2006年06月02日

Fate/stay night 第21話4

副題 「天地乖離す開闢の星」



 皆さまより寄せられた、衛宮士郎さまへの応援メッセージを紹介します。

『士郎こそもっと私に頼るべきだ』
『なんで私に相談せずに言峰のところへ行くのよ!』
『イリヤも士郎と逢い引きー!』
『今日のごっはっんは何かなー♪』
『ところで先輩、私と藤村先生の出番はまだですか?』
『お前が、お前が僕の提案を断ったりするから――!』
『雑種が……!』
『分かってはいたが、こうも容易く罠に掛かるとはな』



 そんな第21話でした。 (ぉぃ

(♯私は原作ゲームは未プレイです)


 

士郎とセイバー 1

 まだ余所様の記事は見ていないのですが、恐らく士郎が袋叩きにあっていると思います(笑)。
 私も別に士郎をかばうつもりはないのですが、セイバーの言動にも非常に問題が多く、しかも恐らく(今までの経験上)余所様ではセイバーはあまり叩かれていないとも思いますので(笑)、この記事では両方同じ基準で判断するという方針で行きます。



「士郎、何としても初撃だけは防ぎます。
 その隙に――

「行け! 逃げるのはお前だ!」




 士郎は逆にセイバーを後ろに振りほどき、自身が突撃します。

 士郎は、バーサーカーを一撃で7回殺したカリバーンならばこの金ぴか王にも深刻なダメージを与えることが可能と踏んだのでしょう。
 そこまでだけなら間違った考えだとは思いません。
 が、士郎の剣技ではバーサーカーに何もできなかったことを一緒に思い出さないのは、さすがにどうかしていると思います。
 士郎は 『賭け』 のつもりのようですが、士郎以上の剣技を持つセイバーよりもさらに上の金ぴか王相手では、当たりくじがただの1本さえもないのは明白――、つまり 『賭け金』 をどぶに捨てるも同然ということ。



 でも同時に、セイバーも、この発言は愚かという他ありません。
 セイバーはこうした自己犠牲発言が、士郎の 『スイッチ』 を押してしまうことを学習しなくてはいけない――、つまり、学習していないのは士郎だけではなく、セイバーも過去の失敗から何も学んでいないわけなんですよね。
 だから私は、士郎だけを責めようという気にはなれません。

 士郎ひとりを助けようとする安易な選択肢では、意味がないのです。
 ふたりとも助かる選択肢を探さなくては、逆に士郎の身を危うくする――。
 アルトリアは人を使う立場にいた人間なのですから、そういった思考ができないとも思えませんし、するべきだとも思います。



 で、案の定、というかカリバーンが当たる当たらない以前に、金ぴか王の指ぱっちんで何か宝具(?)が飛んできて士郎の右胸を貫きました。



はいはい王様王様 1

「ふ、殺しはせん。
 今ここでマスターを潰せば、セイバーを存命させるのに手間が掛かるからな」




 いえそれ普通完璧に致命傷。(ぉぃ
 1分と持たずに心停止するかと。

 以前にも似たことを書きましたが、やはり士郎には何か命を永らえることができる神秘が内にあり、それが無事である限り死なないという気がします。
 そして金ぴか王は、それを理解しているのではないかと。
 つまりどうすれば士郎が死ぬか、どうすれば士郎が死なないかわかっているのではないかと。

 そして金ぴか王の発言。

 これはつまりは、金ぴか王は独力で(面倒ではあっても)セイバーをサーヴァントとしての制約から解き放って、この時代に残すことが可能だ、という意味ですよね。
 そうなると、同じように前回召還時からも独力でこの時代に残った、という可能性も出てきたように思います。



 士郎が倒れたことで、セイバーは猛攻開始。

 しかし金ぴか王は突っ立ったままで、念だけで(?)宝具を生み出して防御し続けています。
 が、そうして生み出した剣が、少し刃こぼれ。

 セイバーの魔力と剣を褒めた金ぴか王は、やはり初登場のときのアレをまた使うようです。



「ゲート・オブ・バビロン」



 最初に持ったのは、伸縮自在のデスサイズ(死神の鎌)でしょうか。
 一振りして暴風を放ち、それを防御したセイバーのところへ本命の刃が伸びてきて、セイバーは右腕を貫かれます。

 そしてさらに、赤い壁から湧き出る宝具、宝具、宝具――。



最も古い時代、世界がまだひとつだった頃、全ての財はたったひとりの王のものだったのではないか?」

「世界がひとつだった頃――、まさか!」

「如何にも。
 我が真名は、人類最古、古代ウルクの英雄、ギルガメッシュ

「……英雄、王……」 (士郎




 私的にはギルガメシュ。 『ッ』 は入れないということで。
 ちなみに、伝説の元となった人物は実在とする説が有力です。

 こうして劇中で正体が明かされる前に、私がネタバレを踏んでしまったことが少し残念ですが、まあそれはともかく。

 で、金ぴか王は ジャイアニズム 何もかも独占するのが当たり前の人だから、当然そこには 『人』 も含まれるという思想なわけで、だからセイバーも 『俺の宝』 だと。
 そういう考え方なわけですね。



 はいはい王様王様。



はいはい王様王様 2

 ところで、士郎がギルガメシュを知っていたことこそ、本当の驚きだったのは、絶対私だけじゃない予感(笑)。
 日本ではよりメジャーな、アーサー王伝説すらよく知らなかったのに……。



「この身はお前らなど敵うべくもない、英霊よ。
 ……ふっ……」

「そんなことは――、
 やってみなければわからないッ!


 セイバーのこういうところは、かなり好きです。
 付け加えるなら、士郎の先程の突撃とは違って、通用しないという理屈はこの時点ではわかりませんし。


「ふっ……、いいだろう、相手をしてやろう。
 この英雄王しか持ち得ない――、剣でな!




 赤い紋様から赤い暴風を撒き散らす、自転する刀身を持つ剣で 『エヌマ・エリシュ』 を放ち、エクスカリバーの光条とぶつけると、束の間せめぎ合った後、一方的に押し切って、セイバーを吹き飛ばしました。

 血塗れの士郎が倒れたまま身をよじって見ると、セイバーはまとめた髪もほどけ、血溜まりの中に倒れ、剣からも手を放したまま動かなくなっています。
 この辺で金ぴか王が何か言っていますが、 『意訳 : 俺凄い! 俺強い!』 で以上!…なのでスルー。 (ぉぃ



 はいはい王様王様。



士郎とセイバー 2

 セイバーの意識があるものの、目が見えていないことを知った士郎は、必死に彼女の元へ行こうとします。
 一方のセイバーは、ようやくはっきりしてきた意識で敗北を悟り――。

 ここも士郎、叩かれてるだろうなぁ……(苦笑)。
 でもね、セイバー、それ↓↓も 『士郎突撃スイッチ』 (汗)。

 私に言わせれば、セイバー自身が士郎を死地に追い込んでいる面は確実にあると思うのです。
 もう少し、発言に気を遣うべきではないかと……。



「申し訳、ありません……。
 どうか、あなた、だけ、でも、逃げて、ください……」

「どうして、お前は、そうなんだよ……。
 トレース、オン!




 カリバーンを投影。
 するとギルガメシュも1本の剣を召喚しました。



「お前の持つ、王を選定する岩に刺さった剣は、北欧の、支配を与える木に刺さった剣が流れた物――。
 これはさらにその源流……。
 どう足掻こうが、複製は原典には――、

 勝てん」




 一応士郎は受けようとしたようですが、カリバーンは真っ二つに斬られています。
 袈裟斬りに斬られる士郎。

 これも十分致命傷(汗)。
 と言うか、既に失血死確定と言っていい出血だと思うのですよ。
 やっぱり、何かあるような気がします。
 以前予想した、前回壊れた 『聖杯の欠片』 か、あるいは今回もうひとつ、候補が出てきた気がしますよ?



 で、 『北欧の支配を与える木に刺さった剣』 というと、シグムントのグラムのことでしょうね。
 さらにその源流……、より古い、しかも同系の伝承という意味なのだとは思いますが――。

 保留。(ぉぃ
 もう少し情報が出てくるまで、待つことにします。



 ――ところで、複製とか原典とかどちらの剣が凄いか以前に、 『今の士郎では剣技でギルガメシュに勝てない』 という方が大きな要素なのでは(笑)。



 士郎が倒れた音を聞いて意識が完全に回復し、ギルガメシュを制止しようとするセイバー。
 ギルガメシュは当然のように、それは 『俺のモノになることを受け入れる』 という意味だと解釈。

 答えようとするセイバーを、今度は士郎が制止。
 立ち上がろうとする士郎を、セイバーが制止。

 鏡像ですよね。

 だから私は、士郎だけを責められません。
 セイバーがサーヴァントだから、強いから、王だから、そういう理屈は、弱い者はより強大なモノに全てを委ねるべきで、自由意思は制限されるべきという考え方と近いと思うのですよ。
 それは、ギルガメシュが言っていることと、同系だと思うのです。



アルトリアの歪み 第2回

 そしてこれは、 『王としての使命を果たせなかったから選定をやり直す』 というアルトリアの思想とも、根本では同じだと思います。
 だから私は、それも正しくないと感じます。
 以前の記事でも書き、いろいろご意見もいただきましたが、改めて、詳しく書こうと思います。



 なぜ同じなのか。

 これを正しいと思う人は、王以外の民たちが、 『民』 という名前の集団でしか見えていないのだと思います。
 それはそこにある個々人の自由意思を否定する思想。

 アルトリア、王が選定をやり直すと決め、歴史が覆ったとき、王以外が懸命に紡いできた歴史が全否定されることを忘れてはいませんか?
 ブリテンの民はもちろん、ブリテン以外の全ての国、全ての人々にとっても、いい迷惑です。

 それはアルトリアの独善――。
 そう、 『民』 のためという意識を持っていてすら、それは独善に過ぎないと思うのです。



『例えどんなに惨(むご)い結末だろうと、起きてしまったことを変えるなんてできない!』

 士郎の言葉です。
 士郎の言葉にしては(ぉぃ)、これは完璧に正しい言葉だと感じます。

 もちろん、 『変えられない』 という言葉そのものは、 『聖杯』 によって否定することが恐らく可能です。
 それを根拠に、 『実際変えられるんだから』 とアルトリアの願いを肯定する人もいることでしょう。



 ですが、全ての人が同時に幸せになることなど有り得ません。
 だからこそ、自分の選択によって誰かが不幸になってしまったことをも、受け入れなくてはならないのです。

 誰かの不幸を仕方ないでは済ませられないと言う人が、歴史を覆したせいで新たに不幸になる誰かが出るのは仕方ないで済ませられるのでしょうか?
 ――ここにも、自己矛盾が生じています。

 そう、あの士郎の言葉は道義的には完全に正しく、アルトリアの願いは、過去の間違いを消すために、新たな間違いを犯す行為でしかないと思うのです。
 アルトリアの願い、それは、間違いを悲しむ心があるのなればこそ、選んではならない道。

 

 例え 『聖杯』 が、歴史すらも覆せるのだとしても、それは正義では有り得ないのではないでしょうか?

