2014年度 第7回 梨本塾 ”なし祭” トミン レポ⑦ K-RUN-GP Dクラス


IMG_2413


http://livedoor.blogimg.jp/nashijukuriza/imgs/1/e/1e98a5fa-s.png

特別開催となる7月梨本塾、「なし祭」。

最後のレースは、K-RUN-GP、Dクラス。

IMG_1878

「最後も頑張って!」

思わず声援を送ったものの………

20140720_1724

Cクラス決勝時より天候は暗転、時折ポツリポツリと雨粒が落ちてきた。

IMG_1932

但し気温が高いことから、幸いウェット路面にはなっていない。全7台がグリッドに整列。フロントローにはSM450R、CB400SF、そしてGSXR1000が並ぶ。

IMG_1947

勢いよく日章旗が振り下ろされて、決勝がスタート。

IMG_1958

好スタートを切ったのは、ポールポジションから飛び出した菅原SM450R。

IMG_1963

2番手に梨本亮CB400SF、3番手には中村GSXR1000と続く。

IMG_1973

4番手に田口125DUKE、5番手に吉川MH900e、6番手に増田CBR250R………

IMG_1977

そして7番手に竹浦CBR600RRの順で1コーナーへ。

IMG_1989

トップの菅原が快調に3コーナーへ進入。

IMG_1995

その後方では、S字から3コーナーまでの間に、#67増田がひとつ順位を上げて5番手へ。

IMG_2001

予選でトップタイムをマークした好調さを維持して、一周目を終える菅原。

IMG_2003

その菅原と、それほどタイム差はない#61梨本と#65中村が追走。

IMG_2008

さらにその背後には田口。

IMG_2015

早くも集団は縦長の構成に。

IMG_2025

31秒台前半でラップする#63菅原。

IMG_2050

これに対し、2番手以降は31秒中盤といったペース。

IMG_2051

さらに逃げを打とうと試みる菅原だったが………

IMG_2052

そこは「WOD」Wall of the D ことDクラスの壁が許さない。

IMG_2086

時折落ちてくる雨粒に注意しながら走る菅原を猛追、背後につける。

IMG_2103

3番手の中村は、やや離れてしまった。

IMG_2104

そしてすかさず………

IMG_2106

アタック開始。

IMG_2107

得意の帝王コーナー進入で、菅原のインサイドを狙う。

IMG_2110

しかしここでは菅原も引かずに首位を堅守。

IMG_2116

しかし#61梨本亮はもちろん諦めることなく………

IMG_2118

コーナー毎にプレッシャーをかけていく。

IMG_2125

ラップペースは再び31秒前半へ。

IMG_2129

ストレートでややアドバンテージを持つ菅原に対し………

IMG_2132

1コーナーから………

IMG_2138

S字………

IMG_2140

そして帝王コーナー進入で勝負を仕掛けていく梨本亮。

IMG_2141

まさに接触寸前と行った距離感だが………

IMG_2142

「Wall of the D」の手綱は緩まない。

IMG_2151

そしてこちらは6位争い。久々の参加となった吉川と竹浦によるガチバトル。

IMG_2154

毎コーナーごとにプレッシャーをかけていた梨本亮だが………

IMG_2159

どうやら狙いが定まったようだ。

IMG_2161

1コーナーからS字、これまででもっともスピードを乗せて………

IMG_2163

帝王コーナー進入で三度アタック。

IMG_2166

そして………



74JKGlogo

梨塾ガレージ細々全開稼働中。

・ 暑い、あまりに暑すぎる………こんなときバイクなんか乗れるわけがない………


→ 乗らないなら梨塾ガレージへGO。その間バッチリメンテしときます(^^)

・ そもそもこんなに暑いのに、バイクがまともに走るわけがない。


→ 梨塾ガレージへGO。まともに走るようにしちゃいます(^^)

・ 路面温度60℃!?ムリムリ。


→ 梨塾ガレージへGO。タイヤ交換して気持ちよく走れます(^^)

