Jazz & Drummer

ジャズ、フュージョンの新譜や好きなドラマーのことなど音楽97%、感じたままに書いている個人ブログです。

(Amazon)
1.Scott Kinsey / Near Life Experience
2.Bob Mintzer / All L.A. Band

2枚で10%オフセール及びギフト券利用。 
Clip to Evernote --EDIT--

Kenny Garrett / Do Your Dance!

Kenny Garrett (As, Ss, Fl, P, Per, Vo, Shruti Box )
Vernell Brown, Jr. (P)1,2,3,4,5,6,7,9
Corcoran Holt (B)1,2,3,4,5,6,7,9
Ronald Bruner, Jr. (Ds)1,2,8,9
McClenty Hunter (Ds)3,4,5,6,7,8
Rudy Bird (Per)3,4,5,6
Donald "Mista Enz" Brown, Jr. (Rapper)3,5
Rec. 2016?, NY
(Mack Avenue MAC1098)

ここ何年かのケニー・ギャレットのリーダー作の中で最高に素晴らしかった前作「Kenny Garrett / Pushing The World Away(13年、別頁あり)」から、ピアノのベニート・ゴンザレスとゲスト陣を除いたメンバー編成ではあるのだが、今回は「Du Your Dance!」というアルバムタイトルやジャケットデザイン、また本作のプロデュースに絡んでいるドナルド・ブラウンの息子らしき人がラッパーとして2曲に参加していることから売れ線狙いの匂いがプンプンする。でも大好きなロナルド・ブルーナーJrが参加している以上は買わないわけにいかないだろう。

全9曲がギャレットのオリジナル。
1曲目「Philly」から高速4ビートでアグレッシブに攻めまくっているけれど、もっとシャリコマな演奏を想像していただけに、これは嬉しい誤算。ギャレットがイケイケで吹きまくっているのは当然として、過去3作品でギャレットの片腕として貢献していたゴンザレスからピアニストの座を受け継いだヴァーネル・ブラウンJrも、マッコイとハンコックを足して2で割ったような感じのテンションの高いプレイで聴かせてくれるし、それよりもなによりもブルーナーJrが手を付けられないほど凄いことになっていて、早くもノックアウトされる。それは2曲目「Backyard Groove」も同様で、こちらの方は跳ねる系のファンク基調ではあるけれどアグレッシブ極まりなくて、こういう曲で踊れるのなら踊ってみろといわんばかりに容赦なくいっているのが素敵。ドラムスがマックレンティ・ハンターに交代しての3曲目「Wheatgrass Shot (Straight to the Head)」には私が苦手とするラップが入っているけれど、曲調自体がカッコいいコンテンポラリー・ジャズなので、こういうのだったら全然オーケー。軽いラテンタッチの4曲目「Bossa」も、ここまで聴いてきたいい熱冷ましになっているし、8ビートの5曲目「Do Your Dance!」もリズムは比較的シンプルながらも、ギャレットがアウトしながら吹いているおかげでモーダル感があり、ドナルドJrのラップも最後の方でちょこっとやっているだけなので気にならない。この2曲では確かにダンスができるし、続く6曲目「Calypso Chant」もカリプソ調なので、そういうのにはうってつけだと思うけど、アルバムを通しては決してダンスダンスした作りにはなっていないので、いつもながらの演奏が楽しめる。8曲目「Persian Steps」でフルート、ピアノ、ヴォーカル、お経的なループをギャレットがオーバーダブしながらツインドラムとやっているのも、思いっきりコルトレーン的で実にいいし(ピアノの上手さも特筆もの)、ラストの曲「Chasing the Wind」を1曲目以上の高速4ビートで締めているのも非常に好感が持てる。
ということで予想していたのとは異なり、いかにもギャレットらしい熱い演奏が繰り広げられている本作は前作以上によく感じられるので、文句なしの5つ星。録音(エンジニアはジェームス・ファーバー)はもう少し各楽器の鮮度があってもいいような気がするけれど、この演奏者の汗が感じられるほどに暑苦しい音質が、やっている音楽にはよくマッチしている。

評価☆☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!) 

DO YOUR DANCE!
KENNY GARRETT
MACAV
2016-07-22

 
Clip to Evernote --EDIT--

YAMAHA YCS-MO2, VIC FIRTH American Classic HD4を購入

細いスティックを使っているときは太いのを、逆に太いスティックを使っているときは細いスティックを使いたい気分になるときが多々あるので、太いスティックとしてYAMAHA YCS-MO2(大坂昌彦モデル)の買い足しと、細いスティックとしては以前試験的に使ってみたけどちょっと軽いように感じたVIC FIRTHのAmerican Custom SD4 COMBO(別頁あり)のヒッコリー版であるAmerican Classic HD4(今年の来日時にカール・マグワイアが使っていた)を新たに買ってみた。
Clip to Evernote --EDIT--

↑このページのトップヘ

ブログパーツ
google-site-verification: google878c7206ee6d4f7b.html