 ちなみに、私は恐らくアルトリアは、内心奥深くでは、この自己矛盾、さらにはこの願いが全くの独善でしかないことにさえも、気付いているような気がしてなりません。
 だからこそ、この話を持ち出されることを極端に嫌っているのだと思います。



士郎とセイバー 3

 こういうときくらい頼っていいんだ、という士郎。
 厳密にはそれも間違いだと思いますが――、まあ何とも似た者主従なのは確かです。

 セイバーは、士郎を危険に曝したくないと考えるのなら、士郎に何か役割を与えるべきなんですよね。
 自分ひとりで戦えばそれで済む、だからあなたは安全なところで見ていなさい、という発想こそが間違いなのです。
 ――全て託した、と自分の運命を丸投げする相手以外に対しては。



「俺には、セイバー以上に欲しいものなんてない!」



 言われるまで気付いていなかったセイバー。

 そう、士郎にとってセイバーを残して逃げることは、普通の人にとっての自殺と同じ。
 そんな提案をすること自体、馬鹿げているのです。



「……! 士郎……」

「お前に代わるものなんて、俺の中にはひとつも無いんだ。
 ごめんな、俺、セイバーが一番好きだ。
 だから、
 こんな奴にお前は渡さない!




 で、金ぴか王のセリフはスルー。
 尊大好き属性な人にはこういう人は堪らないのかもしれませんけど、私は真逆なので(汗)。

 はいはい王様王様。



 トレース、オン!

 士郎にチャンスがあるとするなら、それはたったひとつ。
 無謀な突撃などではなく――、



(イメージしろ……!)  1本――

『勝てるモノを幻想しろ』

(イメージしろ……!)  3本――

『イメージするモノは、常に最強の自分だ』

(最強を……!
 イメージしろッ!)
  全てが――




 ――全ての魔術回路が繋がりました。

 凄まじい魔力に、少し驚く金ぴか王。
 そこに現れたのは、光り輝く、エクスカリバー以上の神秘――、



 エクスカリバーの鞘。



 説明面倒なので(ぉぃ)、リンクを貼っておきます。
 エクスカリバー - Wikipedia

 さすが元持ち主、即その正体に気付き、駆け寄って先程喚び出していたエクスカリバーを収めるセイバー。
 魔力の奔流が金ぴか王を押し流し、それでも彼には怪我はなかったようですが、(これも恐らく神秘の)金ぴか鎧がダメージを受けたことで、金ぴか王は姿を消して退却しました。

 それを確認し、気力が尽きて倒れそうになる士郎を、セイバーが支えます。



(やっと気付いた……。
 士郎は、私の鞘だったのですね……)




剣と鞘: 大勢の人がツッコミ入れてそうですが

 剣は男性の……を象徴。
 となると鞘は……、というわけで、シンボルが男女逆転しています。
 まあ別に、お話的に不具合というわけではありませんが、オカルト系の理論ではこうしたシンボルと実体を擬似的に同一視することで魔術を構築することが多く、それを思えば微妙に不自然に見えるのは確かです。




なぜ鞘を投影できるのか

 自分で何を投影したのかも、現出直後にはわかってなさそうだった士郎。
 対象への深い理解が必要なはずの投影で、なぜそんなことができるのか――。

 答えはそう多くないと思います。

 今私が思うのは、盗まれて紛失したという鞘は、つまりは破壊されていないということ。
 どこかに確かに存在していて、そしてそれに、士郎が意識しないままに深く関わっているということ。
 つまり士郎は表層意識では 『鞘』 を知らず、しかしより根本で知っている――。



 つまりそれは、鞘が眠っていた場所は――、士郎自身の中なのではないでしょうか?



 自身が意識しないままに、その奥底に眠らせていたモノ。
 潜在能力が引き出されたとき、共に引き出された理解。

 この間の 『聖杯の欠片』 のときは考察結果を補強する材料が不足していましたが、この鞘の方は、投影できたことが一応の補強となっています。
 まあ 『全然違うよ!』 という結果だったとしても何の不思議もありませんが、例によって辻褄だけは合っていると思います。

 ――いっそ、 “どちらか” ではなくて “両方” というのも有りかもしれませんが。



アルトリア

 また士郎が、アルトリアの夢を見ているようです。



 アーサー王最後の戦いは、父が違う姉との間にできた子どもである、モードレッドとの戦闘です。
 これによってアーサー王は重傷を負い、アバロンの島へと傷を癒しに行く――、伝説はそんな半端な場面で終わっています。

 だからこそ、サーヴァントになった時点の記憶ではアルトリアはまだ生きているという半端な(by 凛)ことになっているのでしょう。



「ち、父は……」



 やっぱりそうでしたか。

 と言うのは、アルトリア=女性と考えているらしい人も多いようだったので。
 サーヴァントになって性別が逆転しているのは、剣を引き抜いたときに、マーリンに警告された通りに 『アルトリアが人でないものになった』 からでしょう。
 天使に性別がないのと、同列のことなのだと思います。

 その割には、子どもを作れちゃったわけですが(笑)。

 そうやって姉との間に子を作ってしまったこと、その、実の子との戦争なんて馬鹿な事態になってしまったこと、さらにはその戦いで重傷を負ってしまったこと――。
 全てを悔い、何もかも、遡って初めに剣を引き抜いて王になったことさえも間違いだったと思うのは、アルトリアの誠実さ故だとは思います。



士郎とセイバー 4

 目覚めた士郎の傷は、もう塞がっています。
 自分でも唖然としたらしい士郎。

 重なるイメージは――、

 無数の剣――、に見えますね。
 うちいくらかは、血で汚れています。



 あくまで聖杯を求めようとするセイバーに、また険しい顔をする士郎。

 話を打ち切って、料理をしようとするセイバー。
 ちょっと和みました(笑)。

 と言うか、まな板の乱切りが料理に一緒に混ざるんじゃないかと、本気で思いましたよ(笑)。
 凛や士郎の料理を見ていた、と言いつつ、切る段階からまったくうまくいっていないセイバー、自分でがっかりしている様子です。



「……セイバー……」

「で、では、やり方だけ教えていただけますか?」




 ……これは可愛いかもー。

 二人羽織状態で、手を添えて包丁の使い方をレクチャーする士郎。
 士郎、完全に料理人の包丁捌きですね。



 で、また 『説得』 を試みる士郎。

 ――なぜ士郎の説得はうまくいかないのか。
 それは根本が感情論だからなわけで、こういうやり方で説得しようと思ったら、相手が根負けするまで持久戦、というのと変わらないと思うんですよね。
 ここでの論争は、ただ以前の繰り返しに過ぎないので、スルーしておきます。

 アルトリアはアルトリアで、例え内心で自分の間違いに気付いていたとしても、少なくとも表面的には理論武装しているわけで、その守りを感情で破れるわけもありませんし。

 議論を避け、距離を取ろうとするセイバーを追って、抱きしめ、そしてキス。
 これでは 『ずるい』 と言われても仕方ないですね(苦笑)。



ひとりのこのこ

 またもセイバーを連れずに言峰教会に行く士郎。
 この時点でどうかしています。
 学習機能がバグっているとしか思えません(汗)。

 しかし聖堂に誰もおらず、代わりに怪しい気配を感じると、奥にまたひとりのこのこ入っていく士郎。
 自分でも危ういと思っているらしいのが、なおさら壊れっぷりを際立たせています。



 ひたすら奥に入っていき――。



 そっか、破戒神父だとは思っていましたが、むしろ悪魔信者か、それに近い存在だったようですね。
 地下聖堂には、

 開け放たれた棺桶、

 打ち捨てられた死体、

 士郎の後ろに回り込んでいた言峰、



 そして、
 士郎に槍を突き立てた――、



 ランサー。



次回予告

 はいはい横顔横顔。 (ぉぃ

 士郎また重傷。
 いったいいくつ、 『正』 の字を並べるつもりなのでしょうか。
 さすが、 『正字の味方』 を志すだけはあります。(違

 叫ぶセイバー。

 笑う言峰。

 隠れて罠張ってた割に偉そうなランサー。

 真上から見た、真っ暗な狭い書棚(?)に囲まれたスペースにいる士郎。

 何か言っているセイバー。

 去っていく言峰。
 後ろで両開きの木製の扉が閉じます。

 やっぱり偉そうなランサー。
 槍を首に掛けて、仁王立ちしてます。

 目を閉じて集中する私服のセイバー。
 前から思っていましたが、こういう絵を出してしまうのは、無事に戻ってくる、というネタバレなのでは。

 言峰のアップ。

 林の中、木の幹の根本にくずれるようにもたれている――、アルトリア?
 何となく、ここはアーサー王伝説の最後、傷を癒しにいったアバロンの島じゃないかという気がしますよ?
 つまり、 『まだ死んでいない』 というアーサー王の、最期の場所です。



