05_midashi
2017年12月1日~3日に、「秋葉原UDX」「ベルサール秋葉原」「魂ネイションズ AKIBAショールーム」で開催された「TAMASHII NATION(魂ネイション)2017」。アフターレポートでイベント当日の様子をご紹介です!
当記事では、UDX「超合金」エリアに展示された「超合金魂」「DX超合金」など、バンダイコレクターズ事業部の創立を支えた「超合金」の系譜を継ぐアイテムを特集です。他エリアのレポートとあわせて、会場の熱気をもう一度体感して下さい!
※掲載アイテムは2018年以降発売、または参考展示です。展示品の画像はクリックで拡大表示されます。


※他エリアのレポートは以下の通り公開中→クリックでジャンプします。
【オープニングセレモニー&ベルサール秋葉原編】
【TAMASHII NATION 2017 アフターレポート リアルサイズ編】
【TAMASHII NATION 2017 アフターレポート 特撮フィギュア編】
【TAMASHII NATION 2017 アフターレポート アニメ/その他フィギュア編】
【TAMASHII NATION 2017 アフターレポート ロボット編】
【TAMASHII NATION 2017 アフターレポート モンスター編】
【東京コミコン(洋画・アメコミ系フィギュア)アフターレポート】



■DX超合金/HI-METAL R マクロスシリーズ
02
03
04
05
06
07
08
DX超合金の『マクロス』シリーズでは、“VALKYRIE PROJECT”と称して、歴代マクロス作品に登場するバルキリーへラインナップを拡大していくことを発表!今回、「VF-1J バルキリー」「YF-19」の2機種を参考出品いたしました。『超時空要塞マクロス』『マクロスプラス』から、ともに初のDX超合金ラインナップ入りとなります。「YF-19」は、着脱可能なフォールドブースターや各種ミサイル、劇中で一瞬登場したレア武装なども付属予定で開発進行中とのことです。
詳しくは、12月3日に特設ステージで開催された「『マクロス』シリーズ スペシャルステージ」でも触れられており、後日再配信も予定しておりますのでそちらも要チェックです。

37
38
同じマクロスシリーズとしては、ベルサール秋葉原会場でも、HI-METAL R「VF-2SS バルキリーII+SAP(ネックス・ギルバート機)」「VT-1 エリントシーカー」が参考出品されていました。


■超合金魂 スーパー戦隊シリーズ
09
10
11
『恐竜戦隊ジュウレンジャー』より、2017年4月に発売の「大獣神」に続き「超合金魂 ドラゴンシーザー」が参考出品されました!発売済の「TAMASHII lab ドラゴンシンフォニー 獣奏剣」や「S.H.Figuarts ドラゴンレンジャー」と一緒に並べよう!そして「剛龍槍ドラゴンアントラー」が一緒に展示されているということは……?


■超合金魂『パシフィック・リム』シリーズ
『パシフィック・リム』コーナーは、2018年2月発売予定の「超合金魂 GX-77 ジプシー・デンジャー」と、DXソフビ魂のカイジュウ「オオタチ」(参考出品、会場のみ公開)との対決シーンも再現されていました!
また「超合金魂 クリムゾン・タイフーン」試作が参考出品された他、超合金魂「チェルノ・アルファ」「ストライカー・エウレカ」のパネル展示もありました(いずれも会場のみでの公開)。ROBOT魂では第2作『パシフィック・リム:アップライジング』の新イェーガーが続々展開中ですが、今回初めて、超合金魂での第1作『パシフィック・リム』のシリーズ展開が示唆されたことで、今後への期待も高まります。


■METAL BUILD『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』シリーズ
18
20
21
2018年1月の日本公開を控えた『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』からは、2018年2月発売予定の「METAL BUILD マジンガーZ」と、マジンガーに似た姿を持ちつつも全てが謎に包まれた存在「インフィニティ」を参考出品。劇場での活躍にご期待ください!!
本作のメカの魅力も大いに語られた、特設ステージでの「『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』スペシャルステージ」も再配信中です。


