梨本塾 リザルト&レポート

ここでは毎月トミンモーターランドで行われる梨本塾走行会のリザルト、及びレポートを掲載いたします。
「カテゴリ別メニュー」で参加された年月日を検索すればご自分の結果が閲覧出来ます。
また、季節ごと、期間限定のお知らせなども掲載いたしますのでチェック宜しくお願いいたします。

【 梨本塾リザルト&レポートページへようこそ 】

・ こちらでは梨本塾の2004シーズン以降のリザルトとレポート、並びに最新情報などを掲載していきます。

・ こちらに掲載しているものは右の「カテゴリ別メニュー」に一覧表示されています。通常ブログのように最新情報が常時前面提示されるわけではありません。それぞれのメニューリンクからお探しのページへお入り下さい。



・ なお、当ブログ内にある映像、画像、文章などすべての著作権は梨本塾に帰属します。無断使用、転用を固くお断りいたします。

・ 但し梨本塾参加者の皆さんにはなるべく画像提供したいと考えておりますので、画像などをブログで使用したい場合はお気軽にコメント欄にてお知らせ下さい。

・ リザルトやレポートに関する質問などもコメント欄にお願いいたします。もしくは>>こちらへ

・ ご自分の過去のリザルト、及びレポート、その他を検索する場合は「カテゴリ別メニュー」から①開催年を選び、その②リンク先から開催月を選ぶと早いです。右側にもメニューパーツがあります。

・ なお「最新のお知らせ」ではいち早くお得な情報などを掲載します。「リザルト」は結果のみ、「レポート」は解説付写真レポートになります。それぞれ開催年月日」ごとに掲載しています。

・ それ以外にも「サシバイク」「スペシャルインプレッション」「復興支援活動」「梨本塾レーシングの歩み」「梨本塾メンバーリンク」などのメニューがあります。

・ 動画のK-RUN-MOVIEに関しては>>こちらからどうぞ。

・ 梨本塾のホームページへ戻る場合は>>こちらへ



2013年09月

2013年度 第9回 梨本塾 トミン レポ② タイムアタック

2013年度 第9回 梨本塾 トミン レポ② タイムアタック

13時よりタイムアタック開始。一名負傷欠場者が出てしまったために、全43台による予選が行われた。

01

その中でポールポジションを獲得したのは5月以来の参加となった人見CBR600RR(05)で、25秒766をマーク。タイヤはディアブロスーパーコルサV2 SC1を装着。久々の出走ながらも圧巻の走りを見せた。

02

2番手には今期ここまで8連勝を上げている篠塚CBR600RRで、タイムは26秒218、タイヤはアンビートン03でコンパウンドはR3。これまでもっともタイムが出ているのはディアブロコルサSC1だが、今回はこのタイヤで人見との真っ向勝負に挑む。

03

3番手にはほとんど復調したといっていいだろう、山中CBR600RRでタイムは26秒625と今期ベストをマーク。タイヤはフロントにディアブロコルサSC1、リヤにはレーステックK1を履く。梨塾ガレージにて大幅仕様変更を実施。

04

その山中と同じく今期ベスト、さらに1000分の1秒までの同タイムで4番手となったのは榎本CBR600RR。タイヤは定番ディアブロスーパーコルサSC1だ。

05

5番手にはやはり27秒を割り込んできた坂垣内CBR600RRABSでタイムは26秒922。タイヤはディアブロスーパーコルサSC2である。もちろんSC2ではトップタイムだ。

06

6番手にはベテラン生駒デイトナ675でタイムは27秒219、タイヤはディアブロスーパーコルサV2 SC2だ。

07

7番手には佐々木FZ750改でタイムは27秒516、タイヤはフロントにD212,リヤにはディアブロスーパーコルサSC1。サブ機エンジン搭載のため「走らない」と嘆くが………。

08

8番手には午前Bクラスからジャンプアップを果たした斉藤NSR250Rでタイムは27秒672と、大幅に自己ベストを更新。タイヤはフロントにロッソコルサ、リヤにはロッソ2をチョイス。2サイクルマシン筆頭。

09

9番手も午前Bクラスから這い上がってきた皆藤CBR600F4でタイムは27秒818、タイヤはディアブロスーパーコルサSC1だ。今回の梨本塾直前に、S字コーナーにおいて選手生命を左右しかねない大転倒を喫したものの、マシン、ライダーともに応急処置を施しての出走。

10

10番手は夜勤明けでほとんど満足にフリー走行を走れなかった渡辺GSXR1000でタイムは27秒922。タイヤはD212だ。

11

11番手には渡邉と1000分の1秒まで同タイムでAクラスに踏みとどまった富永DB2。タイヤはディアブロスーパーコルサV2 SC2。ここまで11台がAクラスとなった。

12

続いてBクラス。ポールポジションには因藤GSXR1000でタイムは27秒985と僅かにAクラスボーダーに届かず、悔しいクラスダウンとなった。タイヤはディアブロコルサSC1。