 次回、 「願いの果て」 。

 アルトリアの願いの果て、という意味に取るなら、上の推測が補強されてしまうわけで、もしこれが正しいのだとしたら、次回予告でちょっとネタバレしすぎな気がします。
 それはともかく、次回にも期待しています。



livedoor Blog 、またもポンコツ化

 6月1日夕刻あたりにブログサーバーに不具合が発生したらしく、閲覧ページはもちろん、管理ページにも入れなくなっていました。
 投稿が遅れたのはそのためです。
 原稿が完成しているのに投稿できないのは、無念としかいいようがありません。

 あるいは、また移転を考えなくてはいけないのでしょうか(汗)。
 記事中に、私自身の記事に対するリンクを貼りまくっていることもあり、移転して記事を移植とか、正直あまり考えたくはないのですが……。



追記: 好きなキャラのひとりだから

 アルトリアの願いの否定なんてしてるのも、それが理由だったりします。
 と言うか、もしかすると勘のいい人は気付いておられるかもしれませんが、私は、嫌いなキャラに対しては全スルー標準だったりします。



トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. Fate/stay night 第21話「天地乖離す開闢の星」  [ 空の空 ]   2006年06月02日 21:38
残り話数が少なくなって盛り上がりが加速するFate、切羽詰ってきたためか、今回にいたっては凛、桜、イリヤ、藤ねえなど余分な人の出番はなし・・・ 完全にセイバー一直線です。 この土壇場において最速記録を更新w 主人公でありながら、完全に噛ませ犬でもあ...
2. Fate/stay night 第21話 「天地乖離す開闢の星」感想  [ たまにもゆる ]   2006年06月02日 22:19
黄金のサーヴァントの正体ガ判明したり、セイバーとの絆が強くなったりと終盤に向けて動き出しました。それにしてもランサー・・・本当に久しぶりに見たな。 金ぴかの正体は〈'緘??
3. Fate/stay night 21話  [ Todasoft Blog ]   2006年06月02日 22:40
21話「天地乖離す開闢の星」 「行けっ!逃げるのはお前だっ!!」 セイバーを遮り...
4. Fate/stay night 21話  [ 164 ]   2006年06月02日 23:00
「天地乖離す開闢の星」というか、19話と20話は見た記憶が曖昧で、いつの間にかギルガメッシュとかいう金ピカの人との戦いになってるし…_| ̄|○ 対キャスター戦はどうなったのかとか凛&桜はどうしたとか、そのあたりは後ほど、みっちり感想や考察を書いているブログ...
5. Fate/stay night 第二十一話  [ ぶろーくん・こんぱす ]   2006年06月02日 23:16
 金ぴかの指パッチンでいきなり瀕死の重傷を負う士郎。殺してしまうとセイバーをこの
6. アニメFate/stay night第21話 「天地乖離す開闢の星」感想。  [ 種と月を語るブログ TYPE-0 SPEC2 ]   2006年06月02日 23:18
「あ~あ、退屈」 ということで第21話。 果たして凛の退屈は埋まるのでしょうか?
7. Fate/stay night 第21話 『天地乖離す開闢の星』  [ 暁の夜明けと夕暮れの空に ]   2006年06月02日 23:21
ついに今回で金ぴかの正体が明らかになりました! 真名はギルガメッシュ。 世界が一つだった頃、世界中の材をすべて集めていたという最古の英雄王だった。 なるほどね! だからあ
8. Fate感想始めました#21  [ とりあえず始めました。 ]   2006年06月03日 00:01
■Fate/stay night#21「天地乖離す開闢の星」 やっぱり士郎が先走ってやられるお話。 セイバ−「じゃまだからあっちに行け」 士郎「ヤダ」 うりゃ−(士郎特攻)、グチャ。死亡確定。 戦場だと部下や仲間に絶対いて欲しくない奴だな。 中途半端に生きてられると回収するにも面...
9. (アニメ感想) Fate/stay night 第21話 「天地乖離す開闢の星」  [ ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 ]   2006年06月03日 00:31
Fate/stay night 2 ラブコメ禁止!!とばかりにお邪魔虫が出現。せっかくのいい雰囲気が一転、修羅場に・・・。果たしてこのピンチをセイバーはどう切り抜けるのでしょうか?ふたまた禁止!!(笑)・・・。
10. Fate/stay night #21  [ サクラサクイロノキセキ ]   2006年06月03日 01:05
第21話 【天地乖離す開闢の星】 士郎 『行け、逃げるのはお前だ!!』 って呆気無く士郎&セイバーやられちゃったよ(^_^;) !? ヤ、ヤバイ・・・????('□';)髪が解けたセイバーがかなり可愛い!!ォィw セイバー 『負けたのですね私・・・申し訳ありません・・・ど...
11. Fate/stay night 第21話  [ King Of ヘタレ日記 ]   2006年06月03日 01:22
■Fate/stay night■
12. Fate/stay night 第21話「天地乖離す開闢の星」  [ 初音島情報局 ]   2006年06月03日 03:43
Fate/stay night 第21話「天地乖離す開闢の星」 ギルガメッシュ強っ!! なんだいきなりこの展開は。 士郎もいい加減気づけよ・・・ いつか本当に死ぬぞ? ってお前らは不死身か? ?? Ή!
13. Fate/stay night 第21話  [ LUNE BLOG ]   2006年06月03日 07:13
彼は彼女を。 彼女にとっての、彼は。。
14. 第21話 天地乖離す、開闢の星  [ 日々閑話 ]   2006年06月03日 07:29
== 原作との相違点 == クレイジ>今回も大まかな流れに変更なし。ですが、やはり今までの足りない部分が補うどころか欠損が加速。前半の戦闘パートに於いては、何故ギルガメッシュが強いかが正確に描かれず、攻防を見せなかったため士郎とセイバーが必要以上に貶められま...
15. Fate/stay night #21「天地乖離す開闢の星」  [ おカネの錬金術師の錬成日記 ]   2006年06月03日 08:45
 話の展開が雑なことに関しては、すっかり諦めモードに入ってしまった。
16. Fate/stay night 第21話 天地乖離す開闢の星  [ なななな駄文 ]   2006年06月03日 08:59
「士郎は、私の鞘だったのですね。」 普通逆じゃないのかと。 セイバーが士郎の鞘でしょ、もちろん性的な意味で。 身体が治るのは兎も角として、服まで直るというのはいかにして。 トレースは自動で行われたりする能力なのか。
17. Fate/stay night・第21話  [ たこの感想文 ]   2006年06月03日 09:36
「天地乖離す開闢の星」 士郎たちの前に現れた黄金のサーヴァント。士郎は、自ら切り
18. Fate/stay night 21 天地乖離す開闢の星  [ 猫煎餅の斜め下ブログ ]   2006年06月03日 10:55
裸エプロンさんは名乗りましたので、真名解禁ということで。
19. Fate/stay night 第21話『天地乖離す開闢の星』  [ 温泉ミカンの宝物★アニメだよ♪ ]   2006年06月03日 11:05
ギル様キターー(≧▽≦) 名台詞キターー(≧▽≦) 天地乖離す開闢の星、読み方わかんえーー(;´Д`) 金ぴかギル様強いね〜。 セイバーが子供扱いでしたよw そして、名台詞。 紛失した、エクスカリバーの鞘が発見されました。 ||<#ffAA44' width=570px'...
20. Fate/stay night (#21)  [ Hes:TEAR ]   2006年06月03日 11:05
「天地乖離す開闢の星」  セイバー「初撃は防ぎます。だから…」  士郎「逃げるのはお前だぁー!」  タッタッタッタッ… ε=ε=ε=ε=((┌(; ̄Д ̄)┘  …  。。。。。。〜〜 ((((o_ _)--o イヤーン        OTL  最終回までついていける...
21. 騎士王ガオセイバー「Fate/stay night」第21話  [ その他省その他局執務記録 ]   2006年06月03日 11:38
セイバーが何ものにも代えがたい存在であると気づいた士郎。 二人の前に現れた黄金のサーヴァントは、古代メソポタミアの英雄王でした。 第21話「天地乖離す開闢の星」です。 黄金のサーヴァントからセイバーを守るため、士郎は、文字どおり決死の覚悟でこれに立ち向かい....
22. Fate/stay night #21 5/28  [ CFF ]   2006年06月03日 11:43
Fate/stay night #21 「天地乖離す開闢の星」 一瞬でやられちゃったですよ。 いきなり突撃するとは士郎は一体何を血迷っているのでしょう。 ゲートオブバビロンがあの宝具取り放題の元なんですかね? あっさり名前をあかしちゃいましたよ。ギルガメッシュですか。 前の戦い...
23. Fate/stay night 21話「天地乖離す開闢の星」  [ * Happy Music * ]   2006年06月03日 14:06
金ピカと遭遇してしまった、セイバーと士郎。 士郎はセイバーを守るために、金ピカに突撃していくが――やっぱり瞬殺されちゃってるよ。 まあ士郎は、セイバーを存命させやすくする??p??
24. Fate/stay night  [ まるとんとんの部屋 ]   2006年06月03日 15:28
「天地乖離す開闢の星」  前回の続きと云う事で「金ぴか」と「士郎」「セイバー」の対決!いきなり「士郎」は「セイバー」をに逃げるように云い、自ら「金ぴか」に突っ込む!しかし
25. Fate/stay night(フェイト/ステイナイト)第21話「天地乖離す開闢の星」  [ パプリカのアニメ鑑賞よた話 ]   2006年06月03日 17:03
Fate/stay night アニメ・パプリカ サーヴァント関智さんは、ギルガメッシュだったっ?! ところが、彼は、強いんだか、何なんだか、今ひとつはっきりしませんね。 士郎もセイバーも、殺さずに黙らせるのが目的ですから、仕方が無いのでしょうが…。 双方、アクショ...
26. Fate/stay night 第21話  [ 孤狼Nachtwanderung ]   2006年06月03日 17:20
第21話「天地乖離す開闢の星」 金ピカのお出ましーーーっ!!! 軽??く指パッチンで士郎の腹に風穴が! 風通しが良くなったねぇ??(*'ー'*)♪ そして、これぞ王の宝具、ゲート・オブ・バビロンだぁーっ! 黄金の都へ繋がる鍵(剣)。空間を繋げ、宝物庫の中に...
27. Fate/stay night 5月29日付 第21回「天地乖離す開闢の星」  [ 第23軍日常報告 ]   2006年06月03日 19:07
Fate/stay night 5月29日付 第21回「天地乖離す開闢の星」 今回は士郎、セイバーが瀕死の重症を負いながらもギルガメッシュと戦う話だ。 よくも、まああんな傷を負いながら戦えるな。まず XCp !
28. Fate/stay night 第21話「天地乖離す闘闢の星」  [ 明善的な見方 ]   2006年06月03日 20:06
 セイバーの超奥義が披露されましたが、かっこよさがないですね。
29. 『Fate stay/night』 第21話 観ました  [ 「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋 ]   2006年06月03日 20:24
うわぁっ!! いきなり、やられちゃったよ。 士郎には学習回路がないのだろうか?(人のことをいえた義理ではないけど) あれじゃ、時間稼ぎにもなりやしないよ… セイバーが緊急応戦をするも、セイバーもいきなり手負いに… そこで、この金色、名乗りをあげる。 宝具をた...
