Mentor 島津成晃の独り言

感じたり思った事を書いて行きます。 空手や色々な趣味のお話も。

海外のドラマシリーズ

暫く前から、アメリカのテレビドラマにはまって、「ニキータ」シリーズや「フリンジ」シリーズを見ていました。
他にもイギリスの「マーリン」シリーズも見ていましたが。
見終わりました。
全て創作で作られたドラマですが、そこには色々なものが詰まっていて、考えさせられたり感じさせられたり、また学ばされる事も沢山あります。
色々なヒントが得られる事も良くあります。
フィクションですから、そこには矛盾があったり、完全にあり得ない話もあります。
でも、そう云うものから学んだりヒントを得たりする事は凄く多いですね。
作られた方の発想力や想像力を思うと、驚異だと思います。
どこからインスピレーションを得られているのか解りませんが、それは高次元の能力を持った者に等しい、もしかしたらそれ以上のものかもしれないと思う時もあります。
 映画でもドラマでも、良い作品に出会えると幸せです。
勿論、映像だけではなく、文字からも学ぶ事が多いですが、映像はビジュアルだけに沁み込んで来易いですね。
どれも心に響く、素晴らしいドラマでした。

バナー

厳しく劇しくも、楽しい旅の終り

 旅の3日目は鬼怒川近くにある東武ワールドスクゥエアへ。
世界中の有名な建物や場所をそのまま小さくして再現したテーマパークですが、以前に訪れた時にそのクォリティの高さと精密さに驚愕した覚えがあります。
以前に比べて新しいものも増えていて、増えたものについてののクォリティは以前より下った気がしました。
が、以前からあるものについては、今でも驚きの連続でした。
ものによっては建物の内装まで再現されていたり。
また、普段ではドローンでも使わない限り見る事の出来ない角度からや、裏側まで見る事が出来るのは素晴らしいです。
ここに行ってから実際に現地に行くと、パンフレットなんかよりも良く理解して観光出来るかもしれないと思える位です。

IMG_0800
IMG_0800 posted by (C)島津 成晃
IMG_0801
IMG_0801 posted by (C)島津 成晃
IMG_0802
IMG_0802 posted by (C)島津 成晃

 三蔵法師一行もいました。

IMG_0826
IMG_0826 posted by (C)島津 成晃

 ワールドスクゥエアで昼食を摂り、その後はそれぞれ帰宅に向けて走り出しました。
途中、寄った羽生パーキングエリアは、鬼平の世界感で中々楽しめました。
最後は、遠回りして同乗者の家近くまで送ってくれた人がいたり、本当に運転していた方々、御苦労様でした。

 人それぞれ、目線も価値観も見ている方向も違います。
が、互いに思い遣り、気遣う中に、良い関係や信頼が生まれて育って行くのだろうなと思います。
自分は悪くない、自分は正しいと頑固に固執していても、心が通わなければ人から理解されず孤独になって行くだけです。
逆に心を込めて気遣い、思い遣っても、相手が受け取ってくれなければ悲しいだけです。
心を受け取れない人とは信頼関係は築いて行けないですね。

今日も10数年お付き合いしている御家族がお出でになりました。
御子息の結婚式で主賓でスピーチして欲しいとの事。
お仕事の取引関係もお呼びすると云うのに、私を主賓と云って下さるお気持ち、大変にあり難く光栄です。
それだけ信頼を戴けたら、お仕事でお付き合いさせて戴いて来ましたが、正に以て瞑すべしです。
本当に、そう云う信頼を戴いている方々が多く、心から感謝です。

バナー

参拝修行の2日目

 さて、2日目ですが、華厳の滝、日光東照宮、輪王寺へと行って来ました。
1日目の夜、皆で話していたのですが、台風が宇都宮で急に進路を変えて動いたと云う事で、何か台風に意図があったかの様だと皆で笑いましたが、台風一過でも雨が少し残っていて、午後から少し雨が降り始めました。
雷もゴロゴロと鳴って、雷の大嫌いな内弟子の女性が頑張っていたのが印象的でした(爆笑)

まずは、いろは坂を通って華厳の滝へ。
当初の予定では湯滝まで行って、そこから竜頭の滝、華厳の滝と回る予定でしたが、前日の雨の影響も考えて華厳の滝から日光へ戻る事にしました。
久し振りの山の道は、自分の運転技術の低下に嘆きながらも無事に往復出来ました。