13

2番手には鎖骨骨折からまだ日が浅い緒方R1でタイムは28秒078、タイヤはディアブロコルサSC1だ。

14

3番手にはいよいよここまで上がってきた高橋CBR600Fでタイムは28秒281、タイヤはディアブロスーパーコルサV2 SC2だ。

15

4番手には大木ZX10Rでタイムは28秒343、タイヤはフロントにレーステックK1、リヤにレーステックK2を履く。

16

5番手にはその大木から遅れること1000分の1秒、直前に梨塾ガレージにて大幅な仕様変更を行った加野GSXR1000で、タイムは28秒344と先月から大幅短縮。タイヤはレーステックK2をチョイス。

17

6番手には磯山TZR250R(3XV)でタイムは28秒344と、ここでも加野と1000分の1秒まで同タイム(※同タイムの場合はセカンドベストで順位決定)。つまり1000分の1秒の中に、大木、加野、磯山の三名が入ったことになる。タイヤはフロントにディアブロスーパーコルサSC1、リヤにはロッソ2だ。

18

7番手には5月以来の出走となった古溝GSXR600でタイムは28秒750、タイヤはレーステックK2だ。

19

8番手にはやはり直前に梨塾ガレージにてフロントフォークスプリング交換を行った池原S1000RRでタイムは28秒813、タイヤはフロントにレーステックK1、リヤにレーステックK2を履く。

20

9番手には久々の参加となった猪野CBR1000RRで29秒031、タイヤはα13だ。

21

10番手にはマシンを入れ替えての復帰走となった村雲GSXR1000(L1)でタイムは29秒188、タイヤはディアブロスーパーコルサSC2だ。午前Cクラスからのジャンプアップを果たす。

22

11番手には長く抱えてきたトラブルもようやく収束しつつある加藤CBR250Rで、タイムは29秒281。タイヤはディアブロロッソコルサ。午前Cクラスからのジャンプアップを果たす。

ここまで11台がBクラスとなった。



第10回 梨本塾 10月27日開催。

只今早割受付中。


88


2013 第10回 10/27(日) 梨本塾開催!

現在申し込み受付中!!

「トミンで40秒を切れません………」

「筑波で2分を切れません………」

「もてぎで4分を切れません………」

「鈴鹿で帰ってこれません………」

「まさしく梨塾レンジ。お気軽に遊びにいらしてください(^^)/」

梨本塾にはとんでもなく速い常連の方もいれば、

初めてサーキットに来られる方もいますが………

経験やスキルレベルによる敷居は一切ありません。

また小難しいレクチャーや座学なども一切ありません。


トミンで40秒が切れません→OK

筑波で2分の壁が壊せない→NO problem!!


鈴鹿やもてぎだと、一周回って来れません→Welcome!

必要なときに必要なアドバイスだけを受ける、後は自由に走りまくり。

これが梨本塾の基本的なスタンスです。


初心者の方、女性の方、サーキット初走行の方まで楽しめるのが梨本塾。


もちろん膝が擦れなくても、ハングオンできなくても大丈夫。

サーキット初走行でも問題ありません。

ぜひぜひ遊びにいらしてください。

87

梨本塾は、申し込みが早いほど参加費はお得です。

参加希望の方は今すぐこちらから>>お申し込みを!!

初参加の方もぜひぜひお越し下さい。

10月参加の前にサシ塾でフルパワー充電!?>>サシ塾のご案内。


DSC_1770

「これ着りゃ1秒アップ確実だって!?」

なんてウワサはホントかウソか………。

2013梨塾Teeも好評発売中。


次回梨本塾での受け取り予約は>>コチラから。



続きを読む

2013年度 第9回 梨本塾 トミン レポ① 午前フリー走行

2013年度 第9回 梨本塾 トミン レポ① 午前フリー走行

00

9月梨本塾、幕開け。

00-1

先月とは打って変わっての快晴スタート。しかし予想よりも暑く、夏日に逆戻り。

01

午前8時30分より受付開始。

02

続々と参加者が集ってくる。

03

そしてもはや「お約束」と化した梨本塾募金箱。

04

東日本大震災復興支援として行っている。

05

一昨年、昨年とうなぎのぼりに募金額を増やしているが………

06

今年はどうやらそれもはるかに凌ぎそうな勢い………。

07

朝の日光街道………

08

もしくは千代田線や中央線とばかりに………

09

ギュウギュウ詰め。

10

もはや募金を押し込むのも一苦労。

11

それでも多くの方々がご協力してくれた。

12

13

14

15

16

17

18

果たして年度末にはいくらになるのか………ちょっと想像もつかない。

19

そして午前9時30分、定刻通りフリー走行がスタート。

20

梨本塾も後半戦に入ったことで………

21

参加者も非常に集中力が高まってきた状態。

22

直前トミンスポーツ走行でも、ベスト近辺で走っている者が多かったようだ。

24

それを裏付けるように開始早々から好タイムを連発するAクラス。

25

「日々の練習に勝るものはない」


26

今回も44台が集った梨本塾だが………

27

相変わらず機種は多彩。

28

リッターSSやミドルSSが主流ではあるが………

29

400NKや………

30

モタードなどもいる。

31

CBR250RやNINJA250なども、もちろん人気だ。

32

レースレギュレーションではなく………

33

あくまで自分好みのマシンで出走できるのも嬉しいところ。

34

グースももちろん現役であり………

35

CBR600RRも常勝マシンとして存在する。

36

梨本塾で一番人気はこの「PC40」。

37-1

しかしリッターSS人気も根強い。

37

トミンを走る場合、リッターSSがミドルSSより速い部分は「ホームストレートの最後の5mのみ(塾長)」だそうだ。後は加速も含めてすべてミドルSSが有利だという。そんな「不利な」リッターSSに、一体どんな魅力があるのかと聞けば………

