ダンナが入院ダンナ退院

2018年04月29日

ラブラドールのブリーダー

暑いゴールデンウィークです。
らっぴの朝はこんな感じ。

image



溶けすぎ(笑)


ダンナの調子はまあ良く、といっても、投薬も点滴もなく、ひたすら安静にしてるだけなので、いつ退院になるのかはわからない。



先日、北海道に帰った時、ラブラドールのブリーダーさんに話を聞きに行った。
旭川から車で1時間ちょっと。
奈井江町という田舎。

image


途中の道の駅で見た看板。
呪文のようだ(笑)


結局、イヌを買うところまでにはいかなかったが、こだわりを持ってイヌを作るブリーダーさんの気持ちはとても共感できるところが多かった。

健康で長生きして家族の一員としてともに生きるイヌを作る。
なので大型すぎないよう交配を続け、30キロいかない子にしていると。
身体が大きいと関節に障害がでるから、とのこと。
フードも色々試した結果、ドイツのものとオーストラリアのもののブレンド。

ただ、うちは今までイヌを何十万もかけてもらった試しがないし、フードだって、うちの実家はたいして高いものはあげたことがない。

ブリーダーさんはいい人だったけど、うちの実家には無理かな…

北海道盲導犬協会のキャリアチェンジ犬は、現在2〜3年待ち…
なかなか良い縁に巡り会えません。


image


image


ブリーダーさんところで、交配を引退した子に触らせてもらった写真。
母はイヌ不足を補ってました。


イヌがいない実家は、火が消えたように静かでつまらなかった。
最後の一頭になるであろう子、早く見つからないかな。

image

ハル、お疲れ様。

nasuka_bird at 15:09│Comments(0) お出かけ | 健康

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ダンナが入院ダンナ退院