2011年07月

2011年07月23日

にわかドッグトレーナー

先週の話ですみません。
先週の日曜に、前の会社の後輩の家に行きました。
なぜかというと、子犬の訓練相談!

犬が大好きな彼女(新婚さん)は先日、雑種の子犬をもらってきました。
これまでも犬は飼ったことがあるし、犬が大好きな人です。
その犬は乃衣ちゃん(のいちゃん)と名づけられ、夫妻はたいそう可愛がっています。

しかし、そんなのいちゃん、今3ヶ月くらいなのですが噛み癖がひどく、飼い主相手でも時折うなったりする、とのことで飼い主の彼女は悩み始めました。
チャットで犬の話をしていたら相談になってしまったのですが、犬がなぜ噛むかは話だけではよくわからない。
よって、お家にお邪魔することになりました〜。

埼玉の鴻巣まで遠征すること1時間半。
まずは夫妻と美味しいお蕎麦を食べて、いざ、のいちゃんの待つお宅へ。

まず、入るなり、視線そらした。。。
夫妻のほうに顔色うかがっている。。。
明らかに新参者を怖がっている。不安がってる。

こりゃ、距離感が大事だ、と思って遠くにいて、まずはおやつを与えて仲良しになろう作戦。
おやつ食べたけど、かなり恐る恐るだった。
手強いなぁ。

次に、おもちゃで遊ぼう作戦。
私が手に持っていると、決して来ない。投げないとそれで遊ばない。
私が後ろを向いたらかじってくるくせに、前向いたら逃げる。。。
noi1
かわいいんだけどなー。触らせてくれよ。

あいさつをしてみようと、手を下のほうから出して「匂いかんでいいよ」ってしても、後ずさり。
本当に引っ込み思案。というか怖がり。

飼い主とならどうか、と思い、夫妻が一緒に遊んでいる様子を眺めていると、やっぱりうなる。
べたべたしない。
そして、甘噛みじゃなくて本気で噛む。

私があえて無理に抱っこしようとしたら、もうパニックのように噛みまくる
で、抱っこされたら今度は固まる。
こりゃ、力づくはかえって恐怖心をあおることになるなー。悪循環。

そこでタオルひっぱりっことおもちゃで走らせて、だいぶ疲れたところで撫でると。
おおー。だいぶ落ち着いたではないか
撫でさせてくれるかわいい
だいぶ疲れたようなので後は寝かせておきました。

私の分析としては、
・のいちゃんの性格は怖がりで、特に人間の手が怖いらしい(保護された犬らしいので過去になにかあったのか?)
・うなるのと噛むはストレスが原因でもある。発散させるべし。

これからの方針としては
・めいっぱい遊ぶ、運動させる。散歩が難しかったら、手ぬぐいやタオルでひっぱりっこしたり、ボール追っかけさせたりさせる。
・遊びが終わったら「おしまい」と言って、中途半端にかまわない。メリハリをつける。
・性格が怖がりなので、要求がしつこかったら叱るよりも無視する。

で、翌日、彼女からメールが来て、だいぶ落ち着いてきた、とのこと
結果出てきたみたいで良かった〜!
noi2


同じ犬といっても千差万別とはこのことで、彼女の飼っていた前の犬は非常におとなしく、全力で遊んだ記憶がないそうです。(私にはとても信じられない)
いつもクッションに座って、撫でてボーッとしている犬だったそうです。
なので、犬と遊ぶ必要は感じたことがない、おもちゃは与えていれば勝手に遊ぶと思っていたらしい。
私はいつも元気一杯な犬と一緒だったので、逆にそんな犬がいるのかとびっくり。

また、噛むのは凶暴な性格だと思っていたらしく、叱ることが重要かなと考えていたようです。
滅多に生来から凶暴な犬ってのはいないと、私は思っています。
思いが伝わらないから凶暴になるのであって。

しつけの本などで勉強しては試していたようですが、結局犬も個性それぞれですからね。
正解なんてありませんよね。試行錯誤は当たり前ですよね。

こうやってみると、ダックスって飼いやすいのかなぁ?
吠えないし、人間だれでもWelcomeだし。
あと、和犬の血が入っていると多少内弁慶になりがちかもしれません。

のいちゃんの怖がりな性格は簡単には直らないかもしれないけど、今後に期待!
まだ子供だし、夫妻も熱心だからきっと好転していくことでしょう。
また会いに行きたい。

nasuka_bird at 21:28|PermalinkComments(5)TrackBack(0) お友達 | しつけ

2011年07月20日

尾白川渓谷トレッキング

更新ができていなくて、すみません。。。

7月18日(祝)に友人Hさんに誘われて山梨県白州の尾白川渓谷に行ってきました。
疲れたけどとっても楽しくて、忘れられない1日になりました!

相方が出張で不在だったため、犬二匹を一人で電車に乗せました。
朝早い(朝4時起き!)こともあり、犬二匹分のキャリーケースと自分のリュックをしょって待ち合わせの駅まで行くのが大変でした。。。
でも集合地、橋本駅までつけばあとはHさんの車に乗っけてもらってGO!

尾白川渓谷はあの「サントリー 南アルプスの天然水」の採水地らしく、確かに水が澄んでいてきれい!
生まれて初めて川の水を飲む経験をしました。

肝心の登山ですが。
最初は渓谷沿いの道を行きましたが、あまりに岩場ばかりで険しく、ダックスには厳しいので終始抱きっぱなし。
これには人間のほうが参ってしまいました。 
しかし、途中であったおじさんが尾根道を教えてくれ、坂は急ながらも段差が少ないので、ここから我が家の犬たちの登山が始まりました。

IMG_0511
登山道すぐにあるつり橋。

IMG_0514
うぉう!高い、高い!

