2006年01月16日

交響詩篇エウレカセブン 384

副題「デイト・オブ・バース」



 カメラとペンで闘う、ストナーがメインの回でした。


 

 それはそうとレントン、久しぶりに地雷を踏んでましたね。



「普通の人間だったら、当たり前じゃないか!」
「私、人間じゃないもの……」




 ノルブ師に相談しますが、具体的に訊かれると答えられないレントン。



「君、何がしたいの?
 ……彼女と、どうなりたいの?」




 でも段ボールハウスに小窓まで作っているノルブ師……。

 やっぱり、普段からこういう生活をしているんでしょうね。
 お金が有るとか無いとか、無関係に。



 で、マシュー&ヒルダとムーンドギー&ギジェットで、成人向け男性誌『Ponte Press』を艦内の売店でこっそり立ち読みしていたレントンについて相談。

 ……と言うか、いちいちそんなことで相談しなくても……(笑)。
 月光号は、何だかんだ言っても平和ですね。



 ムーンドギーの「あのふたり、デキルの?」発言にギジェットが怒ったりとかもあって、結果的にはカップル2組が男女に分かれて、それぞれレントンとエウレカの相談に乗ることに。

 エウレカには、彼女が泣いているだけで速攻勘違いするヒルダ&ギジェット。
 レントンには、味方宣言するマシューと、実は『Ponte Press』を貯め込んでいるムーンドギー。

 ドギー兄さん……(笑)。



 基本的にはギャグ回でしたね。
 ……ストナー以外(笑)。

 バカ笑いしながら観てました。



 一方、呼び出しを受けて医務室に向かうタルホ&ホランド。
 タルホが すごくご機嫌なのがいいですね。

 で、家族というものがまだよくわかっていないエウレカは、『お父さんになった』と通信で言われていたホランドに突撃取材。



「お父さんって、やっぱり必要なの?
 お父さんって、大事なんでしょ?
 だから……」
「んー、なってみねぇとわかんねぇよ……」

「だからレントン、あんなに迫ってきたのかな……」

「ん?」 (タルホ)
「なにッ!?」 (ホランド)

「ホントはレントン、お父さんになりたいのかな?」




 フリーーーズ!!



レントンッ! どこだッ!!



 走っていったホランド、レントンの部屋に到着。



「……てめぇ、エウレカに何をしたッ!!」



 娘を傷物にされたパパそのものですね。
 レントン、ご愁傷さま……。

 マシューはボコボコ、レントンはボコ、ムーンドギーは鼻血。
 この差はたぶん、耐久力の差なんでしょうね。

 つまり、ドギー兄さんは一発で のびた、と(笑)。



 事情を聞いてようやく落ち着いたホランドにレントンは、父を嫌っていたはずなのに、父のことを知りたがっている自分に戸惑っていることを話しました。

 ホランドはレントンには、エウレカにアドロックの話を訊くようアドバイスし、さらにエウレカにも、レントンと話をするよう勧めたようですね。

 いいパパとなってきています。
 ……ちょっと怒りっぽいですが。



 そのレントン&エウレカは、全く同じポーズで並んで三角座りして、相手の方を同時に向いて謝って、声が重なったことにまた、同時に謝りました。
 この辺の演出、いいですね。
 ちょっと、ほのぼのした気持ちになります。

 エウレカは何も知らないことを謝って、レントンは思いやりがなかったことを謝って、これで心がまた繋がったようです。



「失格だ……。
 俺に、君の隣に座る資格なんてない……」
「アドロックも、昔同じことを言った…」

「……え?」
「うん」
「父さんが?」

「あれはまだ、私がSOFに配属される前のこと……。
 アドロックは、私とニルヴァーシュを研究する主任研究員で、いつも私のそばにいてくれた。
 まだ、何も知らない私に、言葉や、振る舞い方、ニルヴァーシュの操縦の仕方、他にも、もっともっとたくさんいろんなことを教えてくれた。

 そして、いつもこう言ってくれた。
 『俺が君を守るから』、って」

「……父さんが……」

「でも、あるとき、アドロックは言ったの。
 『失格だ』って」




 起きてしまった、異変。
 虹色に輝く、破壊の光。

 デューイもそのとき、その発生を見ていたひとりでしたね。
 他の軍人たちが ただ呆然とする中、興味深そうというか、楽しんでいるかのような表情をしていたのが、印象的です。



「……サマー・オブ・ラブ……」

「そのときは、アドロックが言った言葉の意味がわからなかった。
 ……でも、今でもはっきり覚えてる。

 『俺は、君の隣に座る資格なんてない』って。
 『自分には、守らなきゃいけない子どもたちがいる。
  だから、この世界を破滅させるわけにはいかない』って。
 『ごめん』って」




