9001
20161030sponcer

2016年度 第12回 梨本塾チャンピオンズカップ トミンモーターランド レポ2 タイムアタック

―謹賀新年―

明けましておめでとうございます。

今年も皆様が怪我なく元気に走り続けられますように。

2017.元旦 梨本塾

9000

12月梨本塾チャンピオンズカップ、午後1時よりタイムアタック開始。

9003

Aクラスより随時コースインし、各ライダー渾身のワンラップを刻む。その結果をお伝えしたい。まずはAクラスから。

01

自身初となる全体トップタイムでAクラスポールポジションを獲得したのは、斉藤690DUKE Rで、タイムは26秒672、タイヤはSC1。

12月としてはかなり恵まれたコンディションながらも、なぜか全体のタイムは上がらないという難しい環境の中で、しっかりと結果を残して見せた。KTMのマシンがトップタイムを叩き出したのも、梨本塾では初のこと。

02

斉藤と1000分の1秒まで同一タイム、しかしセカンドタイム差で2番手となったのは、安野1199パニガーレSで、タイヤはSC1。セカンドタイムは斉藤26秒735に対し、安野は26秒906。つまりこのタイムだと8番手まで沈んでいたことになるが、一発勝負で先月の再現を狙った。ちなみにタイヤウォーマーなし。

03

3番手には急成長中の柴899パニガーレで、タイムは前の二人に0.015秒及ばずの26秒689、タイヤはフロントにSC1、リヤにレーステックK1という組み合わせ。

04

4番手にも2016シーズン筆頭成長株と言える宮原ZX6Rで、タイムは柴に遅れること僅かに1000分の1秒の26秒688、タイヤはSC1。上位4名は、溜息の差ほどもなかったと言える。自走参加。

05

5番手には今期二度目の参加となった選手権ライダー、二瓶R6で、タイムは26秒719、タイヤはブリヂストンのR10。

「ブリヂストンのST600コントロールタイヤでも25秒台!」

を目標に掲げての参戦となったが、今回の路面ではまったく機能しなかった様子。余談だが、2015年3月に、塾長はこのST600タイヤで25秒44を叩き出している。

06

6番手にはキングこと篠塚CBR600RRで、タイムは26秒750、タイヤはSC1。

07

7番手には佐々木FZ750で、タイムは26秒813、タイヤはフロントにD212、リヤにSC1。

08

8番手には片岡R6で、タイムは26秒922、タイヤはSC1。

09

9番手には午前Bクラスから唯一ジャンプアップを果たした渡辺GSXR1000(K6)で、タイムは27秒140、タイヤはSC1。

今回はAクラスのポールポジションタイムが同一、しかも1000分の16秒以内にトップ4が収まっているという超僅差。さらにそこから8番手までは0.25秒しか差がなく、全9台中8台が26秒6~26秒9の中に入っている。

タイムが出にくかったとは言え、実力者たちは全員が同じようなタイム帯までスピードを引き上げており、決勝ではスタートと、後はどれだけレースペースが維持できるかが肝となりそうだ。

10

続いてBクラス。

非常に悔しいクラスダウンを喫してのポールポジションは皆藤CBR600RRで、タイムは27秒266、タイヤはSC1。Aクラスボーダーまでは0.126秒足りなかった。この悔しさを決勝で晴らせるか。

11

2番手には急成長中の石井GSXR1000で、タイムは27秒360、タイヤはフロントにSC1、リヤにSC2。今年4月にDクラスで初優勝したときの予選タイムは、30秒047。そこから3秒近くも速くなった若手ホープだ。

12

3番手には因藤CBR600RRで、タイムは27秒453、タイヤはSC1。実力的にはAクラス。

13

4番手には近藤1299パニガーレSで、タイムは27秒562、タイヤはSC1。

14

5番手には山中CBR600RRで、タイムは27秒765、タイヤはレーステックK1。日夜激務に追われる企業戦士だが、やや復調傾向か。

15

6番手には吉田ZX6Rで、タイムは27秒812、タイヤはSC1。

16

7番手には磯山R1で、タイムは27秒937、タイヤはSC1。

17

8番手には下田S1000RRで、タイムは28秒063、タイヤはフロントにSC1、リヤにSC2。

18

9番手には午前Cクラスから唯一のジャンプアップとなった中村R1で、タイムはCBR600RRから乗り換え後のベストとなる28秒078、タイヤはフロントにSC1、リヤにSC2。

ここまでがBクラスとなった。



20161218_0152

2017 第1回 梨本塾 1/29() 開催!

