8Z0A2263

2017年度 第6回 梨本塾 トミンモーターランド レポ2 タイムアタック
定刻通り、13時よりタイムアタックがスタート。

各車一斉にコースインして、渾身のワンラップを刻む。降水確率90%以上の予報だったが、路面はドライのまま、気温も上がって30℃前後といったコンディション。

その結果をお伝えしたい。まずはAクラスから。

01

26秒282と自己ベストを大幅更新してのトップタイムは、安野1199パニガーレS。今回、はじめてリヤタイヤにSC0を導入していきなり結果を出して見せた。

自身にとっては昨年11月大会以来となる二度目のAクラスポールポジションだが、タイム的にはひとつの大きな壁を切り崩して見せた。

02

2番手には篠塚CBR600RRレースベースで、タイムは26秒453、タイヤはSC1。キングにとっては「鬼門」でもある6月であり、今回もやや体調面で不安を抱えての出走。なんとか無事にやり過ごせるか。

03

3番手には今季初出走となった宮原ZX6Rで、タイムは26秒515、タイヤはSC1。半年ぶりの参加となったが、それでもフロントローを獲得して見せた。

04

本人も驚きの4番手グリッドを確保したのは緒方CBR600RR。自己ベストを大幅更新する26秒594をマーク、タイヤはフロントにSC1、リヤにK1という組み合わせ。6月サシ塾参加。

05

5番手には柴899パニガーレで、タイムは26秒672、タイヤはSC1。この辺はコンマ2秒変わるだけで、ポジションが4つほど変わってきてしまう。

06

6番手には午前Bクラスからジャンプアップ、しかも初めて27秒の壁を突き崩して見せた近藤1299パニガーレSで、タイムは26秒891、タイヤはSC1。

07

7番手にはAクラス最年長今季59歳を迎えるベテラン塾生、皆藤CBR600RRで、タイムは27秒062、タイヤはSC1。

08

8番手にはやはり午前Bクラスからジャンプアップしてきた勝野S1000RRで、タイムは27秒063、タイヤはSC1。

ここまでがAクラスとなった。

なお、今回のAクラスボーダータイムである27秒063は今季最速である。(昨年6月大会は27秒032がボーダータイム)。

またWSBKシーンにおいては、Lツインシリーズ中、唯一無冠となりそうなパニガーレだが、どっこい梨本塾では大活躍の様相を見せる。今回も全8台中、3台がパニガーレと、CBR600RRの台数と肩を並べた。

09

続いてBクラス。

100分の16秒差でクラスダウンを喫してのBクラスポールポジションは渡邉GSXR1000K6で、タイムは27秒079、タイヤはSC1。

10

2番手には先月優勝している磯山R1で、タイムは27秒140、タイヤはSC1。今回はなんとしてもAクラス入りを果たしたかったところだが、僅かに叶わず。

11

3番手には、やはりクラウダウンを喫してしまった山中CBR600RRで、タイムは27秒218、タイヤはSC1。

12

4番手にはここのところ走行毎にタイムアップしている駒澤R1Mで、タイムは27秒343、タイヤはSC1。

13

5番手には先月のトップ走が記憶に新しい下田S1000RRで、タイムは27秒594、タイヤはフロントにSC1、リヤにSC2という組み合わせ。

14

6番手には川畑デイトナ675で、タイムはまたしても自己ベスト更新の27秒719、タイヤはSC1。

15

午前Cクラスから、大健闘のクラスアップを果たしての7番手には田口GSXR1000で、タイムは自己ベスト更新の28秒063、タイヤはSC1。

16

8番手には今季途中でZX6RからこのZX10Rに乗り換えた吉田で、タイムは28秒125、タイヤはフロントにSC1、リヤにSC2という組み合わせ。

ここまでがBクラスとなった。なお、すでに多くの方がお気づきのようにこのプレミアムクラスの内訳は

GSXR1000………2台(K6、L2)

R1………2台(R1、R1M、現行モデル)

S1000RR、ZX10R………それぞれ一台ずつ(現行)

CBR600RR………梨塾ガレージコンプリート

デイトナ675

と、凄まじいモデルばかりが名を連ねる。車両価格総額でも1300万以上、チューニングまで含めると………。

「速さのみならず、自身の趣向性も最大限に楽しめる、大人の盆栽クラス(塾長)」



【第7回梨本塾、早割受付中!!本日23時59分まで!!!

