2006年05月03日

ひぐらしのなく頃に 綿流し編 其の壱 「嫉妬」3

 私が最も望む物は私の手を去り、
 私が最も求める姿は私の目を避け、
 私が最も在るべき処は私の足を拒む。

 私はその時、如何様に在るべきだろうか――?



私は原作ゲームプレイ済みです。
 ただし、先を知らないと書けない情報は可能な限り排除して記事を書くよう、努めます。
 その方針については、詳しくはこちらをご覧ください。

♯ネタバレ領域(白字)へのショートカットはこちらです。



 

衝撃のファーストシーン

 黒髪の小柄な少女が大きな包丁を持っている。
 柄を、すぐ右の壁に垂直にぶつける。
 そこに身体を叩き付ける。
 血しぶきが飛ぶ。
 右半身が血に染まる。

 ポニーテールにまとめた少女が、目を見開いて見ている。
 乾いた笑いが漏れる。

 長髪の少女は荒い息を吐きながら、
 己の首を傷付け続けている。
 目を見開いて――、

 力を失った手は大きな包丁を支えるのをやめ、
 力を失った足は小さな身体を支えるのをやめた。

 ポニーテールの少女の笑いは哄笑へと変わる。
 笑い続ける。
 血しぶきを浴びた斑の顔で――。



部活 in 興宮(おきのみや)

 日曜日だが、レナから電話があった。
 今日は町で部活をすることになったのだ。
 水車小屋近くで魅音、レナと合流し、自転車を飛ばして坂道を下り、一気に麓(ふもと)の興宮の町へと着いた。
 目的地はオモチャ屋、そこに沙都子と梨花は先に来ていた。

 今日はゲーム大会があり、そこで部活をするのだという。



「この店のおじさんと仲良しでね、たまーに客寄せイベントってことで、ゲーム大会を開かせてもらってるんだよ」

「今日は大勢での部活なんだよ?」

「優勝者は、負けたメンバーを全員自由にして良し!」




 まあ魅音らしいペナルティ設定というべきか。

 魅音によると、優勝賞金は5万円(!)。
 俄然やる気を出した圭一だが――。



 ゲームはカルタ取り。

 レナはもともと身体能力が高い。
 そしてとにかく手が速い
 かぁいいと思えば、まさに神速。

 沙都子はいつの間にか取っている。
 取っていると言うか、持っているというべきか。
 イカサマは見破られさえしなければ、イカサマじゃない。
 まさにサマ師。 (マテ

 魅音は、強烈な眼力で隣の男の子をすくみ上がらせている。
 その隙にあっさりカルタを回収。
 まさに最強。

 梨花は隣の男の子と同時くらいにカルタ押さえたが――、
「みぃ……」
 男の子があっさり墜ちて、梨花があっさり回収。
 まさに無敵。



「取れましたですよー♪」

「うまいよ梨花ちゃん」
  (///ヮ///)



 みんなそれぞれの特技を活かして、次々にカルタを増やしていく。
 圭一は思わず 「敵わねぇなぁ……」 と漏らしたが、その言葉を聞き咎める魅音。
 ――みんな本気なのに、圭ちゃんだけは本気になってくれないんだね、と。

 圭一なりに本気のつもりだったが、皆がそれぞれの能力を最大限に使う中、圭一は何も特技を使わない 『ただの人』 だった。
 そのことにようやく気付いた圭一は、両横に座っていた富田と岡村を連れてトイレに行った。
 ――目的は、買収。



 もちろん金銭で、など圭一にはできないし、子どもには効果は薄い。

 だが圭一は知っていた。
 富田は沙都子萌え、岡村は梨花萌え。
 幸い今回の部活で優勝者になれば、部員の敗者全員に命令できる。

「俺が優勝したら、ふたりを自由にして、良し!」



 ふたりを抱き込んだ圭一は、トイレから戻ると一気にカルタを増やす。
 口先の魔術師、前原圭一。
 これが彼の戦い方。

 圭一以外が取りかけたら、富田・岡村のどちらかが妨害するという方式。
 これで一気にトップの魅音に並んだが――、



西洋人形

 ここで時間切れ。
 魅音にはバイト予定が入っていて、決着を付けるまではできない。
 だから後日決着として、一時魅音が勝負を預かるということになった。

 収まらない圭一。
 だが、店のおじさんは優勝賞金は次回に回すということで、代わりに賞品を渡してくれた。



 紙袋を開けてみると、30cmくらいはありそうな人形。
 ふわふわの金髪にピンクのドレス、白いヴェールをかぶった、かなり可愛いドール。

 沙都子、梨花、レナ――、女性陣にはウケがいいようだが、圭一は困り顔だ。



「あはははは、圭ちゃんには似合わないもの貰ったねー♪」

「どうせ! ……やるよ!」

「ほぇ、え? くれるの? ――レナに!?」

「可愛いものと言えば、レナだろ?」

「ありがとう! はぅーぅ♪」

「俺がこんなのを持ってても仕方ないし、お前も、似合わないタイプだしな」




 後半は、同じくトップだった魅音に向けての言葉だ。
 真顔で見ていた魅音は、笑顔になって答えた。



「ぁ? ああ、よくわかってるじゃない!
 あたしもさぁ、どうして男の子に生まれなかったんだろうって思うとき、あるんだよねえ!
 あっははははは……」

「お? よくわかってんじゃん」




 しかし、そう言う圭一の後ろでは、浮かない顔をしたレナ――。



エンジェルモート  Angel Mort

 昼前に町へと来たので、ちょうどおなかが空いてきたらしい圭一。
 レナたちを誘ってみるが、レナは夕飯の支度があり、梨花と沙都子も買い物をして帰る予定らしい。

 圭一がひとりで入ってみたのは、ファミリーレストラン、エンジェルモート。
 彼はここが、どんな店かよく知らなかったようだ。
 奇抜な制服のウェイトレスが、随分と どもりながら接客に来た。



「い、いら、いらっしゃいませ……」

(ん? 新米か?
 だけどこの制服はなかなか悪くな…、えっ!?)
魅音っ!? ……だよな?
 お前、バイトって、このことか!?」

「あ、あの……」




 それは、いつものポニーテールではなく、髪を下ろした魅音だった。
 いつもなら相手は上級生で部活でもなかなか敵わない部長、でも今は自分の方が立場が上――、もともと言葉が武器の圭一は、ここぞとばかりにセクハラ発言。
 いろいろ言葉攻めした挙げ句、お持ち帰りとか言ったお返しにパンチを貰って、圭一の仕返し(?)も終わったようだ。



「……しかし、天下御免の園崎魅音が、ウェイトレスは苦手とはなぁ……」

「……あの、だ、だから違うんです」

「違うって……?」

「私、魅音じゃないんです」

「……はぁ?」

「あのぅ、私……、園崎詩音、魅音の双子の妹なんです」

「双子……?」

「はい、よくお姉に間違われるんです」

「でも、さっき、初対面とは思えない反応、したよな?」

「そ、それは、いつもお姉が話している人だから……、知ってたわけで……」

「ふーん……。
 そっか、悪かったな、疑ったりして」




 これでこの場は追求無し、となった。
 そのとき彼女に、Rに入っていいと、別のウェイトレスが伝えてきた。

「じゃあ、私はこれで……。
 噂の圭ちゃんと話せて、楽しかったです。
 ……あ、お姉と同じ呼び方でいいですよね?




R: アール

 rest 、即ち休息のこと。
 ただ、接客中の従業員に伝えるのは、お店側としてはかなりマナー違反だと思います。
 と言うか、別れの挨拶↑の前に、オーダーを訊かなくていいのでしょうか(笑)。




「魅音のやつ、すっかり化けやがって……。
 何が 『妹の詩音です』 、だ」




 エンジェルモートの窓から、自転車に乗って帰っていく圭一の後ろ姿を、どこか寂しそうに見送る彼女――。



園崎詩音 1

 次の日。
 圭一の両親は、出かけていて帰らない。

 帰り道で、そのことを魅音とレナに話す圭一。

 いつもの水車小屋近くの分かれ道に来た。
 魅音とは、ここで別れる。



「じゃ、また明日!」

「今日もバイト?」

「そ。
 慣れないうちは早めに来い、って言われてんだ」

「やっぱウェイトレスって大変なんだな」

「ほぇ?
 魅ぃちゃん、ウェイトレスさん、やってるの?」

違う、違う!
 私はオモチャ屋!
 おじさんに留守番頼まれちゃってさあ……。
 ウェイトレスやってるのは詩音の方!