 言いながらアドロックは、たぶん致死量を超えている高濃度トラパーの緑に染まるニルヴァーシュのコクピットの中、コンパクドライブを引き抜きました。

 アドロックは、そうやってサマー・オブ・ラブを止めなければ世界が破滅し、ダイアンやレントン――、自分の子どもたちも死ぬと考えたということなのでしょうね。

 聞いていて、涙をこらえられなくなるレントン。
 エウレカも途中からは泣きながら、話していました。



「……それが、アドロックと過ごした、最後の日。
 気が付いたときには、全てが終わっていた。

 アドロックはきっと、ここにいるみんなや、世界を守ってくれたんだと思う。
 ……きっと、あたしのことも」




 父は、家族のことなんて置き去りにしていたと思っていたレントン。
 でも真実は違いました。

 エウレカも、それが家族の愛なのだと理解したようです。
 自分もまたアドロックに救われたのだから、自分にとってもアドロックは『お父さん』なのだ、と。



 ずっと聞いていて、ご機嫌そうな表情で寝返りを打つノルブ師。
 ドアを小さく開け、縦に顔を並べてずっと盗み聞きしていた、(下から順に)マシュー、ヒルダ、ムーンドギー、ギジェット、ハップ、ホランド――。

 って、少し前のシーンで、一旦は覗き見を咎めていたホランドも、結局覗いてるんですね(笑)。
 やってきたストナーが呆れるのも当然かも。



「何やってんだ、お前ら?
 ……リーダー、ちょっと話があるんだが……」




 劇中である言葉を引き合いに考えていたストナー、とうとう考えがまとまったようです。



(どんな波でも、最初は些細なところから起こる。
 それらが集まることで、世界を覆(くつがえ)す大波となることもある――、か)




 そして今回のメインイベント! ……ですね。
 皆をいつも相談事に使う大部屋に集めたストナーは、写真を取りだして、話を切り出します。



「実は、この写真を『レイ=アウト』の、再創刊号の表紙に使わせてもらいたい。

 ……俺はこの写真にこそ、真実があると思っている。
 コーラリアンであるエウレカと、人間であるレントンが、ふたりで1枚のボードに乗るこの姿にこそ、メインでもカウンターでもない、人々の希望となりうる真実が含まれていると思っている。

 しかし、この写真を表紙に載せることで、お前たちを傷付けたくはない。
 ……だから、嫌だったら」

「いいよ。私はいい。……うん、嬉しい」
「お前はどうなんだ?」 (ホランド)
「俺も嬉しいです! ぜひ、お願いします!」
「じゃ、決まりだな」 (ホランド)

「え? リーダーは、いいのか?」 (ストナー)
「いいも何も、『レイ=アウト』の責任者は、お前だろ?」




 そこにモーリス、メーテル、リンクがやってきて、エウレカとレントンのそばで写真を巡って大騒ぎ、一気に賑やかに。

 ホランドも、「家族、か」と嬉しそう。
 その嬉しそうなホランドを見つめるタルホも嬉しそうです。



 そしてデューイの反乱。
 まあ成功しますよね。ここまで周到に行動していれば。

 まずは籠絡されていたおばさんは黙ったまま、おじさんとおじいさんがデューイと会話していました。



「まさか、コーラリアンまで、利用するとはな」
「無血革命が可能だとは、考えなかったのか?」

「それもこれも、あなた方が真実を隠し続けたが故のこと……」

「真実を公にすることだけが幸福を得(う)る手段ではない。
 その逆もあるのだよ」
「遅すぎたのだよ。
 アゲハが報告されたときには既に、人は、この生きた大地に増えすぎていた」
「我らをこの星へと導いた方舟には最早乗り込めぬほどにな」




 おじさんに向けて銃を構えるデューイ。
 しかし、おじさんは少しも怯んでおらず……。



「解放してくれるというのかね、大衆に真実を隠し続けるというこの苦しみから」
「我々を倒せば、その重荷を背負うことになる」

「その程度の覚悟なら――」




 三賢者のうちふたりまで射殺し、報告に来ていた兵士もあっさり射殺。
 すると、もともと籠絡されていたおばさんは降伏。



「あなたを牢から解放したときからいつかは、こうなると思っていたわ」



 結局、三賢者は全員、反乱によって死んだり失脚したりするのは、『望んだ結末』の範疇だったみたいですね……(汗)。

 まあ賢者と崇められながら嘘に嘘を重ね続けるのは、権力の亡者でないのなら、とんでもなくつらいことだった、ということなのでしょう。

 ――まして世界が緩やかに、しかし確実に破滅に向かっているというのですから。



 最後に、次回予告の聴き取りを書いておきます。



 世界を巻き込み、物語は進む……。

 グレートウォールへ向かうゲッコーステイトが、
 その険しい道のりで、手にした物とは――。

 次回、「ジョイン・ザ・フューチャー」




#追記  メインとカウンター

 日本でも以前、某予言本などがバカ売れしたことがありましたね。
 情報を浸透させるためには実は、それが真実であることは必要ありません

 嘘を嘘だと指摘したところで、水掛け論になるに過ぎません。
 実際にやったとして、どちらが勝つか?