8Z0A0212

2017 第7回 梨本塾 7/16() 開催!

お申し込みは今すぐ>>コチラから。

8Z0A1661s



【2017梨本塾Tee ”K-RUN-GP” 残り僅かです】


DSC_0370

待望の新作が出来上がりました。もちろん通販も可能です。

詳細情報は>>こちらから。




【梨本塾 個人レッスン”サシ塾”開催中】


18671598_1134123640032587_4437504566823228950_o

【試乗テスト1000台以上、トミンモーターランド15万LAP以上の実績】

プロライダーの徹底レッスンで、自己ベスト更新続々!! ファインセットアップ調整します!!

『………そろそろ我流を捨てて、本腰入れてみませんか?』

現在7月開催日調整中。日程など詳細情報は >>こちらから。



kaitori


※ 車両及び用品形態、年式、状態によって査定を行えない場合があります。



74JKGlogo

「あなたの感覚こそが、正解です」

・ 梨塾ガレージでは、まずはライダーご自身の感覚を最優先します。
「何かおかしい」「違和感あり」「うまく乗れない」 道具を使う趣味だからこそ、バイクそのものをセットアップをしっかり行えば突破口が見えるかも?

・ バイク雑誌や街のバイク屋さんではなかなか解決できない「感覚」「実績」「ファンライド」この三点を明確にしていくのが、梨塾ガレージです。
机上論は一切ありません。タイムが出るバイク、操作しやすいバイク、そして楽しいバイク、これだけを目指して日々奮闘しております。………以下は梨塾ガレージの主なセットアップです。

DSC_0454

① 【蘇れ相棒】 車体廻りフルオーバーホール


・ バイクは生もの。走りっぱなしではやっぱり言うことを聞いてくれません。車体OHは3万円より(消耗部品別)、予算に合わせて承ります。今年一気に開花するためにも、ぜひ一度車体のフルオーバーホールを。愛車が蘇ります。ブレーキ回りやステム、リンク廻りから始まってもちろん全バラまで承ります。

DSC_1235

一皮めくってみるとこんな状態………昨今、バイクの洗車スペース確保も難しいですからね、仕方ないことなんですが………。このような状態の車両をフルメンテすると、まるで違うバイクのように復活します。16シーズンでは、この方のマシンの車体フルOH+αを行い、その結果著しいタイムアップが見られました。

ここ二年ほど31秒台で推移していたのが嘘のように、一気に30秒0までベストタイムを更新されてました。

1466220863882

・ フロントフォークオーバーホール&バネレート見直し相談………メンテナンス目安1シーズン

1484277008743

・ ほっておくとフロントフォークオイルも、このようなゼリー状になることも………メンテナンス目安1シーズン

DSC_0234

・ リヤサスペンションオーバーホール………メンテナンス目安2~3シーズン

DSC_0012

・ ブレーキキャリパーOH………メンテナンス目安2シーズン

DSC_1957

・スプロケット&チェーン交換、丁数&アクスルシャフト位置調整………メンテナンス目安1シーズン

DSC_2492

・ステム廻りのメンテナンス………メンテナンス目安1シーズン

DSC_0456

・ スムースにセルフステアが入りますか?何か重かったり、途中でゴリゴリしてませんか?

KIMG3811

こうなってしまうと、ステアリングフリーな状態でも、フリーになりません。サシ塾で最も多いのが「ステアが非常に重い車両(塾長)」だそうです。何もしていなくとも、日々劣化していくとお考え下さい。

正常なステアリング担っていない場合………

1.なぜかフロントが巻く

2.なぜかリヤが出る

3.なぜか定状円にならず、バンキングも安定しない

などの症状が出ます。陥りやすい不調の原因のひとつ。案外気付いていないだけかも………。

53

② 【あの日の自分を超えて行こう】 エンジンフルホーバーホール


・  距離だけでなく、ある程度回して乗り込んでいるならそろそろOHも視野に………梨塾ガレージではお客様のニーズに見合ったプランニングで、手軽にOH作 業を承ります。もちろんレーシングエンジンメンテナンスもお任せ下さい。街乗りから選手権レベルまでフルカバーします。