割引受付中】

お申し込みは今すぐ>>コチラから。


8Z0A6903



2017梨塾マラソンズ練習会&フリー走行


2017 板橋シティマラソン 出走サポート イベント 2017年2月19日() 開催!!


トミンモーターランドでマラソン大会&フリー走行!!

梨塾マラソンズと梨本塾の融合、ジョギングとバイクでのフリー走行を織り交ぜたイベントを、トミンモーターランドで初開催します。

お申し込みは>>コチラから。



【梨塾ガレージコンプリート デイトナ675、開発完了

IMG_1226

現在販売中。ご成約となりました。

IMG_1103

DSC_5026

最高評価頂戴したPC37さらにリッターSSレコードを大幅更新したS1000RRに引き続き、梨塾ガレージコンプリート第3弾は、ナンバー付き最強デイトナ675が完成。現在ご商談受付中です。

開発テスト、モデファイの記録詳細は>>こちらから。

購入ご相談等大歓迎です。いつでもお問い合わせ下さい。




【梨塾ガレージコンプリートS1000RR、開発完了

8Z0A3309s

【25秒13】 トミンモーターランドリッターSSレコード大幅更新!!

DSC_4974

現行R1MやS1000RR、ZX10Rを完全凌駕。

DSC_1033

現在最終パッケージ選定中、間もなく予約受付開始。

最高評価頂戴したPC37に引き続き、梨塾ガレージコンプリート第2弾は、世界にたった一台のS1000RRを目指して開発、リッターSSレコードを大幅更新し、同時走行していた梨塾ガレージCBR600RRをも上回るラップタイムをマーク。

DSC_5106

さらに公道でのバランスも構築中。年内完成予定です。

開発テスト、モデファイの記録詳細は>>こちらから。

購入ご相談等大歓迎です。いつでもお問い合わせ下さい。



DSC_0702

【 BAZZAZ ZFi TC 】 

74JKGのS1000RRにも導入済みのBAZZAZ ZFi TC。FIのマッピング変更はもちろん、クイックシフト、さらにトラクションコントロールまで機能させられるサブコンです。特にトラコンに関しては、スタンダードで装着されているモデルでも導入すると激変します。

「もはやリッターSSには必須」と言える最強アイテムですが、昨今はミドルSSへの導入もチラホラと。

「600に入れれば、格段に安全性が上がる!」

ぜひご検討下さい。

74JKGlogo

【サシ塾もいいけど、手っ取り早く速くなるなら…ナシガレ?】

【………秘密兵器導入でよろしいでしょうか?】

・ そんな大人のご要望にも、もちろんお応えいたします………ナシガレで下記メニューはいかがでしょう?


IMG_3992

① 【蘇れ相棒………】 車体廻りフルオーバーホール………


・ バイクは生もの。走りっぱなしではやっぱり言うことを聞いてくれません。車体OHは3万円より(消耗部品別)、予算に合わせて承ります。来年一気に開花するためにも、この冬のメンテが大事です(^^)ブレーキ回りやステム、リンク廻りから始まってもちろん全バラまで。

53

② 【もう一度あの日に還りたい】 エンジンフルホーバーホール………


・  距離だけでなく、ある程度回して乗り込んでいるならそろそろOHも視野に………梨塾ガレージではお客様のニーズに見合ったプランニングで、手軽にOH作 業を承ります。もちろんレーシングエンジンメンテナンスもお任せ下さい。街乗りから選手権レベルまでフルカバーします。

DSC_0422

③ 【理論武装】 趣味趣向品大人買いへの道………


・  バイク界のロレックスやブルガリともいえる、オーリンズ、ブレンボ、JBマグタン等々高級趣向品の数々。但しこれらは見て美しいだけでなく、乗って優れるか らこそ価値あるもの。

・ 梨塾ガレージコンプリート号(GSXR1000、CBR600RR PC40 及び37)にはすべて装着、すでに実績を残している逸 品ばかり。塾生にも大好評の品々。ぜひご賞味下さい。