「……あ、あぁ、ごめんごめん、間違えた」

「詩音って誰かな?」

「ああ、魅音の双子の妹なんだけど、性格は全っ然っ違うんだ

「そうそう、外見は似てるんだけど、性格は大違いでね、
 あたしは優しくて思いやりある性格だけどぉ♪、
 詩音は冷めてて おっかないんだよねぇ

「……へぇ、魅ぃちゃんに妹がいたなんて知らなかったよ。
 おうちに行っても会ったことなかったし……




 途端に、どもってしまう魅音。
 咄嗟に言葉を紡ぐのは、あまりうまくないようだ。

 魅音が必死に話し続けるが、事情を知る圭一は何とも微妙な表情。



「……ほら、知ってるでしょ?
 ばっちゃと住んでるの、あたしだけだから!
 詩音は、興宮の実家に住んでるの!
 あんまり仲良くないから、行き来もそんなにないしさぁ……」

「ふぅん、レナも会ってみたいなぁ……。
 どこの店で働いているのかなぁ?」




 またさんざんどもった挙げ句、 「バイト、急がないと!」 と走り去っていく魅音。
 圭一は 「逃げたな……」 と言うが、レナは楽しそうだ。



「変な魅ぃちゃん……。
 でも魅ぃちゃん、なんだか可愛かった。
 なんでかな、なんでかな♪
 ふふふふふ……♪」




園崎詩音 2

 帰宅する圭一だが、今日は待っていても夕飯はできない。
 空腹だが、料理などできない圭一にはインスタントくらいしか選択肢がない。
 そうなるとすぐに作る気力もわかないようで、玄関で寝転んでしまった。

 そこにドアホンの音。

 幸い、まだ鍵は掛けていない。
 そう言うと、すぐに彼女が入ってきた。
 ダウンしている圭一を見て、さすがに驚いたようだ。



「圭ちゃん!
 ……何やってんですか?」

「あぁああぁ、魅、詩、魅詩、ああもうっ!
 ……なんの用?」

「はい、これ」




 すっと差し出される、ピンクの布で包まれた箱。



「え!? も、もしかして、これ……」

お姉が電話してきて、圭ちゃんひもじい思いしてるから、何か差し入れしてやれば?、って……」

「……う、嬉しいけど……、なんで?」

「ぅ、あの、その、」




 途端に目が泳ぎ始める彼女。
 やはり、咄嗟に言葉を紡ぐのは苦手なようだ。



「圭ちゃん、お店のお客さんだし」

「……客……?」

「そ、それじゃ私、バイトに行くから!」




 出た言葉も、あまり理由になっていない。
 眉をひそめた圭一だが、彼女が帰ったあと、弁当箱を開いてみると、中身も実に美味しそうだった。

 が、真っ先にの心配をする圭一。
 しかし圭一の空腹も限界、美味しそうな弁当を前に我慢するのは無理な相談というもの。

 覚悟を決めて食べ始めてみると、本当に美味しかった――。



綿流し祭

 次の日、部活を始めようとすると、梨花が 「やりたいことがありますです」 と言って、沙都子とふたり、もう帰り支度を済ませていた。
 圭一は回覧を見たことも忘れていたが、次の日曜日は 『綿流し祭』 があり、梨花は 『綿流しの巫女』 として、鍬(くわ)を振り回す 『奉納の舞』 をしなければいけないらしい。
 しかもその鍬はかなり重く、梨花は練習に、餅つき用の杵(きね)を使っているという。

 身体が小さな梨花だが、頑張っているのだ。
 圭一も感心したようだ。



「人は見かけによらない、ってことか」

「見かけとは逆が真(まこと)かもしれないよ?」 (レナ)




 魅音もここで、バイトを思い出して急いで帰っていく。



「人は見かけによらない、ってことは、あの魅音も、実は 『いい人』 ってことか?」

「魅ぃちゃんはいい人だよ。
 いっつもみんなのリーダーとして頑張ってるけど、ホントはとっても可愛い女の子なんだよ?

「可愛い女の子……?
 ――確かに、そうかも、な」




 そのとき、圭一の脳裏に浮かんだのは、いつもの 『魅音』 ではなく、エンジェルモートで見た、そして夕飯を差し入れに来てくれた 『詩音』 だった――。



園崎詩音 3

 弁当箱を洗って、学校まで持ってきていた圭一。
 しかし魅音は先に帰ってしまったわけだし、それに差し入れてくれたのは 『詩音』 だった
 返すのならば 『詩音』 に返す方がいいかもしれない。

 圭一は学校帰りの姿のままで興宮まで降りてきて、エンジェルモートの前まで来た。
 改めて箱を開けてちゃんと洗えているか、変な臭いがしないか確かめてみた。
 大丈夫だ。
 笑顔で歩き始める――。



 しかし、『詩音』 に会えるという思いが、圭一から注意力を奪っていたのかもしれない。
 店の階段の真正面に駐輪する方にも問題があるにせよ、3台並んだバイクにぶつかって、将棋倒しに倒してしまう。

 そこに来たのは因縁を付けるのにも喧嘩にも慣れていそうな――、要はそういう3人組だった。
 彼らのバイクだったらしい。

 たちまち凄み始める3人。
 圭一の胸ぐらを掴んで怒鳴り始めるが、何しろ言葉が不明瞭でよくわからない。

 とりあえず、慌てて謝る圭一。
 しかし3人は、事を穏便に済ませる気は毛頭無いようだ。
 痛みを覚悟して圭一は目を閉じる――。



やかましいよ、クソボケ共が!」

「…んだ、テメェ……」

「圭ちゃん放してとっとと失せなッ!



 エンジェルモートの階段の上に 『詩音』 が立って、見下ろしていた……。
 たちまち彼女にも凄み始める3人組。

 しかし彼女は怯まない。
 怒りの形相も凄まじく、一瞬味方の圭一ですら怖さを感じたほどだった。

 ただ、それで引き下がるような連中ではない。
 ひとりが圭一を投げ出し、階段を登っていく。



「クソ女がぁッ!」

「み、魅音……!」

「……ぉ……? ……え?」




 空気が凍り付く
 その異様な空気に男も気付き、振り返る。

 人が集まりつつあった。
 見物人ではない。
 非難するわけでも石を投げるわけでもない。
 ただゆっくり集まってきていた。

 男もいた。
 女もいた。
 老人もいた。
 子供もいた。

 集まってくる。
 増えていく。
 無言で、ただ取り囲む――。



 逆転していた。
 いつの間にか3人は恐怖を撒く猛獣ではなく、怯える獲物と化していた。
 圭一も、異様な空気に恐怖を感じていた。

 そこに、関係あるのかないのか、パトロールカーのサイレンが聞こえてくる。
 それが最後の一押しになった。

 3人は慌ててバイクを起こし、クラクションを鳴らしながら急発進し、去っていった――。




 笑みが零れる。
 集まった人たちが、圭一に笑いかける。

 助かった圭一はというと、まだ驚きから回復してはいなかった……。



 と言うかこれ、本気で怖いですよ……!  ((((;゜Д゜))))
 雄叫びでも上げて襲いかかってくる方が、ある意味マシな気さえします。




園崎詩音 4

 『詩音』 と共に、町を歩く。
 圭一も、ようやく普段通りの心に戻れたようだ。
 彼女に礼を言った。



「さっきは、本当にありがとな。
 『詩音』 は勇敢だな」

「私だって、怖かったですよ。
 でも、他ならぬ圭ちゃんのピンチだし、勇気出して頑張りました、ってことです」

「へへ、だけどさ、驚いたな――、
 人が、どんどん集まってきて。
 ……あれ、全部雛見沢の人?」

「ええ、そうです。
 雛見沢の人は、みんな結束してるんです。
 ひとりの敵は、全員の敵ですから」

「まるでマフィアの一族みたいだな」




 さすがにこの言葉は、 『詩音』 にやんわり たしなめられてしまう。
 そもそももし、この結束が無ければ、都会のように見て見ぬふりをされていれば、圭一も 『詩音』 も、最低でも暴力を受けていたのは間違いないのだ。

 とても有り難いことなのですから、感謝の気持ちを忘れずに――。



「……感謝ならしてるさ。
 今日も、それに、昨日のお弁当も」

「……? お弁当……?
 私、そんなこと……」


「……え?」

「なんでもないです!
 美味しかったですか?」

ああ、そりゃもう!

