2015年04月

2015年04月05日

入『学』券

入試・入学のシーズンで
今年も『学駅』の入場券が売れているそうな。 

 

 

 

 

学駅はJR四国のローカル駅。 

30年位前から『入学』に通じると言うことで
入場券の人気が出た。 

同様に日本一のミニ私鉄、紀州鉄道の
『学問駅』なども人気がある。







さてここから、屁理屈を言うぞ。




入場券と言うのは
その駅に入ることはできるけど
そこから動いてはいかん、という券ではないか。 

 

やってくる人を迎える、
あるいは 
旅立つ人を見送るためのものだ。

本人は列車に乗ってはいかんのだ。




入学しても、そこからは旅立てない。 
それってまずくないか? 




理屈から言えば
『学駅』から出発してJR全線に乗れる切符とかの方が
縁起がいいと思うぞ。





何を言っておるのか、こいつは。
と思ったあなた。

ちゃんと勝算はある。





「青春18切符(恥ずかしい名前だなこれ)」が
5回券で11500円。

ならば、JR普通列車乗り放題券は2000円ちょっとで
採算が取れるはずだ。



学駅の入場券は160円(高いな、四国)だが
1枚で買う人は少なく
『5入学』にかけた、5枚セットが人気なのだそう。

それなら2000円ちょっとの
『学駅発フリー切符』を買う人はいるよ。

充分商売として成り立つ。





君は学駅に入って、そこからどこへでも旅立てる。

『入学してから旅が始まる』ってね。





こういうキャンペーンをやれば、
かなり受けるんじゃないだろうか? 

少なくとも、100%使われないであろう『入場券セット』より
実際に旅行に使える分、遙かに価値がある。





徳島の人には申し訳ないが、
学駅付近はなにもないらしい。





しかし、大阪まで3時間半、岡山までなら3時間くらい。
始発に乗れば9時半には大阪に着ける。
料金も4000円を超えるのでそれだけで18切符の
1日分の元は取ったことになる。 

それなら、その先は、東でも西でもかなり距離を稼げる。
もちろん、大阪、神戸、京都をゆっくり回って貰ってもいい。


入試が終わって『学駅』から旅行にでかける
若人がいれば、微笑ましいし。


時刻表を見て、呆然と無人駅に立ち尽くす子がいれば
それはそれで微笑ましい。
時刻表に縛られない旅も、きっと面白い。

店はまだ開いてないだろうが、駅の周りを歩いたらいい。
観光的にも町おこしの役に立つぞ。




是非、実現していただきたい。


 

 

 

 

 

 


経営的に苦しいらしいJR四国にも
いいんじゃないか?

 

 

 

 





ブログランキング・にほんブログ村へ                        









natsu_0117 at 01:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
QRコード
QRコード