30. Fate/stay night 第21話 「天地乖離す開闢の星」感想  [ nekoyama01-blog ]   2006年06月03日 20:26
今回冒頭は手抜きもとい回想シーンではなかったのは良かった。 金ピカを舐め過ぎだぞ士郎。 呆気なく刺し殺されかけてますがな…。 というか、一応手加減されてるみたいなんだが出血の量が半端じゃないのですが(汗) まあ、金ピカも士郎がどのような体質か位はわかってい...
31. Fate/stay night 第21話  [ 押し入れ主張 ]   2006年06月03日 21:12
金ぴかさんが、ギルガメッシュで こやつと、ランサーのマスターが 人間をサーバント
32. Fate/stay night #21  [ あにめ@ぱらだいす ]   2006年06月03日 22:18
第21話 「天地乖離す開闢の星」 最近の士郎くんは、見た事の無い物まで複製できるようになったの? 自分で出しといて「これは!?」みたいなことを言うな それにしても便利な能力だよね オレならセイバーを複製するけどね いや、凛も捨てがたいな うーん、困った(^...
33. Fate/stay night(21)  [ 王様の耳はロバの耳2.0 ]   2006年06月03日 22:54
[TVアニメ Fate/stay night フェイト/ステイナイト 21話「天地乖離す開闢の星」] 再び「あいつが好きだ」から始まった今回のfate。 二人の想いが重なり、障害を打ち破るラストになるんだろう??min
34. Fate/stay night 第21話「天地乖離す開闢の星」  [ CHEZ MOKANA ]   2006年06月03日 23:00
「Fate未経験者が何も知らないまま感想を書き連ねる」第17回! 唐突ながら、自分の気持ちに気付いてしまった士郎くん まぁ、それは既成事実なので許容するとして 二人の男女がいい感〉
35. Fate/stay night 第21話 「天地乖離す開闢の星」  [ 垂れっ流しジャーマン ]   2006年06月03日 23:12
行方不明だったランサーがやっと登場して、一安心です! 紳介:行方不明だったランサーさんね…見つかったんですよ… 言峰:ほ、本当ですか?! 紳介:では登場してもらいましょ
36. Fate/stay night 第21話「天地乖離す開闢の星」  [ とくとみぶろぐ ]   2006年06月03日 23:19
「Fate/stay night」もいよいよクライマックスに向けて走り始めました。 第21話「天地乖離す開闢の星」では黄金のサーバントvsセイバー&士朗だったわけだけど、セイバーも士朗もやられてんのに簡単に立ち上がりすぎ。 まあ、いいんだけど。 で、黄金のサーバントの真名は...
37. Fate/Stay Night 21  [ White wing ]   2006年06月04日 00:03
黄金の王ギルガメッシュ(アーチャー)は他のサーバントとは格が全く違う。強すぎだよ それでも士郎とセイバー戦う。二人とも黄金の王の前では全く歯が立たずに深手を負い息絶え絶えな状態になってしまう。そんな中でもセイバーは士郎をかばおうとするが、士郎もまたセイ...
38. アニメ フェイト ステイナイト  [ アーリオオーリオ ドゥーエ ]   2006年06月04日 02:01
「天地乖離す開闢の星」 ギルガメッシュと言えば。 もちろんドルアーガ。 カイの盾として引きずり回されているイメージしかありませんが。 ゴールドナイトのギルでしたか。 あの????
39. 『Fate/stay night』アニメ感想:二十一話『天地乖離す開闢の星』  [ 「Fate/stay night」のSS及びファンサイト『雪筆』 ]   2006年06月04日 02:15
○『Fate/stay night』アニメ感想: 二十一話『天地乖離す開闢の星』 下記は、「Fate/stay night」アニメの感想になっています。  ネタバレには配慮していますが、当サイトは二次創作を扱っ??
40. Fate/stay night 第21話「天地乖離す開闢の星」  [ よろずバックステージの向こう側 ]   2006年06月04日 02:42
なんか凄いことになってきた21話。 あぁ、士郎が久しぶりにまたやってしまいました。セイバーの戒めも水泡に帰しましたね。 謎のサーヴァントの正体は、古代ウルク最古の王、英雄王ギルガメッシュ。 神話関係は疎い方なので詳しくは解りませんが、「ギルガメッシュ叙事詩....
41. Fate/stay night第21話「天地乖離す開闢の星」感想  [ ALISAのLoveDestiny新館 ]   2006年06月04日 05:54
Fate/stay night 1 (初回限定版) Fate/stay night第21話「天地乖離す開闢の星」感想です。 金ぴかサーヴァント様は「ギルガメッシュ」と言うお方でした。 とても強いかと思えば、今回の役割は士郎を危機に追い込みセイバーさんに告らせる為に出てきた様な。 そしてお料理...
42. Fate/stay night #21  [ Frame_Tears_Another ]   2006年06月04日 06:24
今週は金ピカ様との2度目の御対面。 血まみれに期待しつつ見てましたよ(どんな期待だ・・・ ...
43. Fate/stay night 第21話 「天地乖離す開闢の星」 感想  [ アニマッシャイ ]   2006年06月04日 08:06
 ギルガメッシュ強えーー!!  セイバーのエクスカリバーを軽く上回るとかすごいです!!しかし英雄王の上に法具使い放題とか、ギルガメッシュはある意味反則キャラですね。そんな??Ć<1
44. Fate stay night 第21話。  [ 閉鎖空間 ]   2006年06月04日 08:17
『天地乖離す開闢の星』 セイバーが勝てないのに士郎がどうにか出来るわけない。一瞬でやられた(笑) 黄金のサーヴァント強いですね! 黄金の鎧よりもカジュアルな普段着の方がお似合いだと思いますよ(笑) この人ギルガメッシュらしいですよ。全然神話とか知ら
45. Fate/stay night 21話「天地乖離す開闢の星」  [ 草紙 ]   2006年06月04日 09:54
 先週分だったか、OPをじっくり見ると今までは正体が判らないように描かれていた金ピカがクリアになっていた。いや、それだけなんだけどさ(笑) それにしても今回のタイトルはどうにかならなかったものだろうか。HDDに録画してあるのを編集した時に、タイトルを付けようと...
46. Fate/stay night  [ 優しい風景 ]   2006年06月04日 15:29
第21話 「天地乖離す開闢の星」
47. Fate 第21話  [ ルナティック・ムーン ]   2006年06月04日 16:16
[2人の前に降臨した黄金のサーヴァント・ギルガメッシュはあまりに強く、士郎もセイバーも手もなく切り裂かれるのだった。決死の想いで立ち上がった士郎がイメージするのは最強の武
48. [Fate]Fate/stay night 第21話 「天地乖離す開闢の星」  [ もけー日記 ]   2006年06月04日 21:08
 前回でも言及していて、今回で決定的に、原作第一ルートのセイバー個人への感情を中心に据えるようにして、原作では全ルート通しての重要なテーマだった士郎の正義信念問題の重要度を大きく下げた。まあそういう事をドラマの中心に据えるのは無難とは思いますが、それなら
49. Fate/stay night 第21話  [ パズライズ日記 ]   2006年06月04日 21:25
黄金の王を前に立ち向かっていくが、相手にすらならず倒れてしまう士郎。 セイバーのエクスカリバーも通用せず大ピンチでしたが、士郎の投影によって何とか助かる、という話。 最後には久々にランサーも登場しましたね。 またセイバーの剣を投影できればと思いつつ、自....
50. Fate/stay night 第21話 「天地乖離す開闢の星」  [ ミルクレモンティー ]   2006年06月04日 23:14
・Fate/stay night 2   ・Fate/stay night 3 ・Fate/stay night 4   ・Fate/stay night 5  前半は何気に楽しかったですな!感想書きやすっ!!   (ってかいじりやすーーー!!)  この後、出てくるキンピカのセリフと本編は全く無関係です。  キンピ....
51. Fate/stay night 第21話  [ 世界の端に腰を掛ける ]   2006年06月05日 00:38
『天地乖離す開闢の星』 えーと、今回のポイントはやはり、ランサーが綺礼のところに居たということかな? あれって、綺礼がランサーのマスターということなんだろうか? そうす
52. Fate/staynightを観る  [ うにゃ丼亭 ]   2006年06月05日 06:30
ギルガメッシュvsセイバー!! 「ゲートオブバビロン」 ギルガメッシュは、次々と宝具を繰り出す!! エクスカリバーをも容易く凌駕する、その力量!! その力の前に倒れるセイバー!! 士郎はギルガメッシュに立ち向かうッ!! 投影ッ!!現れるカリバ...
53. フェイト/ステイナイト 21  [ 猫の物干し台 ]   2006年06月05日 11:10
◆Fate/stay night 21話 「天地乖離す開闢の星」◆  ギルガメッ
54. Fate/stay night 第21話「天地乖離す開闢の星」  [ A-MIX ]   2006年06月05日 22:57
自分追い求めていたものと、自分の想い。 その狭間で揺れ動くセイバーと士郎くん。 そんな2人をそっとしておいてくれないお邪魔なヤツらと運命でした(笑)
55. Fate/stay night(フェイト/ステイナイト) 第21話  [ Cosi Cosi ]   2006年06月06日 19:08
5 Fate/stay night 1 (初回限定版)Fate/stay night 2Fate/stay night 3Fate/stay night 4Fate/stay night 8 (初回限定版) Fate/stay night for PS2(仮称)〔GAME〕 TVアニメーション「Fate/stay night」オリジナルサウンドトラック 【fate/stay night】SMILE600 〜collecti...
56. Fate/staynight第21話「天地乖離す開闢の星」感想  [ accessのweb飛行機写真館 ]   2006年06月06日 23:02
さて、このアニメもそろそろ終盤。今回はどんな話になるんだか・・・Fate/staynight(6)早速感想。まずタイトル長すぎ。大体読めない。ナレーションの人が前回読んでくれたからなんとか読めたよ・・・でも変換苦労したよ。そして本編。前回のほんの一息ついた展開とはう...
57. ■Fate/stay night 第21話「天地乖離す開闢の星」  [ ゆかねカムパニー2 ]   2006年06月07日 10:16
 ギルガメッシュは、セイバーに何を求めているのでしょうね。  力で無理矢理屈伏させて、何かいいことがあるのかなあ。  士郎とセイバー、今の二人は刀と鞘みたいなも
58. Fate/stay night 「天地乖離す開闢の星」  [ 自由で気ままに 〜L'ala di libert&agravei〜 ]   2006年06月08日 13:01
穏やかな日常の後に訪れる非日常とは それよりもタイトルが非日常的で打つのが面倒臭いよ
59. Fate/stay night 第21話 天地乖離す開闢の星  [ 空想÷妄想≠幻想 ]   2006年06月11日 02:39
Fate/stay night 第21話 天地乖離す開闢の星です。 金ピカーンが現れて窮地に追い込まれた二人。

