※シンポジウムのお知らせです。

 3.27シンポジウムに多くの皆さんの参加を呼びかけます!

 3.27シンポジウム
 ハローワークの明日を考える
 ――検証!上田知事「地方移管のメリット」は本当か

 東日本大震災、年末・年度末の解雇・雇止めラッシュ…。大勢の労働者があたらしい働き口を求めて、ハローワークを訪れています。無料での就職相談や職業紹介はハローワークの大事な役割です。

 他方で、埼玉県の上田知事を先頭に、国の出先機関であるハローワークを地方に移管し、将来は民間に委託しようという動きが進んでいます。

 本当に、地方移管と民間委託によって、ハローワークは良くなるのでしょうか? 今、ハローワークに求められる役割は何でしょうか? シンポジウムで、共に考え議論しましょう!

■日時 3月27日(火)18時30分~

■場所 さいたま共済会館
 (浦和駅西口より徒歩10分/さいたま市浦和区岸町7-5-14)
 地図 
http://www.saitama-ctv-kyosai.net/introduction/kaikan.html

■主催(五十音順) 埼玉県国家公務関連労働組合協議会/自由法曹団/全労働省労働組合/労働法制改悪反対埼玉連絡会

※参加費無料、事前申し込み不要、どなたでも参加いただけます。