IMG_0170

今年もこのシーズンがやってきた。

東日本大震災が起こった2011年、「梨本塾でも何か出来ることを」と考えその一環として始めたチャリティツーリングも、今年でいよいよ5回目となる。

今年の参加者は全20名。過去最長不倒距離といっていい旅路、果たしてどんな道程になるやら………。


2015 梨本塾 GOHOKU TOUR レポート ①

IMG_0000

昨年の「緩さ」から少しだけ脱却するために………今年は東京からの総距離が450km近い富山県に決定。

想定ルートはおよそ上記ナビの通り。埼玉県狭山市に集合して、国道299で長野へと抜け、そこから国道254、国道158で上高地から富山へというもの。

20150813_040220

不確定要素もあったために、当初集合予定の7時30分から6時30分に早められた。

都内組も、5時前には家を出発。しかしこのときすでに「まさか」が起こっていた………。

IMG_0100

川越付近まで来ると「サバーッ」とバケツをひっくり返したような大雨に遭遇。

前日予報から「長野県内では通り雨もあるかも」という程度の予想だっただけに、これにはびっくり。

IMG_0105

集合場所にたどり着くと、すでに多くのメンバーが集結していたが、これまでとまったく違うのは………

IMG_0110

すでにほとんど全員がカッパを着用していたこと。

IMG_0115

「家を出るときから雨のツーリングだけはしたくない………」

IMG_0120

そう言って憚らない塾生だったが、GOHOKU TOURとなれば、やむなし。

IMG_0121

雨風も笑って吹き飛ばすしかないのだ。

IMG_0122

ここでまず議論されたのは、ウェットのままかつて「酷道」と言われた299へと突入するのか、それともルートを大きく変更して圏央道から関越、そして上信越道と最初から上を使うのかということ。

IMG_0125

スーパースポーツメインでタイヤも公道使用可能とは言えレーシングタイプ着用が多いことからワインディングはかなり微妙、しかし圏央道もすでにお盆の帰省ラッシュが始まっており、午前7時前でも渋滞が伸びていた。