 ――決まっています。
 同じ土俵で闘うなら、数が多い方が勝つのです



 ストナーは、それを知っていました。
 それがあの、カウンター論なのだと思います。

 ではどうするか?

 真実のみを伝える?
 無意味です。
 真実は、伝わる人には伝わるでしょうが、嘘の圧倒的な『数』の前に埋もれてしまうだけのこと。



 ストナーが選んだ武器は真実ではなく、もちろん嘘でもなく、『イメージ』なのだと思います。

 最高傑作だという、融和のイメージ。

 それを見て人々が感じる感銘こそを、武器にしようとした――、それがストナーの選択だったのではないでしょうか。


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 交響詩篇エウレカセブン (Episode.38 デイト・オブ・バース)  [ ハリネズミのちょびっとMemo ]   2006年01月16日 21:08
君、何がしたいの? 彼女と、どうなりたいの? レントンに問うたノルブ。 まさに気になっていたこと。 特別な存在であること、傍にいることをお互いに確かめあった二人ですが、その先に必ず訪れるだろう大きな選択を前に揺るがないために必要なこと、それをストレートにレ...
ここでこのテンションか?と意外な印象でしたが...以下感想。
せっかくなのでアニメの感想もやってみることに。あくまで「感想」なので、ストーリーの要約とかはなしにして、思ったことを書いてみよう。
4. 交響詩篇エウレカセブン第38話 デイト・オブ・バース感想  [ ちいさな創造 ]   2006年01月16日 21:29
今回はエウレカによるアドロックの話と ドギー兄さんの核心を突く発言が印象的でしたw テストまで1週間を切っているので急ぎです。 まずエウレカに何でアドロックのことを 教え
5. 交響詩篇エウレカセブン 第38話 『デイト・オブ・バース』  [ INFINITE-COSMOS 〜Eternal〜 ]   2006年01月16日 21:37
〜アニメ 交響詩篇エウレカセブン 第38話 『デイト・オブ・バース』 について〜 今回のタイトルである??デイト・オブ・バース??は ??アドロック・サーストンとレントン・サーストンの親子、その家族??のことを主に指していると思います。 ??Date of Birth?? …… ??誕生の...
6. 交響詩篇 第38波◇ノルブ「何がしたいの?彼女とどうなりたいの?」  [ Fere libenter homines id quod volunt credunt ]   2006年01月16日 22:01
最近、ご都合主義アニメに傾倒する作品やら鬱覚悟主義アニメが流行らしい。 分野限定アニメばっかりじゃん。ゼネらリスト・タイプのアニメは、もうエウレカしかないんだね。
7. エウレカセブン#38『デイト・オブ・バース』  [ TURN TO SCARLET ]   2006年01月16日 22:15
「どんな波でも最初は些細な事から起こる。やがては世界を覆す大波となる」このテーマに、デューイの情報戦略に対抗しようというストナーと、誤解の上塗りで起こる騒動とを絡めてくるとは!お見事です。
8. 交響詩篇エウレカセブン 第38話  [ たつのりに大切なこと ]   2006年01月16日 22:20
今週のMVPはドギー兄さんです! さすが元お笑い担当{/hiyo_z/}
9. 交響詩篇 エウレカセブン 第38話 「デイト・オブ・バース」  [ 猫煎餅の偏頭痛ブログ ]   2006年01月16日 22:25
この作品にしては珍しく、前回のヒキと舞台を同じくして、話が始まったので、そのままエウレカが、アドロックの話をしてお仕舞いかと思ったら、こういう展開になるとは・・・。ここでコメディを織り込めるスタッフの力量に脱帽です。作画的にちょっとアレなのが残念なんです...
10. 交響詩篇エウレカセブン「デイト・オブ・バース」雑記  [ ここには全てがあり、おそらく何もない ]   2006年01月16日 22:38
5 【10秒で分かる、今日の『こうきょうしへんえうれかせぶん』】 エウレカ、むくれる レントン、男の階段とことこ登る エウレカ、誤解発言連発 四者会談、男女間で意識の差により決裂 怒れるパパさん、悪い虫をぼっこぼこに アドロック、その消える様 デューイ、反....
11. あの二人できんの?  [ ダメじゃないッ!はずな日記 ]   2006年01月16日 22:51
今日のエウレカセブン。 とりあえず、どんな内容だったかは Kimiteru's Blog 南の島からガンダムを作れ! Anime速報.com 星屑の記憶R 〜アニメとゲームを語るブログ〜 コトマニ 駄文とか駄??мq
12. 交響詩篇エウレカセブン #38デイト・オブ・バース  [ 才谷屋DIARY ]   2006年01月16日 22:53
今回はこれから起こりうる戦闘の前の、ちょっとした息抜きの時間って感じ。 レントン