「こうしてると、なんかデートみたいですね」




 そう言って、腕を絡めてくる 『詩音』 。
 大きな胸が腕に当たって、圭一はたちまち赤くなった。

 しおらしい 『詩音』 に嫌ですか? …と訊かれて否定するのは難しい。



「……私、お姉がどうして圭ちゃんを好きなのか、わかった気がします。
 ねえ、圭ちゃんのこと、ちょっぴり好きになってもいいですか?」

ああぁあのあの、おぉお俺俺、あ、じゃ、し、詩音!
 あ、いや、魅音!

 ……人は見かけによらない、って、本当だな。
 魅音にも女の子らしいところがたくさんあるってこと、よくわかったからさ。
 ――もう、双子の妹なんて作り話、しなくても、




 ばいばーい♪ 走っていく子ども。
 いつの間にか、例のオモチャ屋の近くまで来ていたらしい。



「ありがとう! また来てねー!」

「み、魅音ッ!?

「……ぁ? って! 圭ちゃんッ!?」  ( ゚д゚ )

「ほ、本当に、双子ーっ!?」  ( ゚△゚ )

「だから言ったじゃないですかぁ♪」




 赤くなりながら俯いてしまう 『魅音』 。
 赤くなって、ようやく困ったことになったらしいと気付いた圭一。

 ひとり冷静に微笑む 『詩音』 ――。



故障と修理

 次の日。
 もう魅音は、圭一の顔をまともに見られないようだ。
 目線が合う度にトイレへと逃げているようで、なぜか回数を数えていた沙都子によると、とうとう15回に達したらしい。

 沙都子は、魅音の様子がおかしいことを心配しているようだ。
 梨花は、 「女の子は不安定になるときもあるのですー」 と笑顔を見せている。
 事情を知っている圭一はというと、最初魅音が正体を隠そうとしたことやら、それを詩音に逆手に取られたらしいことなど、話しづらいことが多くて、やはり困っているようだ。

 そのとき、魅音と一緒に行ったはずのレナが、戸口で手招きしていた。
 クラスメイトに聞かれたくない内緒話でもあるのだろう――。



「まさか、 『詩音』 が実在したとは……。
 しかも弁当作ってきたのは、 『詩音』 のふりした 『魅音』 だったなんてなぁ……」

「しーっ。
 魅ぃちゃんかなり壊れてたけど、なんとか治したところだから」

「治したって……、どうやって……?」

「テレビとおんなじ!
 斜め45度くらいの角度で、えいっえいっえいっえいっ!」




 レナのパワーなら、速攻とどめを刺せると思います。 (ぉぃ



「……でね、圭一くんにもお願いしたいことがあるの」

「お願い?」

「うん。
 魅ぃちゃんは昨日までのことを無かったことにするから、圭一くんも、無かったことにしてあげて」

「うん」

「でも、圭一くんもわかったでしょ?
 魅ぃちゃんにも可愛いところがあるんだって

「ああ、退屈しないやつだということはわかった」




 そこにやってくる、梨花と沙都子。



「圭一も魅ぃも、いっぱいいっぱい勉強しましたですね。
 きっと圭一は、素敵な大人になれますよ

 なでなで

「ああ、梨花ちゃんもお勉強家だから、すごい素敵な大人になれそうだな!」

「もちろんなのです。
 ボクは大人になったら、スゴイスゴイなのです♪」  (⌒ヮ⌒)

「あーら、私も大人になったら、すごいレディになるんですのよ」

「沙都子は、いくつになっても、沙都子だと思うぞ」




 全く以てその通りですね!(笑)
 いい意味にも取れる言葉ですが……。


 腹を立てた沙都子が指を鳴らすと、圭一の真上に落ちてくるタライ。
 たちまち始まる、兄妹のようないつものケンカ。

 それをそっと覗いて、俯いてしまう魅音――。  |ω・`)



次回予告

 見たいのは、闇の中の形。
 聞きたいのは、戸惑いの足音。

 知りたいのは、本当の居場所――。



 『ひぐらしのく頃に

 綿し編 其の弐
     タカノ



 あなたは、信じられますか――?




ネタバレ領域  |ω・`)

 例によって、 ☆と☆の間に白字で書きます。
 読みたい方は範囲内をトリプルクリック(推奨)、ドラッグなどでご覧ください。

 重度のネタバレを含みますので、ゲームを 『皆殺し編』 の最後まで読んだ人限定を対象とさせていただきます。
 そうでない方が読んでしまうとアニメ版はもちろん、将来、安価で長く楽しめるはずの 『ひぐらしのく頃に』 をプレイする上で、深刻な損害を受ける可能性があります。

 もし領域内のことについてコメントしていただく場合には、項目ごとに (A) などの記号を振りましたので、それで引用の代わりにしてください。
 ただし、コメント本文そのものがネタバレにならないよう、なるべくアニメ未出の情報は伏せるようにお願いします。

☆ここから下にネタバレあります↓

(A) ファーストシーンで衝撃――、はもうやらなくてもいい予感(苦笑)。
 今後の話でも、先を見せないことを重視した方がいい気がします。

(B) トラップマスター沙都子。
 ゲーム大会のときのは、トラップじゃないですし。
 トイレ前のも単発な上に、誘い込む沙都子スタイルじゃなかったので、今ひとつ……。
 ちゃんとした連鎖トラップはやっぱり、 『祟殺し編』 までお預けでしょうか。
 もし 『祟殺し編』 でも見られなかったら、ちょっと寂しいですね……(汗)。

(C) ゲーム大会縮小版。
 5つのテーブルに別れて、というのは見たかったことは見たかったですが、これは省略不可ではないので仕方ないところかもしれませんね。
 でも次に影響したことこそが問題(汗)。↓

(D) 賞品が1個。
 テーブルを別れて 『5人で決勝』 でなくなり、5人同数首位では不自然だから2人トップになり、その結果、 『1人だけがあぶれる』 のではなく、 『1個しかない賞品を誰がもらうか』 になってしまいました。
 この状況でレナに渡すことは、ひとりだけあぶれた魅音に渡さないことほどには、不自然ではありません。
 また、ひとりだけが優遇され、そのひとりが自分ではなかったというのは、例え 『同数首位』 であったとしても、ひとりだけ冷遇されることと比べればそこまでの苦痛ではないように思います。
 この差は何気に大きく、正直、後々の説得力が激減した気がします(汗)。

(E) 3人組から助けたのは詩音。
 微妙に痛いですが、他の問題よりは些細なことかもしれません。

(F) 人形を買わなかった……!
 これも痛いと思います。
 詩音の策士ぶり+お姉への密やかな悪意を示す、そういう意味で良いイベントだったと思うのですが(汗)。
 やはり神速展開で、本来必要なはずのイベントまで削られている感じ(汗)。

(G) ボクは大人になったら……。
 もうこの言葉だけで泣きそうです。  (ノ_・、)
 それとも関連があるのですが、エンディングテーマのCD、私は買います。
 英語なんであまりよく聞いていなかった(ぉぃ)のですが、聞いてびっくり。
 これ、明らかに 『魔女』 の歌としか……。
 そうとわかって以来、エンディングを聴くだけで泣きそうに……。
 と言うか、この歌詞、凄まじいネタバレのような気もします(汗)。
 気になる人は、 "To get my happiness I had done everything" (最初の一節)を、このダブルクォーテーションごとグーグル先生に入れてみればヒットするかと。
 全文正し…くはないような気もしますが(笑)、一部修正すると完全版になる感じです。

(H) 次回予告。
 また、このスタッフさんたちの悪い癖が復活したようで、文字でネタバレ激しいです(汗)。
 真面目に考察している人は こういうのを見落とさないですから、難易度が下がりすぎないよう、制作者さんたちは意図的に隠す努力が必要な気がします。
 さもなければ、ミスリードを入れる必要があると思うのですが……。