ということで、結局「元のルートで行こう」ということで出立。

IMG_0130

すると嬉しいことに、ほとんど雨は降っておらず、一時間ほどで一つ目の休憩所に到着。

IMG_0135

サンクス秩父上野町店。

IMG_0137

まだまだ皆元気だ。さらにここから299号を北西へ。

IMG_0148

するとまず雨雲が去り、交通量も減って、さらに路面はドライとなって一気に快適なツーリング行程となる。

これは非常に嬉しい誤算となった。

IMG_0149

道の駅上野。

IMG_0150

ここで今GOHOKU TOUR初となる………

IMG_0151

ジュージャン開催。あれ、昨年も同じような人が………

IMG_0152

しかし今年は救世主が現れず………

IMG_0160

「ごっちゃんです」

IMG_0161

「ごっちゃんでえ~っす」

IMG_0162

7月梨本塾から8月前半までのうだるような暑さもなく………

IMG_0163

まさに高原の清涼な空気が、暑気当たりしていた皆を包み込んだ。

IMG_0170

さらに進むと太陽が顔を出して………

IMG_0171

広大な景観の中で記念写真。

IMG_0175

十石峠を抜けた後、佐久でで給油。

IMG_0176

11時前のことだったので………

IMG_0177

すでに4時間近く走ってきたことになる。そこからさらに一時間ほど走って………

IMG_0180

ようやく昼食へ。

IMG_0181

そば処 十勝庵。

DSC01109

夜は盤石なので………

IMG_0182

とりあえず何か啜っておこうとピットイン。

IMG_0183

こんなおやつまで頂戴する。

IMG_0184

珍しい「にしん蕎麦」。外付けというのは初めて見た。

IMG_0185

「結構長いなあ~」

IMG_0186

「ルート?蕎麦?それとも待ち時間?」

DSC01110

「ま、ガソリンガソリン

DSC01112

「ごちそう様でした」

IMG_0187

お腹もいっぱいになったし………

DSC01115

そろそろ出発しますか。

IMG_0190

残り距離は、まだ250km以上ある。


IMG_9633

松本に入る前に………

IMG_9634

セブンイレブンで本日二度目のジュージャン。ルーザーは、モーターサイクリストの五十嵐編集長。

ここで眠気を吹き飛ばし、一気に松本を抜けて………と行きたいところだったが、帰省ラッシュのせいか、松本市内で予想外の大渋滞に出遭い、大幅に時間をロス。

DSC01123

給油した後で「上か下か」会議が開催されて………

DSC01128

時間の読めない「下道」ではなく、上を選択。だがしかし………

DSC01129

下道であれば「残り175km」だったものが、なんと「上」では315kmもあることが判明。

DSC01130

「今から名古屋っすか(笑)」

DSC01132

ちなみにこの時点で、15時前後である。

DSC_0647

上信越道で新潟へ抜けて………

DSC_0649

北陸道で一気に富山を目指す。

DSC_0650

しかしその途中、予想もしなかったゲリラ豪雨にも出遭ってしまい………

DSC_0651

カッパを着ていようがいまいがびしょ濡れへ。

DSC_0656

そこからさらに200kmほど南西へと降りて………

DSC01141

ようやく目的地の女岩荘に到着したのは………

DSC_0660

もっとも早い組で18時過ぎ。ミスルートもあったりして、全員が揃ったのは………

DSC_0661

19時前だった。これにはさすがのメンバーもぐったり。

観光地へ立ち寄ることもなく写真点数が非常に少ないのは「ひたすら走っていたため」である。

途中休憩はあったにせよ、午前7時からほとんど12時間かかってようやくここまでたどり着いた。

DSC01137

この結果初日の総走行距離は、なんと500kmをゆうに超えるものとなった。

目前には日本海が波打つ。

DSC01146

しかし道程が険しければ険しいほど………

IMG_9635

宴会は盛り上がる。

IMG_9636

ここで全員の無事故無転倒を祝って………

IMG_9643

「乾杯」

DSC_0662

この「女岩荘」は、以前塾長がマ・ツーリングという連載で、けんか祭の取材に訪れたときに宿泊した宿。

IMG_9648

「太平洋のPDフライ、日本海の女岩荘」

IMG_9650

そう表現するほどお気に入りの名宿。

IMG_9651

この日も店主さんが腕を振るって………

DSC_0665

舌鼓を打ちまくった。

DSC_0667

しかもきっちり宴会が「耐久」となることを予見して………

DSC_0672

後でお腹が空かないように………

IMG_9647

「最終締め」まで用意していただいた。

IMG_9652

この食堂での一次会が………

IMG_9653

10時過ぎまで続き………

IMG_9654

さらに隠れ部屋的な「プレイルーム」へ移動して………

DSC_0680

ゴールの見えない耐久レースは続く。

DSC01970

その結果………

IMG_9656

ぐっすり。

DSC_0689

夢も見ずに気持ちのいい眠りに入った。



つづく。



文中敬称略。ご了承下さい。

2015 梨本塾チャリティツーリング GOHOKU TOUR


今回集った募金はすべて、梨本塾募金箱に収めさせていただきます。

送金先は、東日本大震災の被災地、並びに本年度災害等で被災された地域とします。

2015 GOHOKU TOURに参加された方はこのページにある写真をご自由にお使い下さい。

その際リンククレジットの挿入をお願いいたします。 写真提供:梨本塾 http://kei74moto.client.jp/

なおGOHOKU TOURに参加された方で「こんな写真あるよ」「自分のブログにもレポートしたよ」と言う方はぜひコメント欄にリンクをお願いいたします。


写真 : 梨本塾オフィシャル 中尾選手 山本選手 テラ選手 他

※ 参加された方がご自身のブログ等で使用するのはOKとします。その際以下クレジットをお願いいたします。写真提供梨本塾:http://kei74moto.client.jp/

2014年 GOHOKU TOUR

2013年 GOHOKU TOUR

2012年 GOHOKU TOUR

2011年 GOHOKU TOUR


梨本塾東日本大震災復興支援活動


IMG_9829

今年もやります、秋の梨塾ツーリング。

「もっといい季節に、近場で軽く!」

そんな声にお応えする、第三回モートキャンプを実施。

10月第2週目の土日(10/10-11)、一泊二日の伊豆半島ツーリング

『第3回 梨塾モートキャンプ』 

>>詳細はコチラへ。