愛の話

2018年01月10日

【百円玉で缶コーヒーが買えた頃 二人出会い】


Re:Mind

昨今不倫が取り沙汰されてるご様子で、その言い訳的な嘘を貴方はどう受け取りますか?
面白いなんて言っちゃダメだけど、釈明だか弁解だかの言葉をマスコミも無理やり引き出そうとするじゃん。マスコミ『さぁ嘘吐けよ』、本人『嘘つきます』、民『嘘ばっかし』って滑稽よね。


中古は別にして、ゲームやアダルトは二作目が出ると前作が型落ち扱いで安くなったりするけど、本や音楽CDは新作出ても前作は安くならないのはどうしてなんでしょうね。映画DVDは・・・安くなってたかな?

技術が入る家電とかPCやスマフォは解るけど、各業界で何か取り決めしてるのかオープン価格や独占禁止法やら絡んでるのか。
販売業種では(計画的)陳腐化なんて言葉もありますが、“古さが良い”って風潮ではないからね。

難しい話になりそうだから何も考えずにお話するけど、例えば時期的な事柄が干渉しない芸術・作品扱いって事なら型落ちが無いのは納得だけど、反面新作後の型落ちや、それなりに世に広まった(儲かった)から十分と考えるゲームやアダルトは作品としての価値は見出しにくいのかもしれません。
早い話売れないんでしょね。

いや、仲村みうさんの二作目が出たんですよ。
その時に1stがセールにって話になってさ。

実際出演した事実は変わらず残っていくけど、時と共に価値は下がってしまう、そんなアダルトに対してどれだけの意味が在るのかとふと考えただけの話。

ある時は100円玉一つでは缶コーヒーが買えなくなって、
今はまた100円で買えるし、ヘタするとお釣りが来る時代。

捨てられない様に安定して価値を維持する事を、例えば人間にあてはめるならば、浮気って云うのは価値がなくなったからされる事柄なんでしょうか。





nativemind69 at 20:36|PermalinkComments(0)

2013年04月18日

【どれだけ涙を流せば 貴方を忘れられるだろう】


栄48の矢神さんが今日で卒業だってさ、
まぁ矢神さんが気になったのもいつもの様に誰かの面影を重ねたからで、時にこうして似てる人を見つけては『Just tell me my life』と自分に問いかけるのです。

正直な話、結構後悔も多いこの人生、
例えばいつもお約束の様に愛について過去を想うのはもう懺悔に近いかもしれない。
本来は『あの時の過ちを二度と繰り返さない。』と糧にするべきなのかもしれないけど、俺は『忘れない事。』で自分を戒めてる部分もあると思う。

『忘れていい思い出なんてひとつも無い、
たとえばそれが悲しい思い出でも、ボクを痛めつけるだけの思い出でも、いっそ忘れたいって願いたくなる思い出でも』

俺がフルバでとてもとても感銘を受けたこの紅葉の言葉、
この後に続く言葉こそが自分の真理だと思えたのは本当に幸いだったと思う。

きっと解釈の違いだろうけど、今日の矢神さん卒業で『涙で明日が見えない』人も居るでしょうが、その気持ちをずっと忘れないで居て欲しい。




nativemind69 at 23:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年09月29日

それ本当に純愛か?



【The Adjustment 】映画の話、

チョイSFの恋愛で、そんな事よりマット・デイモンさんが出てるから観たこの映画、どんな話ってこう運命ってのがありまして、まぁ神様が使者を使って巧い事運命を調整していくのね、人間全てを調整するってよりも大きな流れを導く運命を持ったマットさんに干渉するんだけど、使者がちょっとしたミスをして波紋が広がっていくのですよ。

当然その波紋ってのは俺の嫌いな恋愛絡みなんだけど、
元々はくっ付く予定だった2人が調整されて別々の人生を歩んでるのね、でも使者のミスで出逢ってしまうワケ、引き付け合うってか定めだったのか調整されても元来の名残みたいなモンでさ、でも調整にも意味が在って、くっ付いてしまうと今の夢が遠のくみたいな感じでさ。

でもやっぱお互い好きなワケよ、したらば上が躍起になって離れさせようと調整に入るのよ、
でもマットさんは誰かが決めた運命なんかに従うか!ってな感じで結ばれるって話なの。

