20170423あえてバリアフル




















東京新聞・中日新聞
2017年4月23日
障害者は四つ葉のクローバー
「あえてバリアフル!」

バリアフル! バリアフリーの対義語の俗語で、バリアーがフル(たくさん)という意味です。高校進学時にエレベーターなし、階段だけの五階建てという、車椅子にとっては、まさしくバリアフルな学校を希望した私。姉も通った地元の高校だから、制服がかわいいから―というのに加え、実は「憧れの男子も受験するから」というのが最大の理由でした。

 でも両親をはじめ、先生方、周りの大人は猛反対! 「今通っている養護学校(現・特別支援学校)の高等部に進学すればいい」「新設されるバリアフリーの高校はどうか?」と言われ続けました。

 心に秘めた想いを、周りに言えるわけもありません。「世の中、バリアフリーではない方が多いのだから、それを避けていては、今後、何もできません。階段の移動は、友だちに手伝ってもらえば大丈夫」と説得を続けました。

 唯一、応援してくれたのは、当時通っていた塾の先生や友だちでした。私は小学五年生から塾に通っており、●立中学受験の際、試験の点数はクリアしていたはずなのに、落ちてしまった経験があります。そのため、みんなは私の普通高校への進学を切に願ってくれました。

 そして周りから反対されればされるほど、勉強への熱も、秘めた想いも熱くなるもの! 反対していた大人たちも、かたくなな私に押されて次第に折れ、推薦入試を受けることを認めてくれました。

 面接当日、実は左腕を骨折していた私。「自分で動けないと落とされてしまうかもしれない」と心配し、痛みをこらえながら車椅子をこいだのです。そして合格。バリアーもフルだけど、楽しみもフルフルの高校生活がスタートしました。

写真:五年間通った学習塾で。中学二年の頃。前列中央が筆者。

子ども二人の出産・授乳を終え、歯の治療に通う毎日。
産前産後は、虫歯にならず、状態が良かったのに、
最近、急にあちこちがもろくなってきて悲しい。
歯磨きや、歯医者選びには、かなりこだわっているので、
状態はいいんだけど、骨の障害のせいで、歯にガタがきている。

骨形成不全症の人を多く見ている歯医者に、
セカンドオピニオンを求めに行きました。
そしたら今まで知らなかったことを、いろいろ発見。

・ひとことに骨形成不全症といっても、
歯のタイプは二種類ある。

・舌の大きさが、体の比率から見ると大きい人が多く、
舌が歯の内側に収まらず、自然と下の歯を押してしまい、
歯が前に出てきて、かみ合わせがズレる。

・かみ合わせが悪いと、歯に負担がかかり、
通常よりも早く、もろくなる。

・歯で最も丈夫な部分、エナメル質が形成されにくい、
もしくはない傾向にある。

・40代前後で、入れ歯になる人が多い。
(私もこれから数年に急展開!?)

・ブリッジやインプラントは向かない傾向。

・骨を強くしようと思って、骨粗しょう症の薬を飲むと
副作用で、歯をはじめとするあちこちが
かえってもろくなる場合がある。


意外と得られない歯の情報。
丁寧なお医者さんで、ありがたく、勉強になりました。


私は、5年前に岡山で、目から鱗の歯医者さんに出会い、
それから歯のお手入れには力を入れている。
虫歯になりやすい妊娠中や、産後も、
歯の状態が良かったのは、本当に嬉しかった。
でも避けられない、障害から来る傾向。
悲しいけど、今まで状態がなるべくキープできるよう、
これからもお手入れ、がんばります!



image


















札幌旅行最終回です。


suage+のスープカレー。
素揚げ、特にジャガイモがおいしかった!



image


















やっぱり北海道!
あちこちでアイスクリームもいただきました。
アイス好きのムスコくん、ご満悦。


image

 


























飴の実演。
出来立ての飴はやわらかかった!



image 




















新千歳空港限定、じゃがりこのフライドポテト。

他にもレベルの高い回転寿司や、
自然食、いろいろいただき大満足でした。




image




















一緒に行ってくれた友だち、
泊まらせてくれた友だち、
そして久々の再会で
サポートしてくれた友だち、
本当にありがとう!

image




















行く前は少し気が重かった、夫もいなく、
ヘルパーさんとの子ども二人連れ旅行、
最高でした!

会いたい人に、会いに行く。
それだけのことだけど、
なかなかむずかしいこともあるよね。

さて、次はどこに行こうかな。

BlogPaint




















Huffpostのレインボーパレード
「思い思いの服装で参加した人たち」
に私も載ってます。
いろんな人がいて、居心地がいい
MAZEKOZEのみんなと
最高のパレードでした!

Huffpost
差別がないと笑顔になれる

image


























東京レインボープライド2017
のパレードに参加しました!









image


























メイク・ヘアは表参道POOLさんにて。











BlogPaint




















「いろんな人が一緒、MAZEKOZEが気持ちいい」
がテーマのget in touchのみんなと、フロートに乗って出発です。



BlogPaint




















自分らしくいるのが一番いい!
どんな生き方も素敵だし、
誰を好きだっていい。

みんなが笑顔で、
フロートから手を振りながら、
タッチをしながら、
幸せいっぱいで、泣いちゃいました。



image



 














ムスコくん、ムスメちゃんも、
もちろんレインボー。 





@Holland 076




















そういえば私、10年以上も前に、
オランダのLGBTパレードを
一人で見に行ったの。
運河に流れるフロートで、みんなが楽しそうで。
時を経て、日本で自分が出ることになるだなんて。
ありがたいし、いろんなチャンス、経験を
これからも大事にしたいです。

Happy pride!

