2017年11月13日

跳弾ボトル投げのフレーム上限について+α



というわけで動画公開
動画内で流しましたが、仕組みはこうです。

ボトル投げのモーションの完了は、攻撃速度を3フレームに上げたとき限定で
 崚蠅欧燭△箸離好螢鵐阿引っ込んだあと」
ではなく
◆屮椒肇襪稜発エフェクトが発生したあと」
となります。

,里澆世硲灰侫譟璽爐箸覆辰討り、これだけで言えば横ビンタのフレームと同様です。
しかし、△魎泙瓩胴佑┐襪函爆発エフェクトが発生するタイミングが、おおよそ0.4フレームあると考えられます。
これが今まで考えられてきた、ボトル投げは3フレまでいくのに、実質はは3.4フレームという謎の正体です。
攻撃速度が4フレームのときに、4.4フレームとならないところをみると、この0.4フレームは「3フレーム〜4フレームの間の1フレーム」の中で完結し、それを越えないようです。

では、今回の本題、「跳弾ボトル投げが4フレーム上限であること」について解説します。
跳弾ボトル投げは3体まで追加魔法攻撃が可能であり、今回の動画ではわかりにくいですが、同時に爆発エフェクトが3発分発生しています。
内部的に別々のカウントとなっているため、通常のボトル投げと同様、
「ボトルの爆発エフェクト0.4フレーム」×3のカウントがされるようです。ただし、上記しましたが爆発エフェクトは1フレーム内に完結しているので、「4.2フレーム」とはならず「4フレーム」に収まるような形になっています。
つまり、実質的に跳弾ボトル投げの限界フレームは4.2フレーム前後だと思われますが、上記の爆発エフェクトの仕様により、4フレームとなっていると理解してください。
この現象は4フレームのときには発生しませんので、跳弾ボトル投げのスキル設定で4フレで制限されているとも考えました。

が・・・動画の最後のほうにつけていますが、3フレ装備の場合の跳弾ボトルは「投げてからスリングが引っ込むまでの動作は3フレ」です。
この動作のみの3フレと爆発エフェクト1フレの辻褄を合わせるため、スリングの投げ終わり⇒次に投げる動作のタイミングが、変なタイミングで遅れていきます。
よって、4フレで制限されている、と考えるよりは、爆発エフェクトで発生するフレームの処理が通常ボトルと同様にカウントしているため、事実上4フレに制限されてしまっていると考えるべきだと思います。

以上です。
教えてくださったR様、動画編集してくれたオカンに感謝。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字