盛岡学習塾“なるみ学習教室” 塾長奮闘記

『なるみ学習教室』は、中学生の学習内容を補足、充実、強化し、第一志望校の合格を目指します。

2019年11月

昨日(29日)は中1でした。



「満足!」
という結果はまれです。
ケアレスミスがあったり
勉強不足があったり、
時間不足だったり・・・・・
それでも
みんなが
高みを目指しています。
1年生たちもそう。
テストのたびに
「次はもっと」です。
1年生との勉強が楽しいのは
そういう『原点』があるからですね。


☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.


昨日、
小岩井でお店を出している女性と
たまたま知り合ったのですが、
『小岩井の広大な敷地を
高齢者も楽しめるリゾートガーデンにして、
バックにそびえる岩手山と湧き出す温泉を
観光地化したい』
という夢を話してくれました。
私から見たらまだ若い女性でしたが、
「人が喜んでくれることをしたい」
と語るキラキラした表情に感動してしまいました。

私も
自分の仕事の原点を
忘れずにいたいと思いました。



今日(30日)は中2です。


昨日(28日)は中3でした。


入塾したては
みんなしっかり挨拶していたのに、
そのうち
うっす とか ペコリ
だけになることが常なのですが、
今年の3年生は
挨拶のクオリティーが落ちません
気持ちがいいです。

さて、
次回からは
受験用教材に戻ります。
忘れないで全員持ってきてくれるかなぁ〜?
頼みましたよ。


今日(29日)は中1です。


昨日(27日)は中2でした。


河南中はテスト前日最終チェック。
テスト終了組は
各自、2年の総復習に取り組みました。
次回からは
いつもの授業形態に戻りますよ。



テストでは
いつも自己ベスト更新を狙いますが、
これは言うほど簡単ではありません。
前回自己ベストを大幅に更新したT君などは
それ以上と言われても困ってしまうかも。
それでも
高みを目指す2年生です。



今日(28日)は中3です。

昨日(26日)は中1でした。


インフルエンザに
細心の注意を払っていたSさんが・・・
かかってしまいました。
予防注射を2回も打っていたのに・・・
来週まで大事にしてください。

土淵中以外は
今週がテストのピークです。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


ゲット困難なKISSのチケットが手に入ったので
せっかくだから楽しまなければと
予習(復習?)しているのですが
バリバリのアメリカンロックのためか、
QUEENとかBeatlesみたいには
のめりこめずにいます。
どうなることでしょう?


今日(27日)は中2です。


昨日(25日)は中3でした。


『校長会テスト』お疲れでした。
ひとつの目標でしたから
ちょっとほっとした表情のみなさんでした。
ここから
本当の目標に向かって
再スタートです。

インフルエンザで
学級閉鎖も出ていますが、
さすがの3年生、
自己管理も見事です。



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆



全く関心のなかったQUEENを
映画『ボヘミアンラプソディー』で知り、
マイブームとなりました。

そしてこれまた全く関心のなかったKISSの
最後の来日ライブチケットが手に入り、
にわかもにわかの
KISSDVD鑑賞、
予習中です。


今日(26日)は中1です。
師走号(393)をお渡ししています。



昨日(23日)は中2でした。


期末テストの
最終チェックのため
準備していた
10数枚のプリントに
果敢に挑戦する2年生。
ミスが直ればOKマークがつき、
さらにレベルアップした裏面へ。
テスト前の恒例シーンです。


自習に来た1年生のCさんは
「明日は日曜日だから一日中勉強できる~♪」
とたのもしいセリフ。


1年生は1年生の、
2年生は2年生の、
そして
3年生は3年生の
オリジナルさを持っているわれらが生徒たち。


明日(25日)は中3です。




昨日(22日)は中1でした。


来週にテストを控えた昨日、
やらなければならないことが山ほどあります。
楽しそうにこなしている1年生たちですが、
やり残しもあり。
テストまであと一回。
「明日自習に来てもいいよ」
「部活あるんです〜」
「テスト前なのに?」
「吹部だけはあるんです〜(-_-;)」
たいへんだなぁー。


☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.


イオンに入ろうと思ったら
駐車場があふれています。
な、なんなんだ!
行列とか待ちが苦手な私は即撤退。
そのわけを後で知りました。
ブラックフライデーですって。


今日(23日)は中2です。

昨日(21日)は中3でした。


1対1で指導しているとき
一番気を遣うのは、
「どこまで理解しているか?」です。

例えば、
本人がもう少しで糸口をつかむところなのに
私がそれを察せず解き方を言ってしまったり、
全くわからない状態なのに
本人の解答を待っていたりすること。
これはロスタイムで、
すごくもったいない時間となります。
「わからない時はわからないと言ってね」
は、本人と私のためにすごく大事なんです。


それが『速攻』な生徒だと
2倍速3倍速で指導が進みます。
そしてその分
多くの勉強ができることになります。
先日は、
自習にやってきたCさんと『相似』の勉強中、
「わかる」「わからない」をはっきり言ってくれるので
ピンポイントの指導ができ、
驚くほどの分量をこなせました。




今日(22日)は中1です。





昨日(20日)は中2でした。



何やら困ってる風のM君。
「なに?なんでも聞いて」
と近づいたら・・・


速度伝達比?
リンクとカム装置??
駆動軸?
被動側?



実技教科の『技術』で悩んでる模様のM君。
私、そっと退散。


今日(21日)は中3です。





昨日(19日)は中1でした。


「調子はどう?」
「元気です」
そんな挨拶から始まりました。



おもしろかったのは
Sさんが地理の勉強で
北アメリカ州のワークを開いたとき。
これからやろうと思っていた部分に
もう解答が書かれています。

「あ、もうやってあるじゃない」
「これ、おかあさんだ」
家でSさんとお母さんが一緒に勉強していたんだね、きっと。
なぜかお母さんがワークやっちゃいました (^^;)



今日(20日)は中2です。

↑このページのトップヘ