☆ここから上にネタバレあります↑




トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ひぐらしのなく頃に  [ 優しい風景 ]   2006年05月03日 21:46
第5話「綿流し編 其ノ壱 嫉妬」
2. ひぐらしのなく頃に 第05話 綿流し編 其の壱 「嫉妬」  [ アカ乙ブログ ]   2006年05月03日 21:51
魅音がそっちで、詩音があっちで・・・ って感じの話だった。綿流し編第1話です。 一人二役とはこれからもおもしろい展開がありそうだな。 アンソロジードラマCD ひぐらしのなく頃に 瀀
3. ひぐらしのなく頃に #5「綿流し編 其ノ壱 嫉妬」感想  [ endlessspace-無限空間 ]   2006年05月03日 22:26
感想 出だしからいきなり殺害シーンかよ((((((;゚Д゚)))))) 魅音怖い・・・ でも前編の流れから推測すると これは綿流し編の最後に相当するシーンなのかな?かな・・・ みんな生きてるぅ このほんわかしている雰囲気なつかしい なぜか泣けてきたぜ( p_q) ...
4. ひぐらしのなく頃に 第05話  [ アニメは声優 しゃっふる ]   2006年05月03日 22:37
「綿流し編 其ノ壱 嫉妬」冒頭いきなり、ゆかりんが発狂。包丁突きつけて自害。魅音...
5. ひぐらしのなく頃に 綿流し編 其の壱 「嫉妬」  [ はざまの適当な日記 ]   2006年05月03日 22:41
 区切りがいいと思ったので綿流し編から、ひぐらしのレビューを書くことにしました。  分かっている人は、分かっているだろうけどこのアニメは数話で1つの物語を完結させていくよ???? ??
6. ひぐらしのなく頃に 第05話 「綿流し編 其の壱 嫉妬」  [ ジェットでマッハのオメガな日々 ]   2006年05月03日 22:56
殺人現場。 そこに立つ魅音。 何を思うのか、 ↑惨劇の前にクリック・・・
7. ひぐらしのなく頃に 「綿流し編 其の壱 嫉妬」  [ ほのおの日記 ]   2006年05月03日 23:29
さて、綿流し編始まりましたねー ※僕は原作プレイ済みですが、ネタバレ内容は隔離しております。 鬼隠し編と同じく衝撃のプロローグ!から始まりました。 個人的にはこの始まり方好きです。 ぐいっと一気にひぐらしの世界に引きこむ感じがイイですね。 祟殺し編までは...
8. ひぐらしのなく頃に 第5話  [ 鷹2号の観察日記 ]   2006年05月03日 23:34
 鬼隠し編で黒幕が分からなくてスネてたけど、よく考えたらまだ今回で5話になったば
9. ひぐらしのなく頃に 綿流し編 其の壱 嫉妬  [ うつわの器 ]   2006年05月03日 23:35
パラレルらしき別ストーリーが始まりました。これ、ネットや原作からの情報網を持たない人が観たら「はぁ?」だと思いますよ。鬼隠し編と同様、圭一は綿流し祭の趣旨をまた教えられてるしなぁ。 以下、ネタバレ感想です。 アバンの残虐性は鬼隠し編のように編の最終話に繋...
10. ひぐらしのなく頃に綿流し編其の一「嫉妬」  [ kasumidokiの日記 ]   2006年05月04日 00:14
出血大サービス……ですか!
11. 第5話/綿流し編 其ノ壱 嫉妬(ひぐらしのなく頃に)  [ 細々アニメ感想部屋 ]   2006年05月04日 01:30
綿流し編は鬼隠し編の中間の物語として捉えていいのでしょうね。一気にまた明るいメンバーに戻って安心。 OP前序盤の梨花と魅音の場景が気になります。あれは祭の日かな。これも綿流し編の最後で解明されるのだろうか。 魅音に双子の妹がいたのですね~。私も圭一のように....
12. 「ひぐらしのなく頃に 綿流し編」1話感想  [ てぃあら☆ぶる ]   2006年05月04日 02:40
今回から「綿流し編」が開始 まだ怖くない、怖くない・・(ちょっと怖かったけど) ちなみに私は魅音が一番好きなので、今回が一番楽しみ では感想行きま??す☆ ??ひぐらしのなく頃に 綿流し編その壱「嫉妬」?? カワイイ☆ブログランキング
13. ひぐらしのなく頃に 第5話  [ Todasoft Blog ]   2006年05月04日 02:48
綿流し編 其の壱「嫉妬」 鬼隠し編の余韻が残る中、新章・綿流し編突入。 そしてま...
14. 綿流し編其の壱嫉妬  [ 翔太FACTORY ]   2006年05月04日 06:40
「鬼隠し編に引き続き…最多の可能性を秘めた、ひぐらしのなく頃に綿流し編其の壱嫉妬」「最多の可能性?」「そう…最多の可能性」「(゚∀゚)アヒャヒャ(゚∀゚)アヒャヒャ(゚∀゚)アヒャヒャ(゚∀゚)アヒャヒャ(゚∀゚)アヒャヒャ(゚∀゚)アヒャヒャ…鬼隠し編其の壱ハジ...
15. ひぐらしのなく頃に 第5話 『綿流し編 其の壱 嫉妬』 感想とか  [ りせっとはかく語りき ]   2006年05月04日 07:33
ちょっ!!おまっ!!おにぎり吹いた(((( ;゚Д゚)))) 飯食いながら観ようとしたらいきなりアバンでこれ 自分の頭を死ぬまで包丁にぶっ刺し続けるとか異常過ぎて怖過ぎだろ、、、 今回か
16. ひぐらしのなく頃に 第05話 「綿流し編 其ノ壱 嫉妬」  [ 垂れっ流しジャーマン ]   2006年05月04日 07:34
エンジェルモートの制服は、昭和の奇跡。 梨花が自らの頭を包丁で何度も刺しています。 そして絶命… それを見て、狂ったように笑う魅音… このアバンタイトルの意味は?! ていうか、痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い!!!((((;゚Д゚)))ガクガクブルフ...
17. ひぐらしのなく頃に『綿流し編 其の壱 嫉妬』  [ 閉鎖空間 ]   2006年05月04日 08:11
包丁持ってドスドスして血を流しているのは梨花ちゃんか? それを見て大笑いしてるのは魅音か?それとも詩音か? この怖さは魅音だと思ったんだけど・・・本編見たら詩音も怖そうだった(笑) 今回も平和に始まりましたね〜圭\ちゃん、平和なのは今だけかしら・・
18. ひぐらしがなく頃に第5話(綿流し編・其の壱 嫉妬)  [ アニメな感想 ]   2006年05月04日 08:34
 いよいよ新章突入です。鬼流し編で、恐怖のどん底を味わったアニメです。今回の綿流し編も もの凄く期待しながら視聴しました。後全く鬼流し編とは、内容が違うのか最初はとても違和感が ありました。ただ新キャラの詩音の登場は、新鮮でしたけどね。(更新中)
19. ひぐらしのなく頃に 第五話  [ k the star diary ]   2006年05月04日 09:20
■第5話 「綿流し編 其ノ壱 嫉妬」 今回は録画失敗しませんでしたよ。ディスガイアはしましたけどw。 さてさて、今週からは綿流し編スタートということで 心機一転リセット(?
20. ひぐらしのなく頃に 綿流し編 其の壱 嫉妬  [ 猫煎餅の斜め下ブログ ]   2006年05月04日 16:03
オムニバスだということを。
21. [ひぐらし]ひぐらしのなく頃に 第5話「綿流し編 其の壱 嫉妬」  [ もけー日記 ]   2006年05月04日 16:29
 園崎魅音の双子の妹、園崎詩音登場。  ミステリーでの双子ネタで思い出した「ノックスの十戒」。ふと、藍華・S・グランチェスタ@恥ずかしいセリフ禁止 に言わせるのを思いつく。 読者が疑えない犯人禁止! 探偵方法に超自然力を用いるの禁止! 秘密の通路や秘密室禁止!...
22. ひぐらしのなく頃に 綿流し編 其の壱「嫉妬」  [ 草紙 ]   2006年05月04日 17:06
 ええと、原作では毎回ラストシーンを見せて本編を始めていたのだろうか? 「鬼隠し編」と同じ始まりなので、その時点で私の中ではマイナスかな。違う見せ方をしてくれた方が新鮮味あるものね。最初のアレは昨今のアニメにはなかったと思うくらい衝撃的で、これからどうな...
23. ひぐらしのなく頃に 第4話「綿流し編 其の壱 嫉妬」  [ 空の空 ]   2006年05月04日 17:36
今回から綿流し編がスタート。 アバンの件に関しては鬼隠し編と同様と考えてよろしいのですかね? 鬼隠し編同様初回は全体的に平和ムードなんですね。 あと改めて確認したいが これの時代設定は昭和だよね?w     ・・・・・・・・・ 「割り切れよ・...
24. ひぐらしのなく頃に 第5話 綿流し編 其の壱‘嫉妬’  [ 虹元の肖像 ]   2006年05月04日 17:57
前回までの話はなかったことにして次編始まったよw 普通にラブコメしてて面白かった。 でもレナの笑顔にゾクっとしちゃった人は私だけではないはず・・・。
25. ひぐらしのなく頃に 5話  [ 164 ]   2006年05月04日 20:41
綿流し編 其の壱 「嫉妬」鬼隠し編とは時間軸は一緒だけど、違う視点から見たストーリーっていう解釈でよいのだろうか…。「嫉妬」は、誰が誰に対してなのかなって思った。圭一ととても仲良くしている魅音に対して詩音が?あるいは、圭一に女の子らしいと認識された(笑)...
