natuko_book

「ママは身長100cm」

 ハフポストブックス
 5/25発売 amazonで予約受付中!

←画像をクリックするとアマゾン購入ページが開きます


「身長100cm、車椅子ユーザーの小さなママ
 まわりを巻き込み、助けあう子育てのコツとは?
 みんなと同じ、でもちょっぴりちがう 小型ママの子育て」

キャスター 有働由美子さん推薦!
「自分の命、自分の人生なんだもん 
 夏子のように生きたいな」



車椅子で、どうやって電車に乗るの? かかる時間はどれくらい?ぜひ見てね! 障害者の暮らし 車椅子ユーザー編【フリー・ザ・チルドレン・ジャパン】

カテゴリ:子育て > ムスコ君新生児

今年は友だちが次々に出産を迎える予定で、嬉しい限り。
ってことで、私のオススメベビーグッズを紹介。

画像1
aden + anais の おくるみ
肌ざわりもよくて、おしゃれ。
四ヶ月までは、息子くんを寝る時にぐるぐる巻きにして、ミラクルブランケット代わりに大活躍。
おでかけのおくるみにしたり、よだれを拭いたり、敷物にしたり。
軽くて、すぐに乾くので、活躍ナンバーワンです。
お値段もそんなに高くないしね。





画像1

マキシコシのベビーシート
持ち運びできるから、タクシーにも、友だちの車にも取り付けられる。
クーファンにもなるから、レストランの椅子に乗せたり、揺らしてあやしたり。
ただ、かなりお高い。
ベビーカーにもなるけど、その付属品もまたお高い。
しかもこのタイプは一歳までしか使えず、それ以降は次のタイプが必要になる。
でも、外出時は本当に便利で、他の人に息子くんを運んでもらう時にも気軽にお願いできる。
マキシコシ、私はお下がりをいただき、ありがたい限りです。





画像1

リッチェルのふかふかベビーバス
柔らかいので、赤ちゃんの頭があたっても安全。
空気を入れるタイプで、形状を変えやすいので、キッチンのシンクにはめることもできる。
持ち運びしやすいし、安いし、コスパでいうと高評価。
ただ穴が空いたら使えないので、耐久性には問題があるけど、ベビーバスなんて、使う期間短いしね。




画像1

ベビージム。
もうすぐ六ヶ月の息子くんの、一番のお気に入り。
機嫌のいい時は、これで30分も遊んでくれることも。
指しゃぶりをしていても、これを近づけると手を伸ばしてくるので、彼はとっても好きみたい。
ベビージムはいろんなタイプがあるので、他を試す機会もあったらいいな。
このローヤルのは、軽くて持ち運びができるし、息子の上からかぶせるタイプなので、力がない私でもらくらく。





画像1

スリーパーも大活躍。
気温に合わせて、すぐに着けさせたり、脱がせたりできる。
いろいろ試したけど、夏は薄手、冬は厚手のものがやっぱりいい!
特にプチバドーのは、肌ざわり抜群です。




画像1

キャリフリーのチェアベルト
椅子につけるベルトで、私は車椅子に取り付けて使用中。
紐が短いので、手芸品店で紐を買って長くする必要はあったけど、車椅子ユーザーの抱っこ紐に変身!
私はベルメゾンで見つけて、お試し気分に買ったのだけど、掘り出し物になりました。





画像1

ベビーグッズとは別に、マタニティにオススメなのが、ハラパン。
特にウンナナクールのがおすすめ。
妊娠中は体が冷やさないために使っていたけど、産後の授乳でも大活躍。
授乳中はどうしてみお腹が冷えちゃうから、腹巻が重宝するけど、ハラパンならずれないし、ママにとってすごくいいの。





画像1

ベビーグッズは生活スタイルや、好みによっても、意見は変わるし、何より赤ちゃんそれぞれに合う合わないがある。
使う期間も限られるしね。
でもやっぱりあると便利なものばかりで、私は助けられている。
しかも、いただきものばかりで、本当にありがたい。
そして今のところ、息子くんが育てやすい子で、それが一番ありがたい。
楽しく子育て、ラクに子育て、続けていきたいな。

画像1
本日11月6日で誕生100日!
やっと100日、でもあっという間の100日。




画像1
お食い初め(沖縄にはない習慣だけどね)
まずは仏壇にお供え。





画像1
うーとーとー。





画像1
私にとっては、今までの31年間とは全く違う、新鮮で、初体験づくしの100日。
息子くんは夜は5〜6時間寝てくれるし、レストランでは静かにしてくれるし、なんとも協力的なお方。
ありがたい。
これからの成長も楽しみ!


