※「地域主権改革」を考える市民対話の集いのお知らせです。

「地域主権改革」でこわされる 国民生活の「安心・安全」
「公」のあり方、社会保障、福祉 市民対話のつどい

■日時 12月23日(金・休日)10時開会

■場所 横浜開港記念会館
 (横浜市中区本町1丁目6番地)
  http://www.city.yokohama.lg.jp/naka/kaikou/acces.html

■参加費無料、事前申込不要、入退場自由

■内容

 【午前】講演
  演題 「震災後の政治と新たな福祉国家構想」
  講師 渡辺 治さん(政治学者 一橋大学名誉教授)

 【午後】分科会
  第1分科会 「大震災を受けて公のあり方を考える」
  第2分科会 「公の解体のもとで発生している『公務の劣化』の実態」
  第3分科会 「『地域主権改革』とナショナルミニマムの確立に向けて」

■主催 「公」のあり方を問い、福祉国家を考える神奈川実行委員会
 【連絡先】神奈川県労働組合総連合(神奈川労連) 電話045-212-5855
 【実行委員会構成】神奈川労連、神奈川国公、神奈川自治労連、県民連絡会、NPOかながわ総研究、自由法曹団神奈川支部