「ロマン」

とのこと。モータージャーナリストとしては完全に失格ともいえるあまりに抽象的な回答だが、しかしリッターSS乗りは妙に納得してるらしい………。バイク乗りの心理は複雑である。

38

こちらはF4。

39

ブレンボディスクが光る600RR。皆が快調そうだ。

40

と思ったときだった………。

41

43

44

45

46

3コーナー立ち上がりでドゥカティ996Rがハイサイドで激しく転倒してしまう。

50

これによりレッドフラッグへ。すぐさまオフィシャルが駆け寄るものの、ライダーはなかなか立ち上がれないほどのダメージを負ってしまった。

51

クーラントが漏れたため、スタッフ総出で洗浄処理を行う。

52

そして996Rは………。




第10回 梨本塾 10月27日開催。

只今早割受付中。


88


2013 第10回 10/27(日) 梨本塾開催!

現在申し込み受付中!!

「トミンで40秒を切れません………」

「筑波で2分を切れません………」

「もてぎで4分を切れません………」

「鈴鹿で帰ってこれません………」

「まさしく梨塾レンジ。お気軽に遊びにいらしてください(^^)/」

梨本塾にはとんでもなく速い常連の方もいれば、

初めてサーキットに来られる方もいますが………

経験やスキルレベルによる敷居は一切ありません。

また小難しいレクチャーや座学なども一切ありません。


トミンで40秒が切れません→OK

筑波で2分の壁が壊せない→NO problem!!


鈴鹿やもてぎだと、一周回って来れません→Welcome!

必要なときに必要なアドバイスだけを受ける、後は自由に走りまくり。

これが梨本塾の基本的なスタンスです。


初心者の方、女性の方、サーキット初走行の方まで楽しめるのが梨本塾。


もちろん膝が擦れなくても、ハングオンできなくても大丈夫。

サーキット初走行でも問題ありません。

ぜひぜひ遊びにいらしてください。

87

梨本塾は、申し込みが早いほど参加費はお得です。

参加希望の方は今すぐこちらから>>お申し込みを!!

初参加の方もぜひぜひお越し下さい。

10月参加の前にサシ塾でフルパワー充電!?>>サシ塾のご案内。


DSC_1770

「これ着りゃ1秒アップ確実だって!?」

なんてウワサはホントかウソか………。

2013梨塾Teeも好評発売中。


次回梨本塾での受け取り予約は>>コチラから。



続きを読む

いよいよハイジースン突入。9月梨塾も大盛況にて終幕。

00

2013年度第9回梨本塾参加の皆様、お疲れ様でした。

01

9月は三連休中日開催。

02

集った精鋭は44名。

03

天候にも恵まれ、午前中は汗ばむほどの陽気。

04

天気予報に反して、最高気温は30℃近くまで上昇しました。

05

「暑すぎるぜッ………」



第10回 梨本塾 10月27日開催。

只今早割受付中。


88


2013 第10回 10/27(日) 梨本塾開催!

現在申し込み受付中!!

「トミンで40秒を切れません………」

「筑波で2分を切れません………」

「もてぎで4分を切れません………」

「鈴鹿で帰ってこれません………」

「まさしく梨塾レンジ。お気軽に遊びにいらしてください(^^)/」

梨本塾にはとんでもなく速い常連の方もいれば、

初めてサーキットに来られる方もいますが………

経験やスキルレベルによる敷居は一切ありません。

また小難しいレクチャーや座学なども一切ありません。


トミンで40秒が切れません→OK

筑波で2分の壁が壊せない→NO problem!!


鈴鹿やもてぎだと、一周回って来れません→Welcome!

必要なときに必要なアドバイスだけを受ける、後は自由に走りまくり。

これが梨本塾の基本的なスタンスです。


初心者の方、女性の方、サーキット初走行の方まで楽しめるのが梨本塾。


もちろん膝が擦れなくても、ハングオンできなくても大丈夫。

サーキット初走行でも問題ありません。

ぜひぜひ遊びにいらしてください。

87

梨本塾は、申し込みが早いほど参加費はお得です。

参加希望の方は今すぐこちらから>>お申し込みを!!

初参加の方もぜひぜひお越し下さい。


DSC_1770

「これ着りゃ1秒アップ確実だって!?」

なんてウワサはホントかウソか………。

2013梨塾Teeも好評発売中。


次回梨本塾での受け取り予約は>>コチラから。



続きを読む

【梨本塾参加のその前に】 第9回 9/22(日) トミン 梨本塾 いよいよ今週末開催! 【ぜひ再読を】

28

2013 第9回 9/22(日) 梨本塾 開催!!


次回は誰もが気軽に参加可能な通常開催。

三連休特別割引も実施、特別価格で参加可能です。

メチャメチャ本気な方も、ツ-リング気分の方も参加OKの梨本塾

最大の特徴は………

「初参加でも楽しめること」です。

IMG_2281

梨本塾にはとんでもなく速い常連の方もいれば、

初めてサーキットに来られる方もいますが………

経験やスキルレベルによる敷居は一切ありません。

また小難しいレクチャーや座学なども一切ありません。

トミンで40秒が切れません→OK

筑波で2分の壁が壊せない→NO problem!!