 

image































飛行機に乗り



image 































外車に乗り、



image



 



























スモールサイズの私も乗り、



image































路面電車に乗り(車椅子にはかなりバリアフル)、




image


 




















ベビーシート、車椅子で寝て、




image 























ブルドーザーに乗り、




image

 





























しまうまに乗り、



image 























そして、汽車にも乗りました!


子どもたちだけでなく、ちゃっかり私も楽しみました!

image































札幌旅行に行ってきました!
35歳は白雪姫でお祝いです。


image





















ムスメちゃんも、ママのためにケーキでお祝い!?




image
























これ全部、白い恋人パークガリバータウンでの一コマなの。
めっちゃ遊びました!





image





















いろんなお店体験ができて、満喫。

次回は札幌での乗り物特集で〜す!



20170409障害者はどこに?




















東京新聞・中日新聞
2017年4月9日
障害者は四つ葉のクローバー
「障害者はどこに?」

新しい出会いの4月。あなたの学校や職場に、特徴のある人たち、いわゆる障害者はいますか?私の子どもが通う保育園には、ぱっと見いないし、街なかでもあまり見かけません。障害者はみんなどこに行っているのでしょう。

私は小・中学校の9年間、養護学校(現:特別支援学校)に通いました。高校は普通高校に進学しましたが、校舎は階段しかない5階建て。古い車椅子をかき集め、私がよく使う階に三台常備しました。初めての移動教室。緊張しながら、まだよく知らないクラスメートに手伝いをお願いし、別の階の車椅子まで抱っこしてもらいました。
日に日に、私に声をかける人は増え、移動の時は近くの人が手を貸すのが普通になりました。おかげで私の友だちは車椅子のサポートが自然にできるようになり、その後出会った障害者へも、気軽に声をかけられるそうです。

私にとって、常に人の手を借りる移動は、大変なこともありましたが、みんなが一緒に過ごしたからこそ、お互いに助け合うことを学べたのです。

障害のある人だけが通える学校や学級があり、障害がない人とわけられがちです。「みんなちがって、みんないい」とよく言われますが、それはみんなが同じ場所にいて、一緒に過ごしている中で、違いを認め合うこと。過ごす場所が違うことではないのです。

障害の違いではなく、一人一人の違いを大切にすることで、みんなが自分らしく生きることを学べるのです。新学期だからこそ、学校では分けることが当たり前ならないよう、疑問を持ち、分ける時間と場所が減らしてほしい。貴重な学びの場を、たくさんの子どもたちに、作っていきたいですね。「一緒にいないのが、おかしいよね」それ
を合言葉にしませんか。

写真:高校時代、放送部の友だちと

image
































どうにもこうにも疲れている、もうすぐ35歳の私。
お友だちにお祝いしていただきました。


「ママはパンダになりたい。
1日中、ゴロゴロ寝て、
笹を食べたい」
とムスコくんに言うと

「やだー!一緒にいられないじゃん。
パンダママじゃなく、なっちゃんママがいい!」
と言って、泣きだすムスコくん。
まだまだかわいいわ!







image





















いちご狩り!
無料のムスメちゃんが一番たくさん食べてました!






image 





















渋い顏が得意のムスメちゃん。
癒される!?



image



 

















大好きなエリック・カール展。
子どもを連れて美術館、もっともっと行きたいな。 

20170316ルールの落とし穴




















東京新聞・中日新聞
2017年3月26日(日)
障害者は四つ葉のクローバー
「ルールの落とし穴」

ルールの落とし穴

いつも行く公園に「自転車は押して歩きましょう」と書かれた自転車止めが設置がされました。しかしその後も、自転車に乗ったまま公園内を通る人は減ることなく、影響を受けたのは、私のような車椅子ユーザーやベビーカーを押す人たちでした。毎回それを動かさないと通れないので、本当に不便なのです。深く考えずに、係りの人は設置してしまったのでしょう。悲しいかな。でも、こんなことって、本当によくあります。

東日本大震災「3・11」の後、計画停電がなされた首都圏では、駅のエレベーターがあちらこちらで止まり、車椅子での移動はとても大変でした。「節電」が最優先され、それは大切なことですが、エレベーターしか使えない人がいる、ということは簡単に見落とされてしまったのです。

ルールが作られると、ルールを守ることだけにとらわれすぎて、それがなぜ必要なのか、他の方法はないのか、など、自分の頭で考えることをやめてしまいがちです。エレベーターの電源は切らずに、歩ける人は「節電のために歩こう」と自分で考えて、決めて、行動できたらよかったのに。

そしてルールではマイノリティへの配慮が欠けてしまいがち。守れないと「みんな守っているんだから、あなたも守りなさい」と責められてしまいます。守りたくても、障害などさまざまな事情で守れない場合もあるのに。

本当は、ルールは変更が何回あってもいいのです。変更を恐れずに、話し合いや熟考を重ね、いろいろな人に合ったルール作りを諦めたくないですね。

新しい出会い、そして新しいルールが待っている新年度。ルールを磨いて、自分もまわりも一緒に、輝いていきましょう!

写真:公園に置かれた自転車止め

↑このページのトップヘ