※「公のあり方を問い、福祉国家を考える神奈川実行委員会」による連続講座のお知らせです。

 「この国のかたち」と市民生活を考える連続講座
 ――あなたの身のまわりで起きる「危険」の黒幕

 いま、「国のかたち」が変えられ、私たちの生活が「危険」にさらされよとしています。個別テーマごとに、どんなことが起ころうとしているのか、知り考える連続講座です。多くのみなさんの参加をお待ちしています。

【第1回講座】
■日時 9月21日(金)18:30~
■場所 かながわ県民センター304号室(「横浜駅」西口・きた西口を出て、徒歩およそ5分/横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2)
地図 
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f5681/p16362.html
■内容
  ①「生活保護はいけないこと?不正受給はそんなに多いのか」
  ②「安全・安心の砦=地方整備局、地域主権改革でなくなる!?」

【第2回講座】
■日時 10月5日(金)18:30~
■場所 かながわ県民センター304号室
■内容
  ③「子どもがビジネスの食い物になる 子ども子育て新システム」
  ④「ハローワークが地方移管・民営化されるとどうなるか」

【第3回講座】
■日時 10月19日(金)18:30~
■場所 かながわ県民センター301号室
■内容
  ⑤「県の施設・出先機関と補助金が全廃-神奈川臨調とは」
  ⑥「混合診療で命の沙汰も金次第 めざせ!窓口負担ゼロ」

※いずれの講座も参加費無料、事前申し込み不要です。

【主催】
公のあり方を問い、福祉国家を考える神奈川実行委員会
(神奈川労連、自由法曹団、かながわ総研など)

【問い合わせ先】
神奈川県労働組合総連合(神奈川労連)
TEL:045(212)5855
mail:
info@kanagawa-rouren.jp