natuko_book

「ママは身長100cm」

 ハフポストブックス
 5/25発売 amazonで予約受付中!

←画像をクリックするとアマゾン購入ページが開きます


「身長100cm、車椅子ユーザーの小さなママ
 まわりを巻き込み、助けあう子育てのコツとは?
 みんなと同じ、でもちょっぴりちがう 小型ママの子育て」

キャスター 有働由美子さん推薦!
「自分の命、自分の人生なんだもん 
 夏子のように生きたいな」



車椅子で、どうやって電車に乗るの? かかる時間はどれくらい?ぜひ見てね! 障害者の暮らし 車椅子ユーザー編【フリー・ザ・チルドレン・ジャパン】

カテゴリ:子育て > ムスコ3歳ムスメ1歳

20170731一人ひとり違って当たり前



































琉球新報社提供

琉球新報 2017年7月31日(月)
100cmの視点から あまはいくまはい
一人一人違って当たり前

(↑こちらをクイックすると琉球新報styleのページから読めます)

車椅子に乗るのが大好きなわが子たち。息子はもう私より大きいのに「狭い! ママ、もうちょっと寄ってよ」と言うように。いやいや! これ、私の車椅子ですから! 大きくなっているのはあなたですから! と毎回説明します。すると「ママはベビーカーに乗ればいいんじゃない?」と提案する息子。歩けないママを持つ息子の発想に大笑いです。車椅子でお昼寝をすることもよくあり、堂々と寝る息子。街行く人からは、何が乗っているの? じろじろ見られます。

子どもが4歳と2歳になり、毎日が少し落ち着き、子育てをまた楽しめるようになってきました。私は一人ではできないことも多いので、一人で子どもを見るときは、安全面に細心の注意を払います。ゲートは閉まっているか、はさみなどの危険な物がないか、お茶のふたは閉まっているか、などなど。だけど4歳の息子はもうゲートを開けられるし、はさみを使えるし、キッチンから物も取り出してきます。さらにそれを2歳の娘が触って大変なことに! 二人育ては私の許容を超えています。でもそんな毎日が続くと、計画通りにいかないことに慣れてきて、考えることすらあまりしなくなってきました。どうにかなる、どうにかするしかない、とにかくやってみよう、という感じです。

 ただ、4歳になる息子の私への甘え具合に心底疲れ、「ママー、ママー」と泣き叫ばれることにイライラすることも。3歳までは大事に大事に育て、彼の話をよく聞いて、合わせてきたつもりなのに、エスカレートする一方!? 妹のお世話もしなきゃいけない私の状況を理解してほしい、と怒ってしまうこともあります。しかし、先日作戦を変え、私が彼に甘えてみることにしました! 「もう保育園に行っちゃうの!? 寂しいー!」と言うと、息子は私にギューと抱きつき、すんなり保育園に行くことが判明。やったー!

 息子は内弁慶で、保育園では先生の話をよく聞き、ルールを守り、頑張るタイプ。逆に娘はいつでも自由奔放で、やりたいことだけやるタイプ。それぞれに違うのが本当に面白いです。子育てを通して「人は一人一人違う」という当たり前のことに気づかされ、その子なりのペース、やり方でいい、できること、できないことがあってもいい、と思えます。それは同時に、障害があり、できないことが多い自分を肯定することにもつながり、子育てに救われる自分がいます。子育ては大変なこともあるけれど、障害者のユニークな子育て、オススメです!

写真:車椅子がベビーカー代わり、お昼寝もしちゃいます


IMG_7743























今週末は子ども2人の誕生会。
誕生日が4日違いの我が子たち。

4年前、2年前の今頃の私は、おなかポンポンだったな。
私の中で「夏真っ盛り=臨月」のイメージ。

100均でも買えるガーランド、作ってみました!
ケーキに立ててお祝い、楽しみ! 

IMG_7544































ブルボンヌさんを、テレビで見たムスコくん。

ムスコくん「この人、女の人?
なんか変だよ。声は違うよ!」

私「そうだね。
この人、体は男の人だけど、
女の人の服を着ることにしたんだって。
あなたも自分の着たい服を着ていいよ。
女の人の服でもいいからね。」
 
いろいろな人を見かける、
テレビで見られるって大事。
ありがとう、ブルボンヌさん!
障害者など、特徴のある人、もっとでてほしい!
あ!私も出たいわー、笑。

写真:かんぷー(髪を結ぶ)がお似合いなムスコくん。
 

糧言葉圧縮


























2017年7月20日(木)
東京新聞 糧
ことば
(↑クイックすると東京新聞のサイトから読めます)

 

◆この子は、この子で大丈夫

 3歳男児、1歳女児の母・コラムニスト 伊是名(いぜな)夏子さん(35)35年前、私の両親が信頼できる医師にかけてもらった言葉です。私は、生まれつき骨が折れやすい骨形成不全症という障害で、診断が付くまで「1週間の命」とも言われたそうです。でも、この言葉で安心できた両親は私を過保護にはせず、可能な限り姉たちと同じように育ててくれました。

 私が妊娠、出産するまでには、病院で診察を拒否されたこともありました。パートナーや、「諦めなくていいわよ」と言ってくれる先生に出会い、2人の子を無事、出産できました。

 毎日の子育ては、常に誰かの手を借りないと回らないんです。子どもが泣いても抱っこできないし、何かこぼしてもさっと拭けない。できたら楽だろうなあ。10人のヘルパーさんが日替わりで来てくれて、一緒にやります。不安になることもあるけれど、私も両親のように子どもたちの力と存在を信じて育てています。






IMG_1888





















ベランダで、恒例の水遊び。
このプールを買った当時は
子どもをあと一人生むとは思っていなく、
小さいのを買っちゃった。
来年は二人は入れないかな?

