DSC_1301

2016 ZX10R vs YZF-R1 vs S1000RR 袖ヶ浦フォレストレースウェイ

月刊モーターサイクリスト連載「ザ・エッジ」の特別版として、現行リッターSSの代表的なモデルを比較テスト。

それぞれほぼフルストック、タイヤはディアブロスーパーコルサV2のSC1に統一して、タイムアタックを行った。
【 2016 ZX-10R 】

ZX10R02
 photo by takahito mizutani.
ガソリン満タンでの実測車重:F・109.3k、R・98.7k、Total・208.0k

テスト開始時ODO:1537km

実測馬力185.3PS/トルク10.8kgm ※後輪以下同




【 2015 YZF-R1 】

R1002
  photo by takahito mizutani.
ガソリン満タンでの実測車重:F・105.3k、R・95.8k、Total・201.1k

テスト開始時ODO:5687km

実測馬力172.7PS/トルク10.6kgm




【 2015 S1000RR 】

S1000RR02

 photo by takahito mizutani.
ガソリン満タンでの実測車重:F・108.2k、R・97.7k、Total・205.9k

テスト開始時ODO:4724km

実測馬力186.6PS/トルク11.0kgm




ZX10RR1S1000RRパワーカーブベンチデータ


※ 無断転載厳禁。


【 袖ヶ浦フォレストレースウェイ タイム アタック 結果 】

2016 ZX10R      : ベストタイム 1.10.567 / 最高速 209.2km / h

2015 YZF-R1     : ベストタイム 1.10.727 / 最高速 208.3km / h

2015 S1000RR   : ベストタイム 1.11.489 / 最高速 204.6km / h


※ 外気温 25~28℃ 路面温度 35~43℃ 湿度 50%台 強風

※ 午前セッションではR1(10時~)が1分10秒7、ZX10R(11時~)が1分11秒2、S1000RR(9時~)が1分11秒5。

※ 午後セッションの走行順はS1000RR(13時~)、R1(14時~)、ZX10R(15時~)

※ 1セッションはおよそ15分~20分以内。

※ 午前のR1、そして午後のZX10Rの時間帯が路温的にもっとも適していた(35℃前後)

※ 使用タイヤはすべてディアブロスーパーコルサV2のSC1(リヤ200サイズ)で統一

※ 3台ともメーカー及び販売店広報車で基本的にストック車両、但しS1000RRは純正OPのスリップオン、ZX10Rにはバックステップのみ装着されていた。

※ この3台に打ち勝とうと開発中の74JKG S1000RRは筑波サーキットで奮闘中。

それぞれの詳細インプレッションは、6月1日発売月刊モーターサイクリスト誌「ザ・エッジ」に掲載。

keinashimoto

© 2016 Kei nashimoto,Motorcyclist,nashimotojuku