13. エウレカセブン38話 「デイト・オブ・バース」  [ 星屑の記憶R 〜アニメとゲームを語るブログ〜 ]   2006年01月16日 22:54
今回はアドロックの過去話がメインだと思ってたんですが・・・普通にコメディ部分だけでAパート終わっちゃいました(笑) 全体的に見ると家族というものをテーマにしてシリアス・む
14. 交響詩篇エウレカセブン(38)  [ イマドコ?いまここ。 ]   2006年01月16日 23:07
月光号購買部のポテチはいつもおいしそう。
15. 交響詩篇エウレカセブン第三十八話 デイト・オブ・バース  [ ToyandDiary ]   2006年01月16日 23:19
 第三クールも残すところ一回ということで、作画と脚本が持ち直してきた印象の今回。作画はカメラを引くとアレですが、アップはそこそこのものが多かったですよ。  レントンの父・ 
16. 第38話感想  [ ZANSLINGER GIRL ]   2006年01月16日 23:26
先週もうっかり寝過ごしそうになったエウレカ、寝ぼけた頭に邪悪なアイドルポーズをキめるアネモネさんが強烈な印象を。 あと、坊主が豆喰ってブー。って、もしかしてこの人某東方不敗よりもカッコイイかも! 男が男に惚れるってヤツですか!?早く自分もこんなオヤジになり...
17. =EPISODE NO.38 デイト・オブ・バース 感想 Vol.1=  [ 〜澄神静慮具在筆端〜 ]   2006年01月16日 23:27
〜あらすじ〜  レントンの父、アドロック・サーストンは、かつて世界に大災害をもたらした“サマー・オブ・ラブ”をみずからの命と引き替えに止めた英雄。そんな父にエウレカが以前出会っていたことを知ったレントンは、今までなぜ話してくれなかったのかとエウレカを責め...
18. 交響詩篇エウレカセブン#38  [ Weekly Web Wave デイリー版 ]   2006年01月16日 23:28
『デイト・オブ・バース』  緊迫した状況になりつつある状況で、危険に向かうまでのわずかな間の、ほほ笑ましい日常、という感じを出しつつ、それでいて未来への希望へと繋げて行く、という展開は、素直に良かったです。  エウレカから、父親の事を聞き出そうと詰め寄るレ...
19. エウレカセブン(38話)  [ earth garden mini ]   2006年01月16日 23:34
 デイト・オブ・バース(date of birth)  直訳:誕生の日  ようやく、軍の英雄ではないアドロック・サーストンの物語が語られます。  小説版ではエウレカがアドロックと面識があっ
20. エウレカセブン 第38話  [ くろまるブログ ]   2006年01月16日 23:35
「デイト・オブ・バース」先週の最後で、エウレカがアドロックを知ってると言ったところのまんま続きからスタート。レントンがどうして教えてくれなかったと詰め寄りますが、エウレカは、どうしてレントンが怒るのかわかりません。そりゃそうだよねー、レントンがアドロッ...
21. 交響詩篇エウレカセブン Ep.38 「デイト・オブ・バース」  [ SPORTS CRITIQUE feat. MAAYA ]   2006年01月16日 23:43
「あの二人さぁ、デキんの?」っっ
22. 交響詩篇エウレカセブン第38話「デイト・オブ・バース」感想  [ ALISAのLOVE DESTINY新館 ]   2006年01月16日 23:45
交響詩篇エウレカセブン 2006年度 カレンダー 交響詩篇エウレカセブン第38話「デイト・オブ・バース」感想です。今日は外出先から更新です。38話観て思ったことなどをちょっとだけ。エウレカとレントン。2人が単純にラブラブなまま進行する物語って訳にはいかないってとこ....
23. 「交響詩篇エウレカセブン」第38話  [ salty blog ]   2006年01月16日 23:48
第38話「デイト・オブ・バース」 アドロックの話題がきっかけで、エウレカとレントンの感覚の違いが発覚。 レントン「普通の人間だったら、当たり前じゃないか!」 エウレカ「あたし??dthY
24. エウレカセブン Ep.38「デイト・オブ・バース」を観た。。  [ 赤色メガネ。 ]   2006年01月16日 23:53
ストナーが何やら小難しいことを。 こーいうクサイ回はあの人、佐藤大だなってマルわかり。 加えて、男と女のきわどいお話。 父親、家族についてもからめて、そこら辺をコミカルにい
25. 交響詩篇エウレカセブン #38デイト・オブ・バース  [ うつわの器 ]   2006年01月17日 00:10
レントンが英雄アドロックの呪縛から解放される話なので「父親」がテーマになってるのはわかるけど、父親父親ばかりで、レントンが母親について一切触れていない不自然さが浮き彫りになった気がする。家族の中で顔を知ってるのはじっちゃんとダイアンだけと言ってたけど、顔....
26. 交響詩篇 エウレカセブン 第38話 「デイト・オブ・バース」  [ カチャイ的にジョアン〜空も飛べるはず〜 ]   2006年01月17日 00:14