01

・ 新車から5000km走行した、74JKGのCBR600RR(2012年型)のエンジン内部

02

比較的高回転を常用していても………

04

ヘッドやバルブ廻り、ピストンにはここまでカーボンが溜まります。シリンダー内壁にも、傷が。公道併用車両は、さらに酷いことになっているケースが多いですね。

03

全体的に真っ黒ですが………

05

梨塾ガレージOHメニューでは、ここまでピカピカに仕上げます。更に独自のノウハウで加工&コーティング。フリクションが激減します。15-16シーズンオフに施工。

07

同時にメタルも………

06

ミッションも細かく加工&修正を行います。消耗限度を過ぎたものは要交換ですが、なるべくそうしないための作業を行っています。ギヤ抜けが改善されることもしばしば。

08

最終的には、ここまで仕上げます。ただオーバーホールするだけではもったいないので、調整範囲内でのパワーアップメニューを実施、その結果、明らかなトルクアップとスムーズな吹け上がりを実現。

「新車時よりも実用域でトルクアップしました」

といった声も多数頂戴しております。16シーズンの74JKGのCBR600RRも、最高速はもちろんトルクフィーリングが激変しました。アベレージタイムの向上に加えて「サシ塾の30秒くらいの先導でも扱いやすくなった(塾長)」という思わぬメリットも。

ちなみにOHメニューを行ったリッターSSユーザーの方からは

「速くなりすぎて………(笑)」

なんていう声も。もちろんマフラーもカムもノーマルのまま。梨塾ガレージでは、カッコだけの扱いにくいセットアップは絶対に行いません。

DSC_1025

③ 【理論武装】 趣味趣向品大人買いへの道………


・  バイク界のロレックスやブルガリともいえる、オーリンズ、ブレンボ、マグタン等々高級趣向品の数々。但しこれらは見て美しいだけでなく、乗って優れるか らこそ価値あるもの。

梨塾ガレージコンプリート号(GSXR1000、CBR600RR PC40 及び37、S1000RR等)にはすべて装着、しっかりと実績(他を圧倒するタイムと乗り心地)を残している逸品ばかり。塾生にも大好評の品々です。

但しこれらはすべて、見よう見まねのポン付けで機能するものではありません。すべて「バランスが命」です。

このバランスを知るには「適切なスピードレベルでの実走テストを繰り返し、その上で細かくセットアップを行いながら、タイムを詰めて乗り心地を改善」しなければなりません。バネレート選定や油面設定、車体姿勢やブレーキフルードとパットとマスターとホースの相性なども、とっても大事です。

「サシ塾で接する車両で、恐らくここを見て真似しただけの車両が多くいますが、残念ながらこれは見た目が同じだけでまったくの別物でした。せっかく高価な部品を入れているのにバランスを取らなければ、宝の持ち腐れです(塾長)」

これらの製品を右から左に装着するだけでは、楽しく安全に、そして速く走ることは出来ません。ご購入検討時には、ぜひご相談下さい。適切なセットアップ相談も承ります。

※ 梨塾ガレージでご紹介するのものは、これまでしっかりと走行テスト、及び結果の出ているものだけになります。

jpg large

JBマグタン

74JKGのGSXR1000、CBR600RR、そしてS1000RRにも導入済みの超軽量マグネシウム鍛造ホイール。純国内生産ならではの、圧倒的な精度と信頼感。ノーマルホイールと同等以上の耐用性も魅力の逸品。某イタリア産、中国産とは全く異なる完成度です。

【Q&A】

Q:前後オーリンズを入れるか、JBマグタンを入れるか悩んでいます。塾長ならどうしますか?

A:後々のセットアップが二重になってしまうのと、対費用効果の両面から、先にJBマグタンを入れてから、前後オーリンズという順番にします。いずれかひとつなら、JBマグタンですね。ストレートスピードも激変しますから。

DSC_0702

【 BAZZAZ ZFi TC 】 

74JKGのS1000RRにも導入済みのBAZZAZ ZFi TC。FIのマッピング変更はもちろん、クイックシフター、さらにトラクションコントロールまで機能させられるサブコンです。

特にトラコンに関しては、スタンダードで装着されているモデルでも、導入すると激変します。もはやリッターSSには必須と言える最強アイテムですが、昨今はミドルSSへの導入もチラホラと。

「1000はもちろん、600でも、格段に安全性が上がる!」

この

但しこちらも実走を伴ったセットアップが必須です。ベンチ上のセッティングだけでは、実走でパフォーマンスを発揮できません。ぜひご検【Q&A】

Q:例えばS1000RRの純正トラクションコントロールと何が違うのですか?

