natuko_book

「ママは身長100cm」

 ハフポストブックス
 5/25発売 amazonで予約受付中!

←画像をクリックするとアマゾン購入ページが開きます


「身長100cm、車椅子ユーザーの小さなママ
 まわりを巻き込み、助けあう子育てのコツとは?
 みんなと同じ、でもちょっぴりちがう 小型ママの子育て」

キャスター 有働由美子さん推薦!
「自分の命、自分の人生なんだもん 
 夏子のように生きたいな」



車椅子で、どうやって電車に乗るの? かかる時間はどれくらい?ぜひ見てね! 障害者の暮らし 車椅子ユーザー編【フリー・ザ・チルドレン・ジャパン】

カテゴリ: 車椅子日記

20DB3400-BAB7-4BA1-A675-17F242135C90





















通院帰りに、一ヶ月ぶりのお買い物。

一番やりたかったこと

書店に行き
「ママは身長100cm」が並んでいるのを見ること。

嬉しかった!


しかも店員さんに

「伊是名さん!いま読んでますよ!」

と声かけられた。

うれしすぎるーーー!!!










ADFFDAE2-450E-4610-8201-04282C0D548A




















心友の安積宇宙さん
「多様性のレッスン」 
と私の本の
「ママは身長100cm」の
トークイベント・サイン会。

私、事故後初めての外出。

たくさんの方々がいらしてくれ、
再会や新たな出会いが!!
とっても楽しかったです。
1人で話すより、やっぱり2人がいい。

似たような考えもあるし、
違うのもあるし。
そこがおもしろい。

またトークイベントやりたいです。 

73399051-D2B1-4102-84F2-40CF6DA1C6DA


















寝ながらトークできたのもよかった!

リュックを背負っているような私は
鎖骨の固定コルセットです。

痛みはあるし、ほとんど動かないけど
少しずつ座れるようになり
順調な回復。
ゆっくり治していきます。


そして6/22土曜
大阪ジュンク堂難波店でも
うみちゃんとトークします。
私はスカイプ参加になるけれど、
サイン本も用意しています。
ぜひお申込みください。
よろしくお願いします。












 

62136174_377775949515264_1372233753195184128_n





















事故に遭って3週間が経ちました。
退院して10日。
家での生活は、めっちゃ快適です。
かわるがわるヘルパーさん
友だちがきてくれ
ストレスが何もない!
動かなくても
ことが進む。

しかも!
ヘルパーさんが寝たままパソコンができる台を開発。
快適!
62364926_372698863368810_516249459751911424_n


























痛みも少しずつ良くなり
ちょっとだけ、数センチだけ
動けるようになってきました。
でも治りかけが一番大事。
安静にします。









D54CD909-1983-40C9-88FE-4F7F4E25B827


















レインボーカーネーションをいただきました!


ムスコが、お店の人のおすすめを断り
自分で全部チョイスしてくれたそう。


ありがとう!


ECDABE9F-23CD-4DF5-955B-6A5B20292F9B

























「ママは身長100cm」好評発売中! 
↓画像をクリックするとアマゾン購入ページに飛びます。
natuko_book



























 

20180401相手に近づく一言


























東京新聞・中日新聞
2018年4 月1日(日)
障害者は四つ葉のクローバー 
相手に近づく一言


初対面の人に会うことが多いこの時季、私は自己紹介に頭を悩ませます。まわりにとってはまだまだなじみのない「障害者」。「大変そう」というイメージを持たれ、「何か失礼なことを言ってしまわないか」と過剰に気にされ、距離を置かれがちなのです。

私から相手にさりげなく声を掛けるようにしていますが、自分から積極的に話しかけるのは面倒なこともあります。頭も使うし、気も遣うし、疲れるもの!でも声を掛けられるために相手と目が合うのを待っていても、車椅子に乗った私の高さは1メートル。子どもとは目が合っても、大人と目が合うことはなかなかないのです。だから自分から声を掛けるのはポイントです。

「ここに来るのは初めてですか?」「この帽子、素敵ですね」「お子さんのカバン、使いやすそうですね。」などなど。車椅子の私に話しかけられ、びっくりしたり、戸惑ったりする人もいますが、なるべく気にしないようにします。そして少し会話がはずむと「私は骨が弱いので車椅子に乗っているんですけど、子どもたちも一緒に乗るんですよ」「お出掛けはいつもヘルパーさんとします。一日10時間、ヘルパーさんが来てくれます」と私の生活のスタイルも伝えます。

少しの会話で、お互いの距離が一気に縮まります。時には「車椅子って便利なんですね」「ヘルパーさんがいて、たくさんの人が関わっていてすてきですね」と言ってくれる人もいて、私も嬉しいです。

 私はできないことも多いですが、工夫をし、助けてもらいながら、みんなと同じように生活しています。そして私も、私の得意なことを生かし相手の力になりたい、と願っています。

 障害のある人と出会ったら、ちょっとの会話を楽しんでみませんか?きっと発見がありますよ!