鈴鹿やもてぎだと、一周回って帰って来れません→Welcome!

必要なときに必要なアドバイスを受ける、後は自由に走りまくり。

これが梨本塾の基本的なスタンスです。

梨本塾で35秒?まったく恥ずかしくありません。

トミンで40秒でも45秒でもぜひいらしてください。

2013teebig
2013梨塾ガール、大江かおりチャンとやくわいくちゃんが着用新作Tee通販、次回梨本塾受取申込は>>コチラから。

初心者の方、女性の方、サーキット初走行の方まで

最大限に楽しめる
のが梨本塾。


IMG_2225

迷っているくらいなら………

「気軽に参加しちゃったほうが面白いですよ(^^)/」


33

4クラスあるためスピードも車種も多様。だからこそ面白く走れます。

もちろんが擦れなくても、ハングオンできなくても大丈夫。

サーキット初走行でも問題ありません。

ぜひぜひ遊びにいらしてください。

お子様連れの方、家族の方も大歓迎です。

IMG_1184

お申し込みは 
>>こちらから。

→定員締切となりました(9/12)キャンセル待ちのみ受付可能です。

※ 今回の梨本塾は通常タイスケを適用します。

※ 8時30分受付開始、走行開始9時30分のスタンダードスケジュールとします。

IMG_1321


/22(
) 梨本塾 暫定エントリーリスト
 
entry

~9/17現在。

直前エントリー、キャンセル、入れ替えなどがあった場合、随時更新されます。定員締め切りにご注意下さい。

なお、これはあくまで暫定エントリーリストです。正式版は開催当日配布するものをご参照下さい。

エントリーされた方で自分の名前やマシン名が間違っている、或いは自分の名前がないという方は至急コチラまでお知らせ下さい。

締切日を過ぎて直前参加希望の方必ずお電話にて空き枠確認をお願いいたします。

090-8814-6973 梨本塾

参加可能となった場合、


PC版Webエントリーは>>コチラから。

携帯、モバイルからのエントリーは>>コチラへ。


急遽参加キャンセルされる方もかならず御一報下さい。


56


 【 開催当日の予定 】 → ※ スタンダードスケジュールです。
  • 現地ゲートオープン 8:00~
  • 受付開始       8:30~
  • ブリーフィング     9:00~
  • 走行開始         9:30~(Aクラスより)
  8:30受付開始までに現地へお越し下さい。
  悪天候や渋滞も考えられます。余裕を持ってお越し下さい。
  必ずゼッケン貼り付け用の白いガムテープをご持参下さい。

 【 チェックシートへのご協力お願い ※必須 
  • 整備不良によるマシントラブル、第三者を巻き込む重大事故などを未然に防ぐためにチェックシートを導入いたします。
  • 以下チェックシートをダウンロードしてプリントアウト(クリックで拡大します)し、当日ご持参して必ずご自身でチェックし、出走前に受付にご提出ください。未提出の場合出走できません。
  • 最 近トミンモーターランドにおいても整備不良によるブレーキキャリパーハズレ、アクスルシャフト緩み、大量のオイル漏れなど重大事故が増えております。整備 不良の場合、自分だけでなく他の参加者にも重大な危害を与える可能性があります。皆さんの安全を確保するためにも、形式のみならずぜひとも積極的なご協力 をお願いいたします。
梨本塾出走前チェックシート

  暫定タイムスケジュールはコチラをご参照下さい。 ※冬季、クラス編成による変更あり。

  エントリーリスト、ならびにタイムスケジュール正式決定版は当日受付時にお渡しいたします。

  天候変化などによりスケジュール変更となることがありますのでご了承下さい。

  遅れる場合などは右記までご一報下さい→090-8814-6973 梨本塾事務局

  テーピング、及びセッケン貼り付け用の白いガムテープを必ずご持参下さい。

  ミラーに関しては透明テープ貼り付けを推奨します(後方視認確保のため)。

  レーサー車両もサイドスタンドを装着してお越し下さい。

  初参加の方は、走行前に梨本塾ルール&マナーを必ずご一読下さい。トミンモーターランドスポーツ走行ルールと異なる部分も多々ありますのでご理解のほどよろしくお願いいたします。

■ 参加申し込み以外の方の一般見学も可能です。

■ 見学をご希望の方は、当日「74ビブス」受付スタッフにお申し付下さい。

■ お問い合わせは以下までご遠慮なくどうぞ。

梨本塾事務局


 梨本塾事務局
 std_spd@hotmail.com
 09088146973(10:00~20:00)

皆さんのご参加をお待ちしております。

初参加の前に秘密特訓しちゃいたい方は………バリカタ濃い目!! 梨塾裏メニューもやってます。

↓マシン調整で困ったら………即梨塾ガレージにご相談を。

74JKGlogo

自分の適正タイヤは?サスセッティグは?ファイナルやブレーキシステムは?