■超合金魂 D.C.(ダイナミッククラシックス)シリーズ
22
23
25
誕生から1年を迎えた「超合金魂 D.C.(ダイナミック クラシックス)」シリーズには、2018年3月発売の「超合金魂 GX-76 グレンダイザー D.C.」と合体できる「スペイザー」(参考出品)を国内初展示。
さらに、機体各部の可動ヒンジらしき形状が気になる「ゲッター號」(『ゲッターロボ號』より。会場のみ公開)や、“こころ斜め15度に”の印象的な歌詞も思い出される「ゴッドマジンガー」(『ゴッドマジンガー』より)が参考出品され、ダイナミックキャラクターの世界がさらに広がる展示となりました。


■フルメタル・パニック!
26
27
28
29
2018年3月発売予定のMETAL BUILD「アーバレスト Ver.IV」は、公式メカデザイナー・海老川兼武氏監修のもと、新ギミックとなるECSモード起動時のパーツ展開をはじめラムダ・ドライバ再現や多数の武装オプション付属など、「究極のアーバレスト」を目指して開発中です。整備ドッグを模した専用台座も付属するので、製品版もこの画像に近いイメージで飾ることが出来ます。


■テクノポリス21C
30
32
31
33
そして、今回最も注目を集めたアイテムのひとつである『テクノポリス21C』!
HI-METAL R「テクロイド ブレーダー」「テクロイド スキャニー」が参考出品されました。30年以上の時を超えての立体化に、当時からのアニメファンや、スタジオぬえ・宮武一貴氏のデザインに魅了されたメカファンから熱視線が注がれました。


■FORMANIA EX
35
36
FORMANIA EXでは、コア・ファイターを内包したデザインや各部から露出するバーニアが特徴の「ガンダム試作1号機 フルバーニアン」が参考出品。発売済の「νガンダム」「サザビー」と異なり、胸像本体にもライトギミックを内蔵しており、外からのライトや整備員フィギュア等の付属品を組み合わせて、より本格的な情景が楽しめるアイテムとなっています。


ご紹介した他にも、10大アイテム新発表のうち「超合金魂 魂MIX ゲッターエンペラー」(参考出品)、「METAL BUILD ストライクガンダム」(参考出品)、「METAL BUILD エヴァンゲリオン初号機」(山下いくと氏によるコンセプトデザイン掲示)をそれぞれ会場でのみお披露目いたしました。いずれもロボットフィギュアとして、ハイエンドを極めるアイテムを目指し鋭意開発中です!


当エリアのアフターレポートは以上となります。下記の他エリアレポートや、今後再配信予定のステージの様子などと一緒にお楽しみ下さい!
※他エリアのレポートは以下の通り公開中→クリックでジャンプします。
【オープニングセレモニー&ベルサール秋葉原編】
【TAMASHII NATION 2017 アフターレポート リアルサイズ編】
【TAMASHII NATION 2017 アフターレポート 特撮フィギュア編】
【TAMASHII NATION 2017 アフターレポート アニメ/その他フィギュア編】
【TAMASHII NATION 2017 アフターレポート ロボット編】
【TAMASHII NATION 2017 アフターレポート モンスター編】
【東京コミコン(洋画・アメコミ系フィギュア)アフターレポート】


※掲載アイテムは2018年以降発売、または参考展示です。展示品の画像はクリックで拡大表示されます。


©1982 ビックウエスト
©1994 ビックウエスト
©1992 ビックウエスト
©1984 ビックウエスト
©東映
©Legendary 2018.All Rights Reserved.
©永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会
©ダイナミック企画・東映アニメーション
©ダイナミック企画・TMS/1984
©賀東招二・四季童子/KADOKAWA/FMP!4
©TOHO CO., LTD.
©創通・サンライズ