今回の流産で、驚きだったのが、本当にたくさんの人が流産を経験している、ということ。
次々に知り合いの方々から「実は私も流産したのよ」と言われて、驚くばかり。
「私の職場では5割くらいの女性がしてるよ」という話まで聞いたり。
では、どうしてみんな、あまり流産経験について話さないのかな、って思い、いろいろ考えてみた。

まず流産は、思いだすと辛いし、悲しいし、暗い話だから、話さないでおこう、って思ってしまうのだろう。
暗い話を、進んで誰かに話すのは、とても勇気がいること。
勇気を振りしぼって話しても、相手によっては、無理に励まされたりもして、どっと疲れてしまう。
最後には、わざと明るく「うん、もう大丈夫」「次があるしね」「ありがとう」と、元気になったフリをしないと、なかなか会話が終わらなかったりもする。

私の場合、「大学院に通うんだから、よかったんじゃない」と励まされたりもした。
その一言で、余計に悲しくなった。
大学と、赤ちゃんは、全然違う話。
無理に流産をいい方向に捉えて、片づけたりしないでよ、と思った。
もちろん、相手はただ私を慰めたくて、悪気がなかったのは分かる。
でも「辛かったね」「よくがんばったね」だけで止めてほしい、と思ったものだ。


実際に流産をした方の話を聞くのは、参考になり、励みにもなった。
でも、相手の辛かった気持ちを、あまりにもたくさん語られると、余計に疲れてしまうことも。
更には、「私の知り合いは…」なんて話までされると、そんなことはもういいから、私の話だけを、思いだけを聞いてよ、って思ってしまうこともあった。


また、流産したと知り合いに話すと
「無理をしていたんじゃない」
「飛行機に乗ったからじゃない」
「体が冷えたんじゃない」
などなど、アドバイスのように言われ、それもまた疲れてしまった。
11週までの流産は、母体の問題ではほとんどない。
それを多くの人はしらず、親切心でいろいろ言ってくれるのだけど、それが返って妊婦を責めてしまう原因にもなったりする。
私は「赤ちゃんの力を信じる」と決めていたので、自分を責めずに済んだのは、本当によかった。


「流産の手術が、今後の妊娠に影響がないといいね」と、誤った言葉かけもあった。
流産がその後の妊娠に影響してくることは、今の医療ではほとんどない。
特に3回までの手術は。
流産についての正しい情報は広まりにくい、そう実感した。


流産をすると、悲しみと無力感だけが残ってしまい、その経験を誰にも話せなくなることもある。
私も、妊娠の実感がほとんどないままに流産になり、心にぽっかり穴があいたようだった。
無力感になり、ただただ悲しかった。
でも、そんな時、ある友だちが
「流産をしたなっちゃんの体は、産後と同じ状態なんだよ。
だからゆっくり休んでね。」
と言われ、本当に楽になった。
それまでは、赤ちゃんは成長せず、手術もし、自分には何も残らず、自分は何もできなかった、思っていた。
でも、流産という結果にはなったけど、偉大なことを成し遂げた。
だから流産を誇りに思っていいし、堂々と体をいたわって、休んでいい、そう思えるようになったのだ。
流産も、出産と同じくらい、尊いもの。
そう思えたら、心も軽くなる。


見方を変え、私の場合は流産だったのだけど、これが中絶だったりすると、余計に人に話しにくいだろう。
ただただ自分を責めてしまうだろう。
また、不妊治療や、子どもができない悲しみも、オープンにしにくいだろう。

性の問題は、本当に奥が深い。
難しい。
それを改めて感じた。


もう流産はしたくない。

でも、本当にいい経験になった。

人生、なかなかうまくいかないし、生きていくって辛いことも多い。
でも、生きていくしかないんだよね。

次の妊娠では、ちゃんと赤ちゃんが成長してくれて、子育てできますように!