A:パワーを間引くのがはるかに細かくなり、セットアップによっては実走中に体感できないほどスムースに前に出るようになります。純正装着のトラクションコントロールでこれを必要としないのは、今のところ(2017年初頭現在)、R1だけですね。

Q:2016年までのGSXR1000やCBR1000RR、及び15年以前のZX10R、CBR600RRやR6にも効果的でしょうか?

A:現在トラクションコントロールが装着されていない車両にとっては、もの凄く効果的です。装着されているものでも前時代的なものなら、間違いなくレベルアップします。

01

ブレンボ RCS19 マスターシリンダー(ブレーキスイッチ付き)

梨塾生定番、ブレーキ必須アイテムナンバー1。このマスターを導入すると、ブレーキ効力が安定するのはもちろんですが

「ブレーキングが楽しくなる」


と いう魔法のアイテムです。昨年から今年にかけて多くの方が導入し、大満足という感想をいただいております。もちろん公道走行車両にも最適、塾長はすでに 「PC37、PC40、GSXR1000K6、XL883R、S1000RR、デイトナ675すべてに導入済み」と見事なまでのハマリっぷり。こちらも塾生特価でご案内いたし ます。車種によっては非常に難しい専用フィッティングもお任せください。

【Q&A】

Q:ノーマルともっとも違うことはなんですか?

A:ディスクを指先で握っているようなフィーリングの良さと、後はタッチの安定感です。

59c2f2b9

ジャダーの悩みを解消!!ベスラ Super RJL XX シリーズ 取り扱い開始!!


ジャダーの出始めていた梨塾ガレージPC40にてテスト開始。なんとジャダーが収まりました。ノーマルディスクはもちろん、ブレンボディスクとの相性も良く、制動力、安定感もバッチリ。S1000RRにも装着し、すでに梨塾号全車両の「エースパット」となりました。ぜひご相談下さい!※ディスクの状態によっては、ジャダー解消しないこともございます。

【Q&A】

Q:他のレース系パットよりも2倍近く高価ですが、その分だけ耐用性はありますか?

A:耐用性というより、発熱温度による影響が非常に少なく効力は絶大、その上でディスクへの攻撃性が少ないことが最大の特徴です。確かに高価ですが、安いパットを使用して早期にディスク交換することになるなら、こちらの方がむしろ安上がりとも言えます。

IMG_7970

ブレーキフルード G-Four355

スーパースポーツ乗りにとって、特に夏場以降は厳しくなるブレーキ問題。

・ タッチが安定しない
・ フェードする
・ すぐにエアをかんでしまう


などの問題を大幅に緩和してくれるのがこのブレーキフルードです。塾生特価工賃にて入れ替え承り中。ぜひお試しを。RCS19とのマッチングも良好です。

【Q&A】

Q:他のブレーキフルードとの一番の違いは?

A:高ストレス下における、タッチの安定性です。


00

ブレンボHPローター

制動力アップ、ディスク温度の安定化、タッチの向上などを目指すときの定番品。大径化もご相談ください。RCS19とのマッチングは「最強」です。

16

OHLINS FGK フロントフォークカートリッジキット


ラップタイムのみならず「抜群の感触」を得られる、究極の逸品。バネレート選択肢も広く、希望があれば減衰特性も変更可能。トミンモーターランドコースレコードホルダーである梨塾PC40にも導入済みです。

フォークスプリング単体(ノーマルフォーク用)も取り扱っております。フォークオイルとともにぜひご相談ください。

06

OHLINS リヤショックアブソーバー各種

定番品です。しかしこちらの商品で意外なのは「サーキット走行はもちろんだけど、公道での乗り心地が格段によくなった」という感想が非常に多いこと。FGKとのセット導入割も実施中。梨塾号ではPC40にTTX、37とK6にはSUシリーズを導入済みです。