26. ひぐらしのなく頃に 第五話  [ 暇潰し日記 ]   2006年05月04日 20:59
よくコレを地上波で放送できたなぁ・・・ まさか原作をそのまま放送できるのか? 俄然綿流し編ラストが楽しみになってまいりました。
27. ひぐらしのなく頃に 第5話アニメレビュー(アニメ感想)  [ GACレビューアニメ館 ]   2006年05月04日 21:28
ランキング今日は何位かな♪(このメッセージをクリックするとランキングサイトに飛びます♪) ランキングサイトの検索BOXに http://anime-gac.seesaa.net と入力してくれれば何位かわかりまーす♪(探してくれると嬉しいです♪) ドラマCD ひぐらしのなく頃に アンソ....
28. ひぐらしのなく頃に 第5話  [ LUNE BLOG ]   2006年05月04日 21:53
全部置いて行かれたまま、新たなストーリーへ。
29. ひぐらしのなく頃に 第05話 「綿流し編 其ノ壱 嫉妬」  [ 万聞は一見に足るやも ]   2006年05月04日 22:00
…………( ゚д゚)゚д゚)゚д゚)゚д゚)゚д゚) ヒィッ( ゚д゚;)゚д゚;)゚д゚;)゚д゚;)゚д゚;) いきなりこれを持って来るのかYO!! 全く油断していたので驚き桃の木山椒??t, u9
30. ひぐらしのなく頃に5話「綿流し編其の壱嫉妬」  [ アニメ家 ]   2006年05月04日 22:06
  綿流し編に突入今回の落ちはとても痛々しいものみたい包丁を自分の頭に何回も刺す事を想像すると顎に力が入らなくなるな・・・・        夢落っ!!!なわけない・・・朝、圭一が目を覚ます所から始まると夢落ちのようにも感じられるが、鬼隠し編で死んだ人が...
31. ひぐらしのなく頃に 第05話  [ King Of ヘタレ日記 ]   2006年05月04日 22:53
■ひぐらしのなく頃に■
32. ひぐらしのなく頃に 第5話  [ パズライズ日記 ]   2006年05月04日 23:15
綿流し編其ノ壱の今回は、魅音の双子の妹、詩音が登場する話でした。圭一と同じく完全に同一人物だと思い込んでいたのですが、よもや本当に存在していようとは。完全に騙されました。 冒頭は鬼隠し編と同じく、殺害シーン(というか自殺シーン?)からスタート。今...
33. ひぐらしのなく頃に綿流し編其の壱「嫉妬」  [ ここはチラシの裏 ]   2006年05月04日 23:32
ほのぼのひぐらしタイム
34. ひぐらしのなく頃に 綿流し編 其の壱 「嫉妬」  [ たまにもゆる ]   2006年05月05日 00:22
今回の内容は要所は押さえてたが、とにかく展開が神速だった。 とりあえず魅音と詩音が可愛いですよ。 部活のメンバーはさすが。ていうか部活のメンバーだけしか取ってないよ〈
35. ひぐらしのなく頃に・第5話  [ たこの感想文 ]   2006年05月05日 01:25
「綿流し編 其の壱 嫉妬」 先週までの「鬼隠し編」が終了し、今回からは「綿流し編
36. ひぐらしのなく頃に アニメ版 #05  [ 徒然日記 ]   2006年05月05日 05:16
新章突入DEATH。ゲーム未見の方は前回の「どう見てもBAD ENDです(略)」でどう続けるのか謎だったでしょうけどこれで判りましたね。 さて、今回はテーマを設けてあります。その名もず??
37. ひぐらしのなく頃に 第5話 綿流し編 其の壱 嫉妬  [ パプリカのアニメ鑑賞よた話 ]   2006年05月05日 07:56
「ひぐらしのなく頃に」オヤシロさまドットコム アニメ・パプリカ 前回までの「鬼隠し編」とは、場所や登場人物は同じで、内容が違うってことでいいのかな? 今回は、魅音をメインに、冒頭にあった殺害(?)へと話しが進んでいくのでしょうね。 しかし、「鬼隠し....
38. ひぐらしのなく頃に 第05話 「綿流し編 其の壱 嫉妬」 感想  [ アニマッシャイ ]   2006年05月05日 09:11
 またしても怖いシーンからスタート  鬼隠し編でも最初に怖いシーンから入りのちにそのシーンが重要になっていたので、おそらく冒頭のシーンものちに重要になるでしょう!・・・し???? @
39. ひぐらしのなく頃に「綿流し編 其の壱 嫉妬」感想  [ ここには全てがあり、おそらく何もない ]   2006年05月05日 09:31
5 【10秒で分かる、今日の『ひぐらしのなくころに』】 部活はいつも総力戦 エンジェルモートに行きたいぞっ 詩音さんはかく語りき どっちがどっちか分からにゃい 雛見沢は団結命 なかった事にしてください ういうい、んでは「ひぐらしのなく頃に」を見ての感想な....
40. ひぐらしのなく頃に第5話「綿流し編其ノ壱 嫉妬」  [ 朦朦たる日記 ]   2006年05月05日 11:44
何この萌え路線 魅音の印象が完全に変わりましたよ。あぁ、圭一君の言う通り可愛いじゃないですか。 あ、でも俺は梨花萌えで。
41. アニメひぐらしがなく頃に 綿流し編其の壱「嫉妬」感想。  [ 種と月を語るブログ TYPE-0 SPEC2 ]   2006年05月05日 11:54
「そんなに見つめないで……」 ってオイ! これはタマリマセンよ~!!!! 今回はそんなお話・・・!?
42. ひぐらしのなく頃に 綿流し編 其の壱「嫉妬」  [ ハンター日記 ]   2006年05月05日 13:24
4 ちょwww冒頭から物凄いネタバレwww 梨花が・・・梨花が・・・ レナや魅音だけじゃなく梨花まで壊れてしまうのか。・゚・(つД`)・゚・。 それにしても・・・ どっちが詩音でどっちが魅音なのか、混乱しまくり('A`) きっとこの2人はこの綿流し編だけでなく鬼....
43. ひぐらしのなく頃に #05「綿流し編 其の壱 嫉妬」  [ おカネの錬金術師の錬成日記 ]   2006年05月05日 13:55
 いきなり何ちゅーアバンから始まりますか。  これが今回のオチ?
44. ひぐらしのなく頃に 綿流し編【其の壱】「嫉妬」  [ フカヒレ家 ]   2006年05月05日 14:46
先週の惨劇は記憶の隅に置いといて、気分入れ替えましょう~。綿流し編です。 おもちゃ屋でのゲーム大会で接戦になったが魅音がバイトなので中断になる。 そこで店長がお詫びにと圭一に人形を渡すが、圭一はいらないのでその人形をレナにあげる。 エンジェルモートに飯を食....
45. ひぐらしのなく頃に #5  [ ★虹色のさくらんぼ★ ]   2006年05月05日 15:25
第5話 【綿流し編 其ノ壱 嫉妬】 魅音の双子の妹 『詩音』 登場!!
46. ひぐらしのなく頃に 第5話 『綿流し編 其の壱 嫉妬』  [ よせあつめ離島 ]   2006年05月05日 15:46
さて、今回から仕切りなおしの綿流し編のスタートです。 相変わらずの超爆速展開です。 もしかしたら、鬼隠し編より早いかも。 このシリーズもいきなりこんなんからスタートかよ! 梨花ちゃまのいきなりのアレにさすがにびびった。 これは後半期待できそうだ....
47. ひぐらしのなく頃に 第5話  [ オヤジもハマる☆現代アニメ ]   2006年05月05日 17:28
サブタイトル「綿流し編 其ノ壱 嫉妬」   圭一の前に現れた魅音と双子の妹・詩音。  彼女は本当に魅音とは別人なのか?...   ひぐらしのなく頃に 綿流し編(1)  以下詳細  ***********
48. ひぐらしのなく頃に第05話「綿流し編其の壱嫉妬」感想  [ accessのweb飛行機写真館 ]   2006年05月05日 22:21
今回から綿流し編!!いったいどんな話になるんでしょうか・・・アンソロジードラマCD「ひぐらしのなく頃に」第2巻早速感想。いきなりアバンで衝撃的シーン!!あぁ・・・このアニメって毎回こういうシーンで始まるのね・・・今回は恐ろしいの次元超えてた・・・そして今...
49. ひぐらしのなく頃に 第5話 『綿流し編 其ノ壱 嫉妬』  [ 暁の夜明けと夕暮れの空に ]   2006年05月05日 23:26
なるほろ。このOPで魅音と一緒にいるのは詩音だったのか・・・。 これはまた新しい発見ですね。 というわけでいよいよ「綿流し編」が始まりました。 まず始めに言うがこのアニメは最 9緙
50. ひぐらしのなく頃に 第05話 「綿流し編 其の壱 嫉妬」  [ 時を駆けるブログ ]   2006年05月05日 23:28
ひぐらしも感想書くことにしますた。まぁなんとなく。 前回の鬼隠し編4話がきっつい展開をなさったので、今回はまだ1話だしそんなことはないだろうと思っていたのも束の間、アバンタむ?? @
51. (アニメ感想) ひぐらしのなく頃に 第5話 「綿流し編 其の壱 嫉妬」  [ ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 ]   2006年05月05日 23:43
ひぐらしのなく頃に−特別編−雛見沢村連続怪死事件私的捜査ファイル(仮) さて、今回からは綿流し編。私は、ここからは舞台も主人公も変わるものだと思っていたのですが、そうではなくて引き続き圭一達が登場。あれ?もう圭一やレナ達は死んでしまったのに・・・と戸....