IMG_0750
IMG_0750 posted by (C)島津 成晃
IMG_0745
IMG_0745 posted by (C)島津 成晃

華厳の滝は水量が凄まじく凄い迫力でした。

IMG_0756
IMG_0756 posted by (C)島津 成晃
IMG_0768
IMG_0768 posted by (C)島津 成晃

華厳の滝は、自殺や心霊の名所の様な所でもあります。
曾て修験者達が捨身行を行なって命を落としたり、自殺者も多く出ました。
昔の心霊ブームの時に、多数の霊能者を集めて華厳の滝にいる霊を霊視すると云う誠にくだらない番組も沢山ありました。
写真を撮れば、オーブや心霊的なものが写る事はあります。
でもそう云うものが写ったとしても、自分に影響があるか、関連があるか、確かめる必要はあるかもしれないですが、面白可笑しく何か写らないかと興味本位になって仕舞うのは愚かです。
オーブが写ったから、霊が写り込んだから、だからどうした、偉い訳でも何でもない。
写ったものがどう云うものか区別する事も出来ないで論じるべきものではないと思います。
もし、それが何か判別する力があるのであれば、それで遊んで仕舞うのは写ったものに対しても大変に無礼な事であります。

日光東照宮は、凄い人でしたね。
台風の直後だと云うのに、人の多さに驚きました。
豪華さは相変わらずでしたが、あちこち工事が入っていました。

IMG_0772
IMG_0772 posted by (C)島津 成晃
IMG_0775
IMG_0775 posted by (C)島津 成晃
IMG_0778
IMG_0778 posted by (C)島津 成晃
IMG_0779
IMG_0779 posted by (C)島津 成晃

 いろは坂を運転して、自分の運転技術が下っていてガックリしました。
でも、乗っている人が酔ったりしなくて良かったです。
私だけではなく、他にも運転して人を乗せてくれていた人が何名かいますが、神経を遣って伸長な運転をしてくれていました。
乗せて貰った人は、運転して乗せてくれている人に対して感謝して欲しいですね。
それが出来ないなら自分で運転して行けば良いと思います。
乗せて貰う資格はありません。


バナー

台風直撃の中の修行の旅でした

 今回の旅は当初の予定は栃木県の出流山での瀧修行、その後の日光東照宮、輪王寺等の参拝の予定でしたが、台風の直撃により予定が急遽変更せざるを得なかったり、中々ハプニングに満ちていて大変でしたが、充実した修行になったと思います。
22日の瀧修行は、出流山まで出かけましたが、台風の直撃により水量が凄まじい量になり、参道も水が流れていて、事故の可能性が余りにも高くて中止しました。
そこで雨の中、本同へお参りさせて戴き、終了としました。
ですが、瀧に入った様な禊感、浄化感がありました。
瀧修行後の恒例の蕎麦は、しっかり戴きました。
その後、鬼怒川のホテルに向かいましたが、皆で話していて驚きと共に笑いましたが、台風が宇都宮で突然の様に進路を変えて行ったと云う事でした。
ホテルから見える風景の中には、川の濁流あり、倒壊した家があり、土砂崩れの跡もありで、雨の凄さを見せつけられました。

IMG_0733
IMG_0733 posted by (C)島津 成晃
IMG_0734
IMG_0734 posted by (C)島津 成晃

倒壊した家がありました。
IMG_0735
IMG_0735 posted by (C)島津 成晃
また土砂崩れの跡も。
IMG_0738
IMG_0738 posted by (C)島津 成晃

濡れた道着や数珠をホテルの室内で干しましたが、数珠は部屋の結界代わりにベッドの頭の所にかけました。
IMG_0739
IMG_0739 posted by (C)島津 成晃
IMG_0740
IMG_0740 posted by (C)島津 成晃

ホテルから見える川の濁流も凄かったですね。
IMG_0744
IMG_0744 posted by (C)島津 成晃

 今回の旅は、色々と感じたり再確認したりの旅でした。
皆の性根が表面化したり、色々ありました。
ハードでしたが、良い学びの機会だった様にも思います。
思い遣りと気遣い、咄嗟の決断。
何を大切にして、何を見て歩むか、等々、修行の原点に立ち返った様に思います。

