2016年12月08日

夏の会 2016年・報告会


毎年恒例、夏の会の「2016年慰労会・報告会・来年も頑張りましょう会」が12月4日(日)に行われました。我々は夏の間だけ集まるので皆さんとの再会は久しぶりでした。ワイワイとしているなかでも、女優達は来年の夏の会について話し合っていました。来年は、この夏の会を発足してから10年になります。節目の年です。毎年もちろん気合い十分ですが、さらにパワーアップして「夏の雲は忘れない」を届けて行きたいと思っております!

2016年、応援ありがとうございました。
2017年も引き続き応援よろしくお願いいたします!


securedownload

朗読指導担当 村田純でした。


nathunokai at 01:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月29日

美濃加茂公演


214ea466289a2280768627c3b36447e5


昨日、8月27日(土)岐阜県美濃加茂市にて「夏の会」千秋楽公演でした。この日は「夏の会」の女優、渡辺美佐子さんの坪内逍遙賞授賞式でもありました。

授賞式の中で美佐子さんがおっしゃっていました。「栄誉ある賞を頂けたこと、とても嬉しく思います。ただこの賞は私一人の力でとったものではありません。支えてくださったたくさんの方のお力添え無くしてはとれておりません」。その言葉を聞いたとき、私の身も引き締まりました。そして改めて心に刻みました。私も頑張ろうと。

式典後、「夏の雲は忘れない」の公演でした。本日の地元朗読は皆小学校5年生の子供達。この朗読劇には、彼らと同じくらいの年齢の子供の手記がたくさん出てきます。練習のとき、舞台リハーサルのとき、本番のとき・・・。だんだんと、"今"読んでいる彼らが、"その時"書いた彼らの姿に重なってきます。声色を変えたり、すごく想いを入れているわけではないのに、彼らの声が、彼らの言葉が、心に深く響いてきて・・・。隣で一緒に読んでいるにも関わらず、涙を抑えるのに必死になってしまいました。

ラストのシーンでは子供たちと女優とがどんどんリレーをして、当時の彼らの心の言葉を読んでいきます。真っ直ぐな子供たちの言葉と、女優の巧みが綺麗に混ざり、客席をどんどんと包み込んでいく不思議な感覚を受けました。普段は絶対に抑える涙が堪えきれず、一筋だけ流してしまいました。ある女優が言っておりました。「読む私達が泣いてしまうことは絶対にダメ。伝えるのが仕事だから泣いてしまっては伝わらない」と。まだまだですね(>_<)

課題も見つかり、そしてまたこのような感覚を味わえたこと、やっててよかったなぁと改めて思うことができました。今年はこの美濃加茂市で「夏の会」公演は終了となります。

来年は「夏の会」が活動を始めてから、10周年。さらにパワーアップをして皆様にお会いできることと思います。今夏も応援してくださった全ての皆様に感謝します。ありがとうございました。

地元朗読指導 村田純


nathunokai at 01:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月09日

長崎忌



のどがかわいて


nathunokai at 11:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)