・ 梨塾ガレージでは梨本塾生を対象に多品目激得販売取付を行っています。

・ 梨塾ガレージでご紹介するのものは、これまでしっかりと走行テスト、及び結果の出ているものだけになります。またそれぞれポン付けではなく、実走テストを繰り返した上で、独自の最適セットアップを行ったものです。




jpg large

【 JBマグタン 】

74JKGのGSXR1000、CBR600RR、そしてS1000RRにも導入済みの超軽量マグタンホイール。純国内生産ならではの、圧倒的な精度と信頼感。抜群の軽さを誇りながら、ノーマルホイールと同等以上の耐用性も実現した魅力の逸品。

DSC_0702

【 BAZZAZ ZFi TC 】 

74JKGのS1000RRにも導入済みのBAZZAZ ZFi TC。FIのマッピング変更はもちろん、クイックシフト、さらにトラクションコントロールまで機能させられるサブコンです。特にトラコンに関しては、スタンダードで装着されているモデルでも導入すると激変します。

「もはやリッターSSには必須」と言える最強アイテムですが、昨今は「ミドルSSへの導入」もチラホラと。

「600でもきっちり仕上げれば、格段に安全性が上がる!」

こちらもベンチテストだけのポン付けでは、機能しません。高次元、幅広いレンジでの実走テストがベースです。

ぜひご検討下さい。

01

【 ブレンボ RCS19 マスターシリンダー(ブレーキスイッチ付き) 】

梨塾生定番、ブレーキ必須アイテムナンバー1。このマスターを導入すると、ブレーキ効力が安定するのはもちろんですが

「ブレーキングが楽しくなる」


と いう魔法のアイテムです。昨今多くの塾生が導入し、大満足という感想をいただいております。もちろん公道走行車両にも最適です。

塾長はすでに 「PC37、PC40、GSXR1000K6はもちろん、さらにXL883Rにも導入しちゃいました」と見事なまでのハマリっぷり。

こちらも塾生特価でご案内いたし ます。車種によっては非常に難しい専用フィッティングもお任せください。

vesra

【 ジャダーの悩みを解消!!ベスラ Super RJL XX シリーズ 取り扱い開始!! 】


ジャダーの出始めていた梨塾ガレージPC40にてテスト開始。なんと………見事なまでにジャダーが収まりました!

ノーマルディスクはもちろん、ブレンボディスクとの相性も良く、制動力、安定感もバッチリ。すでに梨塾号CBR600RR、S1000RRの

「エースパット」


となりました。値は張りますが、それ以上の安定感、安心感です。ぜひご相談下さい!

IMG_7970

【 ブレーキフルード G-Four355 】

スーパースポーツ乗りにとって、特に夏場以降は厳しくなるブレーキ問題。

・ タッチが安定しない
・ フェードする
・ すぐにエアをかんでしまう


などの問題を大幅に緩和してくれるのがこのブレーキフルードです。塾生特価工賃にて入れ替え承り中。ぜひお試しを。RCS19とのマッチングも良好です。

00

【 ブレンボHPローター 】

制動力アップ、ディスク温度の安定化、タッチの向上などを目指すときの定番品。大径化もご相談ください。RCS19とのマッチングは「最強」です。

16

【 OHLINS FGK フロントフォークカートリッジキット 】


ラップタイムのみならず「抜群の感触」を得られる、究極の逸品。バネレート選択肢も広く、希望があれば減衰特性も変更可能。トミンモーターランドコースレコード(25秒12)ホルダーである梨塾PC40、そしてリッターSSレコードを大幅更新(25秒13)したS1000RRにも導入済みです。

但しポン付けでは機能しません。スプリング選定からダンピング設定、そして前後の車体バランス、車体姿勢まで含めてきっちり仕上げない限り、猫に小判です。高い次元、幅広いレンジでの実走テストを基本としている梨塾ガレージだからこそ、最適なセットアップをご提供できます。

フォークスプリング単体(ノーマルフォーク用)も取り扱っております。フォークオイルとともにぜひご相談ください。

06

【 OHLINS リヤショックアブソーバー各種 】

定番品です。しかしこちらの商品で意外なのは「サーキット走行はもちろんだけど、公道での乗り心地が格段によくなった」という感想が非常に多いこと。FGKとのセット導入割も実施中。梨塾号ではPC40にTTX、37とK6にはSUシリーズ、S1000RRにもTTX-GPを導入済みです。