そんな塾生のお悩み、なるべく幅広く解決いたします。

2013年度 第8回 梨本塾 トミン レポ⑦ 表彰式

2013年度 第8回 梨本塾 トミン レポ⑦ 表彰式

それでは8月梨本塾の表彰式の模様をお伝えしたい。

まずはAクラスから。

IMG_0828

第6位には因藤選手GSXR1000。予選から1ポジション上げての入賞。

IMG_0830

5位には生駒選手デイトナ675。今回もきっちり上位フィニッシュ。

IMG_0831

4位には練習不足を嘆いていた坂垣内選手CBR600RR。次回こそは………。

IMG_0839

そして3位には絶好調榎本選手CBR600RR。さらなる飛躍を目指す。

IMG_0840

2位には山中選手CBR600RR。完全復調まであと一歩。

IMG_0852

そしてついに8連勝という金字塔を打ち立てたのは篠塚選手CBR600RR。

IMG_0863

まさに圧巻の勝利といっていいだろう。さらにこの塾後にも積極的に練習し、5秒台に突入したとの情報もあり。次回はさらに活躍しそうだ。

IMG_0901

シャンパンもイッキもばっちり決めた。

IMG_0902

Aクラス入賞者メンバー。おめでとう!

IMG_0920

続いてBクラス。6位には加野選手GSXR1000。持ちタイムベストは27秒台だけに、もう少し上位進出したいところ。それを狙って梨塾ガレージで大幅バージョンアップ。次回跳躍なるか。

IMG_0925

そして5位には八木選手R1。久しぶりの出走となったが元気なところを見せてくれた。

IMG_0941

そして怒涛の4位争いを制したのは高橋選手。

IMG_0947

実はCBR600Fの他にもう一台バイクを持っていることが判明し………。

IMG_0961

3位には大木選手ZX10R。今回は終始2位争いを展開した。

IMG_0974

ポールポジションがスタートし、なんとか勝ちたかったものの2位となったのは磯山選手TZR250R。後半はしっかり追い上げた。

IMG_0996

そして初参加初優勝の快挙を達成したのは、中江選手CBR600RR。

IMG_1013

初梨塾初トミン初優勝、そして初シャンパン。もちろんこれは誰も教えてくれない。

IMG_1015

「これどうやったら開くんですが?」

IMG_1035

ジョロジョロジョロ~。

「………出ちゃったヨ………」

IMG_1052

ひとまずイッキしてごまかしとくか。

IMG_1053

Bクラス入賞者メンバー。おめでとう!





第10回 梨本塾 10月27日開催。

~9/22(日)23:59まで超早割実施中。

参加希望の方は今すぐ >>お申し込みを!!


IMG_2130


2013 第10回 10/27(日) 梨本塾開催!

現在申し込み受付中!!

「トミンで40秒を切れません………」

「筑波で2分を切れません………」

「もてぎで4分を切れません………」

「鈴鹿で帰ってこれません………」

「まさしく梨塾レンジ。お気軽に遊びにいらしてください(^^)/」

梨本塾にはとんでもなく速い常連の方もいれば、

初めてサーキットに来られる方もいますが………

経験やスキルレベルによる敷居は一切ありません。

また小難しいレクチャーや座学なども一切ありません。


トミンで40秒が切れません→OK

筑波で2分の壁が壊せない→NO problem!!


鈴鹿やもてぎだと、一周回って来れません→Welcome!

必要なときに必要なアドバイスだけを受ける、後は自由に走りまくり。

これが梨本塾の基本的なスタンスです。


初心者の方、女性の方、サーキット初走行の方まで楽しめるのが梨本塾。


もちろん膝が擦れなくても、ハングオンできなくても大丈夫。

サーキット初走行でも問題ありません。

ぜひぜひ遊びにいらしてください。

IMG_2099

梨本塾は、申し込みが早いほど参加費はお得です。

参加希望の方は今すぐこちらから>>お申し込みを!!

初参加の方もぜひぜひお越し下さい。


DSC_1770

「これ着りゃ1秒アップ確実だって!?」

なんてウワサはホントかウソか………。

2013梨塾Teeも好評発売中。


次回梨本塾での受け取り予約は>>コチラから。



続きを読む

2013 梨本塾 GOHOKU TOUR レポート ④

2013 梨本塾 GOHOKU TOUR レポート ④


00

魚が焼きあがるまで、20分ほど店主と歓談。

01

そして自ら釣り上げた魚をガブリ。

02

かなりおいしかったようだ。

03

宿前で全員で記念撮影。あれ?全員?ヒーフーミーヨー………17人しかないゾ………2名足りない。

04

うち1名。もう一人はこの時点でもまだ復活していなかった芹沢太麻樹選手。

05

裏五頭山荘に別れを告げて………

06

復路へ出発。

07

なんとか太麻樹選手も走り出す。
続きを読む

2013年度 第8回 梨本塾 トミン レポ⑥ K-RUN-GP Dクラス

2013年度 第8回 梨本塾 トミン レポ⑥ K-RUN-GP Dクラス

8月最終日曜日の梨本塾、最後のレースとなるのはK-RUN-GP、Dクラス決勝。

gridd

フロントローにはアプリアのシヴァ750、GSXR1000、CBR600RR。

セカンドローにはMVアグスタのF3セリエオロ、モンスター796、さらにサードローにはVFR800、パニガーレS、WR250X、フォースローにはZX6R、VTR250、さらに最後尾にハヤブサという、草レースとしては凄まじいまでの構成。