IMG_0516
途中の千ヶ渕で一息。

 IMG_0526
友人Hさん「馬かい!あんたは!」
らぴは胴が長すぎるんだよねー、ダックスの中でも。

IMG_0520
がぶは水が苦手です。シャワーは平気なのに。

IMG_0534
三連の滝である神蛇滝でお昼ご飯。
すっごくきれいなんですが、これは崖に立たないと見られない。
割とこわい。

このあと、最終目的地である不動滝に到着!
すごい!ダックスだと無理だと思ってたのに!!
ここが折り返し。

喜んだのもつかの間。

ここでハプニング。

なんと、ガブリエルが吐きまくってしまいました。
最初は途中でむしった、どこぞの葉っぱなどが出てきましたが、胃液になっても吐く。
これは、疲れすぎです。。
秋には4歳になるがぶ。
ごめんね、子供のころとは体力が違ったみたいね。

そこで、急遽、ガブリエルinリュック作戦!!
NEC_0151
この状態で前にしょって下山しました。
正直、がぶには悪いけど、あまりにおかしい格好で笑ってしまいました。
なすがままだし。。

幸いにも、途中で元気がもどったらしく、「おろして」というのでおろして元気に歩き始めました。


IMG_0533
山ガールならぬ、山ボーイ。

IMG_0541
ちょっと悪そう。

午後4時くらいに、最初のつり橋に戻ってきました。
ほっとしたよ。
人間の足もガクガク。

最後に川に入りましたが、これが水がきれいで、本当にご褒美でした。

NEC_0154

NEC_0156


IMG_0543
何度も言いますが、がぶは川や湖が嫌いです。


IMG_0547
らぴが泳いだ!!
やったーー!
(ちょっとだけど)
決定的瞬間。
泳げるんだ。

nasuka_bird at 23:07|PermalinkComments(12)TrackBack(0) 旅行 

2011年07月12日

うそこメーカーで爆笑!

ブラソリのblog仲間さんで「うそこメーカー」が流行っているので
私はTシャツ作成バージョンでやりました。

結果・・・

もう!!爆笑!!

ガブリエルは
ガブリエル
うんうん、母さんは合っていると思っているよー、がぶりん♪


で、ラファエル。
ラファエル
もう!!人畜無害て言ってる割に悪そう!!
ガイコツだし!
「悪そう」はラファエルの代名詞です。


そしてnasukaは
nasuka
ち、違う~!(汗

もう、なんでもいいよ。


かなり楽しませていただきました。

nasuka_bird at 11:15|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 日々の出来事 

2011年07月10日

ダックスの交配と遺伝子について


昨日、久しぶりに柏の宮公園へ行きました(滞在3時間・・・)

で、久しぶりに会ったダックスの飼い主さんとお話しました。
「うちもこのブラックの子(ラファエルの事)、お店で見て買おうと思ったんだけど、家内が嫌がってね。ブラックが生まれてくるなんて、どんな繁殖してきたんだと心配になってやめたんだ」
とのこと。
ちなみに、そこのうちの子は、チャンピオン犬の子供で立派なブリンドルの子です。

その時は適当に「劣勢遺伝子ですからねぇ」と言ってお茶を濁しましたが、家に帰って調べてみると、
ブラックを発現する「K」はれっきとした優勢遺伝子でした。
ここで掛け合わせと色の発現可能性パーセンテージが調べられました)

とはいえ、日本のダックスの交配がめちゃくちゃな事は有名で、珍しい色を求めるあまり、危険な交配がなされていて、目がない、足がないなど先天性異常や疾患を持つ子が多数だそうです。
また、遺伝子は5代6代さかのぼって調査しないといけないし、正直、素人がぱっとわかるものではありません。
犬を求める時、そこまでできるかはちょっと疑問です。

ガブリエルの父方がずーっとクリーム同士のかけあわせでちょっと心配になりましたが、
先ほどのサイトで「必ずしも危険ではない」という意見がありました。

NEC_0138
ラファエルの血統書、前半部分。
この子は父方、母方の両方の祖父母にかならずブラックタンが入っているので安心安全パターン。
両親はチョコレート同士。

NEC_0137
がぶの血統書前半部分。
父方は全てクリーム。
クリームとチョコダップルの組み合わせでシルバーダップルって、できなさそうなんですが。
うーん。
本当はチョコダップルなんじゃないなぁ、ガブリエル君。
ちなみに、この子は本人1頭しか生まれていません。
死産、とかしたんだろうか。心配。

NEC_0133
そんなガブリエル君、元気いっぱいに公園でごろごろ背中こすってた(笑)
うれしそう。

NEC_0135

NEC_0134

ああ、本当にお前は写真撮れないよ(怒)



nasuka_bird at 12:34|PermalinkComments(5)TrackBack(0) 血統・遺伝 | 日々の出来事

2011年07月09日

夏だねぇ

ついに梅雨明け。みなさま、お元気でしょうか。
うちのワンワンも元気にやっております。
ガブリエルはラファエルが来てから、夏でも食欲が落ちなくなっている。
競っているからなんでしょうね、食べ物も。

ここ数日、お留守番が長い日が多かったので、この土日は好きなところに散歩させようと思っています。

NEC_0131
暑くてぐったり。

NEC_0130
がぶの「ニッカボッカ」状態。足もすごいけど、しっぽふっさふさ。

NEC_0132
眠いところを撮られ、うらめしそうならぴ。

NEC_0126
がぶは良く笑う犬です。


NEC_0127
せっかく前向いていたのに。じっとしてない。



nasuka_bird at 14:19|PermalinkComments(6)TrackBack(0) 日々の出来事