IMG_8363

2015年度 梨本塾復興支援募金箱、総額発表!!

東日本大震災に見舞われた2011年度よりはじめさせていただいた「梨本塾募金箱」

昨年度も多くの方にご賛同いただき、これを被災各地の災害対策本部へと送金させていただくことになりました。

今年で5年目―。

震災から4年と10ヶ月が過ぎました。

梨本塾として継続的に何か出来ることはないかということで、2015年度も震災募金とGOHOKU TOURさらに他のイベントでも事あるごとに微力ながら支援を続けさせてもらうこととしました。

14年度末、二階建てと言うこともありロンドンバスに等しい装填率というほどパンパンになった募金箱でしたが、15年度もさらにこれを大幅更新することとなりました。

気になるその結果は………
DSC_0660

梨本塾最年長、梨本亮選手の愛機に貼り付けられた「頑張ろうニッポン!」ステッカー。このときから、すべては始まりました。

DSC_0666

昨年、梨塾募金箱は二階建て仕様となりましたが、今年はさらに大型化し、ガラス製の特殊ケース(漬け物瓶
ともいう)へとバージョンアップいたしました。これなら密閉型ではないので毎年使い回すことが出来ますし、何より「入れやすい」形状ですからね。

ということで例年通り、開封作業から始めます。

DSC_0668

マイナスドライバーでこじ開けるという、強引な手法から解放されて一安心です。しかし、大容量化したにも関わらずこの装填率の高さ。15年度末の勉強会時には、すでに押しくらまんじゅう常態になっておりました。

DSC_0672

ひとまずすし詰めだった紙幣と………

DSC_0678

コインを解放します。

DSC_0674

そして………

IMG_3140

今年も秘密兵器導入。※写真は昨年のもの

IMG_3141

このように小さく小さく丸まった紙幣も………※写真は昨年のもの

IMG_3143

ズドンと一瞬あてがえば、新札に。※写真は昨年のもの

ということで一心不乱に「お札伸ばしてッジュ」作業を繰り返します。今年は昨年の鍛錬が効いたのか、およそ半分くらいの時間で作業を終えました。そろそろお札伸ばし職人になれそうです。

小一時間後………

DSC_0681

すべての「戻し作業」が終了。

やっぱり腱鞘炎になりそうです(笑)

早速、お札の集計に入ります。

1万円………枚(昨年1枚)
5千円………枚(昨年3枚)
2千円………枚(昨年1枚)

1千円………243枚(昨年187枚)

………1000円札の243枚というのが凄いですね………都合246回お札伸ばしてッジュッしました。

DSC_0680

そしてコインの集計に入ります。

500円硬貨………75枚(昨年61枚)
100円硬貨………104枚(昨年64枚)
50円硬貨………11枚(昨年16枚)
10円硬貨………84枚(昨年72枚)
5円硬貨………枚(昨年19枚)
1円硬貨………55枚(昨年62枚)


DSC_0703

これが集計結果です。郵便局のマシン集計とも、1円までピッタリでした。

ということで募金総額は………

総額………32万2375円(前年25万2577円 +69798円 )

となりました。前年からの伸び率は1.3倍弱です………。

この総額は梨本塾受付時、及びGOHOKU TOUR、モートキャンプ等で生じたチャリティ分も含まれます。

さらに今年は、これまでの長い時間を洋上で仕事され、昨年度海外赴任となった塾生の方からこんなメールが届きました。………

「年末年始に慌ただしく一時帰国した際に、東北地方の復興に関するテレビニュースを見たのですが、あの地震が起きた際に当時居住していた外国で感じたもどかしさ、恐怖、不安、心配を色濃く思い出しました。そして今の自分に何ができるかを考え、梨塾の募金へと思い、昨年1年間で梨塾に参加していたら払えたであろう額を振り込ませていただきました。」

この塾生の方は、仕事の関係から昨年はほとんど参加出来なかったのですが………本当に、ありがとうございます。この方からの募金が5万円ということで………

総額………37万2375円(前年25万2577円 +119798円 )

