カテゴリ: 魔王様のお戯れ

 人は、生き物は、何かの、誰かの犠牲の元に生きている。私はそんな当たり前の事を今ほど感じた事はなかった。 「ハイグレ、ハイグレ、ハイグレ、ハイグレ、ハイグレ」  三代さんはただただあのポーズを繰り返していた。そして時間と共に彼女の苦しみは消えかけていた。 「 …

↑このページのトップヘ