IMG_5877

【 パワーコマンダー & オートチューン 】

もはやFI車には必須アイテム?常用域のトルクアップにはこれが一番効果的!サーキット走行だけではなく、幅広いレンジに対応したマッピングで、あなたのマシンをさらに好みの特性に。こちらも梨塾号PC40には導入済みです。

【乗って楽しく見て楽しい XL883R

ハーレーダビッドソンXL883Rカスタム

「雰囲気ではなく、走りに特化したプロ仕様883R。ハーレー乗りも垂涎の逸品!?」

ハーレーダビッドソン XL883R スポーツスター 梨塾ガレージ コンプリート


最近はこんなのも作ってマス………吸排気系変更に伴い最適なサブコンマッピング(74JKGではあえてサンダーマックスを用いず、ダイノジェットPCⅤ+ オートチューンで独自調整を行っています)、バンス&ハインズの爆音を去勢し常用域でトルクアップさせるオリジナル消音サイレンサー、実践的な足回りセッ トアップ、秀逸なブレーキシステム………等々。ノーマルとは比較にならないトルク、そして走りやすさを実現しています。さらに日々進化中。883の特性を生かした、もの凄く楽しいマシンに仕上がっています。

DSC_0070

ヒートデーモン入荷!まるで純正!? これでオールシーズン安心の最強グリップヒーター

DSC_0185

74JKG スポーツスターXL883Rにも装着済みのヒートデーモン。ハンドル中通し配線のため、DIY作業ではハードル高め。すでに2シーズン稼働させてますがト ラブルもなく、厳冬期も頼れる存在です。ハンドルグリップなどはそのままで外径ももちろん変わらず。さらに見た目もカッコ良く、LEDレベルランプが泣か せます!現在数点在庫あり。お早めに(スポーツスターのみ対応です)。

IMG_0044

梨塾ガレージコンプリート PC37 CBR600RR 改 販売中 → 売約済み

2014~2015 シーズンにかけて、ほぼ一年を費やして開発、テスト走行を繰り返してようやく完成した珠玉の一台。採算度外視で高機能パーツを装着、さらにラップタイムと 快適な乗り心地を求めて、ようやく完成いたしました。世界に2台と存在しない、究極のCBR600RRです。

開発日誌等、詳細は>>こちらから。

DSC_2420
74JKGlogo

ホンダヤマハスズキカワサキはもちろん、ドゥカにBMアプリリアも出来る限り対応しちゃいます。

さらにハーレーまで!? 日々奮闘の作業報告は………>>コチラから。




19

続いてCクラス。Bクラスと同じく悔しいクラスダウンポールポジションとなったのは川畑デイトナ675で、タイムは28秒687、タイヤはSC1。

20

2番手には急遽エース機のGSXR1000がトラブルとなり、車両変更で参戦となった田口RGV-γ250SPで、タイムは28秒750、タイヤはSC1。

21

3番手には一年ぶりの参加となった柴田GSXR1000で、タイムは28秒891、タイヤはSC2。

22

4番手には西村CBR600RRで、タイムは29秒140、タイヤはSC1。

23

5番手には山内1198Sで、タイムは29秒188、タイヤはSC2。

24

6番手には秋山R6で、タイムは29秒265、タイヤはフロントにSC1、リヤにSC2という組み合わせ。

25

7番手には吉村RSV4Rで、タイムは29秒422、タイヤはフロントにSC1、リヤにk1(180/60)という組み合わせ。

26

8番手には第9回以来の参加となった小島CBR600RRで、タイムは29秒578、タイヤはSC1。

27

午前Dクラスから唯一のジャンプアップでCクラスに潜り込んで見せたのは伊藤Ninja250で、タイムは29秒625、タイヤはα13SP。午前の転倒影響はない様子。ここまでがCクラス。