となりました。最終的な伸び率は、前年比1.5倍弱というものに。

すべての募金をを持参して郵便局へ。先に振り込み用紙を貰ってきておいて、ガレージにて送金先は記載しておきました。毎年のことですが、現場で作業するには負担が大きすぎるのです。

というのも、すべての被災地に対し、かなり長い災害対策本部口座への送金は手書きのみ。送金先を調べることから始まって、振替用紙への書き込み、募金集計や入金まで含めて一時間近くを要します。郵便局では、振込手数料がかからないことが、唯一の救いでしょうか。局員の方も毎回かなり大変そうです。

無事に下記必要事項をすべて2枚ずつ記入して送金完了、しばらくして受領証の発行となりました。

DSC_0702

今年は東日本大震災の募金として東日本大震災義援金政府窓口、宮城県災害対策本部、岩手県災害義援金募集委員会、東松島市災害対策本部、女川町災害対策本部、七ヶ浜災害義援金、石巻市災害対策本部、福島県災害対策本部、茨城県災害対策本部の9箇所へ。

そして15年度9月の台風18号災害として、常総市義援金窓口、坂井町災害対策本部の2箇所へ。また台風21号災害として、沖縄県共同募金会台風21号与那国町災害義援金へ。

金額は一律3万円とし、甚大な水害に遭われた常総市のみ、42375円を送金いたしました。全部で12箇所、37万2375円すべて募金いたしました。

さて義援金送金の際に毎回感じることなんですが………

DSC_0705

まずは先にも書きました送金窓口名称の長さです。これ、出来れば「自治体名+義援金」ぐらいにできないでしょうか。10mm×40mmというマス目の中に、一体何文字書き込ませるんでしょうか。左上に○印をつけた沖縄~なんて、24文字でした。ということでは一文字当たり、横幅1.6mmですよ?ちなみに口座番号まですべて手書きです。しかも一枚の用紙に二回書かねばなりません。

DSC_0706

後は右側に○印を着けた、取扱期間ですね。これが非常に短い。台風21号水害はかなり大変だったと思うのですが、こちらも27年度末にほとんど締め切られていました。このため栃木県には送金出来ませんでした。

DSC_0707

自治体の方もこの辺はいくらでも工夫が出来るでしょうし、もしも郵便局員の塾生さんがいらっしゃいましたら、ぜひご助力の程、宜しくお願い申し上げます。この辺のやり方を少し変えるだけで、驚くほどスムースになるのではないでしょうか(その分詐欺事件等も横行しそうですが………)。

さてこれで合計37万2375円、きっちり精算されました。

が………今年もワンコインだけ残っていました。

DSC_0683

1セント硬貨(笑)。一昨年どなたかが募金して下さったんですが、それをそのまま15年度分に入れておいたところ、当然と言えば当然なんですが、きっちり出てまいりました。

まさにお守りそのものです(今後も基本的に、外貨はなしとさせて下さい)。

IMG_9675

送金先は一部政府窓口がありますが、なるべく早く困っている人の手に渡るよう、また途中ロスの少ないように、これまで同様それぞれの当該災害対策本部、義援金委員会などとしました。

これらの募金が途中寄り道したりロストルートすることなく、なるべく原形をとどめたまましっかりと被災地に届き、その上で送金先団体による有効かつ効率的な配分に期待たいと思います。

昨年同様、今年もまさかここまで前年実績を上回るとは思っていませんでした。改めて梨本塾参加者の皆さんの多大なるご賛同、ご協力に感謝いたします。

私たちに出来ることは本当に少しのことでしかありませんが、こういったことを皆で協力すればそれはいつか大きな力となるのではないでしょうか。

15年度募金にご協力下さったすべての皆さん、誠にありがとうございました。


なお、今期もこれまで同様に梨本塾募金、そして第6回GOHOKU TOUR等微力ながら継続支援を続けてまいりたいと思います。

その年にわき起こった災害などにも対応していきたいと思っております。

被災地が一日でも早く復興できるよう祈念いたします。

今シーズン梨本塾参加者の皆さんのご健勝をお祈りするとともに、今後ともご協力のほど、宜しくお願い申し上げます。



2016年1月22日 梨本塾