IMG_5877

パワーコマンダー & オートチューン

もはやFI車には必須アイテム?常用域のトルクアップにはこれが一番効果的!サーキット走行だけではなく、幅広いレンジに対応したマッピングで、あなたのマシンをさらに好みの特性に。こちらも梨塾号PC40には導入済みです。

【乗って楽しく見て楽しい XL883R

ハーレーダビッドソンXL883Rカスタム

「雰囲気ではなく、走りに特化したプロ仕様883R。ハーレー乗りも垂涎の逸品!?」

ハーレーダビッドソン XL883R スポーツスター 梨塾ガレージ コンプリート


最近はこんなのも作ってマス………吸排気系変更に伴い最適なサブコンマッピング(74JKGではあえてサンダーマックスを用いず、ダイノジェットPCⅤ+ オートチューンで独自調整を行っています)、バンス&ハインズの爆音を去勢し常用域でトルクアップさせるオリジナル消音サイレンサー、実践的な足回りセッ トアップ、秀逸なブレーキシステム………等々。ノーマルとは比較にならないトルク、そして走りやすさを実現しています。さらに日々進化中。883の特性を生かした、もの凄く楽しいマシンに仕上がっています。

DSC_0070

ヒートデーモン入荷!まるで純正!? これでオールシーズン安心の最強グリップヒーター

DSC_0185

74JKG スポーツスターXL883Rにも装着済みのヒートデーモン。ハンドル中通し配線のため、DIY作業ではハードル高め。すでに2シーズン稼働させてますがト ラブルもなく、厳冬期も頼れる存在です。ハンドルグリップなどはそのままで外径ももちろん変わらず。さらに見た目もカッコ良く、LEDレベルランプが泣か せます!現在数点在庫あり。お早めに(スポーツスターのみ対応です)。

IMG_0044

梨塾ガレージコンプリート PC37 CBR600RR 改 販売中 → 売約済み

2014~2015 シーズンにかけて、ほぼ一年を費やして開発、テスト走行を繰り返してようやく完成した珠玉の一台。採算度外視で高機能パーツを装着、さらにラップタイムと 快適な乗り心地を求めて、ようやく完成いたしました。世界に2台と存在しない、究極のCBR600RRです。

開発日誌等、詳細は>>こちらから。

8Z0A3309s
74JKGlogo


2017CBR1000RRSP

20170211s1

AN5W8714s

AE4I1114s

20170211r1

15875138_1008288839282735_5113319687935232351_o

DSC_1068

IMG_9519s

ホンダヤマハスズキカワサキの最新スーパースポーツはもちろん、ドゥカにBMW、アプリリアも出来る限り対応します。さらにスポーツスターも独自路線でファインチューニング。883は「まるで別物の快適仕様」になります。

250cc~400ccなど小中排気量もご相談下さい。

「セッティング→及第点タイムまで走らせる→セッティング→納得の仕様まで走らせる」


これが梨塾ガレージの基本行程です。工場のライン作業とは正反対、バイク屋さんのマニュアル整備とも異なり、文字通りのワンオフマシンばかりになります。だからこそ乗りやすくて楽しく、結果的にはタイムも出るマシンに仕上がります。

日々笑いと涙の奮闘作業報告は………>>コチラから。

また、こちらのブログ等で紹介しているアイテムは、すでに梨塾コンプリートのGSXR1000K6、CBR600RR、XL883R、S1000RRデイトナ675CBR250R等に導入、そのパフォーマンスはハードテストで実証済みです。販促品でもなんでもありません。

74JKGが

「これはいい!」

と判断したもの、結果を残したもののみ掲載しております。梨本塾で推奨する部品でもっとも重要視するのは

「速さのみならず品質や性能の安定感、そしてコストパフォーマンス」

です。

std_spd@hotmail.com 【梨塾ガレージ相談】

【梨塾ガレージコンプリート 第5弾、製作中

IMG_9270s

梨塾ガレージとしては初となる、250ccのコンプリート。RRが発表されたところですが、ここではオーソドックスに単気筒CBR250Rでまとめ上げます。すでに驚愕タイムをマークしたものの、例によって問題も………開発テスト、モデファイの記録詳細は>>こちらから。

【梨塾ガレージコンプリートS1000RR、開発完了

IMG_9574

「リッターSSレコード大幅更新、25秒13をマーク!!」

最高評価頂戴したPC37に引き続き、梨塾ガレージコンプリート第2弾は、世界にたった一台のS1000RRを目指して開発開始。レコード更新により、開発の主目的は達成、後は公道バランスを引き出して発表となります。