パニガーレとセリエオロ、ハヤブサが混走するケースは世界広しといえどそう多くないだろう。

IMG_2153

全車グリッドに整列し………

IMG_2157

グリーンフラッグとともにスタート。

ホールショットを決めたのはポールポジションスタートの吉村シヴァ750、さらに平沼GSXR1000、佐藤CBR600RR、柴モンスター796、小渕VFR、安野パニガーレS、小栗セリエオロと続く。

IMG_2159

さらにその後方に岩本WR、松村ハヤブサ、中川ZX6R、原田VTR250。

IMG_2164

序盤から吉村シヴァ750がリードする格好。

IMG_2165

ここのところの好調さを感じさせるスタートシーンだ。後方には先月初優勝を果たした#51平沼、そして二度目の参加となる#64佐藤と続く。

IMG_2167

そしてやはり二度目の参加となる#62柴モンスター796、久々参加の小渕VFR、初参加の安野パニガーレS。

IMG_2168

こちらも初参加となる#45小栗、#68岩本。

IMG_2170

#71中川ZX6Rと#67原田VTRも初参加。間に挟まれた松村ハヤブサは二度目の参加。

IMG_2171

持ちタイムベストでは30秒台と、このクラスの中ではもっとも優勝に近い位置にいる吉村。先ほどのCクラス西村同様、初優勝をかけてまずは好スタートを切った。

IMG_2172

2番手につける平沼は、今月はCクラススタート。クラスダウンしてのこの位置だけになんとしても優勝したいところ。

IMG_2173

3番手には若手の佐藤CBR600RR。二度目の参加で存在感を見せられるか。

IMG_2174

4番手の柴モンスター796。チェンジペダルが折れるトラブルに見舞われたが、他塾生の協力もあり、なんとか修復して出走。

IMG_2175

「栃木スピード」の小渕VFRが初参加の安野パニガーレSをリード。総裁も見守る中で、なんとかいい走りを見せたい。

IMG_2176

そして7位には梨本塾初見参となるF3、小栗。

IMG_2177

トップを走りながらもリズミカルにコーナーをクリアする吉村シヴァ750。

IMG_2178

希少種だが名機。これに相応しい走りでペースアップ。

IMG_2182

2番手の平沼も必死の追走を試みるが―。

IMG_2188

そしてこちらは今回パドックで注目の的だったパニガーレSと………

IMG_2189

MVアグスタF3セリエオロ。

IMG_2190

Dクラス11台中、4台がイタ車(シヴァ750、モンスター796、パニガーレS、セリエオロ)というのも、梨本塾では非常に珍しいケースだ。

IMG_2195

序盤から独走態勢を築きつつある吉村シヴァ750。

IMG_2197

31秒を前後するペースでの周回。

IMG_2199

このままブッチギリで初優勝を達成できるか。

IMG_2200

それをなんとか阻止したい平沼GSXR1000。

IMG_2201

そしてこちらは4台による3位争い。

IMG_2206

そして10位争いの後方には………

IMG_2208

早くもトップの吉村が迫る。

IMG_2212

この2台を難なくパッシングし………

IMG_2214

さらに前へ―。

IMG_2217

一方2番手の平沼も………

IMG_2218

これに続けとばかりにパッシング。しかし………

IMG_2219

すぐ背後には3位争いのグループが迫ってきた。

IMG_2220

ここからはバックマーカーとの戦いにもなりそうだ。

IMG_2225

#66松村ハヤブサの後方に………

IMG_2227

4台の3位争いが続く。

IMG_2229

最終コーナーでこれに気付いた松村が進路を譲る格好で3位争いを前へと促す。

IMG_2231

この混乱の中で柴モンスター796がアウトから仕掛けるものの………

IMG_2233

佐藤CBR600RRもインを守ってポジションを堅守。

IMG_2237

しかし柴モンスター796、さらに小渕VFRもプレッシャーをかける。

IMG_2241

この3位争い集団になんとか追いつきたい小栗セリエオロ。

IMG_2248

そんな後続の混乱をよそに快走するトップの吉村シヴァ750。

IMG_2251

間に平沼GSXR1000を挟んでの3位争いが、今度は初参加の岩本WRに襲い掛かる。

IMG_2254

しかし後続に気付いた岩本WRが進路を譲ってスムースにパッシング。

IMG_2261

トップ吉村は独走を保ったまま残り半分となった。

IMG_2258

果たして追いつけるか。




第9回 梨本塾 9月22日開催。

9/16(月)現在、1名のみキャンセル発生。

早い者勝ち、残り1枠分のみ受付中。

参加希望の方は今すぐ >>お申し込みを!!

※ 割引申請は「長月最終1名割 19490円」でお申し込み下さい。埋まり次第締切とします。

88


2013 第9回 9/22(日) 梨本塾開催!

現在申し込み受付中!!

「トミンで40秒を切れません………」

「筑波で2分を切れません………」

「もてぎで4分を切れません………」

「鈴鹿で帰ってこれません………」

「まさしく梨塾レンジ。お気軽に遊びにいらしてください(^^)/」

梨本塾にはとんでもなく速い常連の方もいれば、

初めてサーキットに来られる方もいますが………

経験やスキルレベルによる敷居は一切ありません。

また小難しいレクチャーや座学なども一切ありません。


トミンで40秒が切れません→OK

筑波で2分の壁が壊せない→NO problem!!


