日曜日。

本日がお休みの人、毎日出勤お疲れ様です。

日曜日も月曜日も変わらず憂鬱休み無し。

それは妊婦妊婦妊婦
切迫のに〜んぷ〜
※秘密のアッコちゃんのメロディーでお送りします。



妊娠期間もあとわずか。

とはいえ、まだまだ問題が山積み。

出だしから絶不調の俺だけど…

無事、元気な我が子を産むまで、応援してくれよな!!







妊娠性掻痒疹がねぇ、どんどん広がる。

私の身体を大陸に見立てたとして、ペストかマラリアか?ってレベルでブワー!

昨日くらいまでは左半身が何故か集中的にヤバかったのだが、一夜明けて見れば、まぁビックリ。



しっかり右半身にも広がっとるやないかい!!



しかも脇腹だけだったのが、腹全体にジワジワ侵食しているのみならず、脚の付け根や腰の方まで…。



ぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬ



知り合いにも、同じようにブワーと湿疹が出来た人がいたが、その人の場合は妊娠中期くらいに発症して、後期には収まったそうな。

大体、臨月に入ると沈静化するという噂も聞くが、臨月入ってから突然広がり始めたような場合はどうすれば…。

Google大先生に尋ねたところ、妊娠性の痒疹には、2種類あるらしい。

ひとつは2人目以降に発生しやすく、時期的には初期から中期にできるとされる『妊娠性掻痒疹』。

もうひとつは、初産婦の妊娠後期に発症しやすいとされる『PUPPP』という痒疹。

どちらも妊娠に起因するメチャかゆ疾患で、対症療法しか出来ない。

ただ時期とかが少し違うだけ…のように見えるが、それぞれ特徴があるそうな。

妊娠性痒疹は主に手足に出来、皮膚が赤くなりプツプツとした湿疹になる。

 

PUPPPは、腹部を中心に手足に炎症が広がるもので、初産の妊婦に多く、湿疹というよりも蕁麻疹のような腫れが見られる。


私の場合、見事に、腹部の痒みと腕の痒みで、痒疹の気配が異なる。

いわゆる、腹はPUPPPだし、腕は妊娠性掻痒疹って雰囲気で、出来物の雰囲気が異なる。

どっからどー見ても、両方発症している感じだよね。 


で、この妊娠性掻痒疹、発症する確率が100人中1〜2人らしい。



…はは〜ん?
どうやら私ったら、また貧乏クジ引き当てたな??




ステロイド軟膏もヒスタミンクリームもベタベタするだけで効きやしない。

特に美容効果も無いのにただひたすらベタつくだけの物体を身体に塗りたくるとか変態じゃないか。

夜中に何度も起きては、トイレに行くついでに肘から先まで石鹸と冷水でガシガシ洗い、何とか痒みと火照りを取る。

で、また1時間後くらいに尿意と痒みと火照りで起きて、以下、繰り返し。

搔かなきゃ良いんだよ搔かなきゃ。

身体の後ろ半分がそんなに酷くなっていないのは、手が届かないからなんだろう…。



明日は脚にまで広がったりするのかな。







しかし。

私を悩ますのは痒みだけではない。



ここ最近は、昼過ぎから夕方にかけて吐き気が強まるものの、吐かずにやってきた。

前に盛大に吐いたのは、確か30w以前だった気がする。

実に1カ月ほど、持ち堪えていたのだが。



ここ数日の吐き気たるや、妊娠初期を思い起こさせる凄まじさでヤバイったらありゃしない。

普段はマウスウォッシュや歯磨きをすれば、口の中が一時的に過ぎないにしてもスッキリして誤魔化せた。

でも今日はだめだった。

口の中に歯ブラシがある、というだけで、むせる!

食べ過ぎという事は決して無い。

だが、懐かしい感覚が喉元にせり上がってくる…。



耐え切れず、リバースタッパー(勝手にそう呼んでる)こと膿盆を借りるべくナースコール。



スタッフがビニール袋をはった膿盆を手渡してくれたのだが、何となく透明なビニール袋に吐きたくなくて、ビニール袋を手持ちの白いコンビニ袋にハメ直した。

その準備が整うのを待っていたかのように、マーライオンに憑依された事は言うまでも無い。

準備は間に合ったが、上手い吐き方を忘れていて、鼻からもリバースしまくったところ、鼻血までブッシャー!と噴き出し、もう大惨事である。

一応、周囲を汚したりはしなかったが、本当に酷い目にあった。

私の妊娠は嘔吐と切っても切れない関係のままのようだ…。



そんでもって。

Google大先生に再び尋ねた。

以下、返答。

妊娠後期は女性ホルモンの変化し、妊娠8ヶ月~9ヶ月をピークに増加していた黄体ホルモン(プロゲステロン) 出産前に減少していく。

そして入れ替わりに卵胞ホルモン(エストロゲン)の方が臨月以降から出産前まで増加する。

この変化により、胎児の発育はラストスパートを掛けられ、更に成長していく。
しかし、ホルモンバランスの変化により、胃腸内や胃の周りの筋肉まで弛緩してしまう。

その為に胃酸が逆流しやすくなり、吐き気をもよおす。』



なるほど。

臨月に入って吐き気が本気出してきたと思ったら、ホルモンバランスの変化だったわけね。

時期的にも符合するし、私はまごう事なく妊婦なのだなぁ(今更しみじみ)



しかし、だ。

原因が判明したところで症状は消えない。

この妊娠中の吐き気に到っては、妊娠性掻痒疹のようにステロイドやヒスタミンといった対症療法が使えるわけでもなく、結局は耐え忍ぶしか無いのである。

世の中には、マジで悪阻が無いという人間もいるというのに…何なんだ一体。

多分、一度ぶり返した吐き気は、明日以降もぶり返すだろう。

だが、まぁ、身体がちゃんと出産のクライマックスに向けて変化している証しだと思って我慢するしかなぉおおおぉうぇえあえええあえええええ!!!







明日は月曜日。

明日の検診次第で退院の可否が決定する。

そして、転院希望先からの返事も、明日貰える事になっている。



運命が決まると言っても過言ではない。

明日が転院のラストチャンスなのだ。



この日の為に、28wから耐えてきたのだから。

報われる事を信じるしかない。



腹の子よ。

本当に君は良い子だ、よく頑張ってくれている。

今夜は一緒に希望が叶うよう強く念じてから寝よう。

今夜は、じゃないな。
今夜も、だ。



明日の為に、GOOD NIGHT。