52. ひぐらしのなく頃に 第05話  [ 螺旋階段 ]   2006年05月06日 00:17
■ひぐらしのなく頃に 第05話 「綿流し編 其の壱 嫉妬」  最初からきましたねぇ(;´Д`) ゲームプレイ済みな自分には多少免疫があるからいいようなものの、ゲームやってない人にとっては衝撃的な始まり方だと思います(苦笑) 個人的には1話の圭一撲殺シーンよ...
53. ひぐらしのなく頃に 第5話 「綿流し編 其の壱 嫉妬」  [ 気まぐれぶろぐ(怠惰庵) ]   2006年05月06日 00:31
綿流し編スタート! おーうおぅ、いきなり梨花ちゃまの死亡シーンからですか… さすがにアニメじゃ、包丁反復ブッ刺しから喉裏返しの表現はムリだった模様。
54. ひぐらしのなく頃に第5話 「綿流し編 其の壱 嫉妬」感想  [ ALISAのLoveDestiny新館 ]   2006年05月06日 00:34
ひぐらしのなく頃に 綿流し編(1) ひぐらしのなく頃に第5話「綿流し編 其の壱 嫉妬」感想です。 やっぱり見てしまうひぐらし綿流し編です。魅音の双子の妹、園崎詩音が登場。双子だったんだ。今回もはじめから殺害シーンですよ。てゆか梨花の自害シーンですか。魅音が狂った...
55. ひぐらしのなく頃に 第5話 「綿流し編 其ノ壱 嫉妬」  [ 恋華(れんか) ]   2006年05月06日 00:44
ひぐらしのなく頃に 第5話 「綿流し編 其ノ壱 嫉妬」 新章スタートです。今回のヒロインは、レナから魅音に変わり、恋愛も混じりはじめ・・・。では、時間を戻りましょう。
時間逆流…新手のスタンド使いか?( ̄▽ ̄) ってなことで始まった綿流し編。鬼隠し編も展開早いと思いましたが、そんなの子供だましに見えるぐらい早いです、早すぎます????( ̄□ ̄;)入れ替わり事件も一週で終わりか…萌える魅音を来週も見せろ〜・゚・(ノ□`)・゚・...
魅音が可愛いよ♪エンジェルモートの制服はエロすぎるっ(`・ω・´)昭和58年にこのセンスはやっぱりありえない…自分には難しくて可愛く描けません〜orz 今回から、綿流し編ですがあからさまに、色々とはしょりすぎですね(汗あと、冒頭のあの惨劇は目明し編なのですが...
58. ひぐらしのなく頃に「綿流し編 其の壱 嫉妬」  [ いつまで続くか黄金の意思!! ]   2006年05月06日 14:17
今日は出産祝いとかでなんか 朝から大変だった・・・そんな 朝から酒飲みたくないし・・・ まあ立場上でざる終えなかったが やっぱり親戚の付き合いは苦手だ。 ひぐなしの鳴く頃にうわさでは かなり聞いていたが実際見たのは 今回が初めてだ。 最初のプロローグっぽいの....
          今日からまたほのぼのだ〜♪と思ったら、いきなり、猟奇展開キターーー!!????( ̄□ ̄;)といいますか、これって思いっきり目明し編のネタバレじゃないか!(汗今回は、エンジェルモート仕様の魅音は可愛いなぁ♪ってことで...
60. ひぐらしのなく頃に 第5話  [ 世界のどこかでアホ毛と叫ぶ ]   2006年05月06日 17:14
ま〜たこんな始まり方しやがってw でも鬼隠し程の衝撃はないかな 綿流しで怖いのはこの後だからなぁ なんか夢オチみたいに見えるなw 興宮のおもちゃ屋での部活 全員参加でのカルタ大会 魅音のやり方は脅迫じゃないかw 魅音に発破かけられた圭一は ....
61. ひぐらしのなく頃に 5話「綿流し編 其の壱 嫉妬」  [ こころに いつも しばいぬ ]   2006年05月06日 19:40
双子といえば入れ替わりネタが必須なわけで。 今回さっそく入れ替わりネタがあったんだけど、果たしてそれだけなのか。
62. ひぐらしのなく頃に 第5話 実況メモ  [ Hones ]   2006年05月06日 21:25
にぱ〜☆ 1965 名前:名無しになるもんっ♪ :2006/05/04(木) 02:00 ID:???なんだいきなり 1974 名前:名無しになるもんっ♪ :2006/05/04(木) 02:00 ID:???((((((((;゚Д゚))))))))ガクガクブルフタ t
63. ひぐらしのなく頃に 綿流し編 其の壱 「嫉妬」感想〜  [ アニメanimeANIME中心 ]   2006年05月07日 01:59
綿流し編キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!ある意味、魅音メインです。っていうか、そのままかwwwさぁて本編ですが・・・相変わらず最初はグロいですね^^;血の量は鬼隠しより少ないものの、場面が明るいからグロさや怖さがかなり伝わってきます。それにしても、最初に....
64. ひぐらしのなく頃に#05「綿流し編・其の壱 嫉妬」  [ 今日もお部屋で☆アニメ中心生活 ]   2006年05月07日 05:58
ついに始まりました第2章(?)♪ 今回もアバンがキてます。 頭ザックザックの梨花ちゃんに高笑い魅音or詩音(;´▽`)ウワー 綿流し編も相当期待できそうです☆ てなわけで本編へ。 先週この世を去った方々がいきなりの勢揃いw 明るく楽しく校外部活動へレッ...
65. ひぐらしのなく頃に - 第5話「綿流し編 其ノ壱 嫉妬」  [ かげりゃんのもえもえ☆ひみつきち。@GWは普段できないコトを ]   2006年05月07日 09:57
 話は雛見沢から少し離れた興宮のゲーム大会に参加するために、レナと魅音の3人で自転車で出かけるところからはじまりました。ゲーム大会が漫画よりも薄く平たいものになっていました。ちょっと残念。ここいらへんがもっと描けていたら、最高なんだけどなぁ〜〜! ...
66. [ひぐらしのなく頃に]第5話 綿流し編 其ノ壱 嫉妬  [ もえろぐ ]   2006年05月07日 10:57
「ひぐらしのなく頃に」第5話です。 今回から新しい「綿流し編」というやつが開始です。 ・・って今回もいきなり殺人シーンからですか・・^^; 日曜日の朝。 圭一はレナちゃんやら魅音ちゃんとお出かけです。 どこへ何しに行くのかと思ったら おもちゃ屋のゲーム...
67. ひぐらしのなく頃に 綿流し編 其の壱  [ Cosi Cosi ]   2006年05月07日 11:18
4 ドラマCD ひぐらしのなく頃に アンソロジー 第1巻アンソロジードラマCD ひぐらしのなく頃に 第2巻 ひぐらしのなく頃に 第1巻 初回限定版ひぐらしのなく頃に 第2巻 初回限定版ひぐらしのなく頃に 第3巻 初回限定版 【綿流し編 其の壱 嫉妬】 「鬼隠し編」と同じように冒....
68. ひぐらしのなく頃に 「綿流し編 其の壱 嫉妬」  [ ゼロから ]   2006年05月07日 11:37
今話のような魅音は、良いですね。ツンデレが良く似合っていますよ。
69. ひぐらしのなく頃に 第5話 「綿流し編 其ノ壱 嫉妬」  [ 吐き出し天ぷら ]   2006年05月07日 11:56
レストラン、エンジェルモートに入った圭一は自分のもとに来たウェイトレス姿の(・・・)魅音に驚く。けれど、彼女は魅音の双子で詩音という子だった。魅音が双子のふりをしいると思った圭一は双子だと信じたふりをする。 しかし魅音と思い込んだ詩音と一緒にいた圭一は本...
70. ひぐらしのなく頃に 第五話  [ ぶろーくん・こんぱす ]   2006年05月07日 13:41
 えぇ??っ!?自ら出刃包丁に側頭部を何度も打ち付けるって…一体どうしたらこんな状
71. ひぐらしのなく頃に 第05話 「綿流し編 嫉妬」  [ あにめだもん! ]   2006年05月07日 14:58
もうかんべんしてください・・・
72. [+] アニメ「ひぐらしのなく頃に」第5話  [ 腐女子の漫画・小説・アニメのオタク感想文::赤 ]   2006年05月07日 15:36
アニメ「ひぐらしのなく頃に」の第5話「綿流し編 其ノ壱 嫉妬」です。 【 あらすじ 】 見かけとは逆が真かもしれないよ? 『だ…だから違うんです…… 私! …魅音じゃないんです!』 …今日の“部活”は町のおもちゃ屋でのカルタ取り大会。 圭一は「口先の魔術師」の実...
73.  ひぐらしのなく頃に 綿流し編 其の壱 「嫉妬」  [ Starlight Breaker ]   2006年05月07日 17:04
さーて、いよいよ綿流し編に突入です。 綿流し編ということは・・・そうですあの人の登場ですw
74. ひぐらしの鳴く頃に 第5話 「綿流し編 其ノ壱 嫉妬」  [ 無常なる理想郷 ]   2006年05月07日 17:14
ひぐらしのなく頃に 第1巻 初回限定版今千秋 保志総一朗 中原麻衣 ジェネオン エンタテインメント 2006-08-04売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-Toolsんー、なんだかなぁ。四話までは何も文句はなかったけど、五話に入っていきなり文句が。やっと、感 ...
75. ひぐらしのなく頃に第5話綿流し編「嫉妬」感想  [ うつろねこのゲーム人生。 ]   2006年05月07日 18:26