画像1
今回沖縄に帰ってきたのは、実は講演会のお仕事があったからなのです。
3年前から予定をしていたのだけど、妊娠出産で、事前までどうなるかわからなくて。
ありがたいことに、すべてがうまくすすみ、息子くんも一緒に里帰りをし、講演をすることができました。






画像1
久々に琉球新報に登場、笑。






画像1
そして、講演会のついでに、ゆっくり里帰りすることに。
美味しいものを食べたり、、、







画像1
ホテルに泊まって、リラックスしたり。
(今年は海外旅行に行けなかったので、奮発してリゾートホテルに宿泊。セレブ気分)





画像1
お宮参りもしました。
沖縄ではお宮参りの習慣がないので、迷ったのだけど。





画像1
長期の里帰りをするかは、けっこう悩んだの。
だって、息子くんにメロメロメロンのパパさんがかわいそうだもの。
もちろん、息子くんも寂しいだろうし。
でも私も休みたいし、しばらく沖縄でゆっくりすることに決定!
(パパさんは、一週間だけ沖縄にきて、今は身も心も寒い高松で一人ぼっち)
しばらく離れちゃうけど、仕方ないね。






画像1
やっと沖縄に帰ってきました!
体だけでなく、心も頭もゆっくりできている。
リラックスしすぎて、夜は息子くんの泣き声にしばらく気づかなかったくらい。
ごめんよ、、、





画像1
高校の友だちも、子どもがたくさん!







画像1
歌手の古謝美佐子さん。
ご主人の佐原一哉さんとともに、いつもよくしていただいてます。
息子くんには「童神」を良く聞かせているのだけど、古謝さんの生の声に落ち着いたのか、彼女に抱かれて30分も熟睡。
(「童神」はレコード大賞金賞もとった、沖縄の子守唄です)








画像1
参議院議員の糸数慶子さん。
糸数さんとは、彼女が議員さんになる前からの長いお付き合いです。







画像1
みんなに可愛がってもらえて、幸せな息子くん。
自分の息子が、いろいろな人に大事にされていると、本当に嬉しい。







画像1
里帰り中は、親に息子くんを預けて、羽を伸ばして遊ぶぞ!と思っていたら、、、
最近息子くんは、私の声や抱っこに反応するようになりました。
私の声が聞こえると急に大泣きしたり、私が抱っこするとかくっと眠ったり。
あしばー母への警告のようです、笑。

画像1
外出中はほぼ寝ている息子くん。
車椅子の揺れと、常に人肌を感じるから、気持ちぃみたい。
外出を楽しめるのはありがたい!
しかし帰宅すると、目がギラギラ、元気な息子くんの相手に、私は休む時間がないのだけど。



画像1
家では、ほぼこの状態。
縦抱っこ、けっこう腰にくる。
私は片手で彼を抱くことは難しいので、両手がふさがり、動くこともできず、抱っこ中は何もできない。
布団に置くと、10分以内に大泣きになる抱っこ魔くん。
抱っこだけで一日が終わってしまう。


叩いて泣き止むなら、叩きたいと思っちゃうこともあるけど、泣き止まないだろうしね。
おっぱいを飲む量も増え、あげた後、栄養を吸いとられた私は疲労感満載。
眠いのに、食べなきゃだし、常にお疲れモードの私。
特に夜は、私の疲れがピーク、息子くんのぐずりはマックスで大変!


画像1
そんな中、ヨモギ蒸しへ。
体のメンテナンスと、心のリフレッシュ。
妊娠したのは、このヨモギ蒸しの効果があったと信じている私。
産後の体にもいいんだって。
ヨモギ中は、これまた熟睡してくれる、協力的な息子くん。

大変だけど、どうにか楽しく生活できていて、ありがたいな。

画像1
三ヶ月間いてくれた私の親が帰ってしまい、いよいよ家族三人の生活がスタート!
パパさん、頑張っていて、本当に助かる。
抱っこだけじゃなく、お風呂にいれたり、ミルクを飲ませたり。
ちょっとみてもらえるだけで、私は安心して寝られるし、用事を済ませられる。
この人と結婚して良かったー、って初めて思うくらい、笑。




画像1
ヘルパーさんも、息子くんを可愛がってくれて、本当にありがたい。
ヘルパーを今から8年前に使い始めたのも、いつか子育てする日を想い描いてだったものね。
子育てだけは、どう頑張っても、私だけでは無理だと思って。

眠いし、疲れてるし、体も凝っていて大変だけど、毎日がどうにかまわっていて、良かった!

息子くん、二ヶ月。
すくすく、プクプク、成長していて、幸せみたい。
あやして笑うようになったら、もっと可愛いだろうな。

画像1
はじめての電車。
お散歩に行くと、息子くんは熟睡するし、私も気分転換になるし、いいかんじ!