良い話なんだけど幸せの裏に不幸在りじゃないけど、この手の話で俺がとてつもなく気に喰わない展開ってのが在りまして。
途中調整が入ってマットさんが彼女から離れるのよね、でも突っぱねて戻るんだけど、更に調整と云うか説得ってか騙されてマットさん自分から離れるワケ、で、残された彼女がその後どうしたって何故か元カレと結婚と云う選択をしたワケだ。
この結婚も調整だったかもしれない、ただ、その結婚直前にマットさんが現れてマットさんに付いていくワケ。

解る?このマットさんとの温度差、
調整どうこうを知らなかった時のマットさんでも抗って抗って想い続けるのに、この女あっさり結婚ってどっちでも良いんじゃねーか?と思わざるを得ない。
当然結婚前にしこたまヤってるだろうし、例えばその選択が女子特有の当てつけ行為だとか、結婚時期をハッキリさせない男よりハッキリさせる男が良い的な考えだとするならば、それって結婚から一番縁遠い行為だと俺は思うのさ。
挙句に元カレ置き去りってその後元カレがどんな想いするかなんてどうでも良い程度の相手。

この手の手法って本当に幸せを表す話なのか?
花嫁奪う事が綺麗事みたいに描かれるのって不思議なんですけど、ちょっとチンコ立ったから手を出した浮気レヴェルの決断の非では無いでしょうよ、結婚って。

そんな天使のはねより軽い結婚と同列にマットさんとの関係性を見てしまう俺は現実志向なのか、はたまた夢見る夢子ちゃんなのか、だから恋愛映画って観てられないのよね。

ソレは恋愛映画の鉄則かもしれないけど、第三者は出てこなくて良い。

【Wind is blowing from the Aegean
 女は海
 好きな男の腕の中でも
 違う男の夢を見る

 女は海
 やさしい人に抱かれながらも
 強い男にひかれてく】

答えはとっくの昔に出てる。



nativemind69 at 18:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年09月04日

【キスして欲しい キスして欲しい 二人が夢に近づくように キスして欲しい】


『お前は間違っている』はそもそも間違い、なぜなら相手も同じ事を言うから
相手の正義か自分の正義?、明石家さんま氏は問う。

女だから男だからって言うのは詰まる所真理だとも思うけど、それを踏まえた処で平行線かもしれない、
相手を思いやる気持ちが無いといけないのは解ってても、自分から折れるのはしゃくじゃない?

魔法の言葉を唱えよう

十月十日女のお腹に居たんだから女の気持ちも解る
元は男の精子から出来たんだから男の気持ちも解るでしょう?

だからキスして欲しい。





nativemind69 at 22:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年01月17日

【もしもたったひとつだけ願いが叶うなら 君は何を祈る】




結婚時に『私達は今、最も永遠に近い場所に居ると確信しています。』と言ったらしいけど、この人の永遠とは一体何だったのだろうか?

【もしも君に差し出せるモノがあるとすれば
 変わらぬ確かな想い】

誰が創った問わず、唄ってきた言葉が響き難くなるのはアーティスト故の事でしょうね、この人の唄に影響されてる人も多いでしょうし。

こんな時こそ幸也氏の言葉が響くぜ・・・

【辿り着ける 筈だった・・・
 誰かの夢も 夢で終わる?】




nativemind69 at 21:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Recent Comments
Archives
C.B.Jim
ブランキー
JetCityの住人達
不良少年

