2015年07月13日

夏のアイス

『あー、つまんないなー。』と、あつこさん。
カップに入ったチョコミントアイスを舐めながら言う。

『なんで?』と、聞くと
『雨だから。』、と。





まあな。





梅雨が、夏のすぐ手前になってまた、雨を散らす。
台風はこの街には来ないが、
暖かい風と、水を送り込んできた。
外に出ると、耳の穴の中まで女神が舌をさし込んでくる。

だから陸上部のあつ子さんは、毎日
雨の放課後をもてあましているわけだ。

もちろん、トラックに出られなくても
校舎の階段をダッシュで駆け上がったり、
体育館の隅で腹筋をしたりして、
部活に休みはないらしい。

それでも、いつもより早く終わるので、
こうして帰りにおれとアイスを食べに来たりする。





『そんなに部活したい?』
『いや、部活は嫌いだけど。』
『じゃあ、休めていいじゃん。』
『でも、走りたいなあ。』

といって、小さなスプーンでアイスを口に含む。

『元気だなあ。』と言うと、
『山下君も走った方がいいよ。』

『うん。』言葉に詰まると。
『も一個食べよ。』と言ってカウンターに向かう。

え?

彼女は、ごくシンプルなバニラアイスを
カップに入れて帰ってきた。





『よく食うなあ。』
『うるさいなー。』

『山下君、なに食べてんの?』
『えーと、アプリコットソルベ。』
『なに?それ。』
『アンズのシャーベット。』
『へー。』

『食べる?』
『いや。いい。』
『シャーベット、嫌い?』
『うーん、雨の日は、こうやって
ソフトを舐めるのがいいかなあ。』


うん。
なんとなくわかるような気がする。





『いつもシャーベット?』
『うん。』


もちろんうそだ。
あつ子さんとデートできるようになってから、
こうやってアイス屋にも来るようになったけど、
いつもは、学校の裏口の駄菓子屋で売っている
アンズアイスだ。

細長いビニール袋のシロップを溶かした砂糖水の中に
アンズのちぎったのを入れ、それを凍らせたという代物。
貧乏くさいけど美味しい。

夏になって蝉時雨の中、真っ白い太陽の光の中で
追いかけられるような時間の中で
溶けていくアンズアイスを食べる。

おいしい。






『へー。』

あれ?おれ、声に出してしゃべってたか?


『裏口の駄菓子屋って、
大きなラムネの水槽があるところ?』
『うん。』
『あそこでラムネ、飲んだことがあるよ。』
『へえ。』
『部活終わってさあ、もちろん練習中も
スポーツドリンクとか飲むんだけどさ。
氷入れても溶けるしまずいの。』
『うん。』
『だから終わって、制服になってあそこでラムネ買って
手のひらでぱんって叩いて、緑色のビー玉を抜いて、
泡が出てくるから わあっと思って うんと上を向いて
瓶を傾けると…』
『…ビー玉がひっかかってラムネが出てこない。』
『あははははは、そう。』


そうだ。夏といえばラムネだなあ。
うん。

どっちかって言うと夏は嫌いだけど、真っ白に焼けた
アスファルトの上を歩きながら飲むラムネも
アンズアイスも好きだ。

いいな。








次の日は晴れた。

台風が梅雨空の雲をみんなさらって行って、
それでも水分を大きく含んだ空は薄く白いけれど
日差しと蝉時雨と、そしてなにより
背中から抱きついてくるような暑さは、夏だ。

ホームルームが終わると、あつ子さんは
知らん顔をして友達と出て行ったけれど、
10分ぐらいしたらメールが来て
『やったー。ひさしぶりに走れる。6時に裏口でね。』
え?裏口?




図書室と本屋で時間をつぶして、裏口にいく。
あつ子さんが一人で、歩道の柵に寄りかかっている。

『いっぱい走れた?』って聞くと、
『うん。』っていう。
『アイス食べに行く?』って聞いたら
『あるよ。』っていう。え?

彼女は、アンズアイスの小さな袋をふたつもって
おれに差し出した。

『美味しいね、これ。』という彼女の左手には
同じアイスの空き袋が5つ握られていた。





















『あははははは。』と笑って、
彼女の手のひらの中で半分溶けたアンズアイスを、
ひとつ貰っていっしょに帰った。








ブログランキング・にほんブログ村へ                        















natsu_0117 at 00:21│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード