0830やまゆり園
東京新聞 2016年8月30日(火)

「やまゆり園」事件に思う

車椅子に乗り、身長100cmの私は時々、透明人間になってしまいます。街で子どもが私を指差し「あれ、なに?」「ちっちゃい!おとな?こども?」と聞いても、一緒にいる大人は「危ないよ」「あっちに行くよ」と、私を見なかったことにするのです。

障害者をじろじろ見てはいけない、失礼なことを言ってはいけない、何だか怖い、そんな戸惑いがあるのでしょう。でも「車椅子だよ。歩けない人が乗るんだよ」「小さい人もいるね。大人かどうか、聞いてみる?」子どもの疑問に大人も一緒に向き合い、学びの機会にしてほしい。そして一歩進んで、どうして障害者を見かける機会が少ないのかまで、考えてほしいのです。

障害があると、学校も住む場所も隔離されがちです。さらに「特別なサービスが受けられ、隔離は良いこと」と信じる人もいます。本当は誰だって、隔離されるのは嫌なのに。相模原市の知的障害者施設「やまゆり園」の事件は、容疑者の「障害があると大変」「障害はない方がいいに決まっている」という思い込みが引き起こしました。でも皆さんが障害者と関わる機会もなく、無意識に持っている障害への偏見が、事件につながったともいえるのではないでしょうか。

 文部科学大臣は事件を受け、特別支援学校へのメッセージとして、障害のある子とない子がお互いを正しく理解するため、交流及び共同学習を進めていく―と述べました。しかし学校を分けてしまうこと、そのものが間違っていると私は考えています。障害者は「理解しよう」とする存在なのではなく、「当たり前に隣にいる人」で、「自分もなり得る存在」なのです。

 養護学校(現・特別支援学校)に通っていた小・中学校のころ、年に数回、普通学校との交流会がありました。決められた時間だけプログラムに沿って、あいさつしたり、遊んだり。私たちは、まるでサーカスの一団のようで、交流会が終わればイベント終了! 週末にその子たちと遊ぶことはないし、街での冷たい視線がなくなったわけでもありませんでした。お互いの学校が分けらていることについて、一緒に考えれたらどんなに良かったでしょう。

 
 学校をはじめ、障害者には生活環境の選択肢がほとんどありません。障害者も学校や放課後・休みの日の過ごし方、職業、住む場所を選びたいのです。そのためのサポート・制度が必要です。私は当時、放課後は地域の学習塾に通い、そこに友だちがいました。多くの大人は、私の普通高校への進学を反対しましたが、塾の仲間たちがいたからこそ、相当大変でしたが反対意見に押しつぶされることなく、普通学校で学ぶ権利を得られました。

いま、考え方を変えていく時なのです。まずはお膳立てされた交流会ではなく、1日でも障害者と一緒に遊び、ご飯を食べ、障害のある生活は楽しくもあり、時には不便なことに気づいてほしいのです。

いぜな・なつこ
1982年、沖縄県生まれ。骨の折れやすい障害で電動車椅子使用。小学校講師などを経て神奈川県内で育児に奮闘中。「マイノリティ=珍しい四つ葉のクローバー」の視点で日々を綴る。

写真:家族で献花に訪れた「やまゆり園」=相模原市で