 
↓3年前のお写真
DSC_0362




































IMG_1875


























最近、物作りが好きな息子くん。
絵を描いたり、
ハサミをチョキチョキしたり、
ビリビリ、テープを貼ったり。 

でもさ、描いちゃいけない場所にも描く。
切っちゃダメなものを切る。
テープも1日で全部使い切っていしまう。
ムスメちゃんも加わると、さらにすごいことに。

だから、あまりさせたくなかったんだけど、
好きなようなので、
集中しているようなので、
ちょっぴり許可。

きのうは新聞紙でカバンを作っていたんだけど、
先日、星の王子様ミュージアムでもらった絵が
貼られていた。
なんと!
星の王子様の頭がキツネに!!
私、掃除しながら、いま気づいた、大爆笑。

素敵だ!
かわいすぎる!!
天才だ!!!

これからは「書くのは紙にだけ」
「切るのは紙と紐」
「テープは大事に使う」
「きれいに片付けをする」
のルールのもとで
バンバン作ってもらおう! 
ものづくり、楽しいよね。 

IMG_7705































ブルーベリー好きの子どもたちと
ブルーベリー狩りに。
大粒の、甘酸っぱい、新鮮なブルーベリーが食べ放題! 
大自然の中、最高。
今年はぶどう狩り、梨狩りも行けるといいな。 

20170604車椅子のママ心配?



















東京・中日新聞
2017年6月4日
障害者は四つ葉のクローバー
「車椅子のママ 心配?」

実家が沖縄で、飛行機での移動が欠かせない私。でも先日、予約の際に「待った」が掛かりました。初めて、息子と二人で帰省しようとしたからです。

その航空会社独自のルールでは、身の回りのことができない障害者は必ず付き添いを付け、さらに三歳未満の子がいる場合は、あと一人付き添いが必要なのだそうです。私は身の回りのことは自分ででき、子どもも三歳以上なのですが、緊急時の脱出などの対応のため、利用を保留にされてしまいました。

息子はもうすぐ四歳。話を聞いたり、約束が守れたりするようになってきて、私と二人だけのお出かけも楽しんでいます。私は何かあったとき、息子をさっと抱きかかえられないので不安もありますが、私たちなりのやり方を見つけ、時にはまわりに助けてもらえばいいと思っています。

今回は、息子は指示に従って動けること、何回も搭乗の経験があることを説明し、どうにか認められましたが、当たり前の私たちの生活を否定されたようで、悲しくなりました。

ヘルパーをはじめ、誰かが一緒に出かけてくれるのは安心です。しかし急ぎのときに調整をしないといけないのは、時に面倒です。制度の中で、私がヘルパーを使える時間も限られています。ヘルパーへの給料、交通費もかかります。

車椅子ユーザーら障害者への対応が心配なのは、仕方ないでしょう。でも入店や利用を初めから渋るのではなく、利用者にどんな手伝いが必要か、どこまでなら対応できるのかを話し合えたらありがたいです。

その航空会社では、一般の人は三歳未満の子を二人連れることはできますが、「障害者」となるとルールが厳しくなるようです。障害者の利用がもっと自然なことになるよう、お出かけを続けていきたいです。

写真:お出かけの最中、車椅子をベビーカー代わりにお昼寝する息子

いぜな・なつこ 骨の折れやすい障害で電動車椅子を使いながら、神奈川県内で子育てに奮闘中。

IMG_1823


























8月に約2週間、デンマークに行く我が家。

8月分のコラム原稿も7月中に書いていくため、
今月8本書かないといけない私。
週2本書けば終わるペースなので
どうにかなるけど、
どうにかするけど、
追われてるー。

体調万全でデンマークに行きたいので、
無理はせずに、詰め込み過ぎずに、でもキチンとね。
がんばれ、私、エイエイオー!


↓ 保養所で恒例のカラオケ ↓

IMG_1732 (2)
















































image























「人の信頼を失うこと」
それは、やってはいけないこと、
取り返しのつかないこと。

嘘をついたムスコくん。
彼は朝は1人で起きて、
冷蔵庫から好きなものを出して食べるんだけど、
今朝は「何も食べてない」
の一点張り。
しかし油味噌(沖縄のおにぎりに入れる甘い味噌)のタッパーが空に。

私「何食べたの?」
ムスコ「何にも食べてない」(ニヤニヤ)
私「油味噌食べたでしょ?」
ムスコ「食べてない」

バトルの始まりです!
自白したものの、軽く謝るムスコ。
やっちゃダメってわかっているから、隠すんだよね。

ムスコを信用しているからこそ、
朝は好きなものを食べるのを許している。

約束を守れるって信頼しているからこそ、
1歳のムスメちゃんにはダメでも、
3歳のムスコくんには許していることが
たくさんある。
それをわかってもらわなきゃ、
付き合えない。

信頼を裏切る、って私の中では一番ダメ。
もし嘘をつくなら、人を傷つけず、
絶対に隠すという覚悟がないとだめ。
 
新たなステップだわ。

↑このページのトップヘ