昨日(21日)は中3でした。


1対1で指導しているとき
一番気を遣うのは、
「どこまで理解しているか?」です。

例えば、
本人がもう少しで糸口をつかむところなのに
私がそれを察せず解き方を言ってしまったり、
全くわからない状態なのに
本人の解答を待っていたりすること。
これはロスタイムで、
すごくもったいない時間となります。
「わからない時はわからないと言ってね」
は、本人と私のためにすごく大事なんです。


それが『速攻』な生徒だと
2倍速3倍速で指導が進みます。
そしてその分
多くの勉強ができることになります。
先日は、
自習にやってきたCさんと『相似』の勉強中、
「わかる」「わからない」をはっきり言ってくれるので
ピンポイントの指導ができ、
驚くほどの分量をこなせました。




今日(22日)は中1です。