DSC_4974

開発テスト、モデファイの記録詳細は>>こちらから。購入ご相談等大歓迎です。いつでもお問い合わせ下さい。

DSC_5106

さらに公道でのバランスも構築中。開発テスト、モデファイの記録詳細は>>こちらから。

【梨塾ガレージコンプリート デイトナ675、完成

IMG_1088

最高評価頂戴したPC37さらにリッターSSレコードを更新してなお開発の手を緩めずにいるS1000RRに引き続き、梨塾ガレージコンプリート第3弾は、ナンバー付き最強デイトナ675を開発、発表しました。開発テスト、モデファイ、仕様の詳細記録は>>こちらから。→ 売約済みです

【梨塾ガレージコンプリート 最強PC37公道仕様

IMG_0044

梨塾ガレージコンプリート PC37 CBR600RR 改 → 売約済みです

2014~2015 シーズンにかけて、ほぼ一年を費やして開発、テスト走行を繰り返してようやく完成した珠玉の一台。採算度外視で高機能パーツを装着、さらにラップタイムと 快適な乗り心地を求めて、ようやく完成いたしました。世界に2台と存在しない、究極のCBR600RRです。開発日誌等、詳細は>>こちらから。

74JKGlogo

※ 対象商品の内容、価格は予告なく変更することがございます。


【梨塾内の秘密結社!? スポーツスター倶楽部活動中】

16819521_1451213358235930_5099918444700802243_o

★ 参加資格 ★

スポーツスターを保有している塾生、もしくは購入予定のスーパースポーツ乗りの方。

★ 活動内容 ★

関東近郊にて一泊二日のキャンプツーリングを不定期開催中。

★ 今季予定 ★

4月以降、不定期にキャンプツーリングを予定。次回は5月です。

………もしかして、今年のGOHOKU TOURはまさかのキャンプ!?

「それだけはありえません(塾長)」





17

続いてCクラス。0.031秒足らず、残念ながら午前Bよりクラスダウンを喫してのポールポジションは、中村R1。タイムは28秒156、タイヤはフロントにSC1、リヤにSC2という組み合わせ。

18

2番手には先月優勝している西村CBR600RRで、タイムはベスト更新の28秒375、タイヤはSC1。

19

3番手には公式自己ベスト大幅更新の伊藤Ninja250で、タイムは28秒844、タイヤはディアブロスーパーコルサ”A”。

梨塾予選において、ナンバー付き自走参加の250で29秒を切れるライダーはほとんどおらず、快挙と言っていい。6月サシ塾参加。

20

4番手には鈴木MT-09でタイムは28秒906、タイヤはフロントにSC1、リヤにSC2という組み合わせ。

21

5番手にはミッショントラブルが解決した山内1198Sで、タイムは29秒391、タイヤはSC2。

22

6番手には復帰後二戦目で早くもペースを取り戻し、午前Dクラスからのジャンプアップを遂げた池原S1000RRで、タイムは29秒578、タイヤはフロントにSC1、リヤにSC2という組み合わせ。