28

最後はDクラス。ポールポジションを獲得したのは鈴木MT-09で、タイムは29秒734、タイヤはロッソコルサ。

29

2番手にはクラスダウンを喫した八木R1で、タイムは29秒828、タイヤはロッソコルサ。

30

3番手には古溝R25で、タイムは29秒922、タイヤはα13。

31

4番手には76歳8ヶ月でのベスト更新となった梨本亮CB400SFで、タイムは30秒063、タイヤはSC1。目標としている29秒まで、あと僅かだ。

32

5番手も同じく大幅に自己ベストを更新した工藤デイトナ675で、タイムは30秒281、タイヤはフロントにSC1、リヤにSC2という組み合わせ。

33

6番手には保坂GSXR750で、タイムは30秒953とベストを大幅更新、タイヤはフロントにSC1、リヤにSC2という組み合わせ。

34

7番手には菅原701スーパモタードで、タイムは31秒000、タイヤはSC1。この日午前には29秒台をマークしているだけに、決勝は期待できそうだ。

35

8番手には8月以来の出走となった久下R6で、タイムは2秒以上もベスト更新となる31秒172、タイヤはSC1。

これですべてのタイムアタックが無事に終了。

9004

今年一年の総決算が出来たのか………

9006

それとも―。

yosen


grid


9005

この後は、いよいよ今季最後のK-RUN-GPが始まる。

つづく。


文中敬称略、ご了承ください。

この記事の中に掲載されている写真の未圧縮原板(~5MB程度まで)を廉価販売しております。

2カット1セットで1000円~より。

ご希望の方は「掲載ページURL」「掲載写真のURL(分からない場合は掲載位置などでご指定ください)」と「ゼッケン番号 お名前」を添付して>> std_spd@hotmail.com までお問い合わせ下さい。

メールタイトルには「第○回梨本塾写真希望」と明記してください。

※ 写真によっては対応できないことがありますのでご了承下さい。

また、本記事に掲載されている写真は梨本塾参加者の方に限りブログなどでの二次使用可能とします。

その際は必ず以下梨本塾クレジットをお願いいたします。

写真提供:梨本塾 http://kei74moto.client.jp/

カメラ: 梨本塾オフィシャル & 影兄

過去レポートも全部見れます>>公式レポートオールインデックス

過去リザルトも全部見れます>>公式リザルトオールインデックス

1080フルHDド迫力映像満載!>>K-RUN-MOVIE

うまくなるにはこの定番とも言うべき
>>ウラメニューが必須!?

ウワサのニューマシンインプレッション
>>Test the Bike.



20161218_0147

2017 開幕戦 第1回 1/29() 開催!

【割引受付中】

google検索ワードに出てくる

【梨本塾 33秒】

これを察するに………

【梨本塾は33秒以上で参加しちゃいけないの!?

というところだと思われますが………

そんな敷居は一切ございません。

35秒でも40秒でも、もちろん大歓迎です。

バイク乗りの皆さんに楽しく1日遊んで貰う場所、

それが梨本塾です。

「トミンで40秒を切れません………」

「筑波は2分を切れません………」

「もてぎで4分切れません………」

「鈴鹿は帰ってこれません………」

「まさしく梨塾レンジ。お気軽に遊びにいらしてください(^^)/」


20160717_0807

梨本塾にはとんでもなく速い常連の方もいれば、

初めてサーキットに来られる方もいますが………

経験やスキルレベルによる敷居は一切ありません。

また小難しいレクチャーや座学なども一切ありません。

20160717_0823
あの方はもしかして………まさかの世界チャンピオンもお忍びでッ!?

トミンで40秒が切れません→OK

筑波で2分の壁が壊せない→NO problem!!


鈴鹿やもてぎだと、一周回って来れません→Welcome!

20161218_0223

今さら聞けない!? 梨塾 FAQ

【初サーキットでも膝すれちゃう!?】

なんていう話もあったりなかったり………。

必要なときに必要なアドバイスだけ
を受ける、後は自由に走りまくり。

これが梨本塾の基本的なスタンスです。


初心者の方、女性の方、サーキット初走行の方まで楽しめるのが梨本塾。


もちろん膝が擦れなくても、ハングオンできなくても大丈夫。

サーキット初走行でも問題ありません。

ぜひぜひ遊びにいらしてください。

20160717_0728

梨本塾は、申し込みが早いほど参加費はお得です。

参加希望の方は今すぐこちらから>>次回お申し込みチェックを!!

繰り返しになりますが………

「梨本塾に一切敷居はございません」

8Z0A0431

初参加の方もぜひぜひお越し下さい。

20160717_0812


「梨塾で会いましょう!」

20160717_1008



DSC_1435
74JKGlogo


梨塾ガレージってナニ?

DSC_1436

最新ZX10RからR1M、S1000RRは元より………

DSC_1459

CB400SFから………

DSC_1541

R25まで。

ホンダヤマハスズキカワサキは

もちろん、ドゥカにBMアプリリアも

出来る限り対応しちゃいます。

DSC_4327

さらにハーレーまで!?

その正体は………
>>コチラから。