流れに耐えられず感想記事を途中参戦することにしましたw 未プレイ者の憶測を含みますので注意。
76. ひぐらしのなく頃に 綿流し編 其の壱『嫉妬』  [ 温泉ミカンの宝物★アニメだよ♪ ]   2006年05月07日 18:44
いきなり痛そうな場面からはじまる綿流し編。 つーか、痛そうどころの話じゃないわね・・・梨花ちゃん死んでるし^_^; 鬼隠し編のはじまり方と同じだとすると、終盤では包丁を突き立てるシーンが待っているんですよね・・・? うぅぅ・・・恐ろしい(;´Д`) 新キャラ詩...
77. 「ひぐらしのなく頃に」綿流し編第五話 〜彼女に渡した人形、本当は妾が欲しき〜  [ 混沌と勇気日記。 〜大混乱の時代に戦場を駆けめぐる勇ましき者がいた〜 ]   2006年05月07日 21:44
『だ…だから違うんです……  私! …魅音じゃないんです!』 …今日の“部活”は町のおもちゃ屋でのカルタ取り大会。 圭一は「口先の魔術師」の実力を遺憾なく発揮し、 魅音との一騎打ちに持ち込む。 …がしかし、魅音がバイトへ行く時間になり、 勝負はお預けに...
78. ひぐらしのなく頃に 綿流し編 其の壱 「嫉妬」  [ 蒼天にかかる橋 ]   2006年05月07日 23:47
綿流し編スタート。 で、最初はまたエグイシーンから。 今回のラストなのかな?狂気に満ち、笑う魅音が怖いです。。。 でも、本編はほんわかムードです♪ 押してくれるよね、よね
79. 『ひぐらしのなく頃に』綿流し編 第5話「嫉妬」感想  [ 秋桜の咲く頃に ]   2006年05月08日 00:18
アニメ『ひぐらしのなく頃に』綿流し編 其ノ五「嫉妬」感想 『ひぐらしのなく頃に 綿流し編(1)』 / 竜騎士07 方條 ゆとり / 発売日:2005-12-22
綿流し編 其の壱 「嫉妬」 また平穏な日々に戻っている・・・ わ〜 また誰かが死ぬ〜 富竹さん死ぬ〜 オープニングで、 梨花ちゃんがグサグサしてた〜 ( ▽|||)サー みんな死ぬ
81. 「ひぐらしのなく頃に」#5 綿流し編 其の壱【嫉妬】  [ 今どきアニメ♪ ]   2006年05月08日 15:06
【綿流し編】に突入です。鬼隠し編はなかったことになってます。 で、1話冒頭では撲殺シーンがあったのですが・・・今回の冒頭でもそういうのがあります!'''しかもさらにエグい!''' ここから画像を貼っていくのですが、さすがにヤバいので最後...
82. ひぐらしのなく頃にを観る  [ うにゃ丼亭 ]   2006年05月08日 18:07
園崎姉妹のダブルキャスト@雪野五月キターーーwww 圭一が景品の人形をレナに渡した際の、魅音のヴォイスを聞けッ!! エンジェルモートでの、詩音のヴォイスを聞けッ!! その上で圭一に弁当を届けた、彼女のヴォイスに注目だッ!! 以前の記事でも書きまし...
83. ひぐらしのなく頃に 綿流し編 第一話  [ JUNKS ]   2006年05月08日 21:06
いえーい!綿流し編の始まり〜♪ 鬼隠し編よりやはり恋愛要素は多そうですね。 さてさて、綿流し編では鬼隠し編で残した謎を少しは明かしてくれるのかな?
84. ひぐらしのなく頃に 綿流し編 其の壱 「嫉妬」  [ 朧月夜 ]   2006年05月08日 22:19
『だ…だから違うんです……  私! …魅音じゃないんです!』 …今日の“部活”は町のおもちゃ屋でのカルタ取り大会。 圭一は「口先の魔術師」の実力を遺憾なく発揮し、 魅音との???? 
85. ひぐらしのなく頃に 第5話「綿流し編 其の壱 嫉妬」  [ 今日もコレクト! ]   2006年05月09日 18:04
鬼隠し編が終わり、綿流し編のはじまりです。 前回の衝撃のラストから、どんな続きがはじまるのでしょうか。
86. ひぐらしのなく頃に 綿流し編其の壱「嫉妬」  [ 里佳の徒然日記 ]   2006年05月10日 00:34
先週死んじゃったはずの圭一たちが、何事もなかったかのように日常生活してて混乱しました。 Bパートで「あ~時間軸戻ったのね」とわかるまではずっと「??」状態でした。
87. ひぐらしのなく頃に第5話「綿流し編 其の壱 嫉妬」:カルタ吹き飛ばし  [ 知識欲が旺盛で怠惰な大学生のブログ ]   2006年05月10日 02:29
自分に包丁を突き刺す梨花らしき人物と狂ったように笑う魅音らしき人。 またいきなり残虐シーンからか・・・もしかして今回のラストはこのシーン? 前回がなかったかのように圭一が
88. ★ひぐらしのなく頃に 第4話&第5話  [ 48億の個人的な妄想 ]   2006年05月10日 03:30
【公式】第4話 「鬼隠し編 其ノ四 歪」うはwww最高www狂ってるよ(笑)イイネ
89. ひぐらしのなく頃に 第05話 綿流し編 其の壱 嫉妬  [ 猫が唸る感想日記 ]   2006年05月10日 13:25
綿流し編始まったよー!この話は前の鬼隠し編よりさらにガクブルなんで、怖いの苦手な人は覚悟して見てねw 冒頭で梨花ちゃんがザクザクやっちゃってる。ほほう、このシーン綿流し編でやるんだ。初見の方は、なんでこんなことになってるかサッパリでしょうな。 前半...
90. ■ひぐらしのなく頃に 第5話「綿流し編其ノ壱嫉妬」  [ ゆかねカムパニー2 ]   2006年05月10日 15:09
 あの包丁の刺し方は、もうやたらと痛そうです。  あんなの初めて見ましたよう。  自分じゃ絶対に真似出来ません(しないけど)。  何回も何回も刺すのは、さすがに
91. ひぐらしのなく頃に 第05話 「綿流し編 其の壱 嫉妬」感想  [ nekoyama01-blog ]   2006年05月10日 18:07
梨花ちゃまかわいいよ梨花ちゃま (YouTubeに飛びます) まさか、撲殺シーンを上回るシーンが映像化されようとは夢にも思わなかったですね。 原作とは違った冒頭なのですけれど、断然こちらの方がいいですよね。 実に痛々しかった…。ドンドン過激になっていってもらい...
92. ひぐらしのなく頃に第5話 「綿流し編 其ノ壱 嫉妬」を観た。。  [ 赤色メガネ。 ]   2006年05月10日 21:52
鬼隠し編のラストにはポカンだったけれども。 この綿流し編は鬼隠し編とは全く別物、パラレルってことでいいんだよね。 うん。 にしても、唐突に登場したのが魅音の妹、詩音。 自分〈
93. ひぐらしのなく頃に第5話「綿流し編 其の壱 嫉妬」  [ country-sideに降る星 ]   2006年05月10日 22:04
鬼隠し編を終えて、話も仕切りなおしで綿流し編へ。鬼隠し編があまりにも恐ろしかった
94. ひぐらしのなく頃に第5話  [ アニメ探索小隊 ]   2006年05月11日 01:05
前回で鬼隠し編は幕を閉じ、今回の話から別視点からの話(別の可能性のお話)である綿流し編に突入します。魅音の双子の妹詩音も今回から参加ですね。姉の魅音もなかなかキツイ性格をしていますが、詩音はその魅音すら恐れるほどの性格のようです(魅音談)。では第5話「...
95. ひぐらしのなく頃に 第5話 「綿流し編 其ノ壱 嫉妬」 感想  [ 仕様ですにゃ ]   2006年05月11日 21:40
ひぐらし五話目。綿流し編第一話。 アニメで描写されなかった部分の補足説明とか書くつもり。 ネタバレアリになってる気もするんで 見るときは注意してみてください。
96. ひぐらしのなく頃に #05  [ あにめ@ぱらだいす ]   2006年05月13日 03:19
第05話 「綿流し編 其の壱 嫉妬」 たった4話で主人公の圭一くんが逝ってしまって これからどうなるんだろうと思ってましたが・・・ 綿流しのお祭り以前に戻っているんですね こんな事を言っている時点で、原作を知らない事は分かっていただけると思います 多少の勘違...
97. アニメ ひぐらしのなく頃に  [ アーリオオーリオ ドゥーエ ]   2006年05月14日 00:57
「嫉妬」 あっれー? いきなり不安なスタートです。 前回の惨劇が無かった事になり。 また始まりました「綿流し編」 今編のメインは魅音です。 妹の詩音も登場し新たなる惨劇が
98. R(replacement)「ひぐらしのなく頃に」第5話  [ その他省その他局執務記録 ]   2006年05月27日 23:16
手に持った包丁に頭を打ち付ける少女。 その姿を見開いた目で眺めながら、もう一人の少女は咆哮のような笑い声を上げる。 「ひぐらしのなく頃に」綿流し編其の壱「嫉妬」 ある日曜日、圭一たちは、興宮のおもちゃ屋で開かれたゲーム大会に参加していました。 このおもちゃ屋...
99. ひぐらしのなく頃に 5話「綿流し編 其の壱 嫉妬」  [ 私の好きなアニメ無料動画レビュー fromえこぺんあいす ]   2011年11月18日 07:45
おススメ度☆☆☆ 【anitube】 【dailymotion1/2】 【dailymotion2/2】 □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ 前書き 衝撃の鬼隠し編が終了し、物語は綿流し編に突入。 えー今回も鬼隠し編と同様に4話構成...