 明くる日は日光へ。
それはまた明日。

バナー

細心の注意を払って行って来ます

 明日から栃木県で瀧修行の予定ですが、台風が直撃でやって来る可能性が高い様です。
お山の事でもあり、道が川になったり、土砂崩れも考えられます。
弟子達に確認しましたが、皆中止する気はなく、予定通り決行と云う意志で揺らぎがないので、細心の注意を払いながら予定通り修行に行って来ます。
自然災害は気合いだけでは避ける事が出来ませんから、絶対に事故にならない様に気をつけて行って来ます。
チャレンジと無謀は違いますからね。
参加される方々も忙しい中を予定を繰り合せて来られるので、あくまでも本人の意思に任せて、無理のない様にしたいと思います。
水量も物凄い量になっていると思います。
瀧だけを考えると最高の修行の条件ですが。
とグルグルと考えが回って仕舞います。
が、色々考えても仕方ないので、どうするか、どうなるかは現地まで出かけてその時に結論を出すと云う事で、観音霊場でもありますし、仏様にお任せして出かけようと思います。


バナー

感情は人間らしさの要素です

 人間は誰でも感情があります。
感情は、時に暴走し、また時に自分を高めてくれます。
感情に囚われ過ぎると、冷静さを失って仕舞います。
が、感情が意欲や気合いに変化する時、潜在的な力が目覚めたり、驚異的な集中力へと昇華します。
物事を解決したり、戦略を練る時に、論理的思考は大変重要です。
然し、論理的思考に拘り過ぎると人間性を失い、心の機微が分らなくなります。
人間らしさは、感情にこそあるとも云えます。
スタートレック・ジェネレーションズのアンドロイドのデータが、人間らしさを求めて人間の感情を学ぼうと苦心していた場面がありましたが、スタートレック・オリジナルの副長スポックが自分の中にある論理的思考と感情の間で苦しんだりしながら成長して行く姿も印象的でした。
修行によって、感情の抑制やコントロールを修得して行きますが、それは感情をなくす事ではありません。
被りや体調不良等で感情のコントロールや抑制が利かなくなる事があります。
自分では気付かないものですから、そう云う時に上手に指摘してくれる人がいると有難いですね。
下手な指摘の仕方をされると、余計に感情が暴走して仕舞います。
自分を良く知っていてくれる人であれば、そう云う時にどう云うアプローチが良いか解っていてくれるでしょう。
そう云う意味でも信頼のある人との関係を作り上げておく事は大切ですね。


バナー

台風が接近中の中、瀧修行が事故のない様に

次々と日本へ台風が接近中の様ですね。
来週月曜日22日は栃木県で瀧修行の予定ですが、台風が関東地方に接近する可能性もある様です。
中止する事はないですが、事故のない様に気をつけなければいけないですね。
昔、若い頃に護摩修行をしていた時に、頭の上で雷がゴロゴロと鳴って、ドーンと近くに落ちた事もあります。
雷を呼ぶ護摩と、修行仲間と笑った事もありました。
また、山籠もりの時、夜中に眠っていると雷がなって、地響きがして起された事もありました。
自分がいる所より下にある雲の中で雷が走り、その稲光が強烈な光を放った事を覚えています。
数年前に行なった高野山の参拝旅行の時は、まさに嵐が直撃して、高野山から我々が下山して電車に乗った直後に電車も止まり、閉山になって仕舞った事もありました。
今回も無事に何事もなく修行を終え、その後に予定している参拝も滞りなく行なえる様に祈りたいですね。

バナー

メダルラッシュ

 ずっとテレビに齧り付いて見ている訳では全くありませんが、ニュースや速報でオリンピックの結果は見ています。
報道するものと、全く報道されないスポーツもあり、報道されないものも見てみたいなと思ったりもします。
が、やはり日本選手の活躍しているスポーツは報道も繰り返されますね。
報道がエスカレートし過ぎて眉をしかめて仕舞う時もありますが。
あの場に立つと云うだけで、常人である我々からすれば驚異であり、皆特別な人達だと思います。
そんな中で正にメダルラッシュ、次々と日本の選手がメダルを取って行く姿は、驚きを越えていますね。
絶対に最後まで諦めず、徹底して勝ちにこだわって行く姿は素晴らしいと思います。
一方で、素晴らしいスポーツマンシップに溢れた姿の場面があったり、真剣勝負の場には色々なドラマがありますね。
自分を信じて、諦めず、持てる力を出し切って欲しいと思います。
結果は、それこそ結果論。
徹底して勝ちにこだわって行くべきだと思いますが、それでも結果は結果論。
喜びも悔しさも、全てが財産になって行くでしょう。