画像1
覚悟はしてたけど、やっぱり子育ては大変。
夜6時から10時までのギャン泣きが、四日間も続いた時には、もう参った。
でも、それも急になくなるし、毎日がまだ読めないことばかり。

妊娠した時は女の子だと思ってたのに、男の子だったし、障害が遺伝すると思ってたけど、多分してないし、早産になると思ったら、案外長くおなかにいてくれたし。
そして今は、やっと寝たと思ったら泣き出すし、起きているだろうと思ったら寝ているし。
本当、予想外の連続。


ただ夜は五時間寝てくれるし、もうすぐ首ももつくらい元気だし、ありがたいお方。
抱っこ魔なのは大変だけどね。
おかげで多くの母親がそうなように、私も肩、腰をはじめ、全身筋肉痛。





画像1
今まで勉強してきた教育もそうだけど、子育てにもいろいろな論、やり方がある。
教育においては、「『自分の受けてきた教育が一番いい』って思うことが一番の間違い」と言われるけれども、子育てもそうだろうな。
先輩ママさんは、自分の経験からのアドバイスをするよりも、それ以上に、「応援しているよ」「辛い気持ちを聞くよ」「実際に手伝うよ」っていうのが私は大切だと思う。
だって、自分と、目に前にいる新米ママは、環境も、状況も、時代も、何もかもが違うのだから。



画像1
まずは私が私を大事にしなきゃね。
息子くんのためにもね。
だからこそ、使わせたくなかったおしゃぶりも使ってみたり、私が休みたい時にはミルクをあげてもらったり。
子育ては常に「今が一番大変」で「今が一番かわいい」らしい。
とにかく「今」を大事にすることだね。

画像1
抱き癖というのはなく、抱けば抱くほどいいと言われているけど、抱っこしないとギャン泣きするようになり、大変。
私もギャン泣きしたいよ。
いや、泣いてるよ。
今は私の両親がいてくれるからいいけど、親が帰ったら、私どうしよう。

私は息子くんを抱っこしながら、立ったり、歩いたりはできない。
でも、ギャン泣きのまま、添い寝したり、トントンしてると、5分くらいで落ち着く。
私は私なりの方法でやっていくしかないよね。
少々泣かせちゃうけど。
きっと息子くんもわかってくれているだろうし、お互い妥協、譲歩だね。
泣きっぱなしで放っておくことは、できる限りしないから。

そして、寝かしつけに成功したら、私も眠いのに、達成感で目が冴えてくる。
いけない、私も寝なきゃ!

画像1

3345gになりました。
2161gで生まれたので、1kg以上増!!
ぷくぷく、赤ちゃんらしくなってきたー。
おっぱいの量も、ちょうどいいらしい。
よかったー。

画像1
息子くんを連れて、初めてのお散歩。
といっても、彼はほとんど寝てたんだけど。
だっこ紐を使ったら、抱っこしやすく、車椅子も運転できた。



画像1
彼が寝てる間に、ゆっくりランチ。
車椅子のリクライニングが、彼のベッドに早変わり。


家に来て、10日。
彼も居心地が良くなってきたみたいで、体重も増え、もうすぐ3000g。
夜はちゃんと寝てくれるから、本当にありがたい。

でもギャン泣きする度に「もしかして骨折した?」と心配になってしまう。
私の障害の遺伝率は5割。
遺伝しても、しなくても、どっちでもいいから、わざわざ検査はしていない。
骨が折れたら、「あ、遺伝したんだね」ってわかるだろうし。

今までのところ、胎内にいた時の超音波では異常は見られなかったし、生まれてからも、普通に抱っこやオムツ変えをしていても、骨折はしていない。
足や腕の力も強いし、よく体も動かしている。
だから遺伝している確率は低いだろうし、遺伝していても、状態は軽いかもしれない。
(同じ障害でも、私みたいに車椅子を使う人もいれば、歩いている人、骨折が少ない人など、状態は様々)

きっとどんな親でも、子どもが大泣きしたら、病気なのかな、何か起こったのかな、と心配するだろうし、それと同じで、私も骨折を考えてしまう。

子どもができて初めて、「元気が一番」「健康がありがたい」って思うようになった。
今までは、病気も仕方ないじゃん、元気のないことも普通、って思っていたのに、我が子のことになると、意外と心配になっちゃって。
そんな自分にびっくり!!笑。
親って不思議、奥深し。





画像1
今日9月3日は息子くんの予定日でした。
一ヶ月早く生まれてきてくれて、ありがとう!
とっても楽しい一ヶ月でした。
もちろん、お腹にいられたら良かったのかもしれないけれど、この一ヶ月があまりにも濃くて、貴重で、幸せで。


家にきて、お互いのペースがまだ全然つかめないので、彼はあんまり寝てくれないけど、おくるみで包んだら、一気に四時間も寝てくれた!
しかし、その後長く起きているから、それはそれで大変なのだけど。
寝ていたら起こしたくなるし、起きていたら寝かせたくなる・・・迷惑な親です、笑。


画像1
このおくるみは、aden+anaisので、生まれたら使おうと思ってたグッズの一つ。
しかし、イギリスのプリンスジョージが退院の時に使っていた影響で、最近世界的に売り切れ続出。
いや、私の息子の影響か!?
我が息子、生後一ヶ月にして、世界を動かすだなんて、すごいなぁ、笑。


↑このページのトップヘ