この記事へのコメント

1. Posted by 通りすがり   2006年06月02日 20:27
剣と鞘

これはFateが元々小説として構想されていたものをゲームにするにあたって原画の武内さんだかのアイデアでセイバーを女性化したため、主従の性別が入れ替わった為でしょう。つまりセイバーは普通に男で士郎は元々女。
2. Posted by なっきー   2006年06月02日 20:35
5  通りすがりさん、こんばんはー。
 コメントありがとうございます!


>剣と鞘
>これはFateが元々小説として構想されていたものをゲームにするにあたって原画の武内さんだかのアイデアでセイバーを女性化したため、主従の性別が入れ替わった為でしょう。つまりセイバーは普通に男で士郎は元々女。

 確かに、逆の方がオカルト的思考回路としては自然な気がします。
 でもゲームとしては男主人公の方が自然なわけで…、それで微妙に違和感が出たのかもしれませんね。

♯というか女主人公でこんな性格だと、ちょっとヤバい気が…(汗)。
3. Posted by まっしゅ   2006年06月02日 20:55
今回考察されたことのいくつかに関しては、果たしてこれ以上アニメ版で触れられるかどうか微妙ですね。
このあたりは原作プレイ待ちでしょうか。

>(これも恐らく神秘の)金ぴか鎧がダメージを受けたことで、金ぴか王は姿を消して退却しました。

汚れたからかもしれません。(笑)


> ♯というか女主人公でこんな性格だと、ちょっとヤバい気が…(汗)。

プロトタイプ セイバーはひげの親父、だとか言う話なので、プロトタイプ 主人公も.....

4. Posted by 大量発生   2006年06月02日 20:56
とりあえずはじめまして
ここのサイトのFateの感想はいつも見てます。原作未プレーとは思えぬ深い考察、非常に興味深いと思います(私は原作プレー済みです)。

さて、今回の感想で一つ気になったところがあります。『今の士郎では剣技でギルガメシュに勝てない』 とのことですが、これは違います。ギルガメッシュ(以下ギル)の剣技自体は、士郎と大差ありません。

ギルは多くの宝具の所有者に過ぎないのであって、使いこなしているわけではないからです。白兵戦の技量なら、自らの武器を極限まで使いこなしているセイバーやランサーには勝てません。
(以下、続く)
5. Posted by 大量発生   2006年06月02日 20:57
しかしながら、質で劣るなら量でカバーする、というのが戦争の基本です。聖杯戦争も例外ではありません。キャスターやライダーが関係ない人から魔力を奪い、自らの弱点を補おうとしたのは、この好例です。

ギルの場合、はじめから持っている物量がケタ違いなのです。並の英霊なら多くても二つか三つしか持っていない宝具を、湯水のようにドッカンドッカンぶっ放して、圧倒的な火力で敵を殲滅するのがギルの戦闘スタイルです。

このヘタな説明でわかっていただけたでしょうか?

長文失礼しました。
6. Posted by なっきー   2006年06月02日 21:13
5  まっしゅさん、大量発生さん、こんばんは♪
 コメントありがとうございます!


>まっしゅさん

>〜果たしてこれ以上アニメ版で触れられるかどうか微妙
 そもそも尺が足りるかどうか、という感じですしね。
 突っ込んだ話をすること自体が厳しいかも(汗)。

>>金ぴか鎧がダメージを受けたことで、
>汚れたからかもしれません。(笑)
 なるほど!(笑)

> プロトタイプ セイバーはひげの親父、〜
 この時点で噴きました(笑)。
 ま、まあ、自然ではあるのですが、↓

>プロトタイプ 主人公も.....
 アメリカンマジカルガール噴いた。
 なるほど、武内さんが路線変更を提案するわけです。

(続きます)
7. Posted by なっきー   2006年06月02日 21:14
5 >大量発生さん

 初めまして!

>ギルの剣技自体は、士郎と大差ありません。
>白兵戦の技量なら、〜セイバーやランサーには勝てません。
 そういえばこのアニメでも、ギルガメシュは突っ立っていただけですね。
 技量も何もない強さなのかも。

>質で劣るなら量でカバーする、というのが戦争の基本〜
>ギルの場合、はじめから持っている物量がケタ違い
 なるほど、ギルガメシュはあくまで超戦士としてではなく、覇王として戦っているわけですね。

>このヘタな説明でわかっていただけたでしょうか?
 下手なんてとんでもないです!
 凄くよくわかりました。
 ありがとうございました。
8. Posted by シマ   2006年06月02日 22:18
 ギルガメッシュの王様っぷりと声優さんの声がフィットしてきましたね。
 雰囲気が出てて良い感じです。
 ちなみにギルはギルなりに独自の英雄(英霊)観を持っています。
 個人的には名台詞だと思うのですが、果たしてそれがアニメで出るかどうか……

 >>天地乖離す開闢の星
 と書いて「エヌマ・エリシュ」と読みます。
 あのドリルっぽい武器の名前は○○○・○○(まだ伏せておきます)。
 公式では、エヌマ・エリシュは○○の最大出力時の名称で、宝具なのは○○の方だそうです。
 ランク(AとかBとか)や種別(対人とか対軍とか)もエクスカリバーを上回ります。

 この武器は英雄王のみが持つ唯一無二の剣ですが、「剣」といってもいろいろな意味で規格外です。
 そしてその威力の真の凄まじさは「ホロウ」で明らかになります。
 超がつくほどのド迫力っぷりは必見ですので、是非プレイしてみてください。
9. Posted by シマ   2006年06月02日 22:19
(続き)
 >>ゲート・オブ・バビロン
 宝具「王の財宝(ゲート・オブ・バビロン)」は、実際は「黄金の都へ繋がる鍵状の剣」のことで、画面に出てきたのはそれによって繋がった蔵です。
 財があればあるほど強力になる、まさにギルガメッシュのためにあるような宝具ですね。

 >>ランサー
 何かえらく久しぶりに見ましたね(笑)
 おそらく来週、何故ランサーが多くのファンから「兄貴」と呼ばれ慕われているのか、その一端が垣間見えると思います。
 端折られなければですけど……こうご期待。
10. Posted by なっきー   2006年06月02日 22:39
5  シマさん、こんばんはー!
 コメントありがとうございます♪


>ギルガメッシュの王様っぷりと声優さんの声がフィット
 良い人選ですよねー。

>ちなみにギルはギルなりに独自の英雄(英霊)観を〜
>個人的には名台詞だと思うのですが、〜
 それならアニメでも出てくることに期待したいです。

>>天地乖離す開闢の星
>と書いて「エヌマ・エリシュ」と読みます。
 やはりそうでしたか。
 他に副題が意味しそうなものがほとんどないのですが、消去法は少し嫌い(ぉぃ)なので記事には書きませんでした。

>ランクや種別もエクスカリバーを上回ります。
 それでは力負けもやむなし、ですね(汗)。

>その威力の真の凄まじさは「ホロウ」で明らかになります。
 楽しみです。

(続きます)
11. Posted by なっきー   2006年06月02日 22:40
>>ゲート・オブ・バビロン
>宝具「王の財宝(ゲート・オブ・バビロン)」は、実際は
>「黄金の都へ繋がる鍵状の剣」のことで、画面に出てきた
>のはそれによって繋がった蔵です。
 なるほど…。
 キャスターを倒すときに湧き出してきたので全部でもないでしょうし、これは厄介ですね(汗)。

>>ランサー
>おそらく来週、何故ランサーが多くのファンから「兄貴」〜
 それは楽しみです。
 と言うか、相手が危機感ゼロの士郎とはいえ(笑)、マスターの方を罠に掛けて倒すというやり方だとせこく見えてしまいますし(汗)。
(厳密にはこの策は言峰の発想なのでしょうけど)
12. Posted by STR   2006年06月02日 23:00
昨日、入れないからどうしたかと思いましたよ。こんばんは。

>モードレッド
あー、原作だと、いわばアルトリアのクローン(みたいなもの)という扱いみたいです。
ついでに、夜のあれこれについては、魔術で擬似的に……っぽいんですよね。
そのあたり、フォロー含め色々弄ってたのが、マーリン爺さんのようです。


>我様
他の方の言にあるように、本人の技量は大したことありません。
絶大な物量故の最強。ついでに、英霊としての高い身体能力で、瞬殺は免れているわけです。
瞬殺できないなら、圧倒的な物量相手に、普通は真っ向勝負で勝てるわけがないですからね。
13. Posted by STR   2006年06月02日 23:02
(続きです)

なお、「王の財宝」は武器庫ではありませんので、役に立つものから役に立たないものまで、他にも色々お宝が入っているようです。
それから、エクスカリバー(伝承とは設定が違うので)やその鞘など、我様の財に含まれていないものもあります。
死後に原典が発生したモノや、我様の文化圏と接点がなかったモノは、現代で財に飽かせてコレクションしたのかと。
幸いにも(?)黄金律というスキル持ちで、財のほうから寄ってくる運命にあるようですし。
なんたって、「特技」が「お金持ち」ですから。いや、誤記ではなくマジでw
14. Posted by たけろー   2006年06月02日 23:14
こんばんは。
最近「うたわれるもの」が気になる、たけろーです。
観てないけど(笑)

>アーサー王伝説すらよく知らなかったのに……。
私、以前はなぜかアーサー王より知っていました(笑)
60階の塔のゲームとか、○ーメストに連載されていた漫画での
ボケっぷりが気に入って…。わかんないですね(笑)

>アルトリアの歪み 第2回
ここ、ほとんど私が原作プレイしたときの感じと同じ。(汗)
ただ、私は銀英伝のヤンさんのように正義は1つではなく立場や
見方によっていくつもの正義があると思うのです。
だから、セイバーの正義もアリかなぁって…。

どんなに酷いことになっても自分の行動を受け入れ、その上で
償いなどを考えていくべきと私も考えています。
それができない辺りがセイバーの「弱さ」と感じるところです。
確かに想いは純粋ですが「後悔」と「反省」の違いというか…

(続きます)
15. Posted by たけろー   2006年06月02日 23:14
ここはもっと書きたいのですがネタバレかもしれないので…。

そうそう、鞘の投影、夢で見たからとも考えられますよ?
かっこよかったしって、あれはカリバーンのだったかな?

鞘=抜き身の剣を収めるもの、収まるべきところ。
セイバーは士郎といる方が幸せになれるのではないかと
思わされましたね。

最初はセイバーが男でマスターが女性だと知ったときは
納得しました。
凛とアーチャーみたいな感じだったりして…とか。

主人公「あなたの淹れた紅茶、とてもおいしいわ」
ヒゲ王「我が自ら淹れてやったのだ。ありがたく味わえ」

…なんか違う… って、金ピカ? いや、ヒゲ親父ですかぁ!?

では、兄貴の活躍を祈りつつ…。
16. Posted by なっきー   2006年06月02日 23:39
5  STRさん、たけろーさん、こんばんはー♪
 コメントありがとうございます。


>STRさん

>昨日、入れないからどうしたかと思いましたよ。
 ご心配をお掛けしました(汗)。
 ライブドアのブログサーバーがどうにかなっていたようです。
 今、非常に軽いので、修復ついでに増強されたのでしょうけれど…、しっかりしてくださいよ、ライブドアさん…。

>>モードレッド
>いわばアルトリアのクローン(みたいなもの)
 なんと!
 やっぱり中性ではいたせなかったんですね(汗)。

>色々弄ってたのが、マーリン爺さんのようです。
 なるほど…。

>絶大な物量故の最強。ついでに、英霊としての高い
>身体能力で、瞬殺は免れているわけです。
 「負けなければ必ず勝てる」理論実践状態ですね。

(続きます)
17. Posted by なっきー   2006年06月02日 23:40
>「王の財宝」は〜役に立つものから役に立たないもの
 我ギルゑもn(違
 むしろ、実用性の薄いガラクタの方を見てみたいかもです。

>死後に原典が発生したモノや、我様の文化圏と接点が
>なかったモノは、現代で財に飽かせてコレクションした
 なるほど、特に戦闘が物量重視なわけですし、趣味と実益を兼ねた収集なわけですね。

>黄金律というスキル持ちで、財のほうから寄ってくる〜
>「特技」が「お金持ち」ですから。
 そ、それはうらやますぃ…(笑)。

(続きます)
18. Posted by なっきー   2006年06月02日 23:41
>たけろーさん

>最近「うたわれるもの」が気になる、たけろーです。
>観てないけど(笑)
 私は、非常に面白いと思いますよ。
 こちらも原作未プレイですが、お話がとてもよくできています。
 あとハクオロが、ギャルゲー主人公と思えないカリスマを放っていたり…。
 方向性さえ合えばお勧めです。

>私、以前はなぜかアーサー王より知っていました(笑)
>60階の塔のゲームとか、○ーメストに連載されていた
>漫画でのボケっぷりが気に入って…。
 あ、確かにギルガメシュはゲームでは(名前だけも含めて)結構出てきているかもしれませんね。
 ウィザードリーの酒場だかの名前もこれだったですし。

(続きます)
19. Posted by なっきー   2006年06月02日 23:43
>アルトリアの歪み 第2回
>見方によっていくつもの正義があると思うのです。
 はい、その通りです。
 前提が違えば結論が違うのが当然ですから。
 私の主張はあくまで、「民」という括りで見ない、ひとりひとりの人間を無視しないで欲しいという前提に基づいているものですし。

>どんなに酷いことになっても自分の行動を受け入れ、その
>上で償いなどを考えていくべきと私も考えています。
>それができない辺りがセイバーの「弱さ」と感じる
 しかも、何となく自覚があるように見えるんですよね。
 だからこの話題はどうしても避けたい、という…(汗)。

>確かに想いは純粋ですが「後悔」と「反省」の違い
 なるほど、それは象徴的な言葉かも…。

(続きます)
20. Posted by なっきー   2006年06月02日 23:44
>鞘
>かっこよかったしって、あれはカリバーンのだったかな?
 夢ではカリバーンばかり出てきていたような…?
 とはいえ、見ていて覚えていない夢に出た可能性もありそうですし、まだ何とも言えないですね。

>セイバーは士郎といる方が幸せになれるのではないかと
 これは私も強く思います。
 でも同時に、士郎には凛が必要とも強く思う私(笑)。

>主人公「あなたの淹れた紅茶、とてもおいしいわ」
>ヒゲ王「我が自ら淹れてやったのだ。ありがたく味わえ」
 すっごく面白そうな気もします(笑)。
 …萌えるかはともかく。

>では、兄貴の活躍を祈りつつ…。
 これはかなり期待しています。
 今までちょっと影が薄すぎでしたし(汗)。
21. Posted by ええと   2006年06月03日 01:34
現実のアーサー王伝承とは関わりなく、
Fateという物語世界の中でアーサー王=アルトリアという人物ははっきりと女性です。
中性でも男性が性転換した訳でもないです。
アニメだと詳しい説明はないようですが…
22. Posted by utumi_k   2006年06月03日 02:26
> 私も別に士郎をかばうつもりはないのですが、セイバーの言動にも非常に問題が多く、
>しかも恐らく(今までの経験上)余所様ではセイバーはあまり叩かれていないとも思い
>ますので(笑)、

 自己犠牲精神過剰なキャラというのは普通、セイバーのようにとりあえず一人前の能力があっての上でそうしているのですが、(アニメの)士郎の場合そういう能力がまるでないのにそうしたがるので、「自己犠牲精神過剰」ではなく「状況認識能力に致命的な問題のある頭のかわいそうな人/迷惑なだけの人」なんですね。

 セイバーの場合は無理をしがちな”プロ”
 士郎の場合は”素人”なのに不相応な無理を連発

 だから士郎ばかり顰蹙をかう。
23. Posted by utumi_k   2006年06月03日 02:37
 もっと端的に言うと、アニメ版を見た多くの人にはこう見えているのでしょう

セイバーは「有能だけど働きすぎな人」
士郎は  「無能な働き者」

 士郎がせめて「素人なりに努力家だけど頑張りすぎな人」に見えればよかったのでしょうけど、結果的には「無能なだけの働き者」に見えてしまっている。
24. Posted by まっしゅ   2006年06月03日 02:51
しかし、ゲートオブバビロンでの攻撃がただの「ビーム」になっているのは気に入らない。
理由は.... あまり書くとネタばれになるので、避けておきます。

あとセイバールートのギルは(初登場時の絵の影響もあって)もっと酷薄なイメージでした。

と文句ばかり書いていてもアレなので、
鞘(<-名前は出てくるかな?)にエクスカリバーを挿して力を発揮させる、というのは絵的にわかりやすかったですね。

25. Posted by 斬乃 谺   2006年06月03日 06:00
どうも、おはようございますw

>剣と鞘
それは確かにそうなんですけども
私はシロウ自身が「鞘」だと思うので
以前のセイバーの「私はあなたの剣です」
と言っていた事からも
むしろ自然かな、と思います(^^)
セイバーはサーヴァントだし
そこから「剣」の意味合いが
強調されるような気もしますし。
マスターをサーヴァントの「鞘」と
とらえることも可能な気がします。

>アヴァロン
あそこって黄泉の国って説もあるんじゃ
ありませんでした??
アヴァロンに行ったというのは
すなわちアーサーは冥府に行った、みたいな。

忘れ去られていた(笑)ランサーも
再登場でいよいよ佳境ですかね〜
26. Posted by なっきー   2006年06月03日 06:46
5  ええとさん、utumi_kさん、まっしゅさん、斬乃 谺さん、こんにちはー!
 コメントありがとうございます♪


>ええとさん

>現実のアーサー王伝承とは関わりなく、〜
>アルトリアという人物ははっきりと女性です。
 誤解でしたか。
 いえ、アニメで過去のアルトリアが出てきたとき、王になってからの鎧姿がぺったん(略)だったので、ああ、これは男性なんだなと。
 そう思ったんですよね。

 もともとあんまり大きくないだけに、ただのちょっとした作画のブレだったのかも…。

(続きます)
27. Posted by なっきー   2006年06月03日 06:47
>utumi_kさん

>(アニメの)士郎の場合そういう能力がまるでないのに
 しかもアーチャーに「戦う者ではない」って言われていたのに、その部分は全く思い出さないんですよね(笑)。

>「状況認識能力に致命的な問題のある頭のかわいそうな
 やはりまずいのは、知恵より先に力に頼ること、そしてひとりのこのこに代表される、間違いから学び取らないことでしょうね。

>セイバーの場合は無理をしがちな”プロ”
>士郎の場合は”素人”なのに不相応な無理を連発
 そうですね。
 確かにそういった風に描かれていると思います。

>結果的には「無能なだけの働き者」に見えてしまっている。
 私の目にも、この士郎は「邪魔」と思われるのも仕方ない感じです(汗)。

(続きます)
28. Posted by なっきー   2006年06月03日 06:48
>まっしゅさん

>ただの「ビーム」になっているのは気に入らない。
 ドラゴンボーげふんげふん。
 元がどういうものかは知りませんが、ビーム対ビームだと絵的に「押し切った」感じが出しやすいからでしょうね。

>あとセイバールートのギルは〜もっと酷薄なイメージ
 アニメ版の私の印象だと「偉そう」ではあっても、確かに私も「酷薄」とは思わなかったです。

>鞘〜にエクスカリバーを挿して力を発揮させる、
 わかりやすいですし、言葉で鞘だと言うよりも優れた表現だと思います。
 
(続きます)
29. Posted by なっきー   2006年06月03日 06:49
>斬乃 谺さん

>私はシロウ自身が「鞘」だと思うので
>以前のセイバーの「私はあなたの剣です」〜
 種は蒔かれていたわけですね。
 …まあ私のアレはオカルト理論のお話ですし、別に矛盾とかそういうレベルのことでもありませんので。
 微妙な違和感とか、そんな感じで。

>マスターをサーヴァントの「鞘」ととらえる〜
 それは考えてませんでしたけれど、その見立ても有りかもしれませんね。

>>アヴァロン
>あそこって黄泉の国って説もあるんじゃ〜
 ちょっとそれは覚えてないかもです(汗)。
 ただ、冥府に舟で向かった→死にかけている、という表現は、なるほどありそうな気がします。

>忘れ去られていた(笑)ランサーも再登場で〜
 実はもうやられてました、なんてのでなくて良かったです。
 慎重な(アーチャー談)マスターのせいで何とも影が薄かったのを、ここから一気に挽回して欲しいです。
30. Posted by クレイジーホース(日々閑話)   2006年06月03日 07:34
 はじめまして。トラックバックを渡り歩いて辿り着きました。

 他の方も仰られていますが、原作未プレイでこの考察、驚きです。非常に好感の持てる記事なので、当方もトラックバックさせて頂きます。

>またもセイバーを連れずに言峰教会に行く士郎
>この時点でどうかしています
>学習機能がバグっているとしか思えません

 原作ではそれなりに理由があるのに、アニメでは端折られた上、あえてそうであるように改竄されています。
31. Posted by クレイジーホース(日々閑話)   2006年06月03日 07:40
〜続き

 アニメではセイバーは「回復した」と言っていますが、原作では

・エクスカリバーを使った後で、ギルガメッシュの攻撃のダメージに加え、セイバーかなり消耗
・士郎に抱かれた事で、魔力を充填
・しかし、戦えるほど回復するには翌日の夕方まで睡眠が必要
・翌日朝。昼間ならばランサーもギルガメッシュもおおっぴらに襲って来ないだろう
・ギルガメッシュは昨日の様子から、確実に今夜襲撃してくる
・今の内に調査を頼んだ言峰に話を聞かなければ
32. Posted by クレイジーホース(日々閑話)   2006年06月03日 07:46
〜さらに続き

 といった思惑があったのです。さらに原作ではイリヤは寝込んでおり、セイバーも動けないので凛には残ってもらわねばなりません。
 大河は原作のこのルートでは、未だ入院中のはずです。他のルートと違って、長い間ライダーの「鮮血神殿」の中に居たのに加え、慎二のキックが効いているのかもしれないです。
 桜もこのルートでは早い内に衛宮家に立ち入り禁止になっています。

 ちなみに、危険を感じて教会の地下に降りず引き返すとDEAD ENDが待っています。

 アニメ版はとにかく、複数のルートを無理矢理詰め込んでおきながら、ロクに整理していません。
33. Posted by なっきー   2006年06月03日 08:14
5  クレイジーホースさん、初めまして!
 コメントありがとうございます。

 お初ということで最初にお断りしておきますと、私はアニメ版でこの世界観に触れ、原作ゲームを買いました。
 が、記事冒頭に書きました通り未プレイ、それどころかインストールしていません。

 それもこれも、アニメ版が終わるまではネタバレを忌避するためなのです。
 そしてどうも同じような方がこの記事をご覧になる場合があるようなので、ここのコメント欄ではアニメ版の展開のネタバレに成り得るお話だけは避けていただけると幸いです。

 と、お願いしましたところで、

(続きます)
34. Posted by なっきー   2006年06月03日 08:15
>原作未プレイでこの考察、驚きです。
 ありがとうございますー。
 結果的に間違えていても、辻褄さえ合っていれば面白いかな、と思っています。
 と言うか、私自身がそういうのが好きなので…(笑)。

>>学習機能がバグっているとしか思えません
>原作ではそれなりに理由があるのに、
 私は、アニメ版単体で自己矛盾さえ起こさなければ、原作と矛盾するのはOKという考え方だったりします。
 ですが、確かにこのアニメ版士郎は、ちょっと思考回路がどこか壊れているんじゃないかと見えることがありますね。

>・エクスカリバーを使った後で、〜
>・今の内に調査を頼んだ言峰に話を聞かなければ
 アニメ版ではセイバーが回復していますから、ならどうして連れて行かない、と言われても仕方ない感じです。
 まあアニメ版士郎は常にそういう感じなので、自己矛盾は起こしていないとは思いますけれど。

(続きます)
35. Posted by なっきー   2006年06月03日 08:15
>大河は原作のこのルートでは、未だ入院中のはずです。
>桜もこのルートでは早い内に衛宮家に立ち入り禁止に
 なるほど。
 元々は、姿が見えなくて当然だったわけですね。

>アニメ版はとにかく、複数のルートを〜
 個人的には、ゲームのアニメ化は非常に失敗しやすいと思っています。
 どの道、絶対的な情報量の差は埋めようがないのですから、「どれだけ詰め込められるか」ではなく、「どれだけ切り捨てられるか」と考えた方が賢いのかもしれません。

 結果的に原作から懸け離れた「縮小コピー」になるかもしれませんが、「劣化コピー」よりもいいと思いますし。
36. Posted by 呂   2006年06月03日 10:55
5 こんにちは
>>お前の持つ、王を選定する岩に刺さった剣は、北欧の〜
アーサー王物語の原作の原作は北欧神話らしいです。
カリバーン=グラム
マーリン=オーディン
みたいな
37. Posted by ぶらり埋め気分   2006年06月03日 11:23
>アルトリアの歪み 第2回

自分的には、アーサー王のような聡明な王として描かれている人物が思いつくにしては安易な救済方法だと感じるので違和感はありました。
頼らざるを得ないのが弱さなんでしょうけども。

ただセイバーの目的を独善と非難はできないと思うのですよね。相手は人権なんて言葉さえ発明されていない時代、生存権さえ戦って掴み取る時代の人ですから。セイバーの使命を独善と呼ぶのは現代人ゆえのエゴかなあと。現代人じゃない相手に現代人として考えてみろというのは等しく独善と感じてしまうのです

>モードレッド

モードレットだと思います(笑)
レッドだとほかにもブルーとかイエロー、ピンクとかいそうな気配が……。叛乱戦隊モドレンジャー!
ちなみにFate世界のモードレットはモルガン・ル・フェイが執念の末魔術かなんかで作り上げたコピークローンらしいです。あとちゃんと男の子らしい。
38. Posted by ぶらり埋め気分   2006年06月03日 11:25
>ひとりのこのこ

うわ、このシーンやったんですか(汗)
Fate通しても一番印象に残っているエグいエピソードの一つなのに。
というか地下にあったのは普通に死体だったのですか。だとしたらやっぱり端折ったか、アレすぎるからカットされたのですね。
原作だとランサーに刺されるまでが凄いことになっております……。もう本当に。怖くて死にかけます。

>そっか、破戒神父だとは思っていましたが、むしろ悪魔信者か、それに近い存在だったようですね。

いやれっきとした神父ですヨ。人のトラウマエグるのが趣味なだけのごくありきたりの神父様です(笑)
ただ言峰自身が悪魔真っ青なだけです。

>隠れて罠張ってた割に偉そうなランサー。

不意打ちではあっても罠ではなかったり。
士郎がここまでさっくり踏み込んで来るのはいくら言峰でも想像不可能かと(笑)
39. Posted by 通りすがりのアンドロイド   2006年06月03日 15:01
どもこんにちわ
今回はもうみなさんがかなり発言しちゃってるので、ちょこっと趣向を変えまして・・・