鈴鹿やもてぎだと、一周回って来れません→Welcome!

必要なときに必要なアドバイスだけを受ける、後は自由に走りまくり。

これが梨本塾の基本的なスタンスです。


初心者の方、女性の方、サーキット初走行の方まで楽しめるのが梨本塾。


もちろん膝が擦れなくても、ハングオンできなくても大丈夫。

サーキット初走行でも問題ありません。

ぜひぜひ遊びにいらしてください。

87

梨本塾は、申し込みが早いほど参加費はお得です。

参加希望の方は今すぐこちらから>>お申し込みを!!

今月は参加しやすい通常開催。初参加の方もぜひぜひお越し下さい。


DSC_1770

「これ着りゃ1秒アップ確実だって!?」

なんてウワサはホントかウソか………。

2013梨塾Teeも好評発売中。


次回梨本塾での受け取り予約は>>コチラから。





続きを読む

ブレンボ RCS19マスター + HPローター ジクーセラミックシンタード D.I.D 520コンバート等など。(07CBR600RR GSXR1000L0)

00

すでに自転車操業!?な梨塾ガレージ。今回も結構な大物導入案件です。まずはブレンボHPローター。

01

そしてRCS19GPラジアルポンプブレーキマスターシリンダー。定番中の定番といえる、最強タッグです。鬼に金槌、といった感じでしょうか(棍棒はもう少しバージョンアップが必要です)。

こちらの組み合わせを用いたのは………

74JKGlogo

続きを読む

2013年度 第8回 梨本塾 トミン レポ⑤ K-RUN-GP Cクラス

2013年度 第8回 梨本塾 トミン レポ⑤ K-RUN-GP Cクラス

本日3つ目のレースとなる、K-RUN-GP、Cクラス決勝。


gridc
フロントローには2台のCBR600RRとZ1000。二列目にはCBR600F4、そしてGSXR1000(600という記述は誤り)、三列目にはCBR250R、SM450R、グース350。そして四列目にもグース、CB400SF。五列目にR1というグリッド。

Cクラスらしい多彩な顔ぶれとなったが、トップから最後尾までの差は僅かに1秒2ほどしかなく、誰が勝ってもおかしくない。


IMG_1863

全車グリッドに整列し………

IMG_1864

グリーンフラッグとともに一斉にスタート。

IMG_1865

好スタートを切ったのは、予選3番手から飛び出した西村CBR600RR。次いで望月Z1000、さらに美濃部CBR600RR、加藤CBR600F4、磯野SM450R、村雲GSXR1000、新井グース。

IMG_1866

その後方に安倍グース、中村R1、五十嵐CBR250R、梨本亮CB400SF。

IMG_1871

S字から帝王コーナーまでにも激しいポジション争いが行われる。

IMG_1873

3コーナーにトップで進入したのは#41西村。次いで#30望月、SM450Rの#65磯野が#43美濃部、#48加藤をパッシングしてジャンプアップ。

IMG_1875

その後方もスペースを開けることなく追従。

IMG_1878

一周目を終えてコントロールラインに戻ってくるトップグループ。

IMG_1881

まずは西村CBR600RR、望月Z1000にとっても快調な滑り出し。さらにその後方磯野SM450Rも跳躍している。

IMG_1883

その後方4位争いは………

IMG_1885

8台による激しい戦いとなりそうだ。

IMG_1886

好調そうに周回を重ねるトップ西村。

IMG_1891

今夏はGOHOKU TOURを欠場したため、昨年のようなジュージャンダメージもなく、それが好結果をもたらしているか。

IMG_1892

さらにその後方、望月Z1000も快調。ポールポジションを獲得しただけあって、まだまだチャンスはありそうだ。

IMG_1901

そして熾烈な争いを繰り広げるのは4位争い。#48加藤を筆頭に#43美濃部………

IMG_1902

#47新井、#50村雲、#44安倍と続く。

IMG_1904

まずここで動いたのが村雲GSXR1000。今回より導入したこのニューウェポンのパワーを見せ付けるかのように、グースを置き去りにしていく。

IMG_1905-1

これで村雲は6位へと浮上。どうやらこのL1との相性は良さそうだ。

IMG_1905

こちらは3台による9位争い。「バレゼッケン」をまとったR1を駆るのは中村、さらにその後方には「Dクラスの壁」こと梨本亮CB400SF、そして五十嵐CBR250Rと続く。

IMG_1911

周回を重ねるにつれて、2位と3位の間が開き始める。

IMG_1912

逆に4~6位の感覚は狭まった。

IMG_1913

30秒を前後するペースで快走する#41西村。自身の持ちタイムからすれば余力はありそうだが、しかしそれは後方の望月Z1000も同じ。

望月には勝利経験があるが、しかし参加5年目を迎えた西村には未だ勝ち星がない。果たしてそれがどう作用するだろうか。

IMG_1914

前回参加時よりも格段にペースアップした磯野も懸命にこの2台を追従する。

IMG_1920

そして激しい争いが続いているのは………

IMG_1922

4位争い。

IMG_1923

4位の加藤からこの集団の最後尾となる中村R1までのディスタンスは………

IMG_1925

それほど大きくない。

IMG_1939

それぞれ何かあればすぐに逆転できそうなポジションである。

IMG_1940

そして村雲GSXR1000の後方では………

IMG_1942

2台のグースによる激しいバトルも始まりそうだ。

IMG_1944

6人による4位争い。当然ながらこの先頭は4位となり、最後尾では9位となる。

IMG_1945

そしてその後方では10位争いもまた激しい。

IMG_1946

コーナーで詰め寄る五十嵐CBR250Rだが「締めるところは締める」梨本亮CB400SFに翻弄されてなかなか前に出ることが出来ない。排気量差はあるもののそれ以上に年齢差もあるので、なんとか攻略したいところだ。

