2009年05月10日

『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』2

1960年代。酔っ払いのオトンに手を焼いたオカンは3歳のボクを連れて祖母の住む筑豊の炭鉱町へ。そこで女の手一つでボクを育てる。大きくなりオカンの元を離れ、東京で自堕落な日々を送っていたボクだが、オカンが闘病していたのを知った事を機に生活を改め、借金を返済、一応の成功を修める。そして年老いたオカンを呼び寄せ東京での生活を始める…


人気イラストレーター、リリー・フランキーのあまりにも有名な自伝小説の映画化。テレビドラマや舞台化もされ内容もほぼ知っているが、今日が今日(母の日)だけに観る事にしました。

主人公が顔の知れた有名人だけに、映像化した際に演じる役者サンと比べてしまうのは仕方のない話。しかし短期間に複数の俳優が同じ人物を演じると、俳優達の間でも比べてしまいますね。
ちなみに本作(映画版)で演じたのがオダギリジョー。テレビドラマ版で演じたのは速水もこみちと大泉洋(2つありますから)。さらに舞台では萩原聖人…と並べると全然違う4人(笑)。これに本物(?)であるリリー・フランキーも加えると何がなんだか…。

「1番当人に類似しているか?」

と問われれば本作のオダギリジョーかな(かなり無理がありますけど)?
…似てるのは髪型だけ?


物語の鍵である「オカン」を演じた樹木希林。しかし若い時期から演じないといけないので別の女優が…。

演じるは内田也哉子!

娘やん!

そら似てるわ(笑)。

まさかのモックン夫人の登場!でも彼女だったら誰も(特に樹木希林が)文句は言えないか?
演技力は…次に期待しましょうか(泣)。

エッ!?次はない?
また樹木希林の娘時代を演じればいいでしょ(笑)!


映画自体は普遍的なテーマですから、可もなく不可もなく…か。

オトンとは結局離婚しなかったんですね?


nas_kazpon_nas at 23:31│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