2011年06月28日

mixiを久々に開いてみたら。。。。


mixiを久々に開いてみたら。。。。

こんなブログがあったことを思い出した。

ので、およそ4年振りに一筆書いてみようかと。

前回投稿したのが2007年の6月。
思えば、この4年間色々ありましたわw

体重も5kg増えてみたり、
彼女にも逃げられてみたり、

ま、そんな暗い話題もありーの、

暢気なサラリーマンっぷりが板についてきてみたり、
ちょっとだけシステム屋さんみたいな顔が出来るようになってみたり、
「ほんのちょっと都会」でお馴染みの池袋近辺に引っ越してみたり、
麻生太郎がとうとう総理大臣になってみたり、

・・・あんまり明るい話題に見えないけど。。。

ま、色々あったわけですわ。


あ、あと最近唐突にボランティアはじめました。
「塾に行きたくても行けない子供達に教育の機会を与える」てな感じの。

久々に子供の相手したけど、、、やっぱりいいね。
元気だし、明るいし、ある程度将来への希望も感じられるし、
見ていて微笑ましい感じです。
ついでに、昔の生活に戻ってみたくなったりもしつつ。。。ま、それはそれとして。

最近、色々思うんですよ。

さっきこのブログを読み返したら、なんか「ニュース記事に対する批判」めいたことを
している投稿があってですね、

多分、その頃は「マスメディアが諸悪の根源だ!」的な
いわゆる中2病発症中だったのかなぁ、、、と。

----------
昔々、日本に西園寺公望という人がおってですね、
(当然ご存知とは思いますが、、、)
「歴史のおべんきょう」的には「桂園時代」「大正デモクラシー」に関連して登場する人なのですが、
この御仁、大そう長生き(満90歳没)で、「最後の元老」として
太平洋戦争の直前まで政治に影響を及ぼしておったのですよ。

ちなみに、「元老=天皇を輔弼する」役職であったため、様々な理由で「内閣総辞職」があった際には、
次期首班を天皇陛下に推奏する、って役目を担ってたんですね。
で、西園寺自身は基本的には「米英と相対することだけは避けねばならない」って発想の持ち主なので、
最後の方は軍部(とりわけ陸軍)と対立することになるんですが、

その「親英米」路線をひっくり返すきっかけの1つ「日本・国際連盟脱退」のときに、
マスメディアはこれを賞賛する記事を書いちゃったんですよ。
ロジックは極めて単純。
「先人達が血肉を捧げて勝ち取った地(この場合は満州国ね)をむざむざ手放してまで
譲歩するなどありえない。だから、脱退・大いに結構!」
↑みたいなロジックが大衆受けするが故に、賞賛する記事が書けちゃったんですよ。

同様に満州事変のときも、日中戦争開戦のときも大衆受けを狙った結果、
これらを賛美する記事が書けちゃった。
(※ちなみに、この頃はまだメディア統制なんて殆ど行われていない時期ね)

それを見て、西園寺さんはポツリと呟いたそうな。

「やはり、国家と言うものは国民の民度以上のことは為しえないのか」

と。
----------

何か現在も同じようなことが繰り返されているような気がするんですよ。
もちろん、新聞・テレビなどの既存メディアが影響力を低下させている現代においては
全く同じ状態だとは言えないのですが、
なんだかんだ言って現代の大衆も「(論理的に正しくなくても)単純明快なロジックに乗りたがる」
っていうのは変わってないのかなぁ、って最近つくづく思うようになりました。

郵政解散なんてその典型だったわけだし。
(僕自身は、別の理由で自民党に投票しましたが。。。)

個人的には「民度」っていう言葉は好きではないんですが、
何かの形で「民度を向上させる施策」に取り組むことが、
社会の諸問題を解決に向かわせるような気がしてなりません。

そんな意味も込めて、ボランティアを始めてみたわけですよ。

で、目標を高く持ちたがる私は

「ボランティアで学校・塾よりもスゴいサービスを提供する」
     ↓
「学校・塾に何らかの刺激を与える」
     ↓
「学校・塾の教育の質が向上の方向に向かう」

みたいなことを考えてたりします。

。。。さすがに望みすぎかなw
でも、仮に「人生80年とした場合、40歳までにやり遂げねばならないことを決める必要がある」
っていう巷に溢れている言説が正しいとしたら、
そろそろ「やり遂げねばならないことを決める」準備は始めなきゃいけないだろうし。
で、僕にとっては、達成できたら悔いなく人生が終われそうな位大きな目標です。

先述の西園寺さんの最後の言葉は「いったいこの国をどこへもってゆくのや」だったそうな。
近衛内閣に対する不満・不安を表した言葉だったらしい。

何とかしてもう少し前向きな最後の言葉を残してみたいなぁ、と思う今日この頃でした。


P.S. 4年前とは別人格のような人間が書いた投稿になりましたが、
  おっちゃんになると、さすがに人間も変わるんだなぁ、とつくづく感じました。
  ま、本当は殆ど変わってないけどねww

natsi at 22:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 生活雑記