけの動機での御供養は少し違う様に思いますね。
御先祖も自分も同じく楽になって開放されて行く、御先祖と心を通わせて行くと云うのが良いと思います。
楽になるのは結果論です。
相手を思う事で相手も自分を思ってくれる。

 夜は伝授でした。
昼間来たにも関わらず、また夜も来てくれた内弟子達、御苦労様です。
詩乃や阿曽の仕事でのシステムの話しなどになりました。
人が集る所には、最低限のルールや、リーダーシップと云うものが必要になって来ます。
真剣な人も物見遊山な人もいて、また信頼に足る人もいればそうでない人もいる。
そんな中で、人を纏めて導いて行くには、最低限の原則やルール、取り決めも必要になります。
そこに上下関係も生れ、切磋琢磨と云う事も生まれて来ます。
そんな話をしながら、今後の事について、少しアドバイスしたり、指示を出しました。

 また、一人一人が次のステップへ進む時期に来ている様です。
長年のトラウマが溶け始めた人、次にやるべき事が見えて来た人、日々修行の積み重ねの結果ですね。
頼もしい内弟子達です。

バナー

道場はいつも通り暑く熱かったです。

 今日も道場へ行って来ました。
道場へ向う途中の外気温は29℃、道場の駐車場に着いた時には31℃になっていました。
道場の中も31℃、道着に着替えているだけで汗が噴き出して来ました。
前のクラスで頑張っている選手クラスの子供達が、稽古が終わって、一人一人挨拶に来てくれて、道場では礼儀を重んじているので当然なのですが、嬉しいものですね。
本日、昼間の生のDVDを妻が暑い中、買って来てくれて、無事にスライドショーや動画を焼きつける事が出来て、師範に写真のファイルと共に渡して来ました。
ミッション終了してホッとしています。

 稽古中は凄く暑さを感じて、参加した全員が、師範を除いて息も絶え絶えでした。
気持ちが負けると、そこで本当にへばって仕舞いそうな厳しい修行となりましたが、最後まで皆頑張りました。
掃除後は、皆、暫し放心状態でしたが。

 毎年の事ですが、今年はマスク着用と云う事もありますし、当然ですが年齢も上って、仕事も忙しくなっているので、かなり応えますね。
昨年やそれ以前の方が暑さも厳しかった様な記憶もあるのですが。

 帰りの空に満月が光っていました。
雲が多かったので、少ししか見えなかったですが、幻想的でした。
気温はまだ暑い様で、微風が吹いていて、少し涼しさを感じましたが、汗だくの身体には少しの風でも有り難いですね。

バナー

審査会の写真と動画

 正伝流で行われた先日の審査会の写真と動画、頑張って編集しています。
午前の部では、見学に来られた父兄さんがコロナの影響もあってか少なめだったので、審査会を見て戴こうと動画を編集して基本、移動、型、スパーリングと連続して見て戴ける様にしました。
写真もスライドショーにして動画にしてあります。

 午後の部では、写真のスライドショーの動画、型、組手、スパーリングを繋げてあります。

 もう少しで終りそうと思ったら、生DVDの在庫がありません。
明日、急遽仕入れに行かなければなりません。
道場へ持って行くには間に合うと思いますが。

 写真のデータは、メモリーに入れて、師範にお渡ししています。

 アデプト通信、御盆供養の御案内等を作成しながら、やりました。
審査を受けた人達、子供達、父兄さん達に少しでも記念になって喜んで戴けたらと思っています。

 昨日は気療にお出で戴きました。
毎月の様にお出で戴いています。
毎回、時間をかけてやらせて戴いていますが、お出でになる度に少しずつ健康そうな顔色、表情になられているのが、嬉しいです。


バナー

祈りを通じて癒やし開放

本日は神様の御縁日でした。
7月の穢れをしっかり祓い、今月の新たな除災招福を祈りました。
参加した方々には、自分被りがかなりあった様に感じます。
それぞれの因縁の深さはあるにしても、自分被りは本能から来るものもありますが、過去の経験の記憶から来るものや、自己保身や自己顕示欲等から来るものもあります。
何年も何十年も前の経験の記憶、トラウマとなっている場合もあるでしょうが、少しずつでも開放されて行くと良いですね。
祈りの場だけではなく、現在の自分のあり様を思い、未来を思って、意識して言動を変えて行く中で開放されて行く事もあります。
精神医学的な事は兎も角として、祈りを通じて、自分自身を癒やし開放して行く事を学んで戴けたら良いなと思います。