IMG_1949

そして4位争いの中では………

IMG_1952

#50村雲が#43美濃部をパッシング。これで5位に浮上した。

IMG_1955

さらに前を行く加藤CBR600F4を追う。

IMG_1961

激しいバトルとなっている後続を尻目に、快調にトップを走る西村CBR600RR。

IMG_1962

しかし、これまで幾たびも「苦渋を舐めた」だけに、まだまだ油断は禁物。レースは半分を消化したに過ぎないのだ。

IMG_1963

3番手の磯野SM450Rはやや離されての単独走となる。




第9回 梨本塾 9月22日開催。

最終早割受付中。

定員締め切りにご注意を。

88


2013 第9回 9/22(日) 梨本塾開催!

現在申し込み受付中!!

「トミンで40秒を切れません………」

「筑波で2分を切れません………」

「もてぎで4分を切れません………」

「鈴鹿で帰ってこれません………」

「まさしく梨塾レンジ。お気軽に遊びにいらしてください(^^)/」

梨本塾にはとんでもなく速い常連の方もいれば、

初めてサーキットに来られる方もいますが………

経験やスキルレベルによる敷居は一切ありません。

また小難しいレクチャーや座学なども一切ありません。


トミンで40秒が切れません→OK

筑波で2分の壁が壊せない→NO problem!!


鈴鹿やもてぎだと、一周回って来れません→Welcome!

必要なときに必要なアドバイスだけを受ける、後は自由に走りまくり。

これが梨本塾の基本的なスタンスです。


初心者の方、女性の方、サーキット初走行の方まで楽しめるのが梨本塾。


もちろん膝が擦れなくても、ハングオンできなくても大丈夫。

サーキット初走行でも問題ありません。

ぜひぜひ遊びにいらしてください。

87

梨本塾は、申し込みが早いほど参加費はお得です。

参加希望の方は今すぐこちらから>>お申し込みを!!

今月は参加しやすい通常開催。初参加の方もぜひぜひお越し下さい。


DSC_1770

「これ着りゃ1秒アップ確実だって!?」

なんてウワサはホントかウソか………。

2013梨塾Teeも好評発売中。


次回梨本塾での受け取り予約は>>コチラから。










続きを読む

2013 梨本塾 GOHOKU TOUR レポート ③

2013 梨本塾 GOHOKU TOUR レポート ③

68

「昨日、私と山田さんはほとんど寝ていません」


昨夜浴びるように飲んでいた塾長はこの日も早起き。6時半ほどにモルグのような静寂に包まれた大部屋へと移動すると、一人起きていた山本選手がそう告げたらしい。

………一体ナニがあったのだろうか。

山本選手曰く、カクカクシカジカ、ジカジカガクガク………無理だ、それはここでは報告できない。これも夜夢と一緒に胸の奥底へ―。

さらに今シーズンポイントリーダーの部屋へと移動すると、まるで冬ような冷気に包まれた室内。

「………凍死しそうです」

とは皆藤選手と中尾選手、坂垣内選手。

聞けばポイントリーダー篠塚選手の室温設定は問答無用の20℃と、冷蔵庫セッティング。その中で本人は布団を被ってスヤスヤ寝ていた。

さらに芹沢太麻樹選手にいたっては

「具合悪い。………蕁麻疹が出た」

と起き上がることも出来ず。結局そのまま18名でグズグズの朝食となる。

67

しかし朝ごはんを食べるとほとんど全員が復活し、一向はセカンドレースともいえるF-RUN-GP(フィッシュエンドラングランプリ)へ向かった。

66

裏五頭山荘に併設された池に放流されている岩魚や山女を釣り上げる競技だ。

69

魚影はかなり濃く、どうやら釣り糸を垂れれば誰でもすぐに釣れるよう調教された様子。

本来この手の競技は本数や魚の大きさ、重さで競われるものだが、そこは梨本塾、「釣り上げて、その魚を手に持つまでのタイムで順位を決定する」レギュレイションとされた。

ちなみにこの魚は釣り上げたら一匹300円で購入しなければならないが、焼き代100円を支払うとその場で食べることが出きる。

70

二人一組でペアを組み、一方が魚を手にした瞬間に報告。これを繰り返して全員の順位を決めることとなった。

72

それぞれ早速竿を手にして………

73

ポイントを選び………

74

実釣。

75

魚たちはまったく餌を与えられていないようで、釣り針を落とせばすぐに食ってくるのだが………

76

当然針に返しはついておらず、しっかりフッキングさせなければバレてしまう。

これに悪戦苦闘する選手が続出………。思ったよりも時間がかかってしまう。

続きを読む
カテゴリ別メニュー
次回開催日まで・・・


twitter
ブログアクセス
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
main view
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