      今回の内容は、 すれ違い 父親 ray=out再創刊 賢人会議の終わり。   今回も1クール目のようなコミカルなノリで楽しかったwww 世界があんな状況でも暗くならないのがゲッコウステイトの強さでしょうか。 物語的にはデューイが世界....
27. エウレカセブン38話「デイト・オブ・バース」  [ フタサンマルマルに出撃せよ! ]   2006年01月17日 00:23
久しぶりに、早めの感想うp。でも、先週の話をもう一回見ようと思ってたのにまだ見てないからちょっと誤解とかあるかもしれませんですはい。先週の「父さんのこと知ってんのー!?」から始まりましたね。エウレカに掴みかかるレントン。どうして今まで教えてくれなかったの...
28. 交響詩篇エウレカセブン 第38話 「デイト・オブ・バース」  [ 廃人日記(ぁ ]   2006年01月17日 00:41
( ゚Д゚)ポカーン ノルブダンボールハウスってwwwwwちょwwwwおまwwwwwww やっぱり臭いからなのかっ!? 今回はレントンとエウレカの気持ちのすれ違いと、ストナーの決意。 ストナーも自分に出来る最大限のことを見つけたようです。 エウレ...
29. エウレカセブン #38 「デイト・オブ・バース」  [ 師匠の不定期日記 ]   2006年01月17日 00:42
今回のエウレカはアドロックと過ごしたの回想やら、思春期レントン君の話やら。それはいいとしてですね。やっべぇ・・・ゲームに時間を割きすぎで更新できません。全部eMのせいだな!??6n 9
30. エウレカセブン 第38話 デイト・オブ・バース  [ doomsday -2nd edition- ]   2006年01月17日 00:48
寝坊したので遅ればせながら。 「グレートウォールの先には未来がある」 アドロックのことを知っていたエウレカ。 レントンはなぜ早く言ってくれなかったんだ、普通の人間なら誰
31. 交響詩篇エウレカセブン 第38話「デイト・オブ・バース」 感想  [ ☆今日の雑色雑記★ ]   2006年01月17日 00:56
今回のエウレカセブン、良かったです。最近は、つなぎ的な感じの話が多かっただけに、今回の笑いあり涙ありの展開が凄く良かった。 ・・・ということで以下感想。
32. 交響詩篇 エウレカセブン 第38話「デイト・オブ・バース」感想  [ 蒼穹のぺうげおっと ]   2006年01月17日 01:11
アドロックはきっと ここにいる皆や 世界を守ってくれたんだと思う きっと わたしのことも 。・゚・(ノД`)・゚・。 今明かされるアドロックの過去、そして泣き崩れるレントン。 そんなレントンと一緒に僕も。・゚・(ノД`)・゚・。 コメディータッチの勘違い劇から...
33. エウレカセブン第38話 デイト・オブ・バース   [ ☆おんせんの日記 ]   2006年01月17日 01:13
今日も家族、取り分け「父」についてのことでした。 レントンは父、アドロックがどのようにして消えてしまったのかをエウレカから聞くことかできました。 今回は父は消える前に家族のことを言っていたと聞きました。 ここで初めて、父は自分たちのことも思っていてくれ...
34. 交響詩篇エウレカセブン 第38話「デイト・オブ・バース」  [ のほほんホビー ]   2006年01月17日 01:39
今回のテーマは一言で言うと、「お父さん」でしょうか。 エウレカがアドロックを知っている・・・という事で、焦って聞き出そうとするレントン。 コーラリアンであるエウレカに向か??
35. 交響詩篇エウレカセブン「デイト・オブ・バース」  [ 藍麦のああなんだかなぁ ]   2006年01月17日 02:18
交響詩篇エウレカセブン「デイト・オブ・バース」です。 一度書き上げたところで、登場人物の名前を確認しようと、オフィシャルページを開いたところでフリーズしちゃいましたよ。(号泣) 書き直します。 まずはあらすじです。 「レントンとエウレカは、いつものよ...
36. エウレカセブン38話「デイト・オブ・バース」感想  [ まいなすぷらす ]   2006年01月17日 03:42
やったーーー!自分で1000Hitふんだーーーー!!! もう最悪だ・・・orz エウレカセブン38話「デイト・オブ・バース」感想 いや笑った。今回は本当に笑った。 前回があん
37. 「交響詩篇エウレカセブン」No.38  [ 日々“是”精進! ]   2006年01月17日 04:45
No.38「デイト・オブ・バース」レントンは、自分の父・アドロックのことをエウレカが知っていると聞いてショックを受ける・・・。一方、月光号は、ヴォダラ宮へと進路を取る。エウレカ、やはり人間ではないので、人間との意思疎通が上手くいかないねぇ・・・。って、ここ...
38. エウレカセブン38 デイト・オブ・バース  [ +++出張版ぐらびてぃりみてっど+++ ]   2006年01月17日 06:23
アドロックを知っていた事をレントンに詰め寄られるエウレカ。「家族だよ!誰だって知りたいに決まってるじゃないか! 何でわかんないんだよ! 普通の人間だったら当たり前の事じゃないか!」「わたし…人間じゃないもの…」エウレカにこんな表情させちゃって…。ちょっ...
39. 第38話 デイト・オブ・バース  [ 南の島からガンダムを作れ! ]   2006年01月17日 07:15
ハイサイ!(>_<)!さて、今回もエウレカセブンの感想やら何やら書いていきますか??■Aパート前回の最後のシーンからスタートレントンは自分の父親であるアドロックのことをエウレカが知っていたことに驚く驚いたレントンはエウレカを”人間”なら家族の事知りたいのは...
40. エウレカセブン EPISODE NO.38 デイト・オブ・バース  [ SOBUCCOLI ]   2006年01月17日 08:19
ペンダントちょっと欲しいなぁ(笑
41. 交響詩篇エウレカセブン 第38話 「デイト・オブ・バース」  [ 新米小僧の見習日記 ]   2006年01月17日 09:10
今週の「エウレカセブン」。前回の展開を受けて、いよいよエウレカとアドロックの過去が語られることになるだろうと思い、ワクワクしながらTVの前に向かっていたのですが…。 うわあ! かなりコミカルタッチなAパートだ!(^^;) なんだか久しぶりに怒れるホランド....
42. エウレカセブン #38「デイト・オブ・バース」  [ 今日は何色? ]   2006年01月17日 09:47
前半は笑いどころ満載でした。 「レントンはお父さんになりたいのかな?」のシーンに大爆笑。 先が予想できたのにも関わらず大爆笑。 36話の電話にシーンといいホランドの笑いのシ
43. 交響詩篇エウレカセブン #38 「デイト・オブ・バース」  [ 雨的日記 ]   2006年01月17日 09:54
ちゃんと性の話にまで踏み込んだね。 ま、あっさりスルーな感じだけど。でも、行く先には当然、待ち受けていることだと思うので、逆に触れないほうが不自然だよな。 一方、デューイの血なまぐさい行為には、やっぱりハッとさせられる。 放送時間帯の変更を考えなくてもいいの...
44. 今日のエウレカセブン(第38話)  [ 流線型事件 ]   2006年01月17日 10:22
今日のエウレカセブン(第38話) 起きぬけで見たのでストーリーはうろ覚えです。 まぁ、なんかこんな感じだったって言うことで。 ----------------------------- 第37話 デイト・オブ・バース 「グレートウォールの先には未来がある」というアドロックの言葉をエ...
45. 交響詩篇エウレカセブン#38  [ 戯れ言乙 ]   2006年01月17日 10:23
交響詩篇エウレカセブン 7三瓶由布子 名塚佳織 藤原啓治 バンダイビジュアル 2
46. 交響詩篇 エウレカセブン 第38話 『デイト・オブ・バース』  [ 前田慶次郎店長のブログ ]   2006年01月17日 10:30
5  前回とは打って変わり、今回はたいへん面白かったです!
47. 交響詩篇エウレカセブン 第38話  [ オヤジもハマる☆現代アニメ ]   2006年01月17日 11:15
サブタイトル「デイト・オブ・バース」   アドロック失踪の謎のヒントが...   交響詩篇エウレカセブン 3  以下詳細  ***********
48. デイト・オブ・バース  [ スカイフィッシュ ]   2006年01月17日 11:24
OP変わってませんでしたね。 今日から第4クールに突入かと思ったのですけど…。 もしかして、このまま変えないで行くとか? それとも、今回はまだ第3クールだったから変わらなかっ々
49. 第38話 デイト・オブ・バース (交響詩篇 エウレカセブン)  [ あんまり無理せず生きていきたい ]   2006年01月17日 11:29
先週のデューイ演説の前にメディア戦における敗北を味わったストナーのお話でしたね。 そして、世界の縮図のようにゲッコーステイト内部でも"彼の知らないところ"で小さな誤解が渦巻いてました。 誤解の質がかなり違うので、誤解が大きくなれば大きくなるほど面...
50. 交響詩篇 エウレカセブン 第38話  [ LUNE BLOG ]   2006年01月17日 11:31
アドロックが守ってくれたエウレカを、今レントンが守っている。
51. 交響詩篇エウレカセブン♯38「デイト・オブ・バース」  [ さんでぃうぃっち ]   2006年01月17日 12:26
 本編の家族云々のことはここでは敢えて省いて、以前から時々提唱していた「ストナー主役説」を高らかに掲げてみたい。  マスメディアによって民衆に伝えられた「作られた真実」。デューイによって操作されたそれは、民衆にとって心地よいものだった。  けれど、...
52. エウレカセブン38話〜デイト・オブ・バース  [ ちょこりあ ]   2006年01月17日 14:55
今日のは笑えた…軸はシリアスな内容のはずなのに笑えた!!やっぱここがエウレカのいいところというか…脚本のセンス好きだなぁ(笑レントンはアドロックのことを知りながらその話を今までしてくれなかったエウレカを問い詰める…。そしてここからレントンの行動、エウレ...
53. 交響詩篇エウレカセブン38話「デイト・オブ・バース」  [ バーングラウンドver1.5 ]   2006年01月17日 16:46
先週エウレカの毎週の感想は停止すると書きましたが こんな話をされると、「なら書くしかないじゃないか!(アスラン風に)」
54. 交響詩篇エウレカセブン 第38話「デイト・オブ・バース」  [ VERZWEIFLUNG ]   2006年01月17日 16:52
前々回の予想、外してはなかったか。 アドロック自身はコンパクドライブに取り込まれたのか? それとも、跡形もなく消滅しただけ…? ノルブ、段ボールで寝るなよ…。 もう、ホーダ
55. 交響詩篇エウレカセブン 第38話 「デイト・オブ・バース」  [ Anime Watch ]   2006年01月17日 17:39
☆今回イチオシの台詞 デューイ「その程度の覚悟なら、、、」 コメント:その程度の覚悟なら出来ていると?      その程度の覚悟など容易いものだと?      まあ、そんなところでしょうかね。      デューイは確かにホランド達と真逆の考えを持ち、敵....
56. 交響詩篇エウレカセブン第38話デイト・オブ・バース  [ 黄昏のマリオネット ]   2006年01月17日 18:06
久々のまともな更新ついでにテンプレートも変えましたということで ここ数話まともに見れず微妙に話が分からない エウレカ感想です。
57. 『交響詩篇エウレカセブン』#38  [ おくいのなんでもdiario ]   2006年01月17日 19:53
「デイト・オブ・バース」 ドギーのナイスなつっこみ!「あの二人さぁ、できんの?」
58. 交響詩篇エウレカセブン#38「デイト・オブ・バース」  [ 制限時間の残量観察 ]   2006年01月17日 20:53
マシューとドギー兄さんの疑問は、結構重要なポイントだと思う私は腐女子ですかそうですか今週のエウレカセブンの感想でーっす。 内容は他のブログさんに任せるとして、感想を。 エ
59. エウレカセブン 38「デイト・オブ・バース」  [ 凡ての道はガンダムに通ず ]   2006年01月17日 21:09
今回エウレカは家族について色々と考えましたね。そして勘違いやらすれ違いやらがありながら、ようやくアドロックの過去が明らかにされました。でもレントンの立ち読みがみんなを巻き込んで、あれよあれよとまさかの事態を引き起こすとは…。本当に最初の波って些細な所から....
 今日はずっとやりたかったエウレカセブンの感想ですf(^^)☆    エウレカセブンはホント『人』の描き方が上手です☆なかなかこんなにサブキャラを大切にしている作品はないんじゃないかな。 人間らしさっていうか、そのキャラごとの人生・価値観・思想、そんなに深くない...
61. 交響詩篇エウレカセブン第38話  [ 雨の日が好きって思ってみたい ]   2006年01月17日 22:05
こんばんは。萌です。 もう38話か・・・とちょっと寂しくなりました。。今週もめちゃくちゃよかった!!ちょっと感動したし。今週は恋愛ネタって感じでしたね。エウレカセブンはこういう話があるのがいいですよね。いいって言うか面白い! アドロックのことを知って....
62. 交響詩篇エウレカセブン 第38話「デイト・オブ・バース」  [ 暁のSTARSHIP TROOPER ]   2006年01月17日 22:47
 「エウレカセブン」で「世界観」が語られると途端に話が小難しくなってしまうのですが(前回の話がそうでした)、今回はレントンとエウレカをして彼らにとっての「お父さん」を語らしめ、ハートウォーミングな内容でした。  秀逸です。というか、感動モンです。  「グレ...
63. エウレカセブン:第38話  [ うっかりはんぞう ]   2006年01月18日 00:01
エウレカセブン:第38話『デイト・オブ・バース』 シリアスパートと思わせつつ、コ
64. 交響詩篇エウレカセブン  [ 好きなものを好きと言える幸福 ]   2006年01月18日 09:42
第38話 デイト・オブ・バース 本日の名言『あの二人さぁ、・・・デキんの?』by
65. エウレカセブン 第38話『デイト・オブ・バース』を見て  [ マニアックな気分に酔いしれて。 ]   2006年01月18日 16:16
3 それでは本日のエウレカセブンですが、最近なんだか戦闘はあまりなく、ゲッコウステイト内でお話が進んでいますね。
66. エウレカセブン、ダンボールハウスボーズ  [ うっちーの今日の戯言 ]   2006年01月19日 19:01
先週色々深読み(?)したノルブの臭さの理由。 明らかにされましたね。 そうです、彼は『路上生活者』だったのです! 彼の住まいは手作り感あふれるコンパクトなダンボールハウス♪ ちゃ〜んと窓も仕切り布も付いている(笑) いくら月光号の面々でも『ヴォダラクの最高僧...