この記事へのコメント

1. Posted by    2006年05月05日 00:37
TBどもです。
最近、TBが返せないのでコメントの方へ。
来週からの展開が気になりますw
2. Posted by なっきー   2006年05月05日 00:51
5  壁さん、こんばんはー。

>最近、TBが返せないのでコメントの方へ。
 ここ数日のライブドアブログのぽんこつぶり。
 TB送信ですが、私は1回失敗したら、こちらを使うように切り替えています。
http://alimika.alib.jp/nikki/writeback/sendform

 こちらの場合、重いからといった理由がなく、失敗=何回繰り返しても失敗(多分)なので、時間を浪費せずに済むという利点もある気がします。
 1回あたり1件ですが、処理自体は速いので、案外気になりません。

>来週からの展開が気になりますw
 このアニメ、作画が微妙な割には(ぉぃ)心理描写が丁寧なので、先がとても気になります。
 来週は魅音のように、壁の側から見るのもいいかも…。(ぉぃ

|ω・`)
3. Posted by 壁   2006年05月05日 11:09
アドバイスどうもですw
これからは“なっきー”さんが言われたのを使ってみる事にしますwww
それにしても。本当、ライブドアには困ったもんです…(使わせてもらっておいて言うセリフじゃないんですがw)
4. Posted by なっきー   2006年05月05日 20:30
5  壁さん、こんばんは!

 面倒なようで、案外便利でした。
 「送信成功しました」とメッセージが出るのも、意外と良いものです。


>本当、ライブドアには困ったもんです…
 生扉のスパム対策最高!(笑)
 …余所様でコメントスパムが数百件、とかいうのを見ると、この長所も決して馬鹿にはできないと思うんですよね。

 無料プラン利用者なので、あんまり偉そうなことは言えないのですが、もうちょっと頑張って欲しいです…。
5. Posted by cheap christian louboutin pumps For Sale Online   2013年05月08日 15:39
月の静寂、星の歌:ひぐらしのなく頃に 綿流し編 其の壱 「嫉妬」 - livedoor Blog(ブログ) cheap christian louboutin pumps For Sale Online http://www.7clshop.com/christian-louboutin-pumps-c-7.htm

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
Archives
Blog 内検索
Google
www を検索
このブログ内を検索
Recent TrackBacks
Recent Comments