昨日(2日)は中3でした。


さまざまな理由で、欠席と遅刻が多かったため、
前半しばらくはA君とS君の2人の勉強になったため、
「よし、国語の特訓授業しよう!」
ということで、重箱読み、湯桶読み、熟語釧(吹雪とか七夕とか)、
さらに副詞の呼応などなどを深掘りしました。
そこから歴史に移り、中国の王朝名を暗記しているところで、
部活のための遅刻組が合流。
リズミカルな「殷・周・秦・漢・魏呉蜀・晋・〜〜〜〜」の声が響き渡りました。
楽しい時間でした。



明日(4日)は中2です。