2005年09月22日

パクリとか3

 以前、エウレカセブンの記事でパクリについての私の見解を書きました。

 そもそも私の感覚では、似た題材を扱ったふたつの作品があるなら、似た属性のキャラがいたり、似たセリフが出てきたり、似たシチュエーションが出てきたりするのは、むしろ当たり前のことじゃないかなぁ、と。


 …まあふたつ並べれば誰が見ても盗作、というモノも確かに存在しているわけですけれども。(ぉぃ

 漫画で言えば特定のページで、コマ割が一緒、全てのコマの構図が一緒または左右反転、全てのセリフが語尾などが違うだけで実質同じ、なんて(ある意味)凄い漫画があったらしく、以前あるサイトでその検証を見たことがあります。
 さすがにそれでオリジナルだとは主張できなかったらしく、どうやら連載打ち切り、その後もその作者さんは干s(ry

(#現在はその検証ページは消えています・汗)



 そんな風に思っていたら、こんなページ発見
 トップページはこちらのようです。

 特定のトラブルが元で作られたサイトのようですが、内容そのものは一般性を失っていないと思います。



ですが、落ち着いて考えて下さい

・あなたは、誰の影響も受けずに、小説や絵等の作品を作っていると胸を張っていえますか?
・絶対に偶然の一致ではないと言い切れますか?


(#記事より一部抜粋)



 創作をした、あるいはしようとした経験のある人には、いろいろと思い当たる節があるかもしれません。

 例え完成したものが誰がどこから見てもオリジナルだとしても、構想の段階で何かの影響を受けていることは多いでしょうし、逆に如何なるものの影響も全く受けていない『完全なオリジナル』が、世の中にどれだけあるかというと……。

 私は、一種の幻想だと思っています。
 無いわけではありませんが、それくらいにレアなものだと。



 …でもこのサイト、面白いですね。
 箇条書きマジックのページも、思い当たる節がちらほら。


 ここが似ている、あそこも似ている、こんなところまで似ている。
 ほら、パクリじゃないか――。


 そんなタイプの主張は、確かに何回か聞いたことがあります。
 でももし仮にそんな論理が正しいとするなら、ここが似ていない(以下略)という論理も同じように正しいのではないかと思うわけで。


 箇条書きマジックとは、要は一種の詭弁術なのかもしれませんね。
 ――使っている人に、その意識があるかはわかりませんが。



 そんなわけで。
 知っている作品に似た作品が出てくるたびに『パクリだ!』とか糾弾をするのは、私は少々不毛だと思うのですよ。



 とはいえ。



 読者やら視聴者やらに、『あの作品と似すぎている』と思われることそのものが、創作物としては甚だ不利なわけで。
 これはオマージュだ、あの作品にインスパイアされたんだ――、という作る立場の主張もいいですが、ちゃんとオリジナルに見えるくらいには消化(あるいは昇華)しておかないと、結局は作者さんが損をするだけではないかと思います。

 似すぎていると感じるから、十分に楽しめない。
 そう思わせてしまった時点で作者さんの負けでしょうから。


natsu_ki00 at 20:14│Comments(0)TrackBack(0)clip!雑記 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
Archives
Blog 内検索
Google
www を検索
このブログ内を検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Recent Comments