2006年05月29日

名前とか苗字とか、二つ名とか3

 まずは真面目なランキング記事から。
 有名なので知っている人は多そうですが……。

 『名前ランキング2005|明治安田生命

 赤ちゃんに付ける名前とかで迷ったときにも、参考になるかもしれません。
 ランキング上位の名前というのは、いわばその時代の王道なわけですし。



 ここ↑だけ見るとマトモな記事に見えますが、下に行くほどカオス化していくことを予め書いておきます。(ぉぃ

追記:
 多少書き忘れがあったので、付け加えました。



 

レア苗字

 日本人の名前で何が難しいって、そもそも読めない苗字があること。
 数字の名前でも、(にのまえ)はまだしも、(したなが)は難易度さらにアップという感じです。
 この手のリストは、ネット上にも結構あります。

 『住民帖
 とても見やすいですね。
 もっとたくさん見たい、という人は、

 『名字見聞録
 こちらなどいかがでしょう。



 また、そういったマイナーな苗字でない人の中にも、ご自分の苗字がどれくらいメジャーか、という疑問を持つ方もおられることでしょう。
 そんな方はこちらへどうぞ。

 『日本の苗字7000傑  苗字順位検索
 ある程度メジャーな苗字なら、検索ですぐに結果がわかります。



 なんでそんな、風変わりな苗字があるか、ということに関しては、こういった説があるようです。

 明治三年(1870)9月19日に、明治政府が国民全員が名字を持つようにお触れを出しました。
 しかし、国民は面倒くさがって、名字を持たない人がほとんどでした。
 そこで、明治八年(1875)2月13日、明治政府は「平民苗字必称義務令」を出し、名字を義務付けました。この政策への反発として、ふざけた名字をつけた人がでてきました。
 これが珍名のはじまりだと言われています。


(♯こちらの記事から一部抜粋)



 なるほど、有り得ることかもしれません。



ハンニハラハーレーイー:

 『ひぐらしのく頃に』 の苗字では、 『竜宮』 も 『古手』 も 『公由』 もこの手のリストでは見つかりません。
 まあ実在するかどうかはどうでもいいのですが、その過程で、ちょっと変わった苗字を見付けました。

 『海千山千』。

 ふるて。

 ――考えオチ、ここに極まれり。
 ベテランさんだから古手なわけですが、これをノーヒントで読める人は、さすがにほとんどいないような気がします(汗)。




女の子の名前辞書

 こんなのもあります。
 このページはフィクションも有りなので、突飛な名前も混じってますが。

 『「女の子の名前辞書」計画



 「男の子の名前辞書」は?

 ――と思われた方。
 たぶん、ですが、この規模のものは無いかも。



親(だけ)のドリーム押し付け例

 電波な(ぉぃ)親だと、どういうことになるか、という例はこちら。
 なかなかに凄まじいです。

 『子供の名付け(命名)DQN度ランキング



(漢字) 吾郎
(読み) ごろう
(性別) 女
(メモ)
・ 母親が稲垣吾郎のファンだから。女の子に吾郎なんて可哀想と言われるたびに、「名前で男女差別するなんて、ばかげてるよ」と反論。でも娘は、いつも他の子に「いいなあ、可愛い名前で」って言っている。
・ そんなに吾郎と付けたかったら、犬にでも金魚にでもぬいぐるみにでも冷蔵庫にでも、吾郎って名前を付けとけ! と思った。
・ そこまで行くと虐待としか思えないね。男児が生まれるまで待てなかったのか。それに、男女差別って意味わからん。
・ 義実家の猫の名がゴロウ。ダンナが何となく稲垣吾郎から取ってつけました。不妊手術に行ったときにメスだと判明。猫だから本人わかんないからいいけど、人間の女の子だしねぇ…




 ファンならファンでいいのですが、名前を付けるのはドールあたりで(笑)。
 子どもは親の持ち物ではありません。



(漢字) 輝月
(読み) るみな
(性別) 男
(メモ)
・ 将来恨まれると思う・・。
・ 確かプロレスラーか何かに「ルミナ」って男いたよね? その人から命名かな?
・ ルミナって蛍光灯でなかった?
・ 駅ビルは「ルミネ」か・・。




 これも地味に酷い気がします。

 まず第一に、100%読めません
 第二に、ヴィジュアルイメージだけが先行してしまうこと。

 これは、実際そういう子が近くにいるとよくわかります。
 親の願望が世界一の美形で、世界一美しいビジュアルイメージの名前を付けたとしても、実体が付いてこなかった場合、結構これが、また(以下略)。

 ……少なくとも、あまりにも普通ではない名前を付けることが非常に危険な賭けなのは確かだと思います。



二つ名

 『魔法少女リリカルなのはA’s DVD第5巻』 でも、誰とは言いませんが、いっぱい二つ名をもらっていましたね。

 二つ名、憧れませんか?
 私は少し、憧れます。
 そこでこれ。

 『ランダムネームジェネレータ

 ファンタジー風の西洋名(男)、西洋名(女)、日本風のカタカナ名(男女)をランダム生成できるフリーソフトですが、これら以外にも、二つ名をランダム生成することもできます。
 各種ボタンがふたつずつあり、1つ、または6つ生成できます。



 せっかくなので私も、二つ名を6つ、ゲットすることにします。
 ついでにその名前で名乗ってみるとしましょうか。

 わくわく……。



 美貌の閃光、
 戦士たちの妖魔、
 天雷の幸福、
 邪神の深淵、
 卑怯なる傭兵、
 堕ちた方陣、


 なっきー。




 …………。



 _| ̄|○



 ひとつめと3つめは良いのですが、後は大凶ばっかり引いた気がしますよ?

 ……ひとつだけ作る方のボタンを押すべきだったのでしょうか。
 『美貌の閃光』 って格好良すぎて、逆にハズレという気もしますけれども。

 でもこれだけ大凶を連発するのもレアだと思いますし、これはこれで良かった(?)のかもしれません。



 これからの 『月の静寂、星の歌』 も、邪神の深淵、なっきーがお送りします――。


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

2  世界陸上の競歩でスタッフの周回カウントミスがあり、山崎勇喜選手が1周足りずにゴールしてしまって、棄権扱いになるという大失態が出ています。  その記事は 『続きを読む』 のすぐ後に書きます。  凄い漢字が並んだ名前を時折見掛けますが、それと偏差値と....
3  『二つ名メーカー』 なるものがあったので、早速やってみました。  以前にも別のモノで二つ名を作っているので、そちらも再掲、ということで。  あと、以前に紹介した 『WEB素行調査』 ですが、凄いことになっていました。  それも合わせて紹介をば。  その...

この記事へのコメント

1. Posted by きろう   2006年05月30日 23:39
こんばんわ〜。『思い描いた館』のきろうです。
邪神の深淵、なっきーさんの記事見て『ランダムネームジェネレータ』をやってみましたw
面白いですね〜コレ。自分も6つ出してみたんですが、『最強の聖天使』『双破の天才』とかどれもこれも仰々しい名前でちょっと恥ずかしいですね。
『悪夢の発情期』も上の二つと違う意味で恥ずかしい感じが。
とは言え、自分が名乗った奴の恥ずかしいのですが(ぇ

また、変わった苗字って多いですね〜。春夏秋冬で"ひととせ"とか初めて知りました。
そして、自分の苗字の順位とかも気になったため調べてみました。約1万6000位と割と少ない苗字だったので驚きましたよ。

ではでは。
2. Posted by なっきー   2006年05月31日 00:06
5  きろうさん、こんばんはー♪
 コメントありがとうございます!


>邪神の深淵、なっきーさんの記事見て
 お褒めにあずかり恐悦至極(笑)。
 大凶はある意味大吉ですよね。
 ネタにもなりますし(笑)。

>『最強の聖天使』『双破の天才』
 『美貌の閃光』なら何とか勝負(笑)できそうです。

>『悪夢の発情期』も上の二つと違う意味で〜
 そ、それは凄いです!
 大当たりかと。(マテ

>春夏秋冬で"ひととせ"
 渋いですよねー。
 単に奇をてらうだけではなく、おしゃれです。

>約1万6000位と割と少ない苗字だったので驚きましたよ。
 それは結構レアですね。
 私は3桁の順位で、日本の苗字の多さを思えば、これくらいならメジャーな部類に入りそうな気がします。


 それでは、これからもよろしくお願いしますね。
3. Posted by ハルキ   2006年05月31日 22:14
5 初めまして!読みやすくて毎日に近いくらい来てます。今回は笑えましたー!
4. Posted by なっきー   2006年05月31日 22:43
5  ハルキさん、こんばんはー。
 コメントありがとうございます!


 ご贔屓にしていただいているようで、とても嬉しいです!

 もしよろしければ、またいらしてくださいませー。
 卑怯なる傭兵がお出迎えしますよ♪(マテ
5. Posted by STR   2006年06月01日 01:26
悪鬼の将軍、漂霧の突破、無敵の瞬間、神龍の尖塔、超常の夜想曲、静かなる言葉……。
なんつーか、その……ちょっと仰々しいにも程がありゃしませんかね、俺w
あ、でも『静かなる言葉』は、何か渋いんで気に入ったかも。


我が家の苗字の順位は、7千ちょい。やや珍しいですかね。
それにしても、これだけ並んでると眺めてるだけでも楽しいもんですね。

「こんな苗字あるの知ってる?」「何て書くか(読むか)わかる?」なんて話題、妙に楽しかったりしますし。

これだけ多種多様、ついでに洒落が利いてるのは、日本くらいのものでしょう。
こういうセンスの良さは、日本の誇るべき部分だと思います。
どちらが上下というわけではないですが、中国なんて、せいぜい50種類くらいしか苗字がないと聞きますし。

続きます。
6. Posted by STR   2006年06月01日 01:26
>ドリーム押し付け
良かったなあ、俺。初対面でまともに読んでもらったことないけど、マイナーなだけでちゃんとした読み方がある漢字で。響き自体は、極めて普通だし。

子供は自分で名前を付けられないんだから、ちゃんと考えてあげないと……。
個性的なのもいいですが、方向性間違えると、ぶっちゃけただのバカ。
さすがに、ごく一部の暴走が目立ってるだけでしょうが、だからこそ子供が可哀想。当人はたまったもんじゃない。
虐められたり捻くれたりしても、文句は言えませんよこれじゃあ。

……将来、何割くらい裁判起こすんだろう(逆転するまでもなく、勝率ほぼ十割な気がします)
7. Posted by なっきー   2006年06月01日 06:11
5  STRさん、こんにちは♪
 コメントありがとうございます。


>悪鬼の将軍、漂霧の突破、無敵の瞬間、神龍の尖塔、
>超常の夜想曲、静かなる言葉……。
 全般にカッコイイじゃないですか! 凄いです!
 悪鬼の将軍にしても、武闘派が呼ばれる二つ名としては有りだと思いますし。

>『静かなる言葉』は、何か渋いんで気に入ったかも。
 これは特に良い感じですね。
 私はもう、『邪神の深淵』で押し通しますよ!(笑)

>我が家の苗字の順位は、7千ちょい。
 少しレア、くらいがいいかも…。
 あまりメジャーだと、少し見渡せば同姓の人がいそうで、それも少し困るかもしれませんし。

>「こんな苗字あるの知ってる?」
>「何て書くか(読むか)わかる?」
 日本人ならではの楽しみですね(笑)。
 というわけで、↓

>これだけ多種多様、ついでに洒落が利いてるのは、〜
 全く同感です。

(続きます)
8. Posted by なっきー   2006年06月01日 06:13
>中国なんて、せいぜい50種類くらいしか苗字がないと
 中国系文化圏では同郷はもちろん、同姓での仲間意識が非常に強かったりするんですよね。
 やはり、文化的にも姓が持つ意味が違うのだと思います。

>初対面でまともに読んでもらったことないけど、〜
>響き自体は、極めて普通だし。
 それならOKなのでは。
 初回だけ、覚えてもらう必要がありそうですけど。
 困りものなのは、子ども自身がどうしても自分の名前を好きになれないケースでしょうね。

>子供は自分で名前を付けられないんだから、〜
 自分の名前の由来を子どもが知ったとき、がっかりするようでは寂しい話です。
 やっぱりそういう場合には、「親の顔が見たいわ!」というリクエストにすぐに応えられるように、親の写真を持ち歩いてみるとか…。(ぉぃ

(続きます)
9. Posted by なっきー   2006年06月01日 06:13
>(逆転するまでもなく、勝率ほぼ十割な気がします)
 ぶっちゃけ、児童虐待ですからね。
 親の身勝手な喜びで子どもが苦しむのなら、それは「親の自由」の範囲を逸脱していると思いますし。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
Archives
Blog 内検索
Google
www を検索
このブログ内を検索
Recent TrackBacks
Recent Comments