23

7番手には自身初となる「クラスアップ」を果たした菅原701スーパーモトで、タイムは29秒657、タイヤはSC1。

24

8番手には先月の活躍が記憶に新しい工藤デイトナ675で、タイムは29秒593、タイヤはフロントにSC1、リヤにSC2という組み合わせ。

ここまでがCクラスとなった。

25

最後にDクラス。午前Cよりクラスダウンを喫してのポールポジションは林ZX10Rで、タイムは30秒078、タイヤはフロントにSC1、リヤにSC2という組み合わせ。

26

2番手にはこの日午前ほとんど走行出来なかった保坂GSXR750で、タイムは30秒547、タイヤはフロントにSC1、リヤにSC2という組み合わせ。クラスダウン。

27

3番手には最年長77歳梨本亮CB400SFで、タイムは30秒578、タイヤはSC1。悲願の30秒切りを目指す。

28

4番手には初参加となる木村SS900ieで、タイムは31秒110、タイヤはロッソ2。

29

5番手には久しぶりの出走となった井口CR80で、タイムは31秒187、タイヤはBT-601。

30

6番手には初参加の大谷内NSR50で、タイムは31秒672、タイヤはBT-601。

31

7番手も同じく初参加の松下NSR50で、タイムは32秒532、タイヤはBT-601。

ここまでがDクラスとなった。

8Z0A3566

すべてのタイムアタックが終了。そして成績発表へ。

yosen



grid
8Z0A3627

埼玉以南より房総半島沖までは雨雲が猛威を振るっているようだが………

8Z0A3635

幸いなことに、ここかすみがうら地方では雨が落ちていない。

8Z0A3603

この後は、いよいよ14時よりK-RUN-GPがスタートする。

このままドライ進行となるのか、それとも―。





つづく。

文中敬称略、ご了承ください。



この記事の中に掲載されている写真の未圧縮原板(~5MB程度まで)を廉価販売しております。2カット1セットで1000円~より。

ご希望の方は「掲載ページURL」「掲載写真のURL(分からない場合は掲載位置などでご指定ください)」と「ゼッケン番号 お名前」を添付して>> std_spd@hotmail.com までお問い合わせ下さい。

メールタイトルには「第○回梨本塾写真希望」と明記してください。

※ 写真によっては対応できないことがありますのでご了承下さい。

また、本記事に掲載されている写真は梨本塾参加者の方に限りブログなどでの二次使用可能とします。

その際は必ず以下梨本塾クレジットをお願いいたします。

写真提供:梨本塾 http://kei74moto.client.jp/

カメラ: 梨本塾オフィシャル & 影兄

過去レポートも全部見れます>>公式レポートオールインデックス

過去リザルトも全部見れます>>公式リザルトオールインデックス

1080フルHDド迫力映像満載!>>K-RUN-MOVIE

うまくなるにはこの定番とも言うべき
>>ウラメニューが必須!?

ウワサのニューマシンインプレッション
>>Test the Bike.



8Z0A8326

2017 第7回 7/16() 開催!

【早割受付中です】

google検索ワードに出てくる 【梨本塾 33秒】

これを察するに………

【梨本塾は33秒以上で参加しちゃいけないの!?

というところだと思われますが………
そんな敷居は一切ございません。

35秒でも40秒でも、もちろん大歓迎です。

バイク乗りの皆さんに楽しく1日遊んで貰う場所、それが梨本塾です。

「トミンで40秒を切れません………」

「筑波は2分を切れません………」

「もてぎで4分切れません………」

「鈴鹿は帰ってこれません………」


「まさしく梨塾レンジ。お気軽に遊びにいらしてください(^^)/」

20160717_0807

梨本塾にはとんでもなく速い常連の方もいれば、

初めてサーキットに来られる方もいますが………

経験やスキルレベルによる敷居は一切ありません。

また小難しいレクチャーや座学なども一切ありません。

20160717_0823
あの方はもしかして………まさかの世界チャンピオンもお忍びでッ!?

トミンで40秒が切れません→OK

筑波で2分の壁が壊せない→NO problem!!


鈴鹿やもてぎだと、一周回って来れません→Welcome!

8Z0A1599s

今さら聞けない!? 梨塾 FAQ

【初サーキットでも膝がすれちゃう!?】

なんていう話もあったりなかったり………。

必要なときに必要なアドバイスだけ
を受ける、後は自由に走りまくり。

これが梨本塾の基本的なスタンスです。


初心者の方、女性の方、サーキット初走行の方まで楽しめるのが梨本塾。

もちろん膝が擦れなくても、ハングオンできなくても大丈夫。

サーキット初走行でも問題ありません。

ぜひぜひ遊びにいらしてください。

20160717_0728

梨本塾は、申し込みが早いほど参加費はお得です。

参加希望の方は今すぐこちらから>>次回お申し込みチェックを!!

繰り返しになりますが………

「梨本塾に一切敷居はございません」

8Z0A0431

初参加の方もぜひぜひお越し下さい。
「梨塾で会いましょう!」

8Z0A0003



DSC_1835
74JKGlogo

梨塾ガレージってナニ?

DSC_1436

最新ZX10RからR1M、S1000RRは元より………

DSC_1459

CB400SFから………

DSC_1541

R25、CBR250Rまで。つまり、ほとんどなんでも屋です。

08s

そしてホントの正体は………
>>コチラから。