行方不明の恋人

鳥のように自由に空を飛びたいと願う男

ヴェトナムの少年

充血した眼の兵士

自由に唄うことをあきらめた鳥

きれいな心の持ち主

純粋な女

白い服を着た天使

旅人

ニュースキャスター

セーターを編んでくれたおばあさん

泣きだしそうなピエロ

プールの変死体

インディアンの羽根をつけた恋人

アメリカ映画を愛している奴

ノイローゼの友だち

いかれたロマンチスト

破滅型ロックンローラー

FAT BOB

C.B. JIM

BELL BOY

単車乗り

ストリッパーの腕に抱かれていたボス

死神

ヴァニラ

スーパーマーケットのパートタイマー

車泥棒

迷子

精神科の医者

神父

ペリカンの親子

コウモリ

戦闘服を着た男

チキンジョージ

12月生まれの山羊座の男

インタヴュアー

荒んだ心を持ったハニー

かわいい女の子

神様

ヒステリックな女

生クリームだらけの3匹の子猫

アパートの管理人

ケツに火がついてる犬

飛び下り自殺した男

おもちゃの兵隊

ミツバチ

年下のジャンキー

ちいさな子供たち

森を駆け抜ける狼

綺麗な眼をした女の子

海賊

飛行機乗り

悲鳴をあげる女

恵まれない大人たち

裸足の子供たち

親愛なる母

天国へいきたいと願う男

背広を着た男

動物愛護団体

平和のハト

窒息寸前の子供

あわてた母親

肩をすくめている天使

スピードのぬいぐるみを着た男

世界で一番素敵な女の子

礼儀知らずの可愛いスカンク

アラスカ帰りのチェインソウ

PLATINUM BLOND

EDOWARD JACKET

BLACK SUEDE SHOES

50過ぎの売春婦

ちょびヒゲでとっても明るいデブ

ビードロのジャケットを着た浮浪者

15歳で家出した少女

太鼓たたきの恋人

シェパードを連れたパンク

ちいさな猿

傷だらけの天使

嫌われ者

ピンクの若いブタ

ピザ屋の彼女

誰とでも寝るような女

コバルトブルーの心の奴

ハート型のエプロンをした女主人

クスクス笑う奴

爪先で歩く猫

ベビーシッター

アヒル

ミッキーマウスの様な笑顔で愛しつづける女

リトルピンクサマー

スパゲッティ―ヘアーの男

青少年

マッチ売りの少女

おしゃべりキツツキ

夢をなくした友

荒れ果てた原野で生きる小さな虫

ミリンダ

グレッチ

RAVEN

暴走ピノキオ

血まみれのバカ

SUZIE

とても口じゃ言えないぐらいのヤンキー

泥だらけのハイエナ

目を閉じて夢を見ない女

踊子

21回目の誕生日の朝に死んだ女

かわいいジャンキー

SHERRY

スクラッチという街で愛を探している奴

赤いタンバリンを上手に撃つ女

ロメオ

内気なカンガルー

この世界で一番幸せな人

数えきれない星の中でギターを弾いた人

ドブネズミの死骸

ガソリンスタンドに住みたいと願う男

LAS VEGAS PAT TUNE SUMMY

SHERILL

砂漠の商人たち

レインコートに雨の雫が落ちて笑顔を浮かべた女

言葉より未来を信じた二人

進んだ奴

小さな恋のメロディーという映画を12才の時に観て細胞がそのままの奴

希望を捨てない鳥たち

うなだれた白人の浮浪者

街で転んで手のひらを切った男

髪を切って鏡を覗き込んでいる無邪気な人々

頭の中でハツカネズミがダンスしている男

国境線上の蟻

チョッパー乗り

街路樹の猿

珊瑚礁売り

はちきれそうなボディの女

傷だらけのボンティアック

偶然出会った友だち

ドアがとれたCAMARO

笑う振付け師

マドラスチェックハットをかぶった黒人ゲイ

ネオンを浴びて道ゆく人

猛獣使い

白黒のトラガラの猫

T型フォードのホッドロッドでスピンしてよだれを垂らしている女

理屈をつけたがるMONKEY FIRE

不良の森に潜む不良

静かな森の奥でカベにもたれて揺れる草を見ている少女

メキシコの砂漠の果てで独りぼっちの女

枯れたサボテン

不満気にレモン畑を飛ぶ鳥

花びらが揺れるように口づけをした二人

センチメンタルな北京ダック

頬紅つけて笑っている悪魔

冬支度をするリス

分厚い恋の悩みでとりこんでいる女

よくしゃべる女

街路樹の唄うたい

天国に近いハート

孤児のみつばち

青いサングラスをしたピアノ弾き

優しく揺れるコスモス

銀河をさまようビーバー

夢を抱いて青空を見上げる若者たち

ぺピン

MARUUANA BROTHERS

ROBIN

SALINGER

HIPSTAR

MINNEY THE MUTURE ENLIQUE

GREEN JELLY

BLUE JELLY

PURPLE JELLY

METAL KIDS

MERRY LOU

PUNKS

TERRY

RUBY

ELIZABETH

ZONBIE

SAMMY

DERRINGER

D.I.J.

and
Mayor BLANKEY

and
YOU (all BLANKISTS)