この記事へのコメント

1. Posted by リツ   2006年01月17日 00:23
TBありがとうございました!^^

確かに、セブンスウェルが起こった時のデューイの表情は印象的でしたね。「魅せられた」のかなぁと思いました。
2. Posted by    2006年01月17日 09:56
やっぱりアドロックはエウレカと対になりそこねてたんですね。
3. Posted by N   2006年01月17日 12:29
…なんであそこでアドロックが死んだかわからんかったんですが、あぁなるほど。高濃度トラパーでしたか。
ただエウレカとアドロックが対になりかけてたってことは2人に恋愛感情みたいのはあったんですかねぇ?
実はアドロックもノルブみたいに胸に魂魄ドライブ埋め込んで生きてたりして(ないない)。
4. Posted by なっきー   2006年01月17日 19:22
5  リツさん、雨さん、Nさん、コメントありがとうございました。
 \(≧∇≦)/


>リツさん

>「魅せられた」
 全く同じ現象を起こそうというわけでもないはずなのに、アゲハ構想の目的を『セカンド・サマー・オブ・ラブ』と名付けていたのも、あの現象に魅せられたからなのかもしれないですね。

 それでは、これからもよろしくお願いしますね。


>雨さん

>アドロックはエウレカと対になりそこねて〜
 コンパクドライブと化してノルブ師に埋まってしまったサクヤ。
 エウレカを残して消えてしまったアドロック。

 …何となく、人間側とコーラリアン側が二人三脚のごとく、歩調を合わせている必要がありそうな気がします。
 どちらかが足を速めてしまうと失敗、みたいな感じで…。

 それでは、今後ともよろしくお願いします。
5. Posted by なっきー   2006年01月17日 19:23
>Nさん

>2人に恋愛感情みたいのはあったんですかねぇ?
 エウレカは『白紙』として現れてすぐアドロックの元ですごすことになったわけで、アドロックが彼女に好意を持っていれば、それと対になる感情を抱いたのではないでしょうか。
 恋人として見ていれば恋人として、妹としてなら兄、娘としてなら父として見るようになっていったと思います。

 個人的には、父娘の感情が正解かな、と思っています。

>生きてたりして
 死体がなかった以上、可能性ゼロではないですよね。

 人型コーラリアンが人に近づくことができるように、人もコーラリアンに近づくことができるとするなら、人でない何かになって存在している、という結果も有り得るかもしれません。
 …もしそうだとするなら、ダイアンもまた、同じような状態で存在し続けているような気がします。

 今後ともよろしくお願いしますね。
6. Posted by かがり   2006年01月22日 21:00
がんばれ
7. Posted by なっきー   2006年01月22日 23:09
5  はい、頑張りますー。 ヽ(´∇`)ノ
8. Posted by Infiliorn   2013年11月17日 01:03
4 ビジョンで12月(水曜日) <a href=http://ricestone.bov.jp/celine1.php>セリーヌ バッグ 梨花</a>
ルパンタロン大テイトのフォトケース:Rayures国連スタイルパジャマシェHerms、だぶだぶのタイユノルマンディーシェエンポリオアルマーニを注ぐ <a href=http://www.h-aoyama.jp/blog/data/celine2.php>CELINE 財布 コピー</a>
彼らは傷になりますので、他の宝石と真珠を保管していないか、金属に近いことは、ラーブは言った <a href=http://www.jyukyo.jp/celine3.php>celine 長財布</a>
彼女の両親は、若いプラダフラットデザイナーが彼女のファッションセンスを取得する場所について誰と困惑している <a href=http://www.arcolive.com/celine4.php>celine 財布 激安</a>

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
Archives
Blog 内検索
Google
www を検索
このブログ内を検索
Recent TrackBacks
Recent Comments