各ルートにおける士郎の立ち位置というか役割というか

○セイバールート
主人公:セイバー
ヒロイン:士郎

○凛ルート
主人公:士郎、アーチャー
ヒロイン:凛

○桜ルート
主人公:士郎
ヒロイン:桜

てな感じですかね?
セイバールート基準のアニメでは士郎君に過度な期待はしないほうがいいってことで(アニメ版の士郎はアレでもゲームのセイバールートよりも役に立っているぽいけど)
40. Posted by クレイジーホース(日々閑話)   2006年06月03日 15:02
ぶらり埋め気分さん>

>モードレットだと思います

 すいません、打ち間違えです(笑)。たまにやらかします。「レッド」で切られると、確かにそれっぽい・・・。

>普通に死体だったのですか

 次回放映で語られるかもしれない、という事で(汗)。
41. Posted by クレイジーホース(日々閑話)   2006年06月03日 15:14
なっきーさん>

>結果的に原作から懸け離れた「縮小コピー」になるかもしれませんが
>「劣化コピー」よりもいいと思いますし

 もはや、アニメ単独で見ても、自己矛盾が出ているのがなんとも・・・。それまで知らなかった知識を、いつの間にか知っている事になっていたり。

 特に驚いたのが、前々回「黄金の王」。それまで説明や描写を省き、その後に知る過程が描かれると思われていた

・セイバーは冬木市の聖杯戦争に、前回も参戦
・士郎はセイバーの過去は知っているが、望みは聞いていないのに、望みまで知っている。「やり直したいのかもしれない」の一言を聞いただけでそこまで看破するのもヘン
・セイバーが死人でない、異常なサーヴァントである事がいつの間にか周知に

etc・・・。キャラクターのイメージや設定改竄のみならず、構成その物で矛盾が出ているのは流石にまずいです。
42. Posted by 通りすがりのアンドロイド   2006年06月03日 15:14
関連商品の話

5月31日にFateのDVD3巻と後期OP「きらめく涙は星に」が発売されましたね
両方とも買った訳ですが、DVDの特典には毎回タイガー道場を付けて欲しかったなあ〜って思いました
あとCDにはキャラカードが付いてくるんですが、前期OPがセイバーで、ENDが凛のカードだったので、後期OPは桜?アーチャーか?と思っていたのにま〜たセイバーっすか・・・

近々PS2版Fateの情報が出てくるっぽいのでゲーム雑誌を要チェック
あと2ヶ月でメルブラの発売ですが、PS2オリジナル要素とかあるのかな?
たしか6月にはアニメ版Fateのサントラも出るらしいので、自分はとりあえず買う予定
43. Posted by なっきー   2006年06月03日 19:14
5  呂さん、ぶらり埋め気分さん、クレイジーホースさん、通りすがりのアンドロイドさん、こんばんはー!
 コメントありがとうございます。


>呂さん

>>アーサー王物語の原作の原作は北欧神話らしいです。
>カリバーン=グラム
>マーリン=オーディン
 ああ、そういうことならわかります。
 グラムを木に刺したのはオーディンだったはずですし。

(続きます)
44. Posted by なっきー   2006年06月03日 19:15
>ぶらり埋め気分さん

>アーサー王のような聡明な〜安易な救済方法だと〜
>頼らざるを得ないのが弱さ
 同感です。
 ぎりぎりまで頑張っていたからこそ、強くあり続けられなくなったときに反動が来たのかも…(汗)。

>セイバーの使命を独善と呼ぶのは現代人ゆえのエゴ
>現代人じゃない相手に現代人として考えてみろというのは
>等しく独善と感じてしまうのです
 もちろん、その通りです。
 だから私が士郎の立場であっても、セイバーに「その考えを変えろ」的なことは言いません。
 ですが、違った視野を示すことはできると思うのです。

 士郎に説得ができないのは、直感で答えを得ていても、その論理が自分でもわかっていないからだと思うのですよ。
 だから私がここで補完した、という次第です。

(続きます)
45. Posted by なっきー   2006年06月03日 19:16
>モードレッド
 Mordred なので、モードレッド、もしくはモルドレッドで合っていると思うのですが…。
 ちなみにアーサーは Arthur 。

>モルガン・ル・フェイが執念の末〜コピークローン
 さすがモルガン…。

>あとちゃんと男の子らしい。
 当然跡継ぎが欲しいはずですから、男の子にするべく頑張ったんでしょうね。

(続きます)
46. Posted by なっきー   2006年06月03日 19:16
>>ひとりのこのこ
>というか地下にあったのは普通に死体だったのですか。
 ゾンビ作ってました、と言われても不思議はない感じでしたが、とりあえず記事には見たまんま書きました。

>原作だとランサーに刺されるまでが凄いことに
 このアニメスタッフは、結構子どもが見るかもしれないことを意識している気がします。
 キスシーンでさえも、直接表現を避けましたし…。

>いやれっきとした神父ですヨ。
 工エエェェ(´д`)ェェエエ工

>ただ言峰自身が悪魔真っ青なだけです。
 なるほど(笑)。

>士郎がここまでさっくり踏み込んで来るのはいくら言峰
>でも想像不可能かと(笑)
 なるほど、もっともです(笑)。

(続きます)
47. Posted by なっきー   2006年06月03日 19:20
>通りすがりのアンドロイドさん

>○セイバールート
>主人公:セイバー
>ヒロイン:士郎
 これは凄く納得です(笑)。
 アニメでも、ある意味お姫さま役に見えるような場面も…。
 後のルートはまあ、ゲームプレイ時に確かめるとしまして、↓

>セイバールート基準のアニメでは士郎君に過度な期待は〜
 そうかもしれませんね。
 お姫さま役と思えば、むしろトラブル発生源になってもおかしくありませんし。

>DVD3巻と後期OP「きらめく涙は星に」
 既に2シリーズも買っていなければ、私も買うかと思うのですが(汗)。

>DVDの特典には毎回タイガー道場を〜
 ありませんでしたか。
 手間が掛かりそうではありますよね(汗)。

(続きます)
48. Posted by なっきー   2006年06月03日 19:28
>CDにはキャラカード〜
>前期OPがセイバーで、ENDが凛のカードだったので、
>後期OPは桜?アーチャーか?と思っていたのにま〜た
>セイバーっすか・・・
 すっごく気持ちはわかります。
 全部買う人は当然いるわけですから、もちろん全部違うキャラにして欲しいですよね。

>あと2ヶ月でメルブラの発売ですが、PS2オリジナル
>要素とかあるのかな?
 amazon の商品ページの紹介によると、あるようですね。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000ESH6D2/daikumatikenk-22/ref%3Dnosim/
 とは言え、それぞれどんな要素なのかこれだけではわかりませんので、何とも言えませんけれど…。

>アニメ版Fateのサントラ
 私はこれも未定です。

(続きます)
49. Posted by なっきー   2006年06月03日 19:38
>クレイジーホース(日々閑話)さん

>モードレッド
 原作ゲームでどう表記されているかはわかりませんが、これ自体は間違いではないと思いますよ。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=Mordred&search_history=&kind=&kwassist=0&mode=0&ej.x=20&ej.y=8
 英語読みならモードレッド、Authur をアーサーと普通に英語読みをするなら、モードレッドと読むのが自然です。

>普通に死体〜
>次回放映で語られるかもしれない、という事で(汗)。
 それは楽しみです。(ぉぃ

>アニメ単独で見ても、自己矛盾が出て〜
 詰め込みすぎたのは確かでしょうね。

>それまで知らなかった知識を、いつの間にか知っている
 特に、↓

(続きます)
50. Posted by なっきー   2006年06月03日 19:38
>望みは聞いていないのに、望みまで知っている。
>セイバーが死人でない、異常なサーヴァントである〜
 このふたつ、特に後者には違和感を感じました。
 まだ士郎の場合は夢で知ったその場面が省略されたのだろう、で済みますが、凛に対しての、重要な知識の説明シーンまで省くのは不自然ですから(汗)。

>キャラクターのイメージや設定改竄
 私の発想では、アニメ単体での自己矛盾を防ぐ目的でなら、これはOKなんですよね。↓

>構成その物で矛盾が出ているのは流石にまずいです。
 そういう発想だけに、私的には、入りきらなくて「こぼれる」なら、詰め込む量を減らそうよ、と思うわけで…。
51. Posted by White Snow   2006年06月04日 02:33
 こんばんはー。

>ところで、士郎がギルガメシュを知っていたことこそ、本当の驚きだったのは、絶対私だけじゃない予感(笑)。
 私が「ギルガメッシュ」という言葉を知ったのは、確か「マダラ」っていう単行本。それでどんな人か知って、その後はとある深夜番組。
 親からは見てはいけないと言われていて……。

 故に、ほとんどの人は深夜番組の方が有名なのではないかと愚考しています(苦笑)。
52. Posted by なっきー   2006年06月04日 06:12
5  White Snowさん、こんにちは!
 コメントありがとうございます。


>「マダラ」っていう単行本。
 漫画でしたっけ?
 名前だけは記憶に引っ掛かってます。

>その後はとある深夜番組。
 こちらも名前だけは覚えてます。
 …意外と名前だけなら使われているのかもしれませんね。
 それがどういう人か、知っている人は少ないでしょうけど。

>親からは見てはいけないと言われていて……。
 これぞ子どもに関心を持たせる近道ですね。(ぉぃ

>ほとんどの人は深夜番組の方が有名なのではないかと
 私もそういう気がしてきました。
 何せ、ゲームとかと違って、テレビ番組だと見なくても名前を覚えてしまう可能性がありますし。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
Archives
Blog 内検索
Google
www を検索
このブログ内を検索
Recent TrackBacks
Recent Comments