写真:子ども食堂でママ友家族と。子どもたちは大喜び、ママも楽ちんです。















4A07DE32-8518-4A21-932A-1333F0951C9F





















37歳になりました!
1年前、 本を出版したいと思い、それが実ったこの一年。
今年は、トークイベントをはじめ、
活動の幅を広げたいです。




4334FC54-BAA0-4B40-BA1F-29DED65995C3




























東京レインボーパレードに参加。
今年もget in touch のフロートです。












CF897074-9AD1-45BC-9FB0-EDAF06131FA5















羽根木プレーパークで
デーキャンプをしたり







7C1864D8-96A7-4800-A4BB-41B23D96600C














サーカスを見に行ったり












CC4B74E5-B673-47B0-996D-848E444EA29B















父の75歳の誕生日をしたり
意外に予定がたくさん、


今朝は朝イチでプリキュアの映画を見て、
モーニングを食べ、
家の掃除。


地味だけど、飛ばしている大型連休。
旅行に行けなかったのは残念だけど
近場で楽しめるといいな。










 

56242667_286778985584002_7433820698331578368_n






















車椅子ユーザーは増えているのに
なかなか改善されない
電車の車椅子対応。
とくにJR。
土日のJR新宿駅では
スロープを出してもらう連絡に
30分待つこともあるのです。

もう、やだ!!!!

ってことで、悩みに悩んでスロープ買いました!
中古なので、1万円ちょっと。
でも、重さ4kg。
重いです。

ヘルパーさんとのお出掛けでは大活躍。
来た電車にすぐ乗れる。
感動!

歩ける人にとっては当たり前なんだけど
これ、車椅子ではないこと。
電車に乗るって、時間がかかって、予定もくるって、
まわりに迷惑かけて、心苦しいストレスの元。

地下鉄大江戸線や、モノレールのように
どんな電車にも段差がなく、
スロープなしでも乗れるといいのに。

もしくは、スロープがさっとでてくるといいのに。

改善願う。










ばぁばとぅしびー_190407_0002





















母のとぅしびー(うまれ年)祝いを、家族みんなでしました。
孫たちが司会に、スピーチ、余興を頑張ってくれ、
大喜びです。
離れているからこそ、こんな時間、大切にしたいね。

とみちゃん(母)、長生きしてね。













77E22E5C-38DD-4140-B3D8-9537AC4798BE



















やっとしました
ペーパー離婚。
子どもを非嫡出子にしないため
婚姻届けを出し
産後すぐに離婚をするはずが・・・
あれよ、あれよと経ってしまった
6年の日々。

戸籍の窓口で
「夫婦別姓を通すため、事実婚にします。
妻(未届け)でお願いします。」
と伝えると

「わかりかねます。
住民票の窓口で再度聞いてください」
の一点張り!

聞く耳持たない、調べない態度に
私イライラしてしまい
「夫婦別姓が話題になる今
私たちのような事実婚が増えるかもしれません。
勉強してください」
と伝える私。

書類の不備をチェックしながら、いろいろ調べてくれ
「住民表では妻(未届)の記載になります」
と言ってくれました。

よかったーー!!

正真正銘、偽りのない伊是名夏子、再び!!
やったーーーー!!


28歳 結婚式5






















9年前の今日、3月13日は
結婚式を挙げた日。
6年間は婚姻していて、あとの3年は事実婚。
そしてこれからも。
パートナーシップってほんと難しいのだけどね。

これからもよろしくお願いします!






























53BAD22C-7107-4EAA-B640-742F97CCFF74














ムスメの
3歳半検診。

自宅で視力検査。


フルタイムで仕事をしている夫は

平日の予防接種や検診、習い事など、なかなか行けない。

だから私がやるのが当たり前だと思ってたけど、

なんか違うと気づいた最近。

全部私がやってるいると、

夫は子どもの今が見えなり

理解しにくくなる。

すれ違いが増えてしまう。

そして、私がイライラしてしまう。


だから、予防接種や検診に行けないなら、

書類は全部、夫に記入してもらう。


習い事は、休みを合わせて
最低一回でも行ってもらう。


そうすると、いままでは何も会話にならなかったけど

「検診どうだった?」と夫が聞くようになり

子どもにも「パパとピアノひいてみようか?」と誘えるようになり

こどもと共有できることが増えてくる。


子育てを取り巻く社会環境がわかるよう

夫にもできることをやってもらう。

それで家族にもメリットが。


でもぶっちゃけ

そこまでを誘導すること

計画すること

めんどくさいんだよ。

芽が出て、花が咲くまでの土作りと思って、やるしかない。


それぞれの家族の形、パートナーシップがあるから

それぞれに合ったやり方をすればいいだけなんだけど、

芽は簡単には出ないし、花が咲いたと思っても、実るまでは相当の時間がかかることも。


生きていくって大変。

パートナーシップって山あり谷あり。

家族って、自然にできるものじゃなく、

流動的で、つくるものだから。


ってことで、夫とムスメが

なぜお菓子の箱を眼帯にして

視力検査をしているのかはナゾだけど、笑。


ムスメも楽しく、たくましく
成長してくれて何より。

これから障害を持つ可能性もあるし

壁にぶつかることだってあるでしょう。

いつでも、ありのままの彼女を
サポートしていきたいです。




23295CAA-7385-405F-816A-D58B57FCCE42




















6E8DF282-DAF4-48B5-B7DB-78710F1FA732


































↑このページのトップヘ