気になったら今すぐ入庫、梨塾ガレージにはお盆も正月もありません。

可能な限り素早い対応で、あなたのマシンを絶好調に。

これまでの症例は………>>コチラから。



IMG_2167

今度はインを奪取することに成功。

IMG_2168

狭いスペースにマシンをねじ込んで………

IMG_2176

首位奪還。

IMG_2181

そのまま一気に逃げ切りを計る。

IMG_2188

その前方には、6位争いの2台がバックマーカーとして現れる。

IMG_2189

MH900eで快走する吉川と………

IMG_2190

その背後でチャンスを窺う竹浦。

IMG_2194

この二人の後方から………

IMG_2209

トップ争いが近づく。

IMG_2215

ここでレースディレクションより………

IMG_2217

安全最優先のためのに、ブルーフラッグが提示される。

6位争いを行う#69吉川、#68竹浦に対して「トップグループが近づいている」ことを知らせる。

IMG_2218

すぐにこれに気付いた#68竹浦が………

IMG_2219

マシンを外に振ってレコードラインを譲ろうとしたそのとき………

IMG_2220

そのアウトサイドから、トップ梨本亮がまさかのパッシング。

IMG_2221

まったく予期していなかった竹浦は、危うく接触しかけた。かなり際どいシーンで、思わず場内からはどよめきが上がるほど。

IMG_2224

どうやらトップ梨本には、ブルーフラッグが見えていなかったようだ。

IMG_2225

1コーナーでは吉川もパッシング。

IMG_2237

2位の菅原もこれに続き、再び首位争いへ。

IMG_2243

ポツリポツリと雨は落ちているものの、ウェット路面になるほどではなく、それが逆に操作を難しくさせているようだ。

IMG_2246

そして6位争いの後方からは………

IMG_2249

単独3位の中村が迫る。

IMG_2250

同じく単独4位の田口………

IMG_2251

5位に増田。

IMG_2269

ここで中村がバックマーカーをパス。

IMG_2274

先行する2台を追う。

IMG_2254

残り周回数も少なくなってきたところで………

IMG_2286

2番手の菅原が猛プッシュ。

IMG_2382

再び梨本にプレッシャーをかけていく。

IMG_2388

しかし梨本も譲らず………

IMG_2395

再びバックマーカーを視野に入れての戦いへ。

IMG_2408

その前方には単独5位の増田と……

IMG_2413

そして未だ続く6位争いの2台。

ここで竹浦が勝負を仕掛けたが………

IMG_2416

吉川がなんとかインをキープ。

IMG_2418

トップ2台は最終ラップへ突入。

IMG_2419

帝王コーナー立ち上がり、やや難しいフォーメイションだったが………

IMG_2420

まず梨本が増田のインを割って前へ。

IMG_2421

菅原もなんとか鼻先をねじ込んで………

IMG_2432

前に出た。だが………

IMG_2440

結局そのまま最終コーナーを立ち上がり………

IMG_2441

梨本がトップでチェッカーを受けた。僅差の2位に菅原、3位に中村。

以降、4位に田口、5位に増田、6位に吉川、7位に竹浦の順でゴール。

IMG_2443

「お疲れ様でした」

IMG_2444

どれだけ激しいバトルをしても、レースが終われば互いを称える―。

これぞ梨塾魂。

IMG_2481

いよいよエイジシュートとでも言うべき74歳となった今季、梨本亮は好調さを示すように二勝目をマーク、シリーズランキングでも2番手につけて満面の笑みで締めくくる。

但し、笑っていられたのもここまで―。

記念撮影後、すぐに塾長から【厳重注意】処分を受ける。レース中盤、ブルーフラッグが振られた際にバックマーカーをアウトから抜き去った行為への訓告である。

「速い人が遅い人を守る。それがサーキット走行の鉄則です」

ほんの少し判断を誤れば深刻な結果を招いたかもしれないだけに、ベテランであろうと初心者であろうとそこは常に気をつけたい部分。

何事もなかったからといって、そのまま済ませてはいけない。

IMG_2519

「おつかれ様でした」

IMG_2600

梨塾ウェザーを示すかのように、レース終了と同時に雨足が強まり、フルウェットへ。

水も滴る梨塾ガール………

IMG_3000
IMG_3001

つづく。

文中敬称略。ご了承下さい。


この記事の中に掲載されている写真の未圧縮原板(~5MB程度まで)を廉価販売しております。

2カット1セットで1000円~より。

ご希望の方は「掲載ページURL」「掲載写真のURL(分からない場合は掲載位置などでご指定ください)」と「ゼッケン番号 お名前」を添付して>> std_spd@hotmail.com までお問い合わせ下さい。

メールタイトルには「第○回梨本塾写真希望」と明記してください。

※ 写真によっては対応できないことがありますのでご了承下さい。

また、本記事に掲載されている写真は梨本塾参加者の方に限りブログなどでの二次使用可能とします。

その際は必ず以下梨本塾クレジットをお願いいたします。

写真提供:梨本塾 http://kei74moto.client.jp/

カメラ: 梨本塾オフィシャル & 影兄

過去レポートも全部見れます>>公式レポートオールインデックス

過去リザルトも全部見れます>>公式リザルトオールインデックス

1080フルHDド迫力映像満載!>>K-RUN-MOVIE

うまくなるにはこの定番とも言うべき
>>ウラメニューが必須!?

ウワサのニューマシンインプレッション
>>Test the Bike.



IMG_1627

2014 第8回 8/31(日) 梨本塾開催!

【現在早割】受付中!!

google検索ワードに出てくる

【梨本塾 33秒】

これを察するに………

【梨本塾は33秒以上で参加しちゃいけないの!?】

というところだと思われますが………

そんな敷居はございません。35秒でも40秒でも

もちろん大歓迎です。バイク乗りの皆さんに楽しく

遊んで貰う場所、それが梨本塾です。

「トミンで40秒を切れません………」

「筑波は2分を切れません………」

「もてぎで4分切れません………」

「鈴鹿は帰ってこれません………」

「まさしく梨塾レンジ。お気軽に遊びにいらしてください(^^)/」


梨本塾にはとんでもなく速い常連の方もいれば、

初めてサーキットに来られる方もいますが………

経験やスキルレベルによる敷居は一切ありません。

また小難しいレクチャーや座学なども一切ありません。

トミンで40秒が切れません→OK

筑波で2分の壁が壊せない→NO problem!!


鈴鹿やもてぎだと、一周回って来れません→Welcome!

必要なときに必要なアドバイスだけを受ける、後は自由に走りまくり。

これが梨本塾の基本的なスタンスです。


初心者の方、女性の方、サーキット初走行の方まで楽しめるのが梨本塾。


もちろん膝が擦れなくても、ハングオンできなくても大丈夫。

サーキット初走行でも問題ありません。

ぜひぜひ遊びにいらしてください。

20140427_2036s

梨本塾は、申し込みが早いほど参加費はお得です。

参加希望の方は今すぐこちらから>>お申し込みを!!

IMG_1618

初参加の方もぜひぜひお越し下さい。

IMG_5268


「梨本塾で会いましょう!」



74JKGlogo

梨塾ガレージってナニ?

ナンデモ屋?

その答は………>>コチラから。