バナー

台風がやって来ていますね

 いつもなら、火曜日ですから道場へ行って汗を流すのですが、今日は道場はお休みです。
どこの道場も夏休みを取りますが、正伝流は師範が休みを取ると調子が悪くなると云う空手ホリックの人なので、休みは数日だけです。
他の道場では1週間も2週間も休む所があるらしいですが。
道場が休みとは云え、自主トレは認められているので、道場へ行って自主トレしている人もいるかもしれないですね。
何しろ、正伝流は本当に空手が好きな人ばかりですから。
 道場へ行く時の降水確率は高いのですが、今日は道場は休みなのに土砂降りの雨が降っています。
こう云う日に道場へ行った事もありますね。
そう云えば、ずっと若い時、大雪でそれでも道場へ行ったら、誰も来ていなくて師範がもう誰も来ないだろうと道場を閉めようとしていた所だったと云う事が。
必然的にマンツーマンで何時間も練習した覚えがあります。
笑って仕舞うのが、その時、師範が何しに来た?!って聞いた事。
何しに来たって、練習しに来たに決まっているだろうって、心の中で思いましたが(笑)
まさかそうは云えず、練習しに、と云うと、そうか、じゃやるか。
誰も来ないと思って閉めようとしてた所だった。
誰も来ないだろうから、のんびりやるかって、延々と基本と移動をやらされて死にました(苦笑)
昔の道場はこう云う事がありましたね。
誰かが倒れる迄、基本を延々とやり続けるとか、練習時間の中で基本をやり、移動をやり、型をやり、補強をやって、スパーリングをやるとか、今はそう云う流れがありますが、昔は基本だけとか、移動だけとか、補強だけとか、逆に組手だけとか、その日の参加者や師範の気分でと云う事はないでしょうが(笑)そんな練習もありました。
ですから、練習時間が2時間の予定が、3時間4時間になったり、逆に1時間で終ったり。

バナー

昨日は供養会を行ないました。続いて今日は神様の御縁日でした。

例年15日に行なうのですが、皆さんの都合を考え、昨日14日の日曜日に旧盆供養会を行ないました。
御参加戴いた方、そして全国からお送り戴いた御供養紙を願文と共に詠み上げ、奠供そして理趣経を奉経しました。
一枚一枚御供養紙を詠み上げて行く時に、その方の御先祖の状態が伝わって来ます。
御供養を依頼されてまだ日が浅い方もあり、そう云う方から御依頼戴いた御供養紙は、鈴の音の響きも抑えられ、逆に何度も御供養を御依頼戴いている方の御供養紙は、鈴の響きも涼やかに響き渡ります。
強い因縁を持っていたり、状態が宜しくない御魂の場合、空気が湿るとか重いとかと云う事が感じられますが、鈴の音まで変化して仕舞います。
弟子達や、感覚のある方には色々と感じられた様です。
皆さんの祈りが御先祖様方に伝わり、最後は静かに彼岸へ旅立って戴きました。
祈る側も、祈られる側も、共に安楽になって幸せになろうと云うのが御供養です。
祈りが遠方の皆様にも伝わって戴けたらと思います。
 その後は直会(なおらい)。
御先祖様と一緒に無礼講で食事しようと云うものですが、色々な話をしながら楽しい時間を過して戴けたかと思います。
他にも色々な話や相談もあり、タロットが出来る人がタロット占断もあり、本当に濃い一日でした。
 今日は明けて15日、神様の御縁日でしたが、思いの他多くの方に御参加戴きました。
本日は終戦記念日でもあり、また送り火も始まりますし、祝詞奉上でしっかり浄化させて戴きました。
これから暫く、秋の彼岸までスッキリした空気で過したいものですね。

バナー
Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
スタート (アンジーアンジー 気の向くままに)
スタート
御願い事 (旦那様は霊能者)
疲れた一日
adeptmentorをフォローしましょう Naruaki Shimazu

バナーを作成 Instagram
フォト蔵
本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。
  • ライブドアブログ