バナー

昨日は伝授、内弟子達の進化と成長

 昨日は伝授でした。
内弟子が集り、御依頼のあった、鹿児島の会社の安寧祈願を行わせて戴きました。
遠方ですので、遠隔で行わせて戴きましたが、しっかり現地と繋いで祈願させて戴きました。
祈願に入る前は、祈願が必要ない様に思えたのですが、いざ読経を始めてみると、地面からかげろうが立ち上るかの様に瘴気が上って来て、あれあれ?と云う感じでしたが、かなり古い土地で、出島の様な感じである事が解りました。
もしかしたら埋め立て地なのかもしれませんね、
氏神のパワーも感じず、現地で神社の宮司に御祓いして戴いたと云う事でしたが、神のパワーを感じられない状態でした。
祈願をかけるには、先ず浄化が必要なので、パワー全開で浄化し、龍神などの眷族も用いて、完全に浄化をした後に、結界を張り直しました。
その上で、改めて現地の神を呼び、その土地の守護を願い、結界を完成させて、それから祈願に入りました。
その後は非常にスムーズに祈りが通り、今後の発展を確信する事が出来ました。
祈りも祓いも、いつも思う事ですが、やってみないと解らないと云う事を再確認しました。
楽に進むと思っていたものが、やってみると中々難物だったり、その逆もあります。
内弟子達にも良い経験となったと思います。

 一休みして、昨日は最近内弟子になったAの結縁潅頂を行いました。
もっと早くやるべきだったかもしれないですが、本人のやる気を観察していたのと、時期を待っていたら、昨日になりました。
本人もかなりの覚悟をして内弟子になった事は既に確認済みですが、結縁潅頂の祈りの最中にも、本人に霊示で再三確認された様でした。
流石と云うべきか(笑)
予想していたのは如意輪観音でしたが、実際に結縁出来たのは、阿弥陀如来でした。
浄土世界の最高位に位置する仏であり、こんなに高位の仏と結縁するとは予想していなかったので驚きました。
終って考えてみれば、なる程と思えましたが、その存在自体が意味のある仏様。
Aもそう云う女性であり、既にそう云うオーラを纏っている女性です。
今後の更なる成長が期待出来ますし、楽しみです。

 彼女の結縁を終えて、ホッとすると同時に何だか嬉しくなって仕舞いました。

 また、マッキーさんが、前日の不動明王の御縁日の祈りの助法で、感じて感動したと云う事があったと云う事で話を聞きました。
祈りについての手法や心構えについて、私の法具を見ていて感じ取った様でした。
祈りは単発ではなく、常に流れていて積み重ねて行くものと云う事で、それを感じ、知っただけで彼女も大進歩です。
云うは易し、行うは難しですが、彼女なら進化して行くと思います。

 内弟子達皆、順調に進化し成長しています。
幸せな事であり、嬉しいですね。

バナー


不動明王の御縁日でした

 今日は不動明王の御縁日でした。
修行時代、仏を祈りだした頃、最初に祀ったのは准胝観音の掛け軸でした。
その後、様々な御縁に恵まれ、小さいながらも物凄く精緻な彫りの五大力尊に出合い、そして父が不動明王を祀った事から、父の逝去後に私がそれを受け継いで祀ったと云う経緯になります。
その後、奇縁から真正仏舎利と出合い、御依頼によりお預かりする形でお祀りしました。
その方は既に故人となって仕舞ったので、私が亡くなる時にはまた誰かにお任せしないといけないです。
そう云う経緯もあり、不動明王は私にとって修行時代の重要な仏であります。
ですから、不動明王を祈る時は、いつも気合いが入って仕舞います。
本日も全力で祈りました。
御参加戴いた方がかなり被っておられた事もありますが、どうしても不動の祈りは激しく熱くなって仕舞いますね。

 夜は道場へ行きましたが、暑さと湿気と疲れのせいで体力が持ちませんでした。
情けないですね。
スタミナをもう少しつけないといけません。

バナー

いつもの様に月例会を行いました

 昨日は毎月恒例の月例会でした。
沢山の方に御参加戴き、いつも以上に内容の濃いものとなりました。
護身法はそれぞれ内弟子の指導に任せていますが、時々、私がサポートで指導する事があります。
昨日も、初級、中級、上級と少しずつサポートで指導させて戴きました。
上級では、人間の身体にある複数の重心と呼吸、気の流れ、日本古来の礼法や作法に隠された秘密、私共がお伝えしている護身法、祈りの作法と空手や太極拳、合気等の共通点等の秘伝をお伝えし少し体験して貰いました。

 その後の太極拳でも、阿曽が同様の事を織り交ぜながら指導してくれました。

 また中級では入我我入と云う事についての質問があったので、その手法、導入についてのお話をし、護身法の流れの中での気の変化を少し感じて貰いました。

 秘伝は安易に後悔すべきものではありません。
が、見る側、受け取る側が、その境地やレベルに達していなければ、目の前で秘伝を見せられても、話を聞いても、何の事か解らないでしょう。
無理矢理話を聞いて教えを請うても、その深奥は自らがその位置に達していなければ、意味を持ちません。
秘伝書と云うものが存在し、それを受け取る事で免許皆伝となると云う話が古来からあります。
確かにその類いのものはあります。
が、自らがそれを読み解き、吸収し、消化する位置に達していなければ、理解不能だと思います。
何を見て何を得るか、それは自分のレベル次第です。

 月例会に限りませんが、私共では秘伝は隠していません。
いつも目の前で見せて、お話しています。
それを、そうと解るかどうか、受け取る側の問題として、隠す必要なしと思っています。
勿論、内弟子の伝授の会以外ではお話出来ない様なものもあります。
なまじ、聞いて仕舞うと様々な意味で混乱を招いて仕舞うからです。

 まだ指導に慣れていない内弟子の女性二人も、しっかり頑張ってくれました。
指導には、沢山の引き出しが必要です。
相手に合わせ、相手の理解出来る言葉を選び、解り易く導き、更に先へ進ませる為に誘導して行く。
空手の組手と同じです。
実践の中で学んで行くしかありません。
字面の中に書かれたテクニックや言葉による教育では決して学べない部分があります。

 月例会は、いつもですが、気がつくと様々な要素を含んで、深く広くなって行きますね。

バナー

微細気療

 本日も遠方からわざわざ気療にお出で戴きました。
残念ながら、現代の医療では器材のサイズの問題もあり、毛細血管の微細な部分や神経の末端に迄は手が届きません。
従って、ある病気に関しては、投薬に頼るしかなく、あくまでも対症療法となって仕舞います。
少しでも進行を遅らせる事を期待して投薬して経過観察と云う事になります。
残念ながら治療効果は期待出来ないと云わざるを得ません。
気療に於ても、微細気療を行う事により、そう云う部分にアプローチする事が出来ますが、治癒と云う面に於ては困難と云う場合も多いです。
ただ、同じ対症療法にしても、微細気療により、詳細な部分までアプローチする事が出来るので、それなりの効果は見られます。
大変な集中力を必要とし、またかなりのエネルギーを消費します。
気療後に喜んで戴き、少しでも希望を持って戴けると嬉しいですね。


バナー

お誕生会で始まった伝授

 昨日の伝授は、母と妻とマッキーさんのお誕生会で始まりました。
日光から取り寄せたチーズケーキをバースデイケーキにして、炎に色がつく蝋燭を使って、内弟子の女性が見つけて来てくれた蝋燭作家の方の作品と共に、皆で祝いました。
時間をかけて考えて探したプレゼントも凄く喜んで貰って、マッキーさんも感涙、心が伝わって良かったです。
内弟子達のお祝いも、それぞれ心が籠っていて素敵でした。
ケーキは、久々に嬉しくなる様な美味しさで堪能しましたい。
美味しいケーキは沢山ありますが、美味しいと感じるものと、嬉しくなるものがあります。
心に沁みると云うか、口に入れた瞬間に嬉しくなって仕舞う様なケーキは中々ないですが、昨日のものは最高でした。

 その後は、いつも通りと云うか、それぞれの仕事の報告や相談、アドバイス。
私の方にも内弟子達の方にも、最近は中々ディープな御相談が来ていて、じっくり時間をかけないと答が出せないものも増えています。
お仕事する事自体が修行となり、修練となる様な日々が続いていて、気が抜けません。
有り難い事だと思います。
仕事で修行させて戴き成長させて戴ける、最高です。


バナー
Archives
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
adeptmentorをフォローしましょう Naruaki Shimazu

バナーを作成 Instagram
フォト蔵
本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。
  • ライブドアブログ