昨日(1日)は中1でした。


英語の勉強中、
"Muroran"
「室蘭はここだよ。
工業都市でね、
大きな橋と工場の光がきれいなんだよ」

数年前に見た室蘭の夜の光景を
ホワイトボードに描いたはいいが・・・

描き出してから思い出したのです。
私の絵のセンスが皆無だったことに。
それはもう、
小学生もびっくりの下手さ。
(ごめん小学生)

ところが1年生。
「あ、そういう景色、写真で見たことあります」
「そうそう、橋と工場ね」
なんて優しい生徒たちなんでしょう。

後ろで自習の3